♪日野美子の日記♪

シャンソン歌手、日野美子の日記です。
音楽、映画、本、芝居、旅行、グルメ等、日々のあれこれを書いていくつもりです。
公式ホームページにも、是非お越しください。http://dimples.main.jp/

14歳のプロ棋士:藤井聡太君や、34歳で旅立った海老蔵さんの奥様:小林麻央さんの人生に想いを馳せつつのUP。

今までたまにしか見ていなかった麻央さんのブログ、お別れの数日間の日記・・・泣いた。
ワタクシなんぞは、結構本音も書いているとはいえ、過激なことは避けつつの表現だし、能天気な内容ばかり、だな。


・・・でもって、昨日の続き。




ガラスの森美術館には、初めて訪れる。

こじんまりした敷地だが、しつらえは見事。
0849


紫陽花よりも薔薇が見頃だった。
0853


美しいガラスの紫陽花も。
0854


ガラスの木や風船も。
0871



建物の中ではイタリアから来日しているバイオリニスト:アルベルト・デ・メイスさんのコンサート。
その素晴らしかったこと!
音の響きもよかったんでしょうが、ラテンアレンジのヴィバルディの四季「春」に続いての、レ・ミゼラブルの中から「夢破れて」で涙。クラシックメドレーで沸かせて、最後のニューシネマパラダイスの「Si」大感動。
0850


食事しつつ楽しんだカンツォーネのステージでは、「コメプリマ」一緒に歌っちゃいました♪
0851


ほんとにイタリアにいるみたいでしょ?
0882




アナベルのレッドは初めて。
0855


王妃と名付けられた八重のクレマチスも。
0856


やはり八重のホタルブクロも。
0857



特別展「ヴェネチアン・グラス二千年の旅展」も堪能し、せせらぎが聴こえる奥のコーナーも楽しんだ。
0852

0877
こころ潤う時間に感謝。

箱根女子会、最終日に続く・・・




昨日までの3連荘のライヴは、それぞれに嬉しく楽しく幸せなひとときだった。
新たな出会いに感謝、今までのご縁にも感謝・・・最近ひしひし感じる人との結びつきのありがたさ。


箱根女子会は、やはりご縁ができて長く付き合っている友たちとのプチ旅行。
その写真を、少々セレクト。


まずはこれでしょ〜富士山!
0841
くっきりとはいきませんでしたが、嬉しかったな、なま富士山(^^v


大涌谷。
0842

黒卵を食べたので、少し長生きできるか〜
0875




・・・で、毎回訪れる長安寺の五百羅漢。深呼吸したくなる空間。

以前ブログにしたのはこちら。
http://blog.livedoor.jp/dimples/archives/1962884.html
http://blog.livedoor.jp/dimples/archives/2012913.html
http://blog.livedoor.jp/dimples/archives/2055800.html

五百羅漢は、会いに行くたびに新しい発見あり。


初めて見るなぁと思う羅漢さんもお馴染みさんも。
0843

0845

0846


誰かに似ているのも・・・
0848
これ、フジTVアナウンサーの露木茂さんに激似!?


風に飛ばされたか、落っこちていた赤い帽子をちょっと斜にかぶせてみた。
0847

一番お気に入りの子も赤い帽子をかぶされてた。
0844


女子会の続きはまたUPいたしましょう。


紫陽花は、まだまだこれからだったが、駅には様々な紫陽花が飾られていた。
こちらは湯本駅の紫陽花たち。
0861


さぁ、明日は松山東高校関東支部の総会&同窓会。
一年振りの楽しみ。

0839

ご近所のMさんが貸してくれたコミック5冊、おうち料理、それもいつもあるような材料でできるリーズナブルなお料理が出てくる。

今日の常備菜は、その中にあったひとつ、ピーマンとじゃこ。そして厚揚げのねぎ味噌サンド。
あとは本と関係なく、人参シリシリと、タコと野菜のマリネ。
0840



日頃外食は少なく、ほぼうちごはんなのだが、今日は荻窪「嗣」の昼ライヴなので、すぐそばにある噂に聞いた吉田カレーに惹かれて、行ってみようかとも思っている。

「嗣」の昼ライヴは、1ドリンク付き¥3500。譜面持参で是非どうぞ。

荻窪「嗣」 http://www.kyo-music.co.jp/tsugi.html

季節にぴったりの傘のデザイン、フライヤーは冨永さんより
0775


フライヤーを作ってくださる冨永さんの写真フォルダにはどれだけ膨大な量の写真がキープされてるんだろうか?いつも歌手それぞれのバランスを考えてセレクトしてくださってるのがわかって、幸せ。

