DILMUN ディルムン記録

MMORPG ディルムン愛が高じて解析してみた

最新の情報に関してはTwitterをご覧ください。
You can check latest information at my twitter page.

捜索中:
1. Dilmun Ver1.3 for Korean
⇒インストールCDが極少量出回っているらしく、入手できる可能性あり。
2.54601.n3d」というファイルを含むクライアント。
⇒チャイナドレスのデータファイルです。解析の結果、ファイル名が判明しました。
中国版1.3および韓国版0.5、1.45の初期インストールデータには含まれていません。
日本版1.3にはアップデート適用(パッチ)済みデータ内にも含まれていません。
残る望みは、アップデート適用済みの中国版または韓国版です。

DILMUN HD Viewerに関することはhttp://dilmun.jp/download.phpにまとめています。

フィールド上エフェクト(滝や炎)を除く、ほぼ全てのエフェクトが追加されました。
この記事では、具体例を紹介します。是非、画像だけではなく、Viewerで実際の動きを確認してみてください。
●全般的な既知の問題
・重力影響を受ける爆発時のパーティクルが突然回転する不具合を確認しています。
・爆発時のパーティクル速度の不正確さを確認しています。

●プレイヤー攻撃エフェクト
・剣通常攻撃
normal_atacck
●アーツエフェクト
・剣バーニング
burning
続きを読む

ss035 - Dilmun HD Viewer
■ダウンロード
http://dilmun.jp/download.php


■お知らせ
常にスクリーンショットを募集していますので、どうかご協力お願いします(・ω・)ゞ
不具合に関する詳細は、 「[Ver1.4.X] 既知の問題・不具合、今後の課題などについて」をご覧ください。

■変更履歴

[1.3.3] => [1.4.0]

  • プレイヤーやNpc、モンスターのエフェクトを反映。
    ⇒まだ改良の余地が多くあるため、今後少しずつ改善していきます。
    対応したエフェクト、及び既知の問題に関する詳細は「Ver1.4.0 対応エフェクト詳細」をご覧ください。
  • 属性強化に対応。
    ⇒強化石は「T」キーで探すか、カノブの雑貨商人から入手できます。強化成功確率はかなり高めです。(最低80%)
  • エレメンタルアーツ、ディバインアーツを追加。
    ⇒「Ctrlキー」を押しながら「マウスホイールをスクロール」で、スキルスロットを切り替えて使用できます。アーツ学習システムに対応するまでの一時的な対処です。
  • モンスターを右クリックすると、最後に使用したアーツを使用できるようになりました。
    ⇒最後に使用したアーツは、スキルショートカットスロット欄に「*」印が表示されます。
  • フィールド上で戦闘中、モンスター側のよろめき状態(被ダメージ時アクション)を追加。
    ⇒プレイヤー側のよろめき状態は今後追加予定です。
  • 当時のディルムンと同様に、平和モード状態でモンスターを選択すると攻撃モードに自動的に切り替わるよう変更しました。[2017/08/21追記]
  • 花火、帰還石に消費時効果を反映。回復アイテムは、消費音を鳴らす効果のみ反映。
    ⇒帰還石に関しては、本来はオベリスクへワープですが、一時的な対処としてオベリスクダイアログを出すようにしています。
●韓国版Ver1.45関係
ss003 - Dilmun HD Viewer
  • Ver1.45新規追加モンスターを、Ver1.45新フィールドで生成されるよう変更。
    もし、発生されないはずのモンスターが居たり、発生されるはずのモンスターが居なかったりする場合はコメント等で気軽に情報をお寄せください。また、そのモンスターが撮影されているスクリーンショットも募集しています。
    詳細:
    ・テラ地下水路2階(테라지하수로2층)
    ⇒코모도、썬더코모도、본크로스
    ・タナツ洞窟2階(타나츠동굴2층)
    ⇒앤트、솔져앤트
    ・王家の墓2階(왕가의무덤2층)
    ⇒머미고렘、머미고렘킹、크리퍼、아르노스
    ・王家の墓3階(왕가의무덤3층)
    ⇒렙타일맨、엘리게이터전사、메탈라쿰、비스트마스터、데스블레이드、헬아몬
  • 新フィールドのマップが表示されない不具合を修正。
続きを読む


