裏らかに日々創想

2007年10月10日から活動中のブログ本館です。コメントは内容確認後の掲載になりますので宜しくお願いします。

コメント自由帳&短信保管庫(2018年11月分)

短信の保管庫を兼ねた11月分のコメント自由帳です。私個人への連絡や、特定の記事には関係しないコメントは、こちらまで気軽にどうぞ。ただしアダルト系の投稿は公開しません。

コメント自由帳&短信保管庫(2018年10月分)

短信の保管庫を兼ねた10月分のコメント自由帳です。私個人への連絡や、特定の記事には関係しないコメントは、こちらまで気軽にどうぞ。ただしアダルト系の投稿は公開しません。

そろそろ『風都探偵』を読んでみましょうか

永岡ともよしです。TVシリーズ『仮面ライダーW』の正当な続編として登場した週刊マンガ誌連載作品『風都探偵』は、もう単行本で第4巻まで話数を重ねているのですね。

私は興味を持ちながら、まだ手に取っていないのですが、当時の主演コンビが積極的に宣伝活動に関わるなどして、平成シリーズの中でも現在の人気は非常に高いのは、コミックス媒体での新作続編の展開も、牽引力になっている面が大きいのだと思います。
風都探偵1風都探偵2
風都探偵3風都探偵4
原典で主要キャストとして出演していた若手俳優の中では、菅田将暉さんだけが飛び抜けた活躍ぶりなので、あの頃と同様の配分で映像化するのは、本人にとって気まずいかも知れませんが、コミックスのPRなど名目にした短編映像で構わないので、その後のW(ダブル)が動く姿で登場してくれたら、単純に懐かしいだけでなく将来への期待が膨らんで、昔の視聴者〜新規のファンまで大いに刺激を受けるのは間違いないと思います。

底力を感じた最終回「ルパン三世は永遠に」

永岡ともよしです。2018年9月で放送を終了したTVアニメの中で、定番シリーズの最新作を締め括った「ルパン三世は永遠に」が特に印象に残ったので、内容の詳細には触れませんが、単独で取り上げて記事に書いておきます。最終回まで話数が減るに連れ、想像可能だった通りの方向性ではあったものの、私の想い描いた範囲など質量両面とも遥かに凌駕する内容で、『ルパン三世』の持つ底力を再確認するエピソードとなりました。
ルパン三世PART5
今期シリーズの登場人物だけでなく、従来のアニメ版を総括するような構成で、さらに今後への期待と興味を徹底的に促す力作は、長年のお付き合い感覚で視聴を始めた私にとって、良い意味で顔面にパンチ直撃のパワーを感じました。私が生まれる以前から当然のように存在していた『ルパン三世』ですが、今回のような作品に触れたら、もっと若い世代でも急激に惹かれる人たちが現れるでしょうし、最終話の副題に込められた意味合いが高確率で実を結んで、世紀の単位で何代先のキャストまででも続きそうですね。
ともよしの短信です
通常の記事は不規則掲載ですが
短い文章を連日更新しています。
もちろんコメントは大歓迎ですよ。

【2018年11月19日 20:40】
明朝からの泊り勤務が終われば
4日間に3回の観劇予定が控え
今から気持ちが盛り上がります。
宝塚大劇場(〜12/14)
雪ファントム
宝塚大劇場(1/1〜)
星大劇場
宝塚大劇場(2/8〜)
花大劇場
TIFホールC(1/6〜)
月組東京タウン
明治座の11月公演です
魔界転生s
クリエ11・12月公演です
ピアフ小
演舞場の12月公演です
演舞場は12月
三越劇場の1月公演です
新派日本橋s
東京宝塚劇場(11/23〜)
宙組東京
別館の掲載記事です
  • ライブドアブログ