以前から噂されていましたが、キヤノンがEOS R5の開発発表です。スペックは、ぼかされていますが、漏洩しているとされるものは

- 45MPフルサイズCMOSセンサー
- ボディ内手ブレ補正
- 5段分の効果
- レンズ内補正との協調で7-8段分の効果

- 連写はメカシャッターで12コマ/秒、電子シャッターで20コマ/秒
- 背面にスクロールホイールが追加される
- マルチファンクションバーは無し
- ライブビュー/動画はこれまでの一眼レフのEOSのように切り替える
- バッテリー容量が大きくなるが、LP-E6のように見える
- 動画は8K30fps 、4K120fps、4K60fps
- 5GHzのWi-Fi内蔵
- 発売は2020年の7月

・・・一気にトップクラスの性能になります。まあ、かなりの価格になるでしょう。

同時発表の「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」は、エントリーズームですが、コンパクトで良さそうです。

噂では、より安いR6も開発中という事なので、ソニーとの全面戦争に勝つ気満々という事でしょう。

モデルは、咲月美憂ちゃんです。

P1010709