2005年05月15日

『交渉人 真下正義』

踊る大捜査線シリーズ第3弾『交渉人 真下正義』みて参りました。

完成度の高いエンタメ作品でした。映画第一作がのけぞるほど凡庸だったので、2はいまだに観てない(笑)

かなり押井守の『機動警察パトレイバー』の劇場版と似てると思ったら、脚本の十川誠志って映画の『逮捕しちゃうぞ』のシナリオてがけた人だとか…あれパトレイバーの映画の1,2からかなりパクってたもんなあ…(汗)
具体的には、地下鉄、起爆システム、カラス、犯人の名前、いぶし銀なオヤジ(笑)あの線引き屋って、榊のおやっさんに見えて仕方ないのですが(笑)そう思うとクモがゼロに見えてくるし。初めはスピルバーグの激突だと思ってたけど。

と言っても、それは、お遊び程度の関連性しかない。
作品自体は上手く楽しませてくれた。始めの公園の爆発は「派手にホームレスの腕くらい飛ばすいくらいのインパクト欲しいなあ」とモノ足りなく感じたけど、だんだんと真下と弾丸ライナーの知恵比べに引き込まれていった。

ここで描かれてるのは、支店の末っ子的存在、いじられキャラ真下の自立だろう。パトレイバー2で泉が「いつまでもレイバーに甘えていたくない」と言うように、真下は独りの社会人としての自立した姿をファンに見せる。

それは自分と同じニオイを互いに感じる犯人に真下が苛立ち、自分も君と同じようなヲタク的な自己顕示欲はあるが、超えてはならない一線は守るという趣旨の発言をすることで分かる。
ある意味、犯人は真下の分身であり、歩んだかも知れないもう一つの可能性なのだ。

自分は君とは違う。

それは、真下の過去との決別であり、一人前の社会人として生きていく決意表明である。
パト2で押井が、社会人としてのモラトリアムを味わっていた特車二科が大人として生きる姿を描いたが、ここでは真下が大人になろうとする姿が描かれている。
つまり大人になろうとする時、ヲタク的な自己顕示欲で、自分が警視庁初の交渉人であることTVで言いふらしてしまい、ガキだった頃のツケを払わされるわけだ。いや、ツケを払うことで大人になるのかな?(笑)

最後の雪乃と真下の会話は涙ものだった。
爆破の危機にさらされていたのも知らず?雪乃が真下にねぎらいの言葉をかける。そして、真下が『ありがとう』と感謝の言葉を述べる。
本当なら『大変だったのは、危なかったのは君の方だったんだよ』というやりとりがあってもいいはずだ。
しかし、真下が一人前の社会人としての自立を描くこの作品では違う。
ありがとうは、単にねぎらいに対する感謝の言葉ではなく、『生きていてくれてありがとう』という大人の男の言葉だ。
そして、その言葉はさりげなく発せられ、そのさりげなさこそが真下の深い愛情を感じさせる。
この時の真下はTVシリーズでの、エリートなのに、どこか頼りなくドジキャラの真下ではない。事件を回避し、愛する人を守ったことで精神的に一皮むけた真下正義だ。

