Digital Note

家電、ASP、お勧めデバイス、インターネット回線など便利なものを紹介したいと思います。

iPhone5のパクリじゃない? 米国でも疑問の声があがるサムスンの最新スマホ=韓国

 中国メディアの環球網は28日、韓国紙アジア経済を引用し、サムスン電子の最新スマートフォン「GALAXY Alpha」が金属製の筐体を採用したことについて、「iPhone5のパクリではないか」と米国メディアから疑問の声があがっていると伝えた。

 記事は、金属製の筐体を採用したサムスンのGALAXY Alphaについて、米メディアから「2年前に発売されたiPhone5そっくりのデザイン」と指摘されたことを紹介。

 「iPhone5のパクリではないか」とする米メディアからの疑惑の声に対し、記事は「サムスンが反論した」と伝え、金属製の筐体はあくまでも2006年に発売された「Samsung Card Phone」に由来するものだと主張したことを紹介。

 続けてサムスンが「Samsung Card Phone」はiPhone5より1年も前に発売されたものであり、「GALAXY AlphaはiPhone5のデザインを模倣したものではない」と主張したと伝えた。

 中国のネット上では、GALAXY Alphaの発売に向けて期待の声も高まっているが、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、「iPhone5と見分けがつかない」、「パクってばかりではいつまでもiPhoneを超えられないぞ」などといった声も多く見られ、米メディアが指摘したように少なからぬ中国人が「GALAXY AlphaとiPhone5のデザインが酷似している」と感じていることが見て取れた。

KDDI(au)が「デジラ」スタートキャンペーンなどを8月13日から実施!

KDDIと沖縄セルラーは、新料金プラン「カケホとデジラ」の提供開始に合わせて、8月13日から「『デジラ』スタートキャンペーン」と、「『カケホとデジラ』機種変更おトク割」を実施すると発表しました。

新料金プラン「カケホとデジラ」のおさらい
新料金プラン「カケホとデジラ」は、国内音声通話定額プラン「電話カケ放題プラン」と、データ通信料定額サービス「データ定額」を組み合わせた新しい料金プランです。

データ通信は、一人ひとりの利用状況に合わせて、2GBから13GBまでの6段階のデータ容量から選ぶことができるものとなっています。

基本料金にあたる「電話カケ放題プラン」は2,700円で、家族間でオプション料金なしでデータ容量を分け合える「データギフト」が特徴となっています。

「デジラ」スタートキャンペーン詳細
KDDI カケホとデジラ 新料金
「デジラ」スタートキャンペーンは、8月13日~9月30日の期間中に5GB以上の大容量プランに加入すると、最大2か月間、一つ下の容量の月額料金で利用できるキャンペーンです。

このキャンペーンを利用すると、5GBの「データ定額5」の場合は4,200円、8GBの「データ定額8」の場合は5,000円となり、通常より800~1,800円安くスマートフォンを利用することができます。

また、家族間でデータ容量を贈る「データギフト」サービスのスタートに先立って、8~11月の最大4か月の間、各データ容量を20%増量する「auからのデータギフトキャンペーン」、LTE対応iPhoneユーザーを対象に、最大13か月間、毎月のデータ容量を1GB増量する「iPhoneデータ増量キャンペーン」も同時に開始するとしています。

「auスマートバリュー」との併用も可能!
気になるサービスの併用についてですが、「auスマートバリュー」との併用も可能で、表のとおり、「auスマートバリュー」の適用時はさらに月々の利用料金を落とすことができます。

「機種変更おトク割」も同時開催!
auスマートフォン・au携帯電話の利用期間が16か月以上のユーザーについては、機種変更と同時に今回の新料金プランに申し込むと、購入代金に充当できるポイントを付与することで、スマートフォンの本体価格を最大5,000円OFFにすることも同時に発表しました。

開催期間は、8月13日~9月15日となっています。「デジラ」スタートキャンペーンより若干期間が短くなっているので注意が必要です。

【自動車保険ガイド】事故時に頼れる「損保コールセンター」を見極める“3つのポイント”

