どうなっていくんだ…

3年以上無職で30過ぎて九州から上京。
派遣で工場で働き始めて、数年後その工場で正社員に
色んな面でダメで不安な日々…

2015年04月

祝日

今日は祝日。暑くなってきたので出かけて夏用の服を買った。
不動産屋に行ってみようかと思ったんだけど勇気が出ず
入れなかった。予約もしてないし…

でも気にして歩いてると不動産屋ってすごい多いね。
ちょっと中を覗いてみるとどこもピシっとしたスーツ姿の若い男女が対応していて
内装も小綺麗な感じで逆に入りにくい。
そもそも引っ越すかどうかも決めたわけではないが。

帰って酒飲んでゲームして、夕方からまた酒飲んでネット見たり
ブログの設定少しいじったりした。

酒飲む→少し気分が良くなる→酔い覚める→憂鬱になる→気を紛らすため酒飲む。
このパターンなんだけどヤバいような…
2日行けばすぐ休みなんだから、そんなに憂鬱になることもない気がするんだけどね。




 

休み

相変わらず目が痒い…でもこの前花粉の飛散は収まったってニュースを
見たんだけどなあ。目以外はなんともないし、花粉症なのかも
いまいちわからないけど。

明日は休み。その後2日行けば5連休だ。
予定はないけれど、 どこ行こうと混雑してるだろうし
まあ休みというだけでいいものだ。

ブログを続けるということ

さっき更新してからまた久々にブログの過去記事をいくつか
遡って読んでいた。

読んでると、あのときはあんな状況だったなあとか
あのときああ考えたっけとか、これは我ながらいい内容じゃないかとか
バカなこと思ったりした。

あと昔のほうが割りと気合入れて書いてたなあ。 
良い悪いは別にしても。 

アクセス数は以前も書いたけど、続けても増えませんね。
というか減ってます。

でもやっぱこういう個人的な事を書いてるブログって
アクセス無くてもやっぱ記録として残してあるってことに
自分にとってはそれなりに価値があるな、と読み返すと思う。

書いてた時の心情とか状況とか思い出させてくれて。
だからといってそれが役に立つわけでもないけれど 。

映画とか音楽とかゲームとかもさ、それ自体の価値ももちろんあるんだけど
その作品を思い出すと内容だけじゃなくそのときの自分の状況も込みで
思い出したりしません?
そのときが別に幸せなじゃなくてもそれはそれで意味があるというか
感傷的な気持ちにさせてくれるし…

ブログは特にその時のことを書いてるから一層思い出すことができるし
嫌な時のことの方が多いけど、それでもその後なんとか生きてきたな 
と思えるし、更新続けることは大事かなと考えた。
といっても前より頻度は落ちてますけど。

これからも余程のことがない限り、しょうもなくても需要はなくても
続けようと思った。 

花粉症。引っ越し。

今週はすごい疲れた。
仕事終わってしまえば1週間早かったなとも思うけど。

休みなので出かけたんだけど、目がすごい痒い。
なぜか片方の目だけ涙が常に出てくるし、辛くて帰った。
去年もこんな時期があったので単なる花粉症なのかな。

花粉症対策のメガネを買おうか…でも目悪くないのにメガネかけるの
なんか恥ずかしい。去年も同じことで迷った気がする。

最近引っ越ししようかなーとちょっと考えてる。
仕事先の最寄り駅まで電車で45分くらいかかるし、住む街を変えると
少しは楽しいかなーと思って。
ただ、今の所は家賃が安いし、今年更新したばかりなのでもったいないんだよね。

通勤時間は都会はこのくらい当たり前だろうと当初思ってたんだけど
なんか違う気がしてきた。

1時間とか当たり前の人って家庭を持って郊外に家を持った人とか
そもそも東京生まれで実家から行ってる人とかで、
僕みたいな独身の賃貸暮らしの人は近いとこに住むのが実は
普通なのでは。

実際職場の人と話すと遠いねーって言われるし。
あと、僕みたいな地方出身者って意外といないんだよね。
東京は田舎もんの集まりって聞くけど、仕事先の人はそこが地元って人ばかり。
地方出身者で都会に出た人と上京話とかをしてみたいよ。

残業。孤独死。

今週になって更に残業時間増えた。
連休が控えてるからかなー。きつい…といっても2時間半だけど。
世の中には3、4時間位当たり前に毎日やってる人もいるんだろうな。
僕には無理だな…と思うけど、いざ要求されたらやっちゃう気もする。

週初めくらいはもうちょっと楽させて欲しい。
でも金曜になったら、休み前くらい早く帰らせて欲しいと思うんだけど。

そういやこの前書いたようにゲームもらっちゃった。
わーい。しかも数量限定盤でAmazon限定ステッカーまで。
IMG_0801

でもやる時間がまだなさそう
と言いつつこんな時間まで起きてるけど…

この前「サンシャイン・クリーニング」って映画見てから
以前よく読んでた特殊清掃の仕事してる人のブログのこと思い出して
検索したらまだやってて、遡って読み漁ってた。

すごい仕事だねー。読んだら自分の死んだ時のこととか考えちゃった。
自分が死んだあとは、世界がどう続こうが自分的には「無」という考えだけど
ああもリアルに人が死んだ痕跡の状況が書かれてるとね。

部屋で孤独死した人とかはやっぱり、生活が苦しかったり
精神的に追い詰められてる人が多いっぽい。
僕が死ぬときも間違いなく孤独死だろうから、色々考えてしまうなあ。
誰かに看取られてようが死ぬときはみんな孤独ともいえるだろうけど。
苦しくて誰も頼れず気付いてもらえず死ぬのはやっぱ悲惨だろうなあ
プロフィール

D

Twitter