2022年10月04日

Jアラート

 今朝がたけたたましい音に驚かされた。
 北朝鮮からミサイルが発射されたことでJアラートによる警報が発せられたせいだ。おまけに例の薄気味悪いサイレンが響く。久々に聞いたと思ったら5年ぶりか。
 結局上空を通過しただけで本土に落下することはなかったが、日常化してしまうとそれはそれでなあ。
din_gir at 23:52|この記事のURLComments(0)時事 

2022年09月28日

国葬

 安倍元首相の国葬。
 周辺で馬鹿騒ぎしている連中はともかく、献花に訪れたひとの数を見ればなぜ野党が支持を得られないのかがよくわかる。
 話題になっている菅元総理(カンじゃなくスガ)の弔辞を見ると、当時一部で報道されていた「菅による安倍おろし」というのがガセ以外の何でもないことがよくわかる。

 決してその政策のすべてを支持するものではないが、憲政史上最長の政権を担った政治家の冥福を祈る。


 NHK「笑わない数学」最終回はガロア理論。
 よくも毎度毎度30分に詰め込むものだと思うが、今回も「さわり」としてはよくできてんじゃないかな?
 それにしても理論よりも本人の人生のほうが面白いというスタンス、今回の番組でも変わらなかったw
 そりゃそうだよなあ。各方面でイザコザをおこしまくった挙句決闘で死んだ数学者なんてほかにない。しかしその数時間前に遺書として残した論文がその後の数学を変えるというドラマチックさ。
din_gir at 23:54|この記事のURLComments(0)時事 

2022年09月22日

やっとわかった

 先週末以来あちこちで見かけた「心臓が逃げる」というフレーズ、「リコリス・リコイル」の12話を見てようやく理解した。

 なんだか全くわからなかったので↓こんなAAを思い浮かべていた。

 ┗心臓┓
  ┏┗  三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

din_gir at 23:51|この記事のURLComments(0)アニメ 

2022年09月20日

連休明け

 久々に何もない三連休。
 連休一日目は家でだらけていた。何もしない日も大事だ。
 二日目は空知方面に長距離ドライブ。趣味仲間と食事したりいろいろ見て回ったり。
 昨日は札幌で映画観てきた。

「NOPE」
 いったいどういう映画かよくわからない予告編が気になって観てみたのだが……
 前半は展開がだるくて眠くなる(というか寝た)。しかし話が動き始めるとぐいぐい引き込まれて目が離せない。
 「未知との遭遇」? 「宇宙戦争」? ……と思って観ていたら、同じスピルバーグでも「ええっ、そっち?」と思わず突っ込んでしまいたくなるラストだった。まさか無数のエピゴーネンを産み出したあのパニック映画と同じ結末とは。
 いろいろと驚かされる作品だった。

「ブレット・トレイン」
 伊坂幸太郎の小説を原作としたアクション映画。東京から京都への超特急(新幹線に見えるがそうではない)の中でドンパチ繰り広げる痛快作。
 おそらくわざとやっているだろうトンチキ要素が実に楽しい。とりあえず看板の多い歓楽街とヤクザを出しておけば日本っぽいでしょ? というのがミエミエで、これでニンジャスレイヤーが出てきても驚かない。
 主演のブラッド・ピットはこすいコソドロみたいな立ち位置で、たった一区間、ひとつのトランクを盗みだして降りれば済むはずが、殺し屋同士のトラブルに巻き込まれて状況がどんどん悪化してゆく。先が読めそうで読めなかったり読みどおりだったり、そのサジ加減がまた面白い。
 最後のアレは……似たような事故を知っているだけに「この程度じゃ絶対に済まないな」と冷静に考えてしまうのだが、娯楽作品にそこまで求めるのは野暮だろう(アレが起きた時期と被っていたら絶対に公開中止か延期になっていただろう)。
din_gir at 23:58|この記事のURLComments(0)日記 | 映画