 お盆休みが近付き、予定を楽しみにしているというドライバーも多いのでは? 外出先で万が一、交通事故に遭ってしまった場合、保険加入者が最初に連絡するのは、基本的には加入中の保険会社のコールセンター(事故受付センター)となるが、その際に頼れるコールセンターの特長とは? 3つのポイントからみていこう。

夏と冬ではどちらが危険? 実際の交通事故発生ピークは何月か

ポイント1:事故受付での聞き取り力とアドバイス力がある

 損保コールセンターの役割には「事故受付」があり、事故の状況を正確に聞き、その後の対応をアドバイスする役割を担っている。ここで、契約者の疑問や不安に感じていることをしっかりと聞き取り、警察への連絡や被害者へのケアなど、事故現場で必要となる対応方法まで、いかに的確に説明できるかどうかは、最重要視したいポイントだ。

ポイント2:代車の手配、医療機関への連絡…スムーズな初期対応を実施できる

 コールセンターでは、被害者への連絡や、自動車の搬送が必要であればレッカー車および代車の手配、医療機関・修理工場への連絡といった「初期対応」も実施する。円滑に保険金の支払いに進むためには欠かせない業務とあり、これがスムーズに進むか進まないかは、コールセンターの信頼度につながるといっても過言ではないだろう。

ポイント3:ミスなく迅速に保険金の支払いにつなげるための多様なサービス提供

 ミスのない迅速な保険金の支払いは、保険加入者として損保に最も期待したいところだ。たとえばチューリッヒ保険では、事故受付のコールセンターと、営業や契約の保全を担当しているコールセンター(カスタマーケアセンター)が同じ場所にあり、事故受付時に契約関連の手続きが必要な顧客に対して、ワンストップでサービスの提供が可能となっている。

 事故に遭った直後のドライバーは、経験のない出来事に気が動転し、どのように対応したら良いかわからない人がほとんど。そのため、コールセンターの事故対応力とは、事故に遭った契約者のパニックと不安をいかにスムーズに解消し、迅速な保険金の支払いにつなげていくかに他ならない。加入中の保険会社が上記のポイントを備えているかどうか。保険加入前には、各社のWebサイトやコールセンターに関する口コミをしっかりチェックしてから加入するのが賢明かもしれない。

OCNモバイルONE「050 plus」付きSIMカードの実力を検証

2014年4月1日から消費税が8%となったあおりを受けてか、量販店や大手小売店などで販売されているMVNO SIMとSIMフリースマホのセットプランがいずれも好調の様です。いよいよMVNO SIM、SIMフリーというものが広く浸透してきたと感じます。そこで今回は、SIM通のSIMカードランキング総合1位のOCNモバイルONE「050 plus」付きSIMカードをご紹介したいと思います。

○「MVNO SIM」って難しい? いいえ、簡単に使えます!!

MVNO SIMって言葉が聞きなれないため、「なんだか難しい!!! 」というイメージを持っている人はまだまだ多いと思います。でも、実はそんなことないんです。ドコモのスマホや、SIMフリースマホと呼ばれるものであれば、SIMを入れ替えて、付属の説明書の通りに必要事項を入力すれば簡単に使えます。初めて設定する場合でも15~30分、慣れた人なら5分ちょっとで「APN」と呼ばれる設定が可能です。

○データ通信だと音声通話ができないんじゃないの?

「OCN モバイル ONE」はデータ通信専用のSIMです。これだけ聞くと音声通話はできないと感じるかもしれません。確かに「080、090」から始まる電話番号を使うことはできません。しかし、OCNモバイルONE「050 plus」付きSIMカードは、050 plusを利用することで、普通の電話と同じ感覚で音声通話ができるんです。

また嬉しい機能として、050 plusではスマホと同じように留守番電話機能が付属されている他、発信者番号が通知されるため(一部のIP電話アプリのように)番号が非通知表示になることもありません。

○家計を見直すチャンス!?

