どうなっていくんだ…

3年以上無職で30過ぎて九州から上京。
派遣(工場)で働いてます。
色んな面でダメで不安な日々…

仕事行きたくない。テレビで見たニートのこと。

もう休み終わりだよー、明日仕事行きたくないよー。
毎週のことだし何度も何度も思うことだけどさ…

月曜から金曜まで、ときには土曜までつまらん仕事をして
残業もして大して楽しみもなくすることがない週末の休みだけを頼みに
生きるこの生活ってなんなの?しかもこれずーーーっと続けないと
生きてけないんだよ。その上歳を重ねて体力も落ちていって
どんどんキツさも増していくだろうし。

こんなこと考えても暗くなるだけだし、抜け出すような
努力もしてないからどうしょうもないけどさ。
そもそもどうにかできる気がしないし。

せめて残業なければなーと思うけど、残業代無いと
生活も厳しいし…

前に入院したとき無理するのやめようとか思ったから
残業断って帰ろうとか考える日けっこうあるんだけど
なんだかんだできつくても毎日やっちゃうんだようね。

そういやザノンフィクションって番組でニートの人たちの
特集を2週に渡ってやっててちょっとtwitterとかで話題になってた。
先週は見たけど今日は見忘れちゃった。
でちょっと先週見たときの感想。

働きたくない。ってそれはもちろん僕もだし
実際3年も働いてなかったけど。
怒られるのが嫌だからってのもすごいわかる。
僕がニート上がりで働き始めてそこそこ長続きできてるのは
そういう人がほぼいなかったからってのもあると思う。

でもそれだけかな、共感は。
他の見た人の感想でも見かけたけどやっぱあれは特別な人達だよね

行動力もあってああいう状況でも後ろめたさなく生きていける
信念もメンタルもあって本出してる人もいるし漫画書いてる人もいる。
(漫画書いてる人はねぎ姉さんの作者でびっくりした。
何年か前2ちゃんで知って読んで面白かったしスレでも絶賛されてた覚えがある)

そもそも特別な人達だからテレビの取材対象になるんでしょうけどね…
僕はあのコミュニティに入っていける自信もないわ。
ネットで知り合った他人と会う勇気すらないし。

テレビに顔晒して取材を受け入れられるのも考えられないし。
放送されたら色々言ってくる人がいるのもわかってるだろうに
それでも出られる勇気もあるからメンタルも強いなあと思うし。

働けないというより、普通に働かないことを選んだ人たちって
感じでやっぱ普通のニートとは違いますよね。
一種のクリエーター集団みたいなかんじでしょうか 。
生活を楽しもうとしてますし、全然ニートだった頃の
俺と重ならないよ!

僕のニート生活なんかねー、朝親が仕事に出かけたのを確認して
ようやくコソコソと部屋から出れてその後車でデパートとか
パチンコ屋の大き良い駐車場があるとこ行って片隅に車を止めて
車内でボーっとしたり本読んだりしてってのを繰り返し
夕方家に帰って親が用意したご飯を親に話しかけられない
ようなオーラを出しつつ素早く食べて部屋に戻ってゲームしてネットして
時間潰して深夜に寝てって感じで…酷いもんでしょ?

しかもこれ3年続けたんですよ。我ながらどうかしてますよ。
それでも働くのが怖かったからその生活を続けたんです。
でも程度の差はあれ大体のニートの実像って多分
そんなんじゃないでしょうか。

だからまあ悪感情は全然無いけど、他に特に感化されることも
無かったですねあの番組に出た人には。

そんなわけで僕はまあ気の小さい凡人(のかなり下の人間)ですから
仕方なく嫌々仕事を続けるしか生きる道はなさそうです…

そういや自動車免許の更新時期が来たんだよね。
来月はどこかでそのために有給取ろうと思う。
14日か18日にとったら4連休になるからそうしようかと思ったけど
それまで待ちきれないから7日にとろうかな。
3連休2回あれば来月少しはラクになれそうだし。

