ぷーさんのデジカメ三昧

関西在住。趣味で女性のポートレイトを撮っています。撮影速報やサイトの更新情報、その日の感想なんかを綴ります。

峰 のりえ&肥後なつみ撮影会

12月8日に、峰のりえちゃん&肥後なつみちゃんの撮影会に行ってきました。ストリート撮影会でしたね。のりえもんは、もう沢山撮ってますが、肥後なつみちゃんは、初でした。

写真の整理の途中なので、とりあえず2枚です。

AF9A1149


AF9A1269

ハードな週末でした。

この土日は、撮影会の掛け持ち&忘年会でハードな週末でした。明日から写真の整理ですが、楽しみというか、沢山あって時間が掛かりそうです。

モデルは、さくらちゃんです。

AF9A1981

つかさちゃんで〜す。その2

つかさちゃんの撮影会後半は、三田・フラワーパークのイルミネーションでした。

夜景・イルミネーションの撮影は、中々大変で「見た感じ」に撮るのが難しいです。この点は、人間の目の性能はスゴイです。

イルミネーションで活躍するハズの、オールドレンズIndustar 61 L/Zの「星ボケ」です。
ただ、これは絞りの形状で、この形になるのですが、F5.6程度に絞ります。

こうなると、点光源が被写体と、相当離れないと「星ボケ」にならないので、ポートレイトでは写真のように、接近する事になります。

つかさちゃんが「何近寄ってんねん?」の顔になっているのは、そのセイです。

AF9A0904


後は、AFレンズに変えたので、撮影は楽でしたよぉ〜。

AF9A0952


AF9A0979


AF9A0908

つかさちゃんで〜す。

12月2日に、つかさちゃんの撮影会に行ってきました。撮影場所の前半は、兵庫県武田尾の、JR福知山線の廃線跡です。山の中に、線路跡が残っていて、散策出来ます。紅葉シーズンは、最も人出が多いですね。紅葉も、楽しめました。

つかさちゃんも、力の抜けた感じで、良い写真が撮れましたよ。

AF9A0809


AF9A0628


AF9A0665


AF9A0691


AF9A0747

三佐和 あやさんで〜す。その3

今回の撮影では、手持ちのフラッシュが、他の人のトリガーと被って、動作を安定させるのに大変でした。こちらもワイヤレストリガーを使って、事なきを得ましたが。

三佐和 あやさんの魅力が伝えられる写真は、撮れたと思います。また撮影してみたいモデルさんですね。

AF9A0235


AF9A0340


AF9A0354

三佐和 あやさんで〜す。その2

撮影については、今回、カール ツァイス Carl Zeiss Planar T* 1.4/50を使ってみました。M42マウントです。EFマウントの物は、電子接点があるので、フォーカスアシストが使えるのですが、こちらは、完全MFです。

まあ、開放付近がキモなので、開放しか使いませんでしたが、やはり魅力のあるレンズです。

ファインダーでの10倍拡大で、ピントは正確に合わせられますが、テンポは遅くなりますね。今回は、少人数の撮影会でしたが、大人数になると、非常に厳しいでしょう。

あやさんは、色んな表情が出てくるので、楽しいですよ。別のモデルさんのような、表情になる時もありますね。

AF9A0004


AF9A0035


AF9A0336

三佐和 あやさんで〜す。

宇敷さん主催の撮影会に行ってきました。三佐和 あやさんは、なかなか大人の魅力のモデルさんですよ。場所は、神戸・須磨離宮公園で、紅葉はジャストでした。気温も、それほど低くなく、快適に撮影できました。

とりあえず3枚。全てEOS R - EF200mmF2.8L (初代)で撮ってます。ボディ内補正で、欠点の無い画像になりますね。ボディ内JPEGを、フォトショップで調整してます。色も良く出せますよ。

AF9A0159


AF9A0113


AF9A0082

イルミネーションの季節です。

12月に入って、街のあちこちにイルミネーションが光る季節です。若い(若くない)女子が、スマホ片手に、インスタ映えを狙った写真を撮ろうとしていますが、いやー、本格的に撮ろうとすると、難しいですね。フラッシュ・レンズ・カメラの操作と、色んなノウハウが必要となる、頭の痛くなる撮影です。 フラッシュ一発、顔が明るい!!なら楽なのですが。

モデルは、つかさちゃんです。

AF9A0989


本当は、これ失敗作なんです。LED電球(蛍光灯も)は、早いシャッタースピードでは、明るさにムラがでます。1/250くらいの速さが上限ですね。それよりも早いと、画面の何処か、若しくは全体が暗い写真になります。

これは、結果オーライでした。

良い天気

昨日に続いて、今日も良い天気です。冷え込むという予報だったのですが、気温は上がってますね。

絶好の撮影日和でしょう!

