ここ最近割とブログを更新し続けてやっぱり
何かを書くのって悪くないよなと思った。

以前も同じ感覚で書いてて、更新した後は読み返して
恥ずかしくなったりするがそれなりに満足していたけど
いつの間にかただ面倒で自分にとって不必要な
事になりつつあった。

でも書こうとすると、別にネタなんか考えなくても
書きたい事は自然と出てくるもんで、ただの自己満足
の拙い文でもブログを書くのは自分にとって
悪くない事だったよな思い出した気がする。

自己満足とは書いたがやっぱり反応は気になるんだ。
更新したらしてない時より当然見にくる人は
増えるんけど、そのまま更新し続けたら増えるかというと
そんなこともなく同じどころか減り続けたりする。

それを見ると、前回の記事を見て読む価値なしと
判断されたか内容が反感を買って嫌われて
見限られたのかと考えたりする。

そんないちいち気にするのは馬鹿げたことだが
僕はこんなに自分の気持ちを表すのはリアルではないので
ブログを書いて見向きもされなかったり見限られたなら
自分を否定される事のような気がするんだ。

単なる愚痴や暗い気持ちを書くのは良くても
怒りや攻撃的な内容はやはりあまり好かれない気がする。
でもそんな時の方が書いた時は満足したりする。

前回のような記事とかね。書いた後は結構スッキリして
我ながら悪くない内容だと思ったよ。
読み返すと文体がちぐはぐだったりして恥ずかしいけど。

自分は思ってるより他の人より狭量で短気で攻撃的なのか。
世の中考えてるより優しく寛容な人が多いのか…?

単に自分の性格が悪いのかもしれない。
昨日も寛容な社会を目指してどーのこーのという
お優しいツイートが軽く話題になってるのを見て
それを見て怒りのあまりまた長文のブログを更新
したくなったんだけど途中で思いとどまった。

もしそういう記事でも読みたい人がいたら言ってくれ。
言われなくても自分から勝手に書くかもしれないけど。

反応が気になるのは自分の考えに自信が欲しいのかも
しれない。自分が多数派ではなくてもネットには
色んな多くの人がいるし…自分の知能や能力に
自信を持つことは無理があるけど、漠然としてても
気持ちには自信が欲しいから。


またグダグダ書いてしまったが、こうやって無駄に
いつも長文になるのは悪い癖なのか。
アクセスがあっても実際ぱっと見て長いから
読んでない人がほとんどかもしれないな。

僕はなるべく読み応えのあるブログが好きなんだ。
長さがそれに比例してるか分からないけど
水増ししようという意識なく、書いてたら止まらなく
なってしまう文は正直なはずだ。

ただただ自分の気持ちを正直に書いた文は
多少考え方が違っても好感が持てる気がする。
いや僕は不寛容だからどうかな。


長々と色々書いたが今日は休みで気持ちは安定してる。
昨日はボーナスも出たんだ。給料ひと月分くらいかな。
何かゲームか漫画でも買うことにするよ。