2022年09月14日

笑わない数学

 NHKで水曜の晩に放映されている「笑わない数学」が結構面白い。
 30分に詰め込むから「もうちょっと突っ込んだところまでやってほしい」という不満もあるのだが、「なんかよくわからないけど凄そう」という視聴者の興味を喚起するという意味では成功しているかもしれない。現に評判も悪くないようだし。

 しかしABC予想を30分で解説するというのはいくらなんでも蛮勇が過ぎるw

din_gir at 23:52|この記事のURLComments(0)TV 

モバイルPC

 ハードオフに立ち寄ったら昔のEee PCが2000円で売っていた。
 コンパクトな見た目が気に入って、軽量Linuxでも入れて外出先で使おうとも思ったが、タブレットでネットが見られる状況ではあまりメリットはないと思いやめておいた。非力なPCを無理して使うのもそろそろやめて、ある程度がっつり使えるPCを使うべきだと思い始めたし。
 だが純粋に興味という点ではなあ。

 それよりも、そろそろメインPCが替え時なんだよなあ。
 本のレイアウト作業とかやってるともうちょっと強力なスペックのものが欲しくなる。
din_gir at 23:50|この記事のURLComments(0)PC 

2022年09月11日

きょう一日

 朝から夕方まで立ち仕事で疲れた。しかもちょっとやらかして注意された。気をつけねばなあ。

 耳はあの後血と膿が出た。どうも耳の中にでかいニキビができていたような感じだったようだ。
 予後は良好。ただし微妙に聴きにくい(&何も写っていないテレビが出している音のような耳鳴り)状態が続いている。多少は好転しているような気がするので引き続き様子見。

 「リコリス・リコイル」がめちゃくちゃ面白い。……のだが、地元では放映されていないためネット配信頼み。放送地域より数日遅れるため実にストレスが溜まる。この格差を是正しなければ違法アップロードは根絶できないのではないか。
din_gir at 23:51|この記事のURLComments(2)日記 

2022年09月04日

寝耳に水

 外耳道炎の件。

 あのあと、耳の下から顎あたりが腫れてきて、熱っぽくすらなってきた。文字どおり耳が痛い。物理的に。それどころか顎の付け根まで腫れたせいで口を開けるのもつらくてものが食べにくい。
 結果的に熱は微熱ですらなく「平熱からちょっと高い程度」から上がらずに済んだが、耳は指を入れて塞いだかのように聞こえにくくなり、ますます痛みが激しくなったため、週明けを待たずして耳鼻科にかかることにした。
 割とよくあるパターンなのか、耳の中を確認しただけで「少し腫れてるね、テンジヤク入れるから」と処置室への移動を指示される。「テンジヤクってなんだろ」と思っていたら、ベッドに横になるよう言われ、耳に薬を入れられた。要するに点眼薬、点鼻薬があるのなら耳なら「点耳薬」というわけだ。これがまた変な感覚で、「寝耳に水とはこういうことか」という具合である。
 処方されたのは消炎用のステロイドと殺菌用の抗生剤。晩に耳に入れ、腫れた部分を氷で冷やしつつ一晩寝たら腫れは治まり、痛みもある程度は軽減した。
 あとは経過観察。

 現代医学バンザイ。ワクチンが毒だとか抜かす手合はどうせ茸の煎じ薬か熱湯に浸かるだけでガンが治るとか本気で信じているのだろう。
 いっそのこと鰯の頭でも拝んでいればいい。
din_gir at 23:55|この記事のURLComments(0)日記 