雑記

今週住民税の納付書が届いてた。
そういえばこんなもんを払わなきゃいけなかったんだな…
すっかり忘れてた。

とはいえ無視するわけにもいかないので今日全期分払ってきた。
10万以上も一気に失うのは辛いが分割だと忘れたり
納付書を亡くしたりしそうなので。

あとこの前スマホを変えた。iPhone5sを2年以上使ってたんだけど
最近コネクタがおかしくなってて、ケーブル刺してもかなり
微妙な調整をしないと充電出来なくなってて、修理屋で見てもらったら
中のピンが割れてるようなのでパーツ交換しないとダメらしく
八千円位かかるみたいなのでいっその事変えることにした。

そんでiPhone7Plusにした。しかしでかいね…
以前ネットで見たときはこんなでかいのダサいなとか思ってたんだけど
スマホで電子書籍を読みたいのででかくてもいいやと考え直したのだった。

ヨドバシで変えたらキャンペーンでポイントが2万5千もついたので
なんか買うかーと思って今日行ったけど、特に欲しい物も無かった。
ニンテンドースイッチかPSVRをポイント使って安く買おうかとか
思ってたけど未だにどっちも売ってないね。

まあゲーム買っても最近はたいしてやらないからいいんだけど。
昔だったらなにがなんでも欲しかっただろうなーと思う。

あと最近何故かはだしのゲンを読みたくなって、ブックオフに行ったら
文庫版があったんだけど、とりあえず一巻読んで買うか決めるかと
思って一巻を立ち読みしたんだけど、すげー憂鬱になって途中で挫折した。
小中高と学校の図書館にあってその都度読み通したはずなんだけど。

ブックオフになかったら電子書籍版を全巻一気に買うかと思ってたので
買わずに済んでよかった。
いい漫画なんだけどね…特に一巻はきついからかな。

代わりに、でもないけどサピエンス全史って本を買った。
上下巻で4000円近くしたけど買って良かった。
まだ前半の初めのほうしか読んでないけど面白い。
馬鹿のくせにこういうの好きなんだよね。
ネアンデルタール人の話とかなんかわくわくするわ。

あと全然関係ないけど有村架純の姉の有村藍里っているじゃないですか。
最近テレビで見かけてすげー可愛いなーと思ってネットで調べたら
散々な言われようなんだよね。
整ってるのは妹の方ってのはわかるんですが、姉のほうが良くないですかねー。

姉の顔が残念とかテラフォーマーズのゴキブリに似てるとかまで
言われてたけど…多少クセのある顔のほうが良いと思うけどね。
まあタレントでしかも人気女優の姉ってことで
色々言われるだけで職場にいたりしたらみんな
可愛いと思うんでしょうが。

有村架純の名前を出して妹をダシにしてる的批判もありましたが
自分は妹がいなきゃテレビに出れてないというのがわかった上での
バラエティ的な自虐も含んだ対応でむしろ周りの空気を読んで
名前を出してるんじゃないでしょうか。

ってなんでこんな擁護してるのかイタイ文になってきましたが
とにかくああいう顔好きだよ。

あと、…なんか書こうと思ってた気がするけど忘れたのでおわり。

4年半ぶりに

今週父親から仕事で東京に来ているから会わないか? という
連絡があったのでその日は定時で帰って父と会ってきた。

上京して以来会ってないので父と会うのは約4年半ぶりだ。
自分から会おうとはしなくても、さすがに向こうから会おうと言ってるのを
断るほど仲が悪いわけでない。

会ってない間に両親は離婚したり父は再婚したりしてるので
その辺の話を聞いてみたかった。父とは昔からそんなに話を
することもなかったけど、まあ久々だから話題に困ることもないだろうし。

恵比寿のホテルにいるというのでそこまで行って、連絡して
ホテルから出てきたところで会ってお互い、久しぶり的な挨拶を軽くして
それから恵比寿ガーデンプレイス?にある居酒屋みたいなところに行った。

父ももうだいぶ歳だけどそんなに変わりなく元気そうだった。
再婚後もけっこう上手くやってるようだった。

離婚の慰謝料は自分が悪かったので母に財産はなんでも好きに取っていけ
と言ったら、家から車、預金に至るまでホントに全部持っていかれたよと
笑っていた。そんで母は車も家も全部売って地元を離れている。

貯金も全部やったのでたいして貯えはないけど、借金やローンもないので
心配いらないと言っていた。
未だに元気に仕事をしてるし随分立派なホテルに泊まっていたので
まあ大丈夫だろう。