モデルは、さくらちゃんです。

AF9A1921

今日から12月

早いもので、今日から12月・・・平成最後の師走です。忘年会シーズンですが、予定では2件ありますよ。クリスマス前の三連休があるので、今年は、盛り上がるかも知れません。

モデルは、さくらちゃんです。

AF9A1793

週末の予定

今年は、紅葉シーズンの週末が、好天気が多くて、撮影に良く出てますね。この週末も土日で撮りに行ってきます。EOS Rで、やりたいことが色々あるのですが、少しずつ試していってますよ。

モデルは、Niaちゃんです。

AF9A8202

さくらちゃんで〜す。その3

紅葉シーズンの土日祝日は、勝尾寺はライトアップをしています。人も多いですが、境内は広いので、間を縫っての撮影です。ピックアップした4枚は、フラッシュを使わない撮影で、ISO 6400くらいまでは、EOS Rであれば、それなりに使えます。

ただ、シャドウ部分のノイズは強いので、全体に明るく撮って、後から暗くする方がベターです。シャッタースピードが稼げない場合は、ISO 10000-20000を使っても、明るく撮ることを狙った方が良いと思います。

さくらちゃんも、長時間頑張ってくれました。感謝です。

AF9A2130


AF9A2177


AF9A2179


AF9A2121

さくらちゃんで〜す。その2

箕面の勝尾寺は、バス以外の公共交通手段が無くて、なおかつ駐車場が少ないので、紅葉のシーズンは、非常にアクセスしづらいのですが、今回は、ほとんど駐車場の待ち時間無しで入れました。これは、スーパーラッキーでしたね。紅葉も「ジャスト」の色づきで、楽しめました。

AF9A1722


今回UPしている写真は、ペンタックスFA☆85mmF1.4 というMFレンズです。キヤノンのAPS-C機には、普通に着くのですが、EOS Rの導入で、目出度く、キヤノンフルサイズ機としてのデビューとなりました。

F1.4の開放近辺で撮る場合は、「ピーキング」よりも「拡大MF」がピントを正確に合わせられますが、デフォルトの拡大については、液晶モニター使用の前提での設定なので、ファインダー時では、使いにくいです。そこで下の写真のように「M-fn」キーに「拡大」を割り当てます。シャッターボタンに近いので、使い勝手は、飛躍的に良くなりました。

電子式のマウントアダプターは、数種類試しましたが、全滅です。M5でOKの物もダメでした。これが使えると、フォーカスアシストが使えるので、拡大しなくてもピント合わせが、非常に楽なのですが・・・。

img01


画質は、開放からシャープで、ボケも秀逸ですね。ニコンの85mmF1.4が、設計を真似たというのが良く分かります。コントラストが現代のレンズに比べて低めですが、私としては、このような雰囲気のレンズが好みです。

AF9A1713


AF9A1806

さくらちゃんで〜す。

大阪・箕面の勝尾寺で、さくらちゃんを撮りに行ってきました。少人数の撮影会だったので、リラックスして、色んなパターンで撮れました。まあ、しかし「紅葉の夜景のポートレイト撮影」は、非常に難しい物でしたね。でも楽しめました。

沢山撮ったので、とりあえず一枚です。ISO 3200 フラッシュ無しです。

AF9A2071

カスタマイズの試行錯誤

EOS Rについては、ヨドバシ等の大型店に展示されていて、店頭で触っただけで、操作系に「×」を出す人も見受けられますが、実際には、ボタンや操作系をカスタマイズしないと、その良さは出てこないです。私も試行錯誤中ですね。

背面のタッチパネルについては、従来のキヤノンからのカスタマイズと同じなので、キヤノンユーザーならば、説明書無しに使えます。背面液晶を見ながらであれば、ほぼ問題がないのですが、ファインダーを覗いたままで、主要な操作が出来るようになるには、個々人のクセがあるので、それなりに使う時間が無いと、固まらないでしょう。

