♪日野美子の日記♪

シャンソン歌手、日野美子の日記です。
音楽、映画、本、芝居、旅行、グルメ等、日々のあれこれを書いていくつもりです。
公式ホームページにも、是非お越しください。http://dimples.main.jp/

昨日の自由が丘の野外ステージには、大勢の友人知人が来てくれました。

Youtubeで聴いて会いたかったからと、滋賀から初めましての母娘さんが来てくださったのも感激。

いっぱい美味しいいただきものもしちゃいました。

先輩歌手の滝むつみさんも聴いてくださってた、同い年のコメディアンで昔からこの自由が丘でご一緒する東京マッドさんも、舞台を終えたあと聴いてくださってた。
野外ステージ、音の返りもなくマイクも悪く音響がいいとは言えない状態で歌うのですが、お客様の温かさが身にしみて、幸せでした。

写真は皆さんがいっぱい撮ってくださってるので、セレクトして近いうちにブログにしましょう。



来週はもう水無月に突入。
6月のスケジュールを載せます。またどこかでお目にかかれますように・・・



 1日 (木) 門前仲町 ヴォーカル教室

 3日 (土) 荻窪 嗣(つぎ) (03-3393-7878)

 8日 (木) 井荻 花の街 ヴォーカル教室

 8日 (木) 六本木 ピギャール (03-3408-9103)

 9日 (金) 荻窪 リラ (03-5397-1580)

10日 (土) 成瀬 マ・シャンブル ヴォーカル教室

13日 (火) 新宿 ヴィラージュ (03-3357-3007)

15日 (木) 門前仲町 ヴォーカル教室

15日 (木) 銀座 ボンボン (03-3535-3335)

19日 (月) 池之端 ライブスペースQui (き) (03-3831-0747)

21日 (水) 荻窪 嗣(つぎ) (03-3393-7878)

22日 (木) 銀座 蛙たち (03-3571-4417)

23日 (金) 荻窪 嗣(つぎ) (03-3393-7878)
☆昼ライヴ 14:00〜 ¥3500(ワンドリンク付) お客様も歌えます♪

26日 (月) 成瀬 マ・シャンブル ヴォーカル教室

27日 (火) 荻窪 嗣(つぎ) (03-3393-7878)

29日 (木) 新宿 ヴィラージュ (03-3357-3007)




《コンサートのご案内》

☆9月10日(日) 池之端Qui うなぎ祭 13:30〜(食事付¥11000) チケット日野まで
0704


☆10月8日(日) 町田市民ホール 熊本地震復興支援チャリティコンサート 16:00開演(全自由席¥5000) チケット日野まで

0705




新緑と薫風の中、雨の心配は・・・無し!?のようですね。

うちの近所ではトウネズミモチの香りが漂っていますが、自由が丘でも風に乗っていい香りがするでしょうか?

いえいえ、きっと、花の香りよりも美味しいものの屋台の香りがするんじゃないかな?
バザールなどもありますから、ひやかしつつお越しください。


南口GAP前の仮設ステージにて。
ワタクシの出番は、17時と19時10分から。

ほぼこのタイムスケジュールで行われます。
0700
http://shoutenkai.jiyugaoka-minami.com/event.html#mari2017

お待ちしています。


こちらは、我が町の散歩途中、香りを放っているコミノネズミモチ。
0701


今日は、月1回の荻窪「嗣」昼のライヴの日。
歌好きさんが集まります。
http://www.kyo-music.co.jp/tsugi.html

0676
お洒落なポスターは冨永さんより。



そして明日は、恒例自由が丘マリクレール祭の野外ステージ。
南口GAP前の仮設ステージにて。ワタクシの出番は、17時と19時10分からの予定です。
よかったら足をとめてくださいね、そして、お声をかけてくださいね。



オフ日の今日は、ちょっとだけ花を愛でる散歩にでかけるつもりが、お天気が・・・(涙)で、来週に順延。
今日は生徒さんたちと自分の譜面書きで過ごします。


明日は荻窪「嗣」の昼ライヴ。
お待ちしております。
http://www.kyo-music.co.jp/tsugi.html




こちらは、いろんな方から届いた浜田邸写真。
Nさん、Eさん、C子さん、M子さん他の皆々様、ありがとうございます。
少しUPしてみます。
0690

0691

0692

0693

0694

0695

0696


0697

0698

0688

音までお届けできませんが、入れ替えした2回目のステージの後半では、薫風にのって美しい小鳥のさえずりがずっと寄り添ってくれて、幸せでした。

来年5月19日この場所に、また元気に来られますように・・・


C子さん、すてきな記念アルバムも作ってくださって、幸せいっぱいです♪
0699


0684

いただいた蕎麦の種を、先月ベランダの鉢に撒いたら、出てきましたぞ!
さて、これからどうなる?


