2018年02月

2018年02月18日

2/18 の大野

180218_OGC+大工・府大・神大-01180218_OGC+大工・府大・神大-02








 本日は大工大、府立大、神戸大および OGC の運航で合わせて 35 名が参加。 
機体は、JA2333、JA2108、JA2471 の複座 3 機、大工大の JA2471 (SAK21) 無事に耐空検査を終え、その後訓練飛行に参加しました。

180218_OGC+大工・府大・神大-03180218_OGC+大工・府大・神大-04








 総発航数は 52 発、11 時を過ぎた頃から滞空が始まり、強いプラスから強いマイナスと上下流が激しいけれど好条件の 1 日になりました。 結果は 15 発の滞空、その内 20 分以上が 9 発、デイリートップは、1+03 で長谷川君(府立大)+松村教官でした。

180218_OGC+大工・府大・神大-05180218_OGC+大工・府大・神大-06








 その他、OGC の会員が 2 名増えました。
大工大 OG (院生) の土田さん、柴田さん、OGC を若さで更に盛り上げてくれるでしょう (^-^)!

ogc_229 at 20:30|PermalinkComments(0)

2018年02月17日

2/17 の大野

 OGC +京大・阪大の最終日、時々日が差すも、北〜西には低い雲で時折り雨。
学生は学科を受けながら天候回復を期待するも、昼前には断念、京阪合宿は撤収を決断。

180217_OGC+京大・阪大-01

 OGC メンバーはクラブハウスに集まり安全講習を実施。 本日の飛行は無し、JA10GC を八木宿舎に運び、胴体をファクトリに降ろしまして耐空検査受検整備に備えました。

ogc_229 at 17:30|PermalinkComments(0)

2/16 の大野

京都大学と大阪大学を中心に OGC メンバーも加わり 16 名ほどが参加。
先週耐空検査を済ませた JA2108 を 訓練機とし、取り敢えず川上発航でスタート。
エプロンにも人員を残し、JA2333 と JA2128 の計測作業を実施しました。

180216_OGC+京大・阪大-01180216_OGC+京大・阪大-02








 ピストチェンジをした午後からは JA2333 の耐検FLT、次いで JA2128 も半年ぶりのFLTで耐検実施。 翌日の天候が心配になり、保留していた JA2535 も急遽組み立てて、撤収前に検査FLTを行いました。 耐検FLTを含めて、本日の総発数は 30 発、10 分超は、JA2128 の 12 分のみでした。

ogc_229 at 15:00|PermalinkComments(0)

2018年02月11日

2/11 の大野

大野町ほか関係機関の承認をいただき運航を再開いたしました。
本日は OGC と名古屋大学の合同運航、総勢 37 名が参加、強い北西風が終日続きました。

180211-OGC+名大-01180211-OGC+名大-02








 昨夜は雨で滑走路面の状態が回復するまで整備工場で機体の入れ替えを行いました。
整備が終わった JA2128 をトレーラーに積み込み、工場に下した JA2333 は北整備士と石戸整備士の指導で京大・学生による整備作業が始まりました。    JA2333 整備動画

180211-OGC+名大-03180211-OGC+名大-04








 滑走路面の水溜りが小さくなった 10:08 から飛行開始、JA2108 の耐空検査飛行です。
検査飛行を終えた JA2108 に JA21ND も加わり通常の訓練飛行に移りました。
並行してエプロンでは石戸整備士の指導で JA2535 のコンパス・スイングを行いました。

180211-OGC+名大-05180211-OGC+名大-06








 昼食後は更に風が強くなり JA2108 (ASK13) は撤収、 JA21ND (ASK21) 単機での運航。
午後 3 時に雪が接近してきたので撤収、本日のフライトは 19 発、15 分が 1 回で他バッタでした。

ogc_229 at 19:00|PermalinkComments(0)