冒頭にも記載しましたが4月1日から消費税率が5%から8%へアップし、僅かな額とはいえボディ・ブローのように家計へ影響を与えていると思います。そこで料金についても比較してみました。

通話に関しては「050 plus」は、キャリアの通話料と比較して通話料金がかなりお得です。

例えばスマホからスマホに1ヶ月60分電話したとした場合、キャリアの通話料金は割引適用がない場合2,592円(税込み)なのに対し、050 plusでは1,037円(税込み)で済むため、ひと月で約1,500円お得になります。

さらに基本料金で比較しても、キャリア契約の場合は月額6,000円以上を支払っている人が多い中、『050 plus』付きSIMパッケージなら4月から050 plusの基本料金がセットで半額となったこともあり、最も安いプランでは1,134円(税込み)と月々の費用をかなり抑えることができます。

モバイルONEは、4月1日から値下げをしただけでなく、1日あたりの高速データ通信量上限も20MB増量されました。1日50MBということは、1ヶ月を30日とした場合、合計で1.5GBのデータ通信が可能です。容量の心配も少なく、050 plusのセット割引も含め料金の安心感が人気のSIMカードとなっている理由かもしれません。

今回はSIMカードランキング総合1位の「050 plus」付きSIMパッケージを取り上げましたが、使用する環境を考慮し、自分に合ったMVNO SIMを選んで通信費を節約してみてはいかがでしょうか?

8割のガラケーユーザーがスマホ移行する気なし... 「必要がない」「料金が高い」といった意見

言い返せない。
リサーチ社のMMD研究所は、ガラケー(フィーチャーフォン)ユーザーを対象にしたアンケートを実施しました(詳細はMMD研究所で)。この調査結果によると、フィーチャーフォンユーザーの8割がスマホへの買い替えを検討していない、という結果に。
具体的には、「スマートフォン購入意向」という設問にて、46.1%の人が「特に決めていない(まだ分からない)」、33.4%の人が「購入する予定はない」と回答しています。
さすが、これだけスマホが一般的になっても、ガラケーを使い続けている方たち。もはや、かなりの精鋭ばかりが残っている状況のようですね。
「スマートフォンの購入を検討しない理由」としては、以下のものが上位としてあがっています。
 
 
本体、または月額料金が高い
まあ、高いですよね、確かに。ガラケーだと月2,000円ぐらいなのに対し、スマホは1万円前後もザラです。
 
スマートフォンの必要がない
電話・メール以外の機能を使わないという方であれば、ガラケーで十分かもしれません。逆に、カメラやインターネットをよく利用するのであれば、スマホに買い換えたほうが良いと思います。
 
バッテリー持ちが悪そう
だんだんと解消されつつありますが、まだまだガラケーに比べると持たないのは事実です。

スマホを利用している筆者からしても、「確かになー」という感じの意見ばかり。特に、「料金が高い」と「バッテリー持ちが悪い」に関しては、ぐうの音も出ません。
ガラケーを使い続けている方も、ちゃんとよく考えた上で「買い換えない」という選択をとっているんだなーと感じました。

なおこんな意見も:

ガラケー男子はダメかも...。友達にもなりたくないくらい[スマホ女子会 #1]

フィーチャーフォンユーザーの約6割がスマートフォンに必要性を感じていない[MMD研究所 via すまほん!!]

広まる「Facebook Wi-Fi」:ユーザー位置情報と引き替えに

「Facebook Wi-Fi」はユーザーから位置情報を教えてもらう代わりに、無料でWi-Fi接続サーヴィスを提供するという試みだ。もともと同社の2人のエンジニアが思いついた同サーヴィスは、2012年5月に試験提供が開始され、その後徐々に提供の範囲を拡げてきた。いまでは同社本社の周辺に加え、パロアルトやサンフランシスコにあるカフェでもこれが使えるようになっている。先日には、シスコシステムズが同社のルーターにこの機能をオプションとして搭載すると発表していた。



この無料Wi-Fi接続サーヴィスの拡大は、フェイスブックがますます多くのユーザー情報を収集しようとしていることを浮き彫りにするものだ。同時に、位置情報などのユーザー・データの価値が、広告を販売していく上でさらに高まっていることを示すものといえる。