我がベランダの緑は少しだけだが、こちらは浜田邸のたっぷりの緑。
0686

0687

素晴らしい邸宅のインテリアもエクステリアも維持するのは大変だろうと思いつつも、気持ちの良い空間に身を置くことの、なんと幸せなことよ〜
0688




今宵はこちら。http://www.kyo-music.co.jp/tsugi.html

高校の同級生も聴きに来てくれるようで、嬉しい再会の夜になりそうだ。


0675

冨永さんのフライヤーのパンジー(ヴィオラ?)もすてきだが、こちらは近所の散歩写真。



牡丹のあとは芍薬。
0677




ニオイバンマツリが香る。
0678

紫色がどんどん白く変わっていく。
0679




白丁花(ハクチョウゲ)の白じゃなくピンクも満開。
0680

0681




ユキノシタの乱舞。
0689




白妙菊や・・・
0682




薔薇も、真っ盛り!
0683


さぁ、花から元気を貰って・・・今日もまた、がんばっていきましょい♪


0672
年若い友人が貸してくれた本。


真保裕一さん、流石しっかりと書き込む作家さん。
赤字ローカル線の廃線を食い止めるために来た女社長、の活躍もの・・・にとどまらず、妨害工作からどんどん話は膨らむ。面白がりつつイッキに読了。

有川浩さん、この方も流石の書き手。現代版「吾輩は猫である」のパターンかと思いきや・・・なんて、優しい小説なんだろう。最後にどど〜んと泣かされた。

原田マハさんはもっとずしっとした作品も書くが、これはいろんな女性の人生のひとこまが集められた短編集。表題作「星がひとつほしいとの祈り」は、我がふるさと道後温泉が舞台、嬉しかった。





0673
小沢昭一さん(俳号:変哲さん)のこの2冊は図書館で借りてきた。こちらも楽しみ。



図書館で見つけたポスター。早速Facebookで”いいね!”を。
0674





明日は荻窪「嗣」です。 http://www.kyo-music.co.jp/tsugi.html
0675




さぁ、今日はお教室。
皆さん秋の発表会目指して活き活きしておられる。
一緒に、がんばってまいります。





《追伸》

今「蛙たち」のオーナー北村さんから、森田宏さんの訃報を知りましたので、ここに載せます。

「森田宏さんが、5月20日21時44分、肺炎の為ご逝去されました。
葬儀が決まりましたので、お知らせいたします。
5月27日、18時通夜。28日、11時告別式。
葛飾堀切総合斎場 〒124-0006 東京都葛飾区堀切3-32-1 03-3693-3731
喪主 長女 まどさん」


残念でなりません。
3年前の3月に被災地チャリティコンサートでご一緒させていただいたのが、お目にかかった最後でした。
素晴らしいパフォーマンスと歌声、眼力、個性豊かな尊敬する先輩。
ご冥福をお祈りして、合掌。

昨日の浜田邸コンサートは、快晴すぎるお天気の中、再会も嬉しいし初めての出会いも嬉しい日でした。
ほとんどの方がタクシーではなく歩いて登ってこられたのにびっくりでした。

縁の下の力持ちで支えてくださってる皆々様にも感謝、遠路お越しくださった皆々様にも感謝。
また来年にもそれが繋がって・・・コンサート来年は5月19日(土)決定です。

どっさりいただいた写真は近いうちにセレクトしましょ。

いっぱいいただいたリクエスト曲も含め、昨日のセットリスト。

アンデスの風になりたい
想い出のシチリア
バラ色の人生
聞かせてよ愛の言葉を
アイドルを探せ
我が名はマリア
(並木さんギター演奏)
ミシシッピーリヴァー
泣く友を見る
オーシャンゼリゼ
愛の音
人生の扉
人生は美しい
パダムパダム
群衆
愛の讃歌

(アンコール) 
  コーヒールンバ 
  ソレアード



このコンサートに来てくれた同級生達。
東京以外からも集ってくださってありがたいこと。

今日は久々に、積もる話をしてきます。
きっとひとっ飛びに青春時代に戻るんだろうな〜
若くしてあちらに逝っちゃった仲間ふたりの思い出話もしてきます。


逝ってしまった友達のお嬢からもらった花束。感謝!
0685




0671

長い一日になりそう・・・でも、充実の一日になるはず(^^v
並木さんのギターで歌えるのも幸せ♪

昔は「一期一会」ということばが好きでしたが、今は「一日一生」と思って生きています。

行ってきまっす!


