どうなっていくんだ…

3年以上無職で30過ぎて九州から上京。
派遣で工場で働き始めて、数年後その工場で正社員に
色んな面でダメで不安な日々…

2017年10月

選挙どうしようかなあ

日曜は衆議院選挙だ。
選挙は今まで2,3回くらいしか行ったこと無い。
別に行かなくてもいいと思っていた。

選挙に行けという人、選挙に行かないことを責める人に
対してもなんか嫌な印象があった。

行ってない人が行けば自分の支持している政党に
入れるかもしれないという打算の上で言っているんだろうが
そうとも限らないのにおめでたい人だなあとか思っていた。

でも最近そういうわけでもないのかなと思うようになりました。
行っても意味は無いという気持ちはやっぱあるんだけど
選挙に行かないことを責める側にそれなりの正当性はあると
気付きました。
それをちょっと説明してみようと思います。

まず僕が選挙に行かない理由は投票したい党がないとか
色々ありますが、結局一番は面倒だからです。
なんとも無責任でしょうもない理由ですが面倒だとしても
意味があると感じられれば行くと思います。

例えば本当に僕の一票で結果が左右されるとか、僕一人に
500票くらい入れる権利があるとか。

当然そんなことはないのでたかが一票わざわざ足を運ぶ価値が
感じられない…

とはいっても僕以外の人もみんなそんな風にしたら選挙は
成り立たたないことはわかります。
そんで日本は民主主義国なので多くの人が面倒だと思っても
意味が無いと思っても国のシステムを成り立たすためには
選挙に行かないといけません。

選挙に行かない僕もなんだかんだで他の多くの人が
行ってくれるであろうと思っているので、選挙に
みんな行かなくて社会が成り立たないなんて事態には
ならないだろうと思っているので行かなくても安心していられます。

どの党に入れるか、とか言う以前に社会のことを
他の人たちに任せているわけですね。

選挙に行く人からすると、俺達が成り立たせているシステムに
お前は何もしないで乗っかろうとしてんのかコラ。
という気持ちが選挙に行かない人への怒りの本質なんじゃないかと
気付いたんです。
もちろん具体的にそう思ってる人はそういないでしょうが
根底にはそういう気持ちがあるのでは。

選挙に行かない人ってのは要はこの社会の
フリーライダーってやつなんだなと。
選挙に行かない人への怒りは生活保護の不正受給者への怒りとかと実は
同じ類のものでもあるんじゃないかと。
これは最近進化心理学の本を何冊か読んで気付いたんですけど。

それらの本の受け売りで説明すると、人類が誕生してから
文明を作って生きた期間はごくわずかで、そのほとんどは
狩猟採集生活を送っていたので脳はその生活に適応するために
進化したので脳自体はまだ歴史の浅い文明社会には適応してはいない。

現代人でも狩猟採集生活に適応するために進化した脳で
生きているのだそうです。
で、狩猟採集生活ではその日何も獲物が取れなかった日が
あるとかなりマズイことになります。

そうした自体を避けるためには協力が必要です。
ある人が狩りに成功できなくても、他の人が成功していたら
分前をもらう、自分が成功したらその日何も狩れなかった人には
分けてあげる、というような。

でもここでこの協力関係をみんな守ればいいけど
自分が狩れなかった日には他の人に分前をもらったくせに
自分が成功したら独り占めをするような奴が現れたとします。

そういう身勝手なフリーライダーが続出すると
全体の生存確率が下がってしまうので対応が必要になります。
要はそういう行動をした者には次からは分前は与えず排除する
というような。

だから人には不公平や不正を嫌う気持ちが発達したらしいのです。
道徳心というのは一種の生得的な能力のようなものだとか。

そして誰が獲物を分けなかったとか、たくさん分けてあげたのは
あの人だとか情報をみんなが共有できてないと狩猟採集生活での
協力関係は維持できないのでそれぞれの人の評判の共有のために
言語が発達したらしいのです。

言語によって自分と関わったことのない他人の評判も知ることが
できて、誰が不正をしてる悪いやつか誰が協力的な良い人かなどを
広く知ることが出来るようになる。
人がゴシップや噂話が好きなのはこうした事が元になってるそうです。


受け売りを自分なりに適当にまとめたらこんな感じなんですけど
僕はなるほどー、とかなり納得できたんですね。

それで選挙についてちょっと考えてたら、
その狩猟生活の協力関係を維持するための脳の進化について
思い出しまして、選挙に行かない人は行く人からすると
狩りの分前はもらうが自分の分前はやらない人にあたるのでは
と思ったのです。

