その時友人と見たのは第19話「迷宮のナノモン」でした。

私は友人に「あの登場する子供は何?」と聞くと「選ばれし子どもたち」と答えてくれました。

そして敵のデジモン(その時は名前も知らなかったエテモン)に味方のデジモンがかなわないのはなぜか、とも聞くと「(相手が)完全体だから」と解説してくれました。

この時は特に何が印象に残ったわけでもなかったのですが、1週間後、私はテレビの前にいました。

ここで付け加えておくと、私の住んでいた地域ではフジテレビよりも放送が遅れており、金曜日の午後でした(もちろん初めてみた日も金曜。後に1週遅れの日曜朝に変わりました)。

見たのは第20話「完全体進化!メタルグレイモン」。

太一のアグモンが完全体である「メタルグレイモン」に進化し、エテモンを倒す回でした。

皆さんご存知の通り、エテモンを倒した影響で現実世界へのゲートが開き、太一とアグモンはそれに飲み込まれていきました。

次回への引きは十分で、次の回も絶対に見ようと思えるものでした。

イメージ 1