あとはまあ他の家族と親戚の近況やら聞いたり、仕事はどうだと聞かれて
正社員にもなれたのでまあボチボチ的なことを話したり。
一時間半くらいで店を出てホテルまで送って、お互い頑張って的な会話をして別れた。

店の会計は僕が出すべきかとちょっと思っていたけど父が出すと言うので
まあいいかと思って出してもらった。それどころか2万円もらってしまった。

最初一万円差し出してきたとき、さすがに親に小遣いもらう歳じゃないよな
と思って断ったら何故か更に一枚上乗せして、いいからもらっとけと言ってきたので
ありがたく受け取った。
一度遠慮したものの2万も貰えるとなると普通に嬉しすぎるわ。

仕事終わりで疲れてて次の日も仕事なのに行くのダルいなとちょっと
思ってたけど行ってよかったよ。
久しぶりに父と会えて話せたし。…あと2万円とか。

5連休

明日行けば5連休。
一ヶ月くらい前からこれを心の支えに過ごしていた。
何の予定もないけどね。

でも仕事をしてても5日なんてすぐ過ぎるから休みも
あっという間に終わっちゃうんだろうなぁ。 
休みになる前から休み明けの出勤のことを思って
辛くなってくる 。

今日帰ったら健康保険協会からハガキが届いていて
去年の12月に入院した後申請していた高額療養費の支給決定の
知らせだった。振込日は5月1日になっていたのでさっそく
ネットで口座を確認したらちゃんと振り込まれてて安心した。
約21万円。これは大きい。

すごく気になってたんだよね。前にネットで調べたとき
大体3ヶ月後に戻ってくるって書いてたのに、3月にも4月の末にも
振り込まれて無くて、申請に不備があったのか?とか
認められなかったのか?とか考えて期待してたのに戻ってこないんだあ
とか思ってたので。

そのまま何の通知も振込もなかったら問い合わせとかせず
泣き寝入りするだろうなと思ってそんな自分にも自己嫌悪していた。
何度か書いてるけど僕はとにかくあらゆる「手続き関係」みたいなことが異様に
嫌いで問い合わせの電話や役所に確認に行くみたいなことをしたくないから。

高額療養費の申請は入院してるとき病院の人に教わって用紙をもらって
入院時は暇で、することがなかったからその時書いて封筒に入れておく
作業までやっていたので出来たけど。
そのときに知らず退院後に知ってたらやったかわからない。
戻ってくる金額を考えたら僕にとっては高額すぎるのに。
そのくらい何らかの申請やら問い合わせとか手続きみたいなのがダメなんだよね。

そんなわけで今日ちゃんと申請が通って振り込まれたことを知り
ほんとによかった。

あと先月から正社員になりました。
これに関しても色んな手続きにために出す書類が多くて
断わりゃよかったかなと思ったくらい。なんなんでしょうね
この手のことへの苦手意識は。

社員になっても仕事自体やってることは同じです。
相変わらず毎日残業できつい。
この先の不安も別に消えやしません。

まあそんな感じではあるけど、連休は嬉しい。
今日支給された高額療養費は半ば諦めかけてたものなので
連休中に20万くらいパーッと使ってやります。
…いやそんな勇気もちろんないですけど。
まあ多少はこの金で有意義に過ごせたらいいなと思います。

とはいってもそもそも入院したときのものすごい出費だった
一部が戻ってきただけなのに、それを収入のように考えてる
ような所が僕のダメさのような気もするんだけど。 

エロにまつわる思い出

この前「岡崎に捧ぐ」って漫画を読んでそれがものすごく
面白かったんだけど、その内容のせいか最近昔のことを色々と
思い出しては切ない気持ちになっている。

とはいえ僕はこの作者みたいにそんなに明るく楽しい
子供時代でもなかったけれど。

僕にも昔は友達がいたんだよなー。
作者と岡崎さんみたいなかけがえのない友達はいなかったけど。

漫画の中で中学高校くらいから周りの雰囲気の変化に置いてけぼり感を
感じるようなシーンが結構出てくるんだけど、これは女子だから
僕の感じたのとはまた違うとは思うけど
僕も周りの変化についていけなかったからそのことも色々思い出しちゃった。