大好きなベルフラワーに飾られたフライヤー、嬉しいな。
0774


今宵は銀座の老舗「蛙たち」にてお待ちしております。

http://www.kaerutachi.jp/

ラベンダー摘みの時に様々なハーブも摘ませてもらった。その中の蕾だらけの銀梅花(マートル)が見事に咲いて、プチ幸せ〜〜〜♪
0838

今日もがんばれるぞ。

友人のブログから知った江戸時代の歌人:橘曙覧(たちばなのあけみ)の歌、わかるなぁ。

「たのしみは庭にうゑたる春秋の花のさかりにあへる時々」



今宵はこちらで歌っています。

荻窪「嗣」 http://www.kyo-music.co.jp/tsugi.html

フライヤーデザイン:冨永さん
0773


散歩途中の花達を少々。

珍しいのに出会うと嬉しくなっちゃう。君とは一年ぶりだね〜と思ったりしつつの、楽しいご近所散歩。


アナベル。
0820


柏葉アジサイ。
0819


アカンサス。
0821


ブルーサルビア、せ〜ので口あけて一斉に吠えてるみたいなのが可愛い。
0822


赤いヒューケラと白いナデシコの対比がいいな。
0823


ランタナ、いっぱい見かけるけれど黄色一色っていうのは結構珍しいかも。
0824


白妙菊、ベランダで育てた時、なかなかこの黄色い花が咲かなかったっけ〜
0825


三尺バーベナ、久しぶりに見た。
0837


紫色も結構目に飛び込んでくる。
こちらムラサキゴテン。
0826


立葵。
0827


そろそろこんな紫(青)も勢いを増してくる。
琉球朝顔。
0828


昨日の池之端Quiも嬉しい一夜だったが、さぁ明日からのライヴ3連荘も、がんばっていきましょい!


赤ちゃんを産んだパンダを見てからライヴと言いたいところですが、月曜は上野動物園は開いてない。残念なり〜(^^;

でも、池之端Quiは、大好きなスペース。
大好きな方達とご一緒するステージ。

http://www.livespace-qui.com/

歴史を感じさせるすてきなフライヤーは冨永さんより。
0772


大好きなお客様たちともお目にかかりたく、是非ぜひお越しをお待ちしております。




近所の迫力の花達。
このパワーをもらって、今宵もがんばっていきましょい!


ブーゲンビリア
0835

0836


ダチュラ(エンゼルトランペット)
0829

0830


アブチロン(チロリアンランプ)
0831

0832


アメリカデイゴ
0833

0834


0816

図書館に行く途中に、もう無人になってしまったお家があって、無人なのに様々な花が咲いている。見事なドクダミの八重も毎年拡がっている。

で、そこ通るたびに花盗人になりたくなる〜って、ジムでご一緒する花名人のMさんにお話ししたら、ご自宅の八重ドクダミから蕾がついたのをひと鉢を作って持ってきてくださった。
0817


やっと、咲いた〜♪
0818




明日はこちらに、是非!
ドクダミならぬカラーの花のような野崎由美子さんと一緒にお待ちします。

池之端「ライブスペースQui」 http://www.livespace-qui.com/


0813

去年お誘いを受けたのに雨で流れたりタイミングが悪かったりで行けなかった、ボランティアのラベンダー摘みに行ってきた。
まだあまり咲いてなくて残念だったが、それでも、60本くらい摘んだか・・・