明日は鶴川で歌う。2回入れ替え制。

鶴川の浜田邸は、我が同級生のご主人の尾角さんのデザイン。
そこに住まう浜田さんのセンスも加味し、雑誌などにも取りあげられている。
そこでの初夏のコンサートももう4年め、支えてくださる方たちのおかげで回を繰り返している。
鶴川の浜田邸の素晴らしさを皆さんに知っていただきたいなぁ。

去年の様子 http://blog.livedoor.jp/dimples/archives/2069656.html
一昨年の様子 http://blog.livedoor.jp/dimples/archives/2037494.html
初回の思い出 http://blog.livedoor.jp/dimples/archives/1984799.html

こちらのチェック、どうぞよろしゅう!
http://dimples.main.jp/schedule/special_live.htm



こちらは、先日巡った横浜の洋館と花の写真を少々。

0664

0665
窓からの景色も素晴らしい。


0666

0667

0668

0669

あ!浜田邸から見おろすと、ヤマボウシが満開のはず。
楽しみです。

0671

(急なキャンセルがあったので、若干お席ございま〜す♪)

0658

先週小諸のY子さんと廻った清澄庭園と深川資料館、深川お不動様、富岡八幡様。

我が街には何度見ても飽きない場所がいっぱいあって、幸せ。

清澄庭園内は、朝いちだと人も少ない。

横顔(目と鼻)が見えるような木
0659


杏の実がなっている木
0660


つやつやツワブキ
0663


ハハコグサ
0661


ハルジオン
0662


すごい生命力の胴吹き。
0670

植物からパワーを貰って・・・さぁ、今日は5時間、お教室がんばりまっす!

本日お教室の伴奏をお願いしている多羅ちゃんが、ブログにも書いてくださって・・・嬉しいな。
http://ameblo.jp/tarassara/entry-12275612157.html




《久々に宣伝宣伝!》

こちらのチェック、どうぞよろしゅう!
http://dimples.main.jp/schedule/special_live.htm

「うなぎ祭」が掲載されているというこちらもどうぞ!
http://travel.biglobe.ne.jp/family/event/detail/10259140.html

0646
冨永さんが2バージョンのフライヤーを作ってくださいました。

黄色の私服(あみちゃんが撮ってくれた去年の写真)を見ると、もうまもなく夏なんだなぁと思う。
0647

去年の今頃体調を崩し3ヶ月くらい苦しんだのを思い出す。
体力温存して乗りきりましょ(^^♪

今週、連日お越しくださるお客様もおいでで、ありがたいこと。感謝いっぱい。

今宵、荻窪「嗣」にて、お待ちしています。
http://www.kyo-music.co.jp/tsugi.html


先月のリラ。毎度ありがたきAkiちゃんよりの写真を少々。

お客様のパリ土産だというジャック・プレヴェールの3枚組CDに見入ってるところ。
0654

すてきなデザインのCD。
0653

この間は1枚目しか聞けなかったので、今夜も続きを聞かせてもらおう。
ご一緒にいかがでしょか?
0652



一緒に写っている豊嶋裕子ちゃんとは来月6月9日にご一緒しますが、今夜は川口信子ちゃんと一緒です。
0650


お越しをこのかたとお待ち申し上げます。

あ〜こりゃこりゃ、さしつさされつ幸せそう(^_-)-☆
0649


マダム二宮真知子さん、まさにシャンソン歌手そのものの雰囲気だわぁ、美しい。
0648

聴き惚れているワタクシ、毎度の盗撮(笑)
0651


荻窪「リラ」 http://lazybones.cool.coocan.jp/Lilas/sched.html

リラ色のすてきなフライヤーは冨永さんより。
0645





池之端「ライブスペースQui」 http://www.livespace-qui.com/

このライブハウスにぴったりの幻想的なフライヤーは、冨永さんより。(黒猫ちゃんが隠れてるぞ〜)
0644
今夜はこちらで歌います。


先月の飾りつけはこうだったが、今はどうかな?
0657

ピアノ:上里知已さんとベース:和田弘志さん、最強コンビの素晴らしい音で支えていただきます。フランス語の堪能な関谷苑子さんとご一緒です。

ワタクシ歌う曲はほぼ決まっているけれど、衣装は・・・まだ思案中。せいぜい化けて、お待ち申し上げます。

是非、生存確認にお出かけくださいませ〜♪


夢の中にマクロン大統領が出てきてピアノの弾き語りをしているのだが、なんでだか鶴瓶さんの声・・・なんちゅう夢を見るんじゃろうか、ワタクシ。
その翌日には、毎年自分のお葬式をしている夢。とほほ・・・なんでやねん。

マクロンさんは今なら夢に出てきても不思議はないか。
かなり年上の奥様とは教師と生徒という関係だったと知って、シャルル・アズナヴールの「愛のために死す(Mourir d'aimer)」を思い出した。(この曲は実話に基づいて作られ、女教師は自殺しちゃったのだけれど)
きっと魅力溢れる女性なんだろうなぁ、ブリジットさん。フランスのためにも、おふたり末永くお幸せで〜と思う。


さぁ、明日は池之端「ライブスペースQui」 
http://www.livespace-qui.com/
「愛のために死す」は歌わないが、アズナヴールのほかの曲は歌う予定。




清澄庭園で見つけた根性ある八重桜。
0655

大きな木にこの2輪だけ、まだがんばって美しく咲いていた。
枝は空に持ち上がって、こんな風に上を目指すんだね〜感動!
0656




このページのトップヘ