Facebook Wi-Fiは小売店や飲食店で提供されており、ユーザーは自分のフェイスブック・アカウントを使ってWi-Fi経由でネットに接続できる。このシステムは、同社でエンジニアとして働くモヒト・タルウォーとアドリアン・ポトラが、シアトルオフィスで行なわれたハッカソンのなかで開発したもので、そのプロトタイプが高い評価を得たことで後に正式な開発プロジェクトに昇格していた。



WIREDでは昨年11月にFacebook Wi-Fiについての記事を掲載していた(日本語版記事)。当時フェイスブックはこのサーヴィスを「まだ試験的なもの」とし、メンロパークの本社周辺にある一部の小売店や飲食店で小規模なテストを行っているとだけ説明していた。だが、その後数ヶ月の間に、このサーヴィスはサンフランシスコにあるPhilz Coffeeの店舗などでも利用できるようになった。例えばAT&Tパーク(MLBサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地)近くにあるPhilzの店舗では、すでに同サーヴィスを使えることが確認されている。また、カストロ通りにあるPhilzの店でもまもなく利用可能になると聞いている。



そして5月には、シスコが同社のルーター「Meraki」シリーズのオプションとしてFacebook Wi-Fi機能を提供すると発表。これに合わせてFacebook Wi-Fiは実験段階を卒業し、正式なサーヴィスに昇格した。同社は現在、シスコ以外のルーターメーカー各社とも話し合いを続けており、より広汎な普及を目指しているという。



このサーヴィスが今後どう発展していくかは不明だが、プライヴァシーに関わるような位置情報が本人の知らないうちに収集されていることもめずらしくはない現状を考えると、Facebook Wi-Fiのサーヴィスは少なくともユーザーになにがしかの対価を提供する分だけ良心的と言えるのかもしれない。

HTCの“Facebookフォン”、絶不調で販売終了か

こうなるとおもったんだよね~

 5月9日に米AT&Tが独占発売した「Facebook Home」をプリインストールしたスマートフォン「HTC First」の売り上げが不振のため、AT&Tが販売を中止すると、ブログメディアの米BGRが「信頼できる筋の情報」として伝えた。


 発売時、「1日限定99セント」となっていたHTC Firstの価格は15日現在も99セントのままだ。

 BGRによると、売れ行きは「ショッキングなほど不調」という。

 Facebook Homeは、対応する端末は限られているが、Google Playからダウンロードすることも可能だ。Google Playからのダウンロード数はまだ100万~500万レベルで、約1万7000件のユーザーレビューの平均は5点満点の2.2とこちらも低めだ。

サムスン、5G超高速データ送受信技術を世界に先駆けて開発

サムスン電子が、5世代(5G)移動通信環境で高速でデータを送受信できる技術を世界で初めて開発した。サムスン電子は26ギガヘルツの超高周波帯域で1ギガbps以上の速度で最大2キロまでデータを送ることができる技術を開発して試用に成功したと12日明らかにした。

今回開発した技術の核心は、超高周波帯域(6ギガヘルツ以上)を活用して4世代LTEよりも数百倍の速度でデータを送受信することだ。5Gは、現在の移動通信用で使用されている数百メガヘルツで数ギガヘルツ帯域の周波数よりもはるかに高い帯域の周波数を使用する予定。しかし超高周波帯域では電波が切断されたり短くなったりする問題がある。

サムスン電子は64個のアンテナ素子を活用した“適応配列送受信技術”でこの問題を克服した。サムスン電子は適応配列送受信技術をはじめとする5G移動通信核心技術を開発して2020年までに商用化することを目標にした。

5Gが商用化されれば数ギガバイト容量の超高画質の映画ファイルも1秒以内に送信することができる。3D映画やゲーム、超高鮮明(UHD)コンテンツなどもスマート機器で楽しむことができるようになるということだ。サムスン電子のキム・チャンヨンDMC研究所長(副社長)は「今回の技術開発で5G関連の国際標準制定が本格化するだろう」と話した。

【噂】任天堂WiiUで、スマホアプリが動くようになる?