また、クライマックスに至るまでを16分のボレロをかけるアイデアは良かった。アレって、曲の時間とストーリー展開はリアルタイムに連動してるんだよね???最初ゴッドファーザーかと思ったら、24かあって勝手に解釈して喜んでるんだけど(笑)
digitalcircus at 17:27│Comments(4)TrackBack(9)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『交渉人 真下正義』舞台挨拶@日劇2  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2005年05月17日 19:49
容疑者 室井慎次(5/13)  交渉人 真下正義 STATION@フジテレビ(5/17)   『踊る大捜査線』のスピンオフムービー『交渉人 真下正義』の舞台挨拶(スカパーでも生中継あり)を4列目センターで見てきた  上映開始は朝8時 眠気と必死に闘った(爆)
2. 交渉人 真下正義  [ In my opinion・・・ ]   2005年05月18日 12:32
公開初日に観て更新が今日にずれ込んでしまった、「踊る〜」の番外編「交渉人 真下正義」です。 ホームドラマ仕立てでスタジオの中で撮影している感がありました。そして、主演のユースケ・サンタマリアと水野美紀のスケジュールが合わなくて共演しているシーンが少なかっ
3. 『交渉人真下正義』2005年59本目  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2005年05月24日 01:25
2004年12月24日 警視庁HPへのハッキングが発生。東京トランスポーテーション・レールウエイ無人車両走行案件と同一の犯行と認定。刑事部捜査一課室井管理官の指揮の下、同部交渉課準備室真下課長以下交渉課をTTRに派遣。同じく捜査一課木島警視を班長に捜査班を編成。犯人と
4. 交渉人 真下正義  [ Akira's VOICE ]   2005年05月24日 12:14
かなり見応えのある緊張感たっぷりハラハラドキドキの2時間でした!
5. 交渉人 真下正義  [ 罨ч※ ]   2005年05月28日 18:47
最近映画は試写会で観る事が多かったんですが、2月の「銀のエンゼル」以来、久々に金払って映画を観ました。 今回万博を観に行くにあたって、岐阜の友人の家に泊めて貰う事になり、21〓23まで中部地方にいました。土日引きこもっているのもなんなんで、映画でも観に
6. 華がない、笑えない凡作  [ soramove ]   2005年06月01日 19:49
「交渉人 真下正義」★★★ ユースケ・サンタマリア、寺島進主演 無人で地下鉄が 勝手に走り出す。 予告通り、 公園で爆発が起こる、 不気味な電話の主は ゲームのように 人の命をもてあそぶ。 「踊る」シリーズで見知った顔がいくつも 現れて、親密な感...
7. ♪♪「交渉人 真下正義」観て来ました♪♪  [ ★★かずくんままのマネー&映画日記 名古屋ポケパーク行ってきました★★ ]   2005年06月04日 18:47
東京テアトルの優待を使って「交渉人 真下正義」を観て来ました。 7月末までのポイントの残数が9ポイント 9作品観ることが出来るのですが生活圏内に劇場が無くなかなか消化出来ません。 2ポイントは子供と夏のポケモンの映画を観るのに取っておいても残り7 観れるか
8. 交渉人 真下正義  [ *〜アスタリスク〜 ]   2005年06月07日 10:21
― 交渉人 真下正義 ― 著者: NoData タイトル: 公式ガイドブック『交渉人 真下正義』完全FILE 「交渉人 真下正義」観て来ました いやぁユースケ・サンタマリアが主演だっていうだけでも見てみたいって思ったし、そしたらユースケ期待裏切らない 真
9. 交渉人 真下正義 今年の245本目  [ 猫姫じゃ ]   2005年12月24日 21:42
交渉人 真下正義 えと、「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 」の直後?の映像から始まるんだケド、時間的には「逃亡者 木島丈一郎 」のエンドからです。 「踊る」シリーズは、おもしろいし、好きではあるんだケド、そんなに熱狂的ファン、とい...

この記事へのコメント

1. Posted by &財   2005年05月19日 01:41
TB有難うござい真下!!!
パトレイバーは観たことないのですが、「真下」と類似しているんですか?それは調査しなくては。
なにかリンク等、気付いたことがおありでしたらコメント下さい。お願いします。
2. Posted by 管理人バグ   2005年05月19日 09:09
&財さん。。
HNこれでいいのかな?(笑)
パトレイバーを初めて見ると、関連性もこじつけ臭く感じるとは思いますが、劇場版の1本目の犯人の名前がよく似てるんですよ。たぶん、『所々、似てるのは偶然じゃありません』ってメッセージと解釈してます。
もちろん、真下はそれ自体が独立したレベルの高い作品だと思います。
もっと女っ気が欲しいと思いましたが(笑)
3. Posted by 健太郎   2005年05月24日 20:18
TBありがとうございました。
『踊る〜』らしくスタッフの遊び心が満載で、映画以外で楽しんでます。
本編も当然楽しみました。
『パトレイバー2』との関連ですけど、脇線はパト2のラストで移動に使用したので非常に興味深かったです。
ちなみに、TV版では後半の演出で『エヴァンゲリオン』も参考にしたそうなので、パト2の影響も有り得ない話ではなさそうです。
真下も成長しましたね。
驚きです。
4. Posted by 管理人   2005年05月25日 11:06
☆健太郎さん。。
脇線が出た段階で、あら?パトレイバー?って思った方は意外に多いようですね。後半はかなりパト1の影響が(笑)そのうちパトレイバーの伊藤和典がシナリオ書いたりして…ないか

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました