またまたご無沙汰をしてしまい、すっかり秋になってしまいました
時の過ぎる早さを実感するとともに、あっという間に年末ってことにならないよう日々頑張っていきたいと思う今日この頃です

では、早速今回のモデルさんです。が、今回はこのモデルさんがサロンでの体験談を語ってくださいましたので、そのことについて触れたいと思います
                      006
まず、この方の悩みは、全体的に髪が膨らみ、髪のうねりによって毛先が跳ねてまとまらないことです。
タイトなスタイルにしたいとのことです。

ここからが彼の美容室での体験談です。

担当の方が、とても丁寧なカウンセリングをして下さったのですが、
結局、「あなたは、くせ毛で 襟足が上に向いていて 髪が太いので」 と言われ
自分でもわかっていたものの何だかけなされたような嫌な気持になりました

髪を梳いて落ち着かせましょうと言われ、落ち着いたことがないことも この方はわかっていました。

案の定、髪の毛を大量に梳かれ、丁寧なブローセット、最後にワックスで固められ、美容師さんの最後の言葉が
「家でもスタイリング剤でおさえてくださいね」
と言われ終了だったそうです。自分でシャンプーした翌日は、襟足はうき、毛先は絡まりうねりも、より強くなり
最悪でした。 

このお客様の気持ちを想像してみてください。
本当に見なきゃいけないお客様の顔や気持ちを見てください。
見えても見えないふり、気づきたくないかも知れないけど気づかなきゃいけないのではないのでしょうか?


ここで私が皆様に提案です。

膨らんでいる髪を減らせば(梳けば)髪は落ちて収まるという単純な発想はしないでください。

梳いてどれだけ減らすのではなく、どれだけ残すかが大切なことだと思います。
切り残された髪の、集合体と長さ(毛根流の方向+発生発毛角度の影響)によっては、膨らみを固定させてしまう場合があります。

今回はモデルさんを通して貴重なお話を聞くことができました。

身が引きしまる想いでした・・・
私自身、これからも自分の軸をしっかり確認しながら、地に足をつけ頑張っていきたいと思います。