不完全なエフェクトがまだ幾つかありますが、エフェクトに関しての作業がほぼ完了しました。
予定通り20日にVer1.4.0をリリースできる見込みです。

この2ヶ月で、納得の行く成果を得られたと思います。

Ver1.4.0の新機能のほとんどはエフェクト関係であり、その他は細かい不具合修正等となります。

続きを読む



[速報] Ver1.4.0は8月20日までにリリース予定です。

エフェクト解析作業に大きな進展があり、描画精度が大幅に向上しています。
上に掲載した動画は数日前の成果で、この動画で見られるエフェクトよりも現在は更に再現度を向上させています。
新たに動画を撮影したかったのですが、もう少し解析作業を進めて描画機能を更に改善させたいため、それらが完了してから撮影予定です。

魔法職業の通常攻撃や、モンスターに攻撃がヒットした際の出血エフェクトの描画機能が未完成なため、継続して作業を進めていきます。

少し話が変わりますが、Ver1.3.XのモンスターAIが良くないので改善したいと思っているのですが、Ver1.4.0をできるだけ早くリリースさせるため、AI処理の改善はVer1.4.1以降の対応を予定しています。


■属性強化システム
属性強化システムが完成しました。

続きを読む

●カルライダー
ss001 - Dilmun HD Viewer
突然ですが、現在、特に募集しているスクリーンショット(SS)が1点あります。
カルライダー(카루라이더)攻撃時に発生するエフェクトが撮影されているSS

お持ちの方は、twitterやメールなどで画像を送っていただけると助かります。開発作業の参考にします。
また、それ以外でも、インターネット上では入手できない個人のスクリーンショットも募集しています。
詳しくは記事の最後のセクションをご覧ください。


●エフェクト再生機能の話
以前、探しても見つけられなかったと書いた、ヒトデ(불가사리)、ヅル(두르)、ディオネ(디오네)と思われる攻撃エフェクトが見つかりました。
見逃していただけで全てのエフェクトに関する情報を取得出来るかもしれません。

開発作業に関しては、エフェクト解析と並行して単独で作成していたエフェクト再生機能を、Dilmun HD Viewerのメインルーチンに組み込みました。


Ver1.4.0までのロードマップですが、
  • エフェクト描画手法の解析作業を進め、エフェクト再生機能の精度を高める作業
  • 属性石の強化システムの実装
  • モンスターAIの改良
これらの作業が最低限残っているので、まだしばらく時間がかかる見込みです。


●SS募集の話
このエフェクト解析の作業では、本家のディルムンではどのように描画されていたか、という情報が必要になることが多く、その都度スクリーンショットを見て比較しています。

これまでに日本、韓国、中国のWeb上、及び個人提供を併せて、1万枚以上のスクリーンショットを収集し、フィールドごとに自動で分類するソフトウェアを開発して整理していますが、それでも見つからないものもあります。
皆さんの協力があれば作業が早まるかもしれません。

もし、インターネット上では入手できない個人のスクリーンショットを所持していれば、送っていただけると開発の参考にさせていただきます。基本的にどんなものでも全て役に立ちます。

送付方法に関してはお任せします。基本的にはメール送付が良いと思います。
メールアドレスは665c574eです。(※SPAM防止のため画像化しています)
5MB程度なら1度に送付できるかと思います。容量が大きい場合は、お手数ですが適切な方法で送付していただけると助かります。(アップローダを利用する等)

それでは(・ω・)/

エフェクトの解析作業は少しずつ進展しています。

以下は、解析に基づいて一部のエフェクトを付加した動画です。
フェードイン/フェードアウト・移動・回転・拡縮といった情報が無いため、まだまだ不完全ではありますが、現時点でもエフェクトによっては高い再現度で描画出来ることが分かりました。

※赤い丸印は、現時点ではまだ反映されていないパーティクル発生源です。

続きを読む

そういえば以前は各ファイルの解析の進捗状況を投稿していたなと思い出し、久々にそのシリーズを復活させて、エフェクトに関する記事投稿をしていこうかなと思います。

1つのエフェクトには多くのファイルが使用され、dat, dpa, pcl, tga, wavファイルの5つが組み合わさって構成されると考えています。
最近はこれらのファイルがどのような役割分担を行い連携しているのかを解析しているわけです。

続きを読む



新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

上の動画は以前アップロードしたもので、モーションブラー効果のテスト中の動画です。

2016年は、1.1.1から1.3.2までバージョンアップしました。
Version1.1.1はどのようなレベルだったかと言うと、ログインシーンすら無く、モンスターも自分で召喚しその場で静止するだけでした。

少しは進化したと思いますが、まだまだ満足できるレベルではありません。
2017年も継続してアップデートしていき、今年こそスタンドアロン版を完成させたいです。
(毎年のように目標を達成することが出来ていませんが、大袈裟に目標を高く設定しているのではなく、その時点では出来るだろうと考えています…。)

早速ですが、今の時点で計画している今後の情報を記載します。
 続きを読む

このページのトップヘ