2007年05月

2007年05月27日

5/27 の大野

070527 吉川さん 今日は昨日に続いてOGC+名古屋大学の運行。
天気図上は 低気圧と前線の間の高圧部でしたが低気圧に北から風が吹き込む形となり11時ごろより北西風が6〜7mとなりました。
 サーマルはあるもののコアが大変小さく荒れた感じの空気でした。2108、21ND、2535の3機で48発、サーマルの条件は今ひとつでした。桃井さん(名大)が29分、23分、19分、18分、15分と時折いい時もありました。
 夕方 名大航空部に今年入部した新人がお父さんと見学に来ました。お父さんは単座で飛び回り、ウインチマンでもあるOGC会員の日比野さんでした。
 写真は初参加の吉川さん、30数年ぶりの復活で母校のグライダーに搭乗です。

ogc_229 at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月26日

5/26 の大野

070526 6コマ きょうは晴れましたが黄砂の影響で視程が悪く池田山が霞んで見える程でした。
朝方は静穏だったものの11時過ぎには8m程度の正対風になり午後は3時過ぎまで強風待機となりました。
上空の西風は強く500m付近で地上の風とのウインドシェアがあり大変荒れた時もありました。
21ND(名大ASK21)、2108、2535の3機で38発発航。最長は長濱さん(名大学生)の53分、以下27分、25分、
18分、18分、17分、14分などとプラスマイナス豊富な空でした。
田中さんが初のサーマルを体験されました。700mまで25分の飛行。

070526 体験搭乗 京都大学の入部希望者が体験搭乗に来ました。
強風が収まったところで初体験。
離陸上昇中は先輩たちが地上から見守っています。
700mまで上がり14分の飛行でした。
これを機にグライダーの世界を楽しんでいただきたいものです。

ogc_229 at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月20日

5/20 の大野

070520 4コマ ぬけるような青空、8:47に1発目発航。
風が強くなる前に、京大OBの前島君はソロ30発の経歴がそろいました。オメデトウございました。
 昼近くになって風が強くなり、午後は10m〜14mに達し、
ついに14:00で撤収しました。
総発数32発 バッタでした。
 写真(下2枚)は強風待機中のロープの結び方講習会です。イジメではありません。

ogc_229 at 20:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年05月19日

5/19 の大野

070519 5コマ 京大+OGCの運航で本日は33発、超過料金フライト7発でした。
昨夜からの雨は朝方にあがりましたがR/Wには大きな水溜り。機体組みをするころ、OGCメンバーが集まり、並行して治水工事開始。10時すぎ1発目が上がり、3発目から10分越えが混じるようになりました。
 昼過ぎからは、正対8mで気流も悪くなり、K21の単機発行にしました。
本日最高高度は1200m、最長飛行は、大平さんの33分でした。

070519 ウインチ修理 索戻し中に右ドラムの索送り装置が作動しなくなりました。
原因は溶接ナットの脱落でした(写真参照)溶接が不十分だった様です。
 会員友人の溶接屋さんが即 現場まで駆けつけて修理してくれました。左側も補強済です。1発乗っていったらとお勧めしましたが「高いところは苦手」との事でした。

   TOSTウインチをお使いの関係者の皆様、ナット溶接部の点検をお勧めします

ogc_229 at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月13日

実証試験 良好

fa2a233a.JPGナイロンスリング(サブライン)は パラシュートからヒューズへ
つなぐ緩衝索に ビニールテープを 4箇所程度 巻きつけて
一体化します。
メインヒューズが切れると 5mサブラインが引き抜かれ
サブヒューズにテンションがかかります。

13日の強風を 利用して Discusで 実証飛行をしました。
曳航後半 エレベータを目一杯アップにすると
バチッと 索切れの大きなショックが 1度。索から離れた感じで
滑空姿勢に入れました。 

結果は メインヒューズが切れて サブヒューズは切れず
すぐに リトリブが終了しました。サブラインが伸びる間に
自然離脱となったようです。

discus2shd at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ヒューズセット

43fb6517.JPGオレンジのナイロンスリングが サブヒューズへつなぐラインです。メインヒューズとサブヒューズは1枚にします。

discus2shd at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ウインチ曳航用ヒューズ切れでも捜索不要

adc21f10.JPGウインチ曳航用ヒューズが切れたとき
曳航索と分離するので 捜索が大変でした。
この図のように 従来のヒューズセットを 分けて
メインヒューズと サブヒューズの間にナイロンスリングを
入れたら サブヒューズが切れなければ
パラシュート側につながっていて 巻取りができ
安全性が高まると考えました。


discus2shd at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

5/13 の大野

070513 デイリーチャンピオン 朝から風が強く、離脱高度も500〜600m台。
12時過ぎから昼休み、そのまま強風待機、1時半ごろに偵察飛行をするも、荒れてるとのことでまたまた待機。
2時半頃から風が風が弱くなり、2333単機で飛行再開しました。
 再開後1発目の近藤(実)さんは20分、あっという間に900mまで上昇、初めて上空から伊吹山を眺めることが出来たと大感激でした。
続いて学生・上田君17分、平野さん21分の本日最長と続き 超過料金フライトは6発でした。
午前中は2333と2108、午後は2333と10GCでのフライト、総発航回数は34発でした。
 RWの周りに雲はいっぱいありましたが、沈下もいっぱいだったようです。