「タッチパネル同士なかよくしようぜ」...なのかな?
家庭用ゲーム機の代名詞とも言える任天堂がスマホへの親和性を強めつつあるのはWiiUのコミュニティ機能『ミーバース』のスマホ対応などからも徐々に明らかになってきています。
そんな中、任天堂は自社ゲーム機のスマホアプリ対応も模索してるのではないかと、海外ニュースサイト・ジャパンタイムズが報じています。

アプリ開発者達は、スマホアプリをWiiUで動かすためのツールを要求したと伝えられています。
近い将来にはWiiUでアングリーバードなどのスマホで人気のゲームをプレイすることができるようになるのかもしれませんね。

2012年末に発売された同社の最新ゲーム機『WiiU』は、人気ゲームタイトルの不足や急速なスマホ普及などの要因から苦戦を強いられており、近年では任天堂の業績も決して良いとは言えない状況。そこで豊富な人気タイトルが揃うスマホゲームが動作するようになれば、WiiUの販売促進につながるであろうということは充分に予想できますよ。

ちなみにジャパンタイムズの同記事では、任天堂は自社でWiiUや3DS、ポケモンといった新作タイトルの開発にあたっているとも書かれていますが、マリオをはじめとするおなじみの人気タイトルをスマホ向けに提供する気は今のところなさそうな気配。
まあ、そんなところも任天堂らしいんですけれどね。

iPhoneの買いどきはいつですか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ


説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「iPhoneの買いどきはいつですか?」という質問に答えます。

***

日本でiPhoneを扱うソフトバンクとau/KDDIのどちらも、2013年5月現在おトクなキャンペーンを実施していますから、つい「いまでしょ!」と答えたくなりますが、しばらく待ったほうがよさそうです。その理由は2つあります。

ひとつは、Appleが毎年6月に開催する開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」が控えているからです。2008年にはiPhone 3G、2009年にはiPhone 3GS、2010年にはiPhone 4と、これまでiPhoneの新モデルを発表する場として利用された実績があります。

iPhone 4Sは2011年10月、iPhone 5は2012年9月の発表でしたが、再びWWDCが発表の場となる可能性も否定できません。WWDC 2013は6月10日に開幕、残すところ約1カ月です。

もうひとつの理由は、対応する周波数帯の問題です。つながりやすい「プラチナバンド」として、ソフトバンクはテレビ放送の地上デジタル移行に伴う再編で空きが生じた900MHz帯を獲得し、au/KDDIは800MHz帯に充実したエリアを保有していますが、両社とも課題を抱えているからです。

ソフトバンクは900MHz帯のエリアを広げていますが、まだじゅうぶんとはいえません。一方のau/KDDIは、iPhone 5が800MHz帯のLTEをサポートしていないため、現状LTEネットワークでは2.1GHz帯が頼りです。

au/KDDIは、今後800MHz帯をLTEのベースバンドとする意向を示していますから、800MHz帯のLTEに対応するかもしれない次期iPhoneを待つ価値はあります。ソフトバンクにしても、イー・アクセス買収により獲得した1.7GHz帯の拡充(ダブルLTE)は徐々に行うとのことですから、明確な効果が現れるまではしばらく時間がかかりそうです。

2013年5月上旬時点でいうかぎり、あと1カ月、場合によっては数カ月様子を見たほうが、長期的にはトクをするのではないでしょうか。あとは、皆さんの決断次第です。
記事検索
カスタム検索
lancers
DMMFX
外為ジャパンFX
Job-Hub
Qbook
パイレーツ・オブ・ボヤージュ
【在宅ワーク】<情報ステーション>
中小企業のインターネット集客支援
トラリピFX
マネーフォワード】
マイベストジョブ
華の会メール
毎月ジャンボ宝くじ
読売プレミアム
ライブチャット占いラフェンテ
楽々事前エントリー
ALBA.Net
神馬
オルビス
LINKopty
わくわく
スウィートホーム
iOSアプリ
クラウドワークス
TwinCue(ツインキュ)
クラウドワークス
スキジョブ
読売新聞
ヤギレース
ソラノヴァ
Craudia
Nail-Complex
初音ミク「@games」タイアップ
WITHPHOTO
うたのプリンスさまっ☆「@games」タイアップ
IMOBILE
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
楽天
スキジョブ!スキラー
オススメ
クチコミで人気の【ラブサーチ】
  • ライブドアブログ