それを一番感じたのはやっぱ異性との関係と言うかエロ関係のことですね。
高校に入ったばっかのときクラスメイトのある男がどういう話の流れか
AVの話を振ってきて、観たことなかったから「観たこと無い」って答えたら
ものすごい驚かれて、エロ本は?と聞かれたけどそれも読んだことなかったから
そう答えたらもう引くくらい驚いて、そいつは周りに
「AVもエロ本も観たこと無いんだってよー」みたいな感じで言い回って
からかってくるような嫌なやつだったんですけど。

え、だって高校生じゃ買えないじゃんとか思ったんだけど
周りはみんな色んなルートで普通に手に入れてるのが当然のようでしたね。

そのせいってわけでもないんですけど高校一年のときはクラスに
友達と言えるような人は一人もいませんでした。
高校一年でクラスに友だちがいないってほんときついですよ。

話をエロのことに戻すと僕は奥手だったせいかそういう情報に疎かったし
苦手だったんですよね。

でもその出来事のようなことがあって、だいぶ自分がずれてきていることに
気づいてエロ本を買おうと思って勇気を持って買うことにしたんです。
でも吟味して買うなんてことはできなかったので、エロ本コーナーにあった
本をほとんど表紙も見ないで手に取り買ったんですが
それが大失敗で買った本がよりによって投稿物のエロ本で、素人が個人的に
撮った写真だけで構成されててそれはもう酷い内容でした。
とにかく醜く気持ち悪いものばかり…エロ本なんて全然良くないじゃん…
そんときはそう思いましたね。

それでしばらくして違う高校に行った友人に今度はAVを貸してもらえたんです。
奥手でエロ関係の知識がないとはいえ、年頃ですからそういうものに
興味がなかったわけでは無いんですよね。

で、はじめてのAV…わくわくして見始めたんですが。
なんかオッサンが家にいて女の子が訪ねてきます。
それで女の子がおっさんのチンポをくわえます。

…今は別に普通のAVだと思えますよ。でもその時の僕は
フェラという行為が気色悪くて、なんてマニアックなものを
貸しやがったんだ!と憤ってすぐに観るのを止めました。

今にして思えば。ふつーのAVだったんでしょうが持っているのも
穢らわしい気がして次の日に友人に「何だよこれ気持ち悪い」
と言って返しました。友人は僕のことを知っているからか
「お前には早いかもなー」とか笑ってましたね。
別にトラウマでもないんですが今でもAVのフェラシーンは
ゼッタイいらない派ですね。

そんな僕がエロに馴染めたのは「クリーム」というエロ雑誌のおかげです。
今でもあるか知りませんが、これは基本的に若くて擦れてない感じの可愛い子
ばかりがモデルでエロもほどほど、乳首さえだしていないような
ライトなもので僕にとってすごく良い感じのエロさでした。

こういうタイプの本で「ワッフル」という雑誌もありましたが
こっちはもうちょいエロくていまいちでした。
当時はエロければエロいほど汚いイメージがあったんです

のちにこういうクリームとかワッフルに出ているような女の子たちのことを
「お菓子系」といわれていることを知りましたね。

そんなこんなでエロ関係にもなれてきて普通にAVとかも
見られるようになったんですけど
最初の気持ち悪くてすぐ観るのをやめた物を除外すると初めてちゃんと観た
AVは秋菜里子という女優が出ていて…


あ、こんな話広げて書いていってもしょうがないですね
この記事を書き始めたときはもっと色々な昔のせつない思い出を
書くつもりだったんですけどエロ本とAVにまつわるしょうもない話に
なっていってしまいました。

久しぶりの更新だったんですけど相変わらずの日々です。
正社員にはなることに決まって色々出す書類が多くて面倒です。

今回はエロ関係のことばっかり書きましたが、それ以外でも
冒頭書いたように最近は色々な昔の事を思い出してはなんか
悲しい気持ちになってます。毎日のように。

憂鬱な気持ちに拍車がかかっているけど、うつ病とかではないですね。
3連休なので今は割といい気分だし。

昔のことをけっこう思い出してそういうネタで他にも色々
書こうかなーと思ってたことがあったんですがまたそのうち書きます。
livedoor プロフィール
Twitter