   写真上;近藤さん(車イス・左)、平野さん(車イス・右)
   写真下:平野さんの本日最長フライト

070513 平野さん・軌跡070513 平野さん・グラフ070513 平野さん・3D

ogc_229 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

めで鯛

5271ff1e.JPG晴天の大野 美香ちゃんとやっとデートできました 
大野祭り体験搭乗から ずっぽりはまり 皆さんに暖かくデートの仕方を教えていただき
本日めでたく 大野町を2回に 神戸町 2回 お散歩デートしていただけました
美香ちゃんは 素直なおとなしい子でしたが こちらがドキドキしすぎて ガチガチに
でもなんだか 背中に翼が生えた気分にさせてくれました
もっとデートを重ねて 大野の女神様が 手招きしてくれるよう 
大野○○2号を 極めたいと思います
今夜は くま家のお隣の 居酒屋で 二匹のめでたい鯛を 肴に
土木大臣も お呼びして おめでた会でした
いい日になりました 
ありがとうございました

くま


fd3s1592 at 08:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月12日

5/12 の大野

070512 ランチタイム 今週はOGC+大阪工大の運行です。
ASK-13 ASK-21 ASK-23 astir の4機運航でした。
総発航数68発。本日の優勝者は唯一10分超えのミカエル15分で苅谷教官。
天候は良かったのですが平均6分と厳しい一日でした。
※ 写真はランチタイム、大阪工大OB多数の参加でした。

ogc_229 at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

大久保さん初単座

070512 初単座 ここの所 オメデタ 続きの大久保さん、初単座 (ASK-23) がありました。おめでとうございます。
大野町上空を2回、神戸町上空を2回、4発も飛びました。
 大野祭りの機体展示会場でグライダーに出会って以来、
人生が変わったそうです。


070512 くまさん着陸 左の写真は初単座の着陸です。

ogc_229 at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月09日

大利根→長野→福井空港へのファルケのフェリーは無事終了しました

21df75e1.jpg4月29日は300度10ktの予報、視程はばっちり。昨日の雷&大雨が嘘のようでした。早速NAVILOGを作り直し、10時10分大利根を離陸。
途中、妻沼のRWYを眺めたり、山内さんの機体と交信したりして順調に高崎へ。浅間山の風下では二酸化硫黄の臭いを感じました。佐久から小諸ICのあたりでちょっとコースを間違えそうになりましたが長野の市街地を見つけて一安心。上空から善光寺詣でをして、長野滑空場に12時30分着陸。桃の花は盛りを過ぎていましたがまだまだきれいでした。新緑と青空と白いアルプス。ちょうどいい季節ですね。
長野で給油と食事を済ませ、13時40分に離陸。一路白馬を目指します。
だんだん高度を上げていくと、長野オリンピックのジャンプ台が二つ目の前に現れてきました。(実は最初はなんだかわからなかった。)
白馬駅の上空で糸魚川方向に転針。左手にはアルプスの山々が雪をかぶってきれいな姿を見せてくれます。
糸魚川の手前で小さな寒冷前線に遭遇してかなり揺れ、例の袋の置き場所を探す私でした。
前線を抜けたら気温も3〜5度ほど下がりました。気流は静穏だけと前に進まない。GPSの対地速度は40ktを切っている。 海面は・・とみると白い波頭がたっているではないか。うーん、
予報と違うではないか。見た目280度25ktか。
高度4000ftを維持しつつ、富山空港の北側を通り、高岡、金沢へとそろりそろりと前進です。高速道路を走る車にどんどん追い越されました。
小松レーダーに東側6マイルを通過する旨許可をもらい、バラストパイロットは直進しているつもりが「滑ってまっせ」と指摘され進路があれぇ、小松に近づこうとしている。
方向を修正しようやく真横に小松を見る位置になり、「なんて遅い飛行機だと思っているんでしょうね。」と機内の会話。
山代温泉、片山津温泉を過ぎるとようやく福井空港が・・・・水田に水が入ったせいで、まるで航空母艦のように見えてきました。
16時10分にようやく着陸。大利根から5時間強のフライト。やはり大利根は遠かったです。


bbkariya at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月05日

ローズカップ結果速報

070405 集合 第3回おおのローズカップは3日間とも好天に恵まれ無事に終了いたしました。今年は14時の最終発航まで優勝チームが確定できない様なデッドヒートが繰りひろげられました。

070405 チャンピオン 今年のチャンピオンチームは “大野敢行”  チームに決まりました。
選手の一人は地元会員であり、表彰をした杉山町長も大変嬉しそうでした。
期間中の詳細は 専用ブログ をご覧ください。
更新は今しばらくお待ちください。

ogc_229 at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月03日

ローズカップ開催

070503 お守り 第3回おおのローズカップが始まりました。
初日の今日は、得点するフライトがかなりありました。選手たちは成績を上げるためには色々な作戦を練っています。
たとえば前夜にはライバルに多量に○ールを勧めたり・・・・・・ところが今年は新手の作戦が出現しました。
 昨年優勝チームの 巫女さん は帽子の後ろにお守りらしきものを貼り付けて後席安全装置にアピールしています。
さてご利益は?・・・・・・結果はは こちら をご覧ください。(後日更新)

ogc_229 at 21:45|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

体験搭乗その1

070503 ゲスト_01 競技フライトが終わり体験搭乗も予約順に始まりました。
グライダーの体験は如何だったでしょうか?
付き添いのお兄さんも一緒に記念撮影です。
そう言えば確か2年前には お父様 も体験搭乗されました。

ogc_229 at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)