いただいた去年のラベンダースティック(バンドルズと呼ぶらしい)が、これ。お誘いくださったAさん作、未だにいい香り。
0795



そして教わって作ったのがこちら。
0814

ピンクのが、初心者なので太めのリボンでその場で編んだもの。で、我が家に持ち帰って作ったのが、ブルーとグリーン。


上手な方はこんな風に2色編みをすいすいと〜
0815




明日の81歳のお誕生日を迎えることなく逝ってしまった、ボンソワールのママ花田美枝さんにお供えしてるつもりで、こつこつと編んだ。


花田夫妻には、長いことお世話になった。想い出も沢山。

お別れさせていただいたママはとてもきれいで、水玉模様のお衣装が似合っていた。
お棺の中の冷たい手やお顔を思い出しながら、あちらで先に逝った方達と語らって、沢山たくさん歌ってね、と祈りつつ・・・合掌。


今宵はこちらで歌います。

銀座「ボンボン」 http://www.bonbon-ginza.jp/

冨永さんデザインのフライヤーは青空を思わせ・・・
0771


でも、梅雨入りして今日で、一週間。

雨を喜んでいる花達、近所の花々や清澄庭園で出会った花々、少々セレクトしたので、UPしときましょ。

この時期に出会える南天の花。
0779



やっと会えた、ビヨウヤナギ。
0780



クチナシもこれから。(これはひと重)
0781



柘榴の花、開花。
0782


蛸さんウインナのような落花。
0783



杏が色づき、もみじも色づき、
0784

0785



花菖蒲が今を盛りに・・・
0786

0787



大好きなもじずり草。
0788



見つけました、ノビルの花とムカゴ。
0789



アオサギ君もあらわれ、
0790



いろんな風景に出会えた、
0792

0793

0791


梅雨入り前日のプチ散歩、でした。
0794



しつこいけれど、今夜は銀座「ボンボン」で歌います。
生存確認しに来てくださ〜い♪



若い頃と違って今はライヴを少なくしています。それでもありがたいことにレギュラーではないライヴハウスからもお声をかけていただくので、体調を管理していなければ!と、背中がしゃんとします。

新宿で50年以上続いた老舗シャンソニエ「Qui」が7月いっぱいでクローズします。
ここのオーナー竹山保雄さんは、青学の先輩で随分長いことお世話になりました。亡き後「Qui」を引き継いでおられた、竹山さんの片腕の桑田実さんが、8月から新たに近くで「KUWA」をオープンなさいます。
出させていただくのですが、その日は、以前よくご一緒していたけれど随分ご無沙汰しているピアニスト原英彦さんなので、楽しみ嬉しさいっぱい。


明日は昼間は門仲教室、で、そのあと銀座「ボンボン」で、お目にかかったことはあるけれど初めてご一緒するピアニスト久田菜美さんとリハーサルで本番、中身の濃い一日です。

体力温存してのぞみまひょ!


いつも感謝、冨永さんデザインのフライヤーはこちら。
0771
銀座「ボンボン」 http://www.bonbon-ginza.jp/

10周年を迎え更に充実している銀座のライヴ「ボンボン」に、明日ぜひ是非♪


昨日に続いて美味しいものを。
0808

長野のY子さんが送ってくださった、お手製の苺とルバーブと林檎のジャムなど。パンやヨーグルトで美味しく味わっている。ルバーブにはジンジャーが入っているので、肉料理にも使っている。

今まで高野豆腐はすりおろして卵焼きに入れたりしていたが、いただいたコレはしめじと一緒にお出汁で煮てみた。
0811


Sさんのお土産の桜えびは、カロリー無視して・・・かき揚げに。
0810


こちらは随分前にいただいてUPしそこなっていたひもかわうどんのカレーつけめん。フォルダから写真引っ張り出してきた。
これをくださった群馬のY子さんにも、ご馳走様。
0812