「宇宙よりも遠い場所」へ往く船

 砕氷艦「しらせ」(二代目)を見てきた。

しらせ1

しらせ2

しらせ3

しらせ4

しらせ5

しらせ6

 思えば先代が前に入港したときは、職場で採用されたばかりで歓迎セレモニーに動員されたんだよな。
 そのとき以来か。

 艦内の格納庫で再生されていたVTRを見ていたら久々に見たくなって、「宇宙よりも遠い場所」を見直している。消化しなきゃならないアニメが溜まっているのに。

2022年09月02日

9月の扉

 8月が終わった。このエントリのタイトルも毎年使っている気がする。
 久々のコミケに、普段は立ち入れないダムの見学など盛りだくさんの夏だった。休みであっても休めていないせいか、どうもここ数日体調がよろしくない。
 肩こりと偏頭痛に悩まされており、勤務を終えて帰宅し夕食後に横になったらいつの間にか寝てしまい気づいたら明け方なんて調子である。
 昨日から耳に違和感を覚えており、今朝になって聞こえづらくなったので、突発性難聴か? ……と思いきや、耳かきで外耳道を探ったら触れると痛むポイントが。どうやら外耳炎というやつで、耳かきのし過ぎで傷ついた箇所に雑菌が入るとなるらしい。聞こえにくいのは腫れて外耳道が狭くなっているせいのようだ。
 少なくとも緊急を要するものではなさそうだ。週明けに症状が改善していなかったら医療機関を受診しようか。

 そんなわけで今年もあと4ヶ月である。
din_gir at 23:58|この記事のURLComments(0)日記 

2022年08月26日

不便

 ジャンクで入手したノートPCに入れていたXubuntu、バージョン22.04へのアップデートの通知が来たので実施してみた。
 時間はかかったがひと晩放置して終了。
 しかし日本語入力ができない? どうも入力メソッドの設定がまっさらな状態にされてしまった模様。Fcitxを設定し直すとMozcが使えるようになったのだが……どうもChromiumだけ日本語入力に切り替わらない……
 どうしたもんかなあ。ざっと検索かけると同様の事例が出てくるが、面倒くさそうだし。

 というわけでこのエントリもテキストエディタで作成したものをコピペして更新しているのである。
din_gir at 23:58|この記事のURLComments(2)日記 | PC

2022年08月19日

職場の話

 職場ではデータの抽出や集計を行うことが多いのだが、諸事情によりExcelしか使えないことになっている。オートフィルタとピボットテーブルでどうにか対応しているが、Accessでクエリを使わせてもらえれば一瞬で済むのに……と思わないでもない。
 Accessはその自由度ゆえに、使える人が好き放題やると後の引き継ぎやメンテナンスが困難であるという事情から止むをえないのだが。

 それはそうと、周囲のExcelのスキルがあまり高くないため、相対的に自分が「できる」ふうに見られるのもくすぐったいところはある。数千ページあるPDFから必要なページを抜き出して印刷する作業があるのだが、従来は一枚ずつページを指定して印刷していたのだと聞いて驚いた。あまりにも迂遠で面倒臭すぎる。
 そこで必要なページをピックアップしてExcelに入力し、TEXTJOIN関数でカンマ区切りの文字列を生成し、Acrobatの印刷ダイアログでページ指定のフィールドにぶっこんでまとめて印刷するという手をやっていたら「どうやったらそんなに素早くできるんですか!?」と驚かれた。
 なろう系の異世界転生ストーリーの主人公ってこんな感じだろうか。「ぼく、また何かやっちゃいました?」みたいな。

 まあExcelも全ての関数を使いこなしているわけではないので、ちまちま細かい計算式を入れている作業ももっと効率的にやれる方法があるのかもしれない。
 そこは追々身につけていかねばならんところだろう。
din_gir at 23:50|この記事のURLComments(0)日記 | PC

2022年08月16日

ゴジラVR

 コミケ翌日の月曜日、友人と一緒に横浜のバンダイナムコCross Storeへ。
 目的はここで開催されている「シン・ジャパン・ヒーローズ・アミューズメントワールド」に設置されているアトラクションだ。

ゴジラVR|シン・ジャパン・ヒーローズ・アミューズメントワールド

 「都市を蹂躙するゴジラを食い止めるための作戦に参加する」というシチュエーションでのVR映像。
 一言でいうとメチャクチャに凄かった。離陸するヘリコプター、ビルの谷間をくぐり抜けてゴジラに接近し、目前を横切る尾を掠め、熱線で倒壊するビルと降り注ぐ瓦礫の雨の中を駆け抜ける。