選挙で成り立ってる民主主義社会にタダ乗りしているやつだと。
だから投票に行かないことへの怒りが湧いてくるんじゃないかと。

どこでもいいから自分で考えてかならず投票に行けというのも
それなら理解できます。
前までは胡散臭いなー、自分の支持してる党に入れてほしいだけだろと
思ってたんですが、そうではなくお前もちゃんと狩り(選挙)に
参加しろよってことなんだなと。

だから選挙に行かないことを批判する気持ちは
もっともなことなのかもなあと考え直したというわけです。

そんなわけで、選挙どうしようかなあ…

自分に都合よく話す

今日読んだ本でこんな実験の話があった

「ある大学生がルームメイトから課題の手伝いを
頼まれるが、いくつかの理由でその約束を反故にされる。
結果的に悪い成績を取り、専攻を変え別の大学に移ることになる」

というエピソードを実験参加者は一人称で語りなおす。
ただし参加者の半分は加害者側で、もう半分は被害者側でというもの。

参加者は当然この話とは無関係で、演じる側に共感や正当化を
求められたわけでもなく、単に一人称視点で語るというだけ。

にも関わらず参加者はどちらサイドも同じくらい話を歪めていた。
自分の演じる側の行動がより妥当で、相手が不合理に見えるように
話の細部を脚色したり省略していた。


なるほど面白いなあと印象に残ったんですが。
全く関係ない設定上のエピソードでこうなるわけだから
まして自分にあった出来事を語るとなるとどうなるか…

自分のブログやらtwitterを書いたり他人のを読んだりする
ときもこういうのは結構あるのかなあとか思ったり。

まあこういう実験を知る以前に、人が何かのエピソードで
怒ってるときとかに、なんか怪しい、自分に都合のいいことだけ
言ってないか?自分のやった過ちの方は省いてないか?
でなきゃそんな流れにはならないだろう。みたいに思っちゃうことって
ありますよね。

だからなんか「自分が怒ったエピソード」とか
「いかに自分がひどい目にあったエピソード」をやたら
持ってる人は警戒されるのではと漠然と思ってましたが
この話でそうなるのはもっともなんだなと思いました。

誰か特定の人を指してるわけではありませんけど…たぶん。
まあ…いますよね。そういう人。
他人のそういう話にも自分が話す側でも気を付けよう。
とかちょっと思いましたね。

もう若くないのが辛い

もう10月ですよ。
最近はわりと暑さも感じなくなって、もう秋なんだな…
ほんと時が過ぎるのが早いなと感じます。

この「もう◯月か…」っていうのも近年はもうしょっちゅう
感じることですがそれでも何度でも言わずにはいられないくらい
思ってしまいます。ほんと早いよなと。

ブログを始めてからももうすぐ5年になります。
そんとき31歳でそのころも「もう若くないし…」みたいなことを
わりと書いてたと思うんですけど、それでもどっかでまだ31は若いうちに
入ってるだろうみたいな意識はあったんですよ。

ちょっと前までは20代だったわけですし。
でも今は36ですよ。40代のほうが近い…つらいですよ。
こんな感じで30代半ばを過ぎてしまってるって。

ウジウジと悩んだりね将来について悲観して、それが若ければまだ
なんか"それはそれでアリ"みたいな感じあるじゃないですか。
今にして思えばね。

でも年取ったら単に悲惨でみっともないオッサンじゃないですか。
「若者の何とか離れ」みたいなものがテレビとかで取り上げられてて
それ見て昔なら頭の中で嘲笑ったり反論したりしてたけど
今そういうの見て
「いやいやそんなこと言うけど……
あ!反論しかけたけど俺、もう若者じゃない…」
「”若者の何とか離れ”に反論する立場じゃなくなってる…死にたい…」
って感じですよ。

恐ろしいのは、40になっても50になってもこんな風に考えて
そうなんですよね。
いや、今更すごくしっかりした分別のある威厳あるオジサンに
なりたいとは思いませんよ。

思わないけど今の僕のような感じでそんな歳ってどうなの?
みたいな。今でも十分みっともないのにこれからまだまだ
それが加速しちゃうのかよ的な。

それでもまあ生きてかなきゃいけないんだけどさー
なんか欲しいよね。可能性というか特別な出来事とか。
でもそういうのって年取ったらますます無いわけで…


せめてこういうみっともない悩みを自虐的に少しは軽い感じで
愚痴れる同世代の友達でもいりゃよかったんだけど
それすらいないから仕方なくブログに書いたわけですが。

まあなんといいますか、なんもないですけど。
もう10月か。早いよな。って思って更新しようと
思ったんですけど、それだけだと一行で終わっちゃうので
それに関連してダラダラと思いついたことを色々書いたんですけど。

これはこれで誰に言うことも出来ない自分の思いを
書いてスッキリするので(しないけど)
ブログを書くのって悪くないですよ(たいしてよくもないけど)
と何故かブログの勧めで締めます。
プロフィール

D

Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