ダイナスティアサーバーの回線が不安定な状態が続いており、ご心配をおかけいたしております。
サポートスタッフのタマオにはできることが何も無く、苦しい状態ですが、何も出来ないときは、いろいろと考えてしまいます。

タマオは、ダイナスティアを企画した当初のこと、リリースした当時のこと、そして運営を継続しているあいだ、抱き続けている想いをここに書こうと思いました。

1990年代にインターネットが誕生してから、すべてのITサービスは、「より便利により速く」を目指して進化を続けてきました。

その時代の流れの中で、ダイナスティアは、常に「より優しく」をテーマにして運営を続けてきたつもりです。

なぜならば、わたしたちダイナスタッフには、「インターネットはいいものだ。インターネットはもっと優しくなれる」という確信があったからです。

新しい技術はすばらしい。そして、インターネットは常に新しい発明を生み出し、新しい時代の波を連れてきてくれる。

人間は、便利な道具とたくさんの情報を、案外使えてしまうものです。
完璧にではなくても、案外使いこなせてしまうものです。

でも、その「進化の速度」に人の心はついていけるのでしょうか。
どこかで無理が来て、つらくなってしまうのではないでしょうか。
そんなときに、疲れた心を休ませることが出来る場所があれば。

わたしたちは、確信しているのです。

インターネットにダイナスティアは必要です。
ダイナスティア、ないしはダイナスティア的何かは必要なのです。

インターネットは、ただ便利さ速さを目指した道具なのではなくて、「人間が生きている場所」なのだと、そして、そこはもっと「優しい場所」になれるはずだと信じて、わたしたちは運営して来ました。
今は、新しいSNSサービスが多数ありますよね。それは、すべて「速く便利に」というユーザーの要望に応えたものです。たくさんのユーザーがそれぞれ、つながりあい、楽しく、便利に小さなコミュニティで情報交換をする・・・。
それは、とても素敵なことですけど、その「小さなコミュニティの平和」は、それぞれのユーザーの努力によって支えられるものであり、ちょっとしたアクシデントで壊れてしまうこともあります。

それに対して、足りないものを補完するようなものが必要だと、私たちは考えていました。
コミュニティの平和や和やかさを維持しようと力を振り絞らなくても、なんとなくほんわかまったりとした時間を持てる、ささやかな場所の存在を、です。

巨大ゲームにならずともいい、小さくても、ここは必要なんだと今でも信じて運営を続けています。

もちろん、わたしたちスタッフひとりひとりは、未熟で未完成であり、欠点もたくさんあります。改善しなければならない点もたくさんあります。ですから、「何が優しい世界だ。まずは自分の心をもっと優しく改善しろ」と言われてしまうところは、あると思います。
けれども、それでも、わたしたちは、このテーマをITの世界に提案し続けたい。
だって、必要だから。

このゲームの運営継続にはさまざまな困難が立ちはだかっています。いまでもそうです。それでも、わたしたちはダイナスティアを続けたい。

インターネットには「優しい世界」が必要なんだということを、伝えるために。