 なにしろVRであるから、ゴーグルには全方向にゴジラの暴れまわる空間が現出する。映像のクオリティはおそらくそこそこなのだろうが、ゴジラの侵攻と友軍の絶望的な状況を告げる通信が間断なく鳴り響くため、まったく気にならない。思わず笑ってしまうほどのものすごさだ。
 10分程度とのことであるが、正直言って1000円の価値はある。時間があればあと何回かやりたかった。

 で、「シン・ジャパン・ヒーローズ」というのは、庵野秀明が関わった「シン・ゴジラ」「シン・エヴァンゲリオン」「シン・ウルトラマン」「シン・仮面ライダー」のコラボイベントであり、「ゴジラVR」の向かいには「エヴァンゲリオンVR」が鎮座していたのである。

エヴァンゲリオンVR The 魂の座 :暴走|シン・ジャパン・ヒーローズ・アミューズメントワールド

 予定外ではあったが、こちらもプレイ。



 こちらは「緊急にエヴァのパイロットに選抜され、使徒の迎撃に参加する」というもの。何が凄いって、エントリープラグに乗せられたところに始まり、LCL注水・A10神経接続から眼前にケージ(格納庫)の光景が広がる様子は、本当にテレビや新劇場版などの映像を再現するもので、そこからリフトで地上に射出されるところなどテンション爆上がり。お馴染みのミサトさんやリツコさんなどのやりとりが大いに気分を盛り上げてくれる。
 使徒の迎撃戦や「その先の展開」も凄かったが、自分としてはむしろ出撃のプロセスが盛り上がった。

 VRって本当にすげえなー。自分が初めて触れたのは横須賀の記念館みかさに設置されていた対馬沖海戦のVRコンテンツだったが、本当に何でもできるなら今後の可能性は大きい。
 Oculus買ってしまおうか。

2022年08月15日

帰還

 3年ぶりの夏コミを終えて北海道に帰郷。
 そこそこ疲れたが、思ったよりも楽だった。台風がかすめたおかげでそれほど暑くならなかったこと、春からの移動先が立ち仕事が多く我知らず足腰の鍛錬になっていたことなどあったと思う。

 サークル参加の売上もまあまあ。ニッチなジャンルなので劇的に売れることは想定していない。在庫はじっくり捌けていけばいいと考えている。

 きょうは友人と横浜まで足を伸ばしてきた。なかなか面白い体験をしたのでそこは後日。
din_gir at 23:58|この記事のURLComments(0)日記 

2022年08月14日

撤収

さらばビッグサイト。
また逢おう。

16604506919670
din_gir at 13:32|この記事のURLComments(0)

2022年08月13日

東京

 木曜から東京入り。
 初日は東京国立博物館。「デジタルで見る故宮博物院」云々という触れ込みで展示はほぼ映像。そこらでお目にかかれないレベルの高精細だが、やはり実物でないとちょっとなあ。
 ただ書画の類はかなりじっくり視られて悪くなかったかも。

16603392466604

16603392466503

 昨日は電車とバスを乗り継いで神奈川県の宮ヶ瀬ダムへ放流を見に行ってきた。
 想像よりでかい。そして放流の迫力よ。

16603392466301
16603392465730

 ダムサイトへの行き来は連絡船と資材運搬用のインクラインで、ほぼ遊園地みたいなノリ。人口密集地の近郊だからできるテーマパーク化だよな。

 公共交通機関で行くと酒が飲めるのが良い。
IMG_20220813_070752

 そして今日は久々の夏コミである。


din_gir at 07:06|この記事のURLComments(0)日記 

2022年08月07日

KOTOKOライブ

 昨日は内地から来訪した友人を迎えて飲み。
 今日は札幌へ行ってKOTOKOの電波曲ライブ「KOTOKO LIVE TOUR 2022 “すぅぃ〜とさいくろん-☆いぇいっ☆-“ 」公演に参加してきた。

 結論から言うと、非常にストレスを覚えるライブであった。
 なぜならコール禁止だから!