マウントアダプターのコントロールリングは、取りあえず「露出補正」としましたが、これでも直接コントロールする設定と、ワンクッション入れる設定の二通りがあります。これは昨日気がつきました。

なかなか奥が深い機種で、楽しみは多いですよ。

モデルは、うららちゃんです。

AF9A9390

この三連休は、紅葉三昧

この三連休は、天気にも恵まれて、紅葉三昧です。関西の名所も、良い色づきですね。来週くらいまで、楽しめそうです。

京都嵐山、宝厳院の紅葉です。

LRM_EXPORT_20181124_235523

2025年万博開催地が、大阪に決定🎉

2025年万博開催地が、大阪に決まりました。取り敢えず、おめでとう😃ですね。めでたくない事も起きますが、プラスの効果の方が大きいでしょう。1970年の万博を、記憶している、最年少レベルですが、街が大きく変わって行ったのは、実感しました。今回も、色々影響はあると思います。楽しみましょう。

モデルは、原 ゆずなちゃんです。

P1060666

勤労感謝の日

さて、勤労感謝の日でしたが、仕事の日よりも、動いていました。明日も、そうかな?

モデルは、原 美花ちゃんです。

AF9A8882




使い方にコツがある高感度です。

さて、前にEOS Rの高感度は、ISO 10000までは、何とか使えるかなぁ〜と書きましたが、このブログのサイズやfacebookの最大サイズである、長辺2048ピクセルについては、ISO25600は、使えそうです。

見栄えを全く考えずに、そのまんま上げても、スマホのものよりも、断然キレイなのですが、露出を上げて、明るめに撮って、事後に暗くすると、かなり良くなります。

キヤノンもそうですが、各社のカメラの高感度でのJPEGは、影(シャドウ)の部分の色は、カットして、ノイズを目立たなくする処理をするのですが、キヤノン機は、それでも、まだより暗い部分に色情報が残ります。ですから明るめに撮ると、画面の大部分に色情報が残ることになり、そこから暗めに処理すると、情報量の多い写真になります。

レンズは、EF24-105mmF4L ISです。


京都・八坂神社本殿  ISO 25600 本体JPEGです。肉眼では「ほとんど見えない」レベルの明るさです。ノイズ処理は、RAWからフォトショップで加工するよりも、本体のJPEGの方がベターですね。

AF9A0669



御陵衛士屯所跡 ISO 6400 本体JPEG 実際は「紅葉の赤」は、見えない暗さです。

AF9A0620



四条大橋から鴨川を望む ISO 25600 本体JPEG これはかなりオーバーに撮って、暗くしています。実際は左手の様子は見えません。

AF9A0707



これらの写真は、高感度の実験用に撮っているので、実際は絞りを開けますし、夜景の場合は、明るい単焦点か、F2.8レベルのレンズを、通常は持ち出しますよ。

かなり奥が深い機種です。

昨日もEOS RとEF24-105mmF4L IS で夜景を撮っていますが、かなり奥が深いですね。従来のキヤノン機と、違った色味になるのは、AWBがデフォルトで「雰囲気重視」になっているからで、これを「ホワイトバランス重視」に変えると、従来の色に近くなります。それでも、色温度は低めに誘導するクセはありそうです。

JR京都駅、大クリスマスツリーと京都タワーのコラボ

AF9A0541
Profile

ぷーさん

Recent Comments
Categories
DVD、写真集などなど
金城真央ちゃん主演!大阪
日本橋を舞台にしたアクション
DVDです。

猫耳戦姫アカネックス-AKANEX-


☆湊 あさかちゃん
準主役で出演!!
ハーフ ブラッド バンパイア 佐々木舞 芦田実沙寿 大西杏奈 真間美也


ハーフブラッドバンパイア Vol.2 くの一妖魔斬り

訪問者数

    デジカメ・オブザイヤー for ウェブマスター 2008
    私は、2004年から毎年参加していますが、過去の趨勢を見ていると面白いですね。自分が選んだ機種は、かなり購入して使っています。 ご興味のある方は、こちらにどうぞ。 dcoty2008
    Archives
    QRコード
    QRコード
    記事検索
    • ライブドアブログ