今日もばななん

たあいもない毎日を綴っています。 長州からの定期便を運営しています。 https://yamaguchiyasai.stores.jp/ 連絡はこちら→digibana@gmail.com

国語ができなくて困っていました。
本を読むといいとか音読がいいとか
できること全部やっているのに全然ピンと来ないようでどうしたもんかと。

先日学校の個人面談があり
15分枠だったのですが
なんとその15分では先生が開口一番
「この前の芸術祭はリハーサルで間違えてばかりいました。」
その後
「字が雑すぎるのでどうにかしてください。」
と言う話。
それだけで終わった。

リハーサル間違えてばかりだったけれど
本番はばっちりだったのに
そのことは一切触れず、ダメ出しオンリー。
どんだけドS!!!
これじゃあやる気出すものも出せない。

と思って子供に同情して帰ったものの
その日出して来た漢字テストが字が雑すぎて0点。
ナンジャコリャー!となり
子供と徹底的に字を丁寧に書くことがなぜ重要なのかを
話し合った。
「僕のため。」
と最終的に自分で言い出したので、
よしそれならば時間かけてでもいいから丁寧に書いてみようね。
と言うことで、その日から丁寧に書くようになりました。
DSC_0003
が、廊下に貼ってあった作文があまりにもひどかったので
後日それについて聞いたら
「先生に怒られて、先生に仕返ししてやろうと思って汚い字で書いた」
と言うので、だれの為にならないのか?と聞いたら
「僕のためにならない。」
よしよし、わかっているじゃないか。

と言うことで、それについても一件落着。
字を丁寧に書くように意識したところ、
なんと、国語ができるようになった!

勉強に対する姿勢と意識ってこんなにも大事なんだね。

大きな枠に文章を書く場合に字の大きさがまちまちで読みづらすぎるので、
こんなテンプレートを作ってあげました。
最近はこれがなくてもだいぶ揃えて書くことができるようになって来ました。
DSC_0002

私も英会話の先生に
「速く読まなくていいから、とにかく一つ一つの発音を正確にするように心がけて」
としょっちゅう言われるけれど、それとおんなじだなあ。

そして、とにかく失敗しても褒めてくれる先生だと次のレッスンを予約するボタンを
早く押したくてたまらなくなるけれど、細かいところをチクチクといちいち
指摘して来て面倒臭い先生だと、勉強全般に対するモチベーションが著しく低下し
(それでも自分で叱咤激励して頑張っているけれど)やりたくないなあという
気持ちが芽生えてくるので、これは子供に対しても同じことが言えるし、
担任の先生を見ていると本当に納得してしまう。
学校では友達と楽しく過ごしていて好きみたいだからそれだけでも万々歳です。

年の瀬感が出ている昨今
バスがぎゅーぎゅー詰めで
なんと後ろのドアから乗ってください!とアナウンス。
後ろのドアから10人くらい乗ってぎゅーぎゅー押し込んでいた。
いつも混んでいる路線だけど15分に1本くらいしかないから
本数もう少し増やしたらいいのに。
DSC_0001


ナショナル麻布からポイント3倍のお知らせが来たので
カードを持って繰り出すと、クリスマス仕様になっていて
レジスタッフがクリスマスコスプレしていた。
身長が190センチほどあるスタッフがトナカイになっていて
めちゃ可愛かった

子供は日曜日のそろばん大会に向けて頑張っています。
ものすごい人が集まるらしい。
代表選手とか書いてあったけど、大丈夫なのかしら。

↑このページのトップヘ