 アルバムの内容に加えて、「Change My Style」「らずべりー」「めいぷるシロップ」なんかやってくれちゃったら、合いの手入れたくなるに決まってるじゃないか。
 もちろんセットリストに対する不満はない。強いて言うなら過去曲が日替わりであったことくらいだ。

 同行した友人は他の公演にも参加するとのことなのだが、さすがに全国追っかけるのはなあ。

2022年08月03日

完結編

過日「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」を観てきた。
 「ジュラシック・パーク」シリーズ、および新三部作の完結編ということだが……この脚本にOK出した奴出てこい。本当にこれでいいと思ったのか?
 第一作に登場したグラント博士やマルコム博士の再登板というのが売り文句のひとつだが、正直いって彼らを担ぎ出す必然性があったとは思えない。単なるファンサービス以上の意味があったようには見えない。
 また「恐竜が当たり前に存在する世界における人間との共存は可能か」みたいな大仰なテーマをちらつかせてきていたが、話のスケールがあまりにも小さく肩透かし。中盤までこそマルタ島で大立ち回りを繰り広げたりしてなんとなく007ぽいスケール感をアピールしていたが、終盤は結局研究施設の中で恐竜と追いかけっこを繰り返すだけなのでせせこましい。
 そして脚本が雑。多少のアラは見逃してでも最大限に楽しむ主義なのだが、さすがに雪の積もった山奥で水に浸かったり川面に張った氷が割れて水中に転落したりしていながら、そのあと身体を温めるでもなく平然と行動を続けたりするのには呆れる。

 大暴れする恐竜を見たい! ……というだけなら別に止めはしないが、正直シリーズの完結編としても一本の映画としても非常に不満の残る出来だった。大体イアン・マルコム博士は自分の観た映画の中ではオールタイム・ベストキャラクターと言ってもいいくらいで、それがこんな適当な扱いを受けるというのがなんとも面白くない(だからといって「ロスト・ワールド」もまたちょっと違うが)。

 映画館のポイントで観たため、現金の負担が無かったというのがせめてもの救いだ。
din_gir at 23:56|この記事のURLComments(0)映画 

2022年07月28日

今期作品

 「メイドインアビス」新シリーズと「異世界おじさん」がべらぼうに面白い。
 前者は面白いというか……うん、まあ第1シリーズが面白かったのでうっかり単行本を買ってしまったので……まあ……
 後者は原作そのまんまだが、独特の間や味わいをきっちり活かしていてよく出来ている。セガ贔屓にはオープニングから大爆笑。
 しかしあのエヴァ談義、おじさんの中の人が青葉シゲル役をやっていたことを考えると味わいが増すw

 ほとんどノーチェックだった「リコリス・リコイル」が初っ端からアクセル全開で突き抜けていてめっちゃ面白い。
 あと「プリマドール」の3話、こんなベッタベタな展開で泣かされた屈辱感。
din_gir at 23:54|この記事のURLComments(0)アニメ 

20年くらい前の話

 「コメットさん☆」を打ち切り同然にしやがって、後番組は何だ?
 ……ギャラクシーエンジェル? 「CCさくらと同じスタッフが云々」って宣伝してたやつの新作か。ありがちなキャラデザだなー。他に見るものないし見てみるか……

1話
 ……あれ、意外に面白いんじゃね?

8話
 何だこれ、すげえ面白いぞ!

16話
 寄越せ、もっと寄越せ!

最終話
 え、もう終わり? つなぎ番組かよ! 早く新作を!

第3期製作発表
 ……新作放映!? うおおおおおおお!!!!


 もう20年前なんだなあ。勢いでDVDを全部揃えてしまったのも感慨深い。
 定価で買った4期のDVDがゲーマーズで投げ売りされて悲しかったのもいい思い出。

 そんなGAがHuluで見放題になったらしい。
 加入してないけど、DVDあるからまあ良いか。
din_gir at 23:53|この記事のURLComments(0)TV | アニメ
記事検索
月別記事一覧