2018 カメラフェアー デジタル・クラシック撮影会

日 時2018年6月9日(土) 10:00〜12:30(雨天決行)
撮影地神戸旧居留地
集 合10:00 ハナ勘
ねらい:モノクロで神戸三宮旧居留地をスナップします。35弌6×6もOK
撮影時間10:30〜12:30
費 用:フイルムカメラの方 3,000円(モノクロフイルム現像・ベタ焼き込)
      デジタルカメラの方 1,000円(コンタクトシート1枚込)

貸出機材・ニコン D850・D810・D750・Df・D500・D7500・D5600
       ・富士フイル X-Pro2・X-H1・X-T2・X-E3
       ・ペンタックス K-1Mk供KP・K-70
       ・上記メーカー交換レンズ(種類の詳細はお問合わせください。)
         *メモリーカードは、初期化しても良いSDカードをご持参下さい。
         *メモリカードも貸出を希望される場合、データをお持ち帰りになりたい方は、他のメディアをご用意ください。
    ★貸出機材、ご希望の方は申込時にお伝え下さい。ただし、先着順になります。

批 評 会2018年6月24日(日) 13:00〜14:30  ハナ勘1階スタジオ    
    ★お一人3〜4点ほど選んで、映写して批評いたします。
    ★講師:永田 徹 (株)ハナヤ勘兵衛撮影部長
申 込:お電話、メール、店頭にて       ●定 員:20名

≪カメラフェアー特別講座≫
〜いまさら聞けない!?〜☆『フォトショップ』どこがいいの?☆
 デジカメで撮影した画像の色調などを調整する画像処理ソフトは多数ありますが、その中でも最も有名なのが『フォトショップ』です。しかし、『フォトショップ』で何ができて使う良さは何なのか、ご存知ない方も多いようです。画像の合成や変形、修正などができる多機能なソフトなので「そんなこと、しないから必要ない」と言う方もおられますが、それ以外でも画像調整の基本である色調を調整するのに『フォトショップ』ならではの「調整レイヤー」という機能があります。「調整レイヤー」を使えば調整時の画質劣化を最小限に抑えることができ、部分的な調整でも「焼き込み・覆い焼きツール」より精細で簡単に調整できます。その「調整レイヤー」を使った調整のやり方を中心に説明させて頂き、『フォトショップ』からプリンターの自動補正をOFFにしてプリントする方法も説明いたします
  ●日 時2018年6月24(日) 10:00〜12:00 ハナ勘1階スタジオ
  ●受講料無料です   ●定 員:20名    ●申 込:お電話、メール、店頭にて