2013年10月06日

兵庫県腎友会第13回大会

bb7a711f.bmpNPO法人兵庫県腎友会第13回大会に出席させて頂きました。

腎友会とは、腎疾患により人工透析を受けている患者さんの会です。
患者さんは、日頃、週に3,4回、1回に3,4時間も人工透析に費やすのです。痛みも伴いながら長時間、治療に耐えるのです。
昨年、「ips細胞」で山中伸弥教授がノーベル賞を受賞し、「再生医療」と言う言葉も頻繁に聞かれるようになってきました。再生医療の技術が急速に進み、ボーマン嚢が機能回復して、腎臓機能が回復したり、再生医療で人造腎臓が出来る日がくる事でしょう。
患者の皆さん、病気に負けず長生きしましょう。

dio_design at 22:22│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字