今宵出演のライヴ、新宿「ヴィラージュ」のお通しはボリューミーで美味しい。

目崎さんの手料理、なんだかんだでワタクシ毎回食べてるんですよね。
幸せ。
ご主人の三浦さんのピアノも、目崎さんの訳詞も、魅力あふれてます。
幸せ。

今宵は3人でお迎えします。
是非お越しくださいませ〜〜〜♪


いつもありがたき冨永さんデザインのフライヤー。
0770

新宿「ヴィラージュ」 http://village3315.onamae.jp/index.html


この間、日本橋三越に展覧会に行くついでに、と姉と共に並んだ「金子半之助」。
行列はどんどん増えてすごいことに・・・

まず並んでまで食べることは殆どない。随分前に、千住の「尾花」の鰻に並んだ時以来か。

ランチの天丼、流石にお見事。
まずは黒豆茶とガリ牛蒡などのお漬物を食しつつ待つ。
どど〜んと出てきた天丼には、穴子、海老2、小柱とイカのかき揚げ、海苔、しし唐、半熟卵の天ぷらが。
その内容で¥950、コストパフォーマンス、お見事なり。
流石に人気がわかるお味、大満足で大満腹でした。ご飯少なめにすればよかった、かも。
0778



明日は「ヴィラージュ」 http://village3315.onamae.jp/index.html
こちらのお通しも、かなりボリューミーです。

フライヤー、冨永さんより。明日、是非!
0770




先月末のこと、珍しく朝8時頃の電車に乗った。
出発してしばらくしたら「コケコッコー!」という鶏の鳴き声が!

電車は前が詰まっているとかで、臨時停止しつつ進む。

「コケコッコー」は、目覚まし代わりに携帯に入れた音なのだろうか。
電話のベル代わりとしては、ちょっと如何なものかと思う、結構けたたましい鳴き声。

で、次の駅で扉が開いても、この携帯の持ち主さんは音を止めることなく、次の駅に発車。
で、その次の駅に着く途中で、やっと消した。

ワタクシ、つい数えていました〜随分鳴いたよ「コケコッコー!」
なんと55回!

驚いたのは周りの乗客さん達が、最初えっ?という顔したあと無関心を決め込んでいたこと。
私ひとり、可笑しくて吹き出しちゃったのだけれど・・・

この携帯の持ち主さん、これがもし目覚まし代わりだとしたら、ちゃんと遅刻せずに会社に行けたのだろうか?


ラッシュアワーと早起きが嫌で、今の世界を選んだようなワタクシなのだが、ラッシュアワーに、ちっとばかし興味出てきています。





今日の写真は、ここ数日の数枚。

井荻遊歩道の紫陽花ロードの一角、
ひと重の梔子(クチナシ)、馥郁たるかほり〜
0804


清澄庭園の片隅の可愛い様子、
酢漿草(カタバミ)と十薬(ジュウヤク=ドクダミ)。
0805

0806


珍しい花だなと思ったら、札が付けてあった。
お米のような花なのでライスフラワーというそう。そのまんまやん(^^;
0807


花達、書けと言われても書けない漢字で表記してみた〜。
最後のは、漢字ならどう書くのかな?・・・調べたら「澳洲米花」でした。
これも書けんわ。

一昨日は、六本木ライヴの前に井荻の教室だった。
井荻遊歩道は紫陽花ロードと呼んでもいいくらい。
0799

0800


まぁ、今はどの道を歩いても、紫陽花が目に飛び込んでくるんだけれど・・・
0801

0802

0803


七変化、手毬花、四葩(よひら)など、様々な呼び名で、俳句にも登場。

シーボルトが愛した「おたきさん」から「オタクサ」と呼んだのは、朝井まかてさんの「先生のお庭番」を読んだ時に出てきたっけ。

色変わりするから、移り気なんていう花言葉もつけられちゃってるが、なかなかに存在感のある花。


こちらが我が家の近くで出会った紫陽花たち。
0763

0764

0765

0766

0767

0768

0769

そして、紫陽花というと、正岡子規の「紫陽花や昨日の誠今日の嘘」
この俳句を思い出す。


そう言えば初めて詠んだ俳句は、この時期で紫陽花で、こんな句。

「手毬花雨おと恋し藍のいろ」

「あぢさゐの藍に寄り添ふ傘の花」


今年は葉化病にかかっている紫陽花が多いというが、さて、まだまだ美しい姿に出会えるかな・・・

このページのトップヘ