JA2108 公開展示10/25 関関同立戦終了

2019年10月20日

10/20 の大野・関関同立戦

 昨日から、関関同立戦が大野滑空場で始まりました。
初日は一日中雨だったため、第6公民館 で 10時より開会式を行い、各校翌日に向けて作戦会議を行いました。 教官たちは午後から、あいち航空ミュージアム に公開展示中の JA2108 を引取に行きました。

191020_関関同立戦_01191020_関関同立戦_02








 競技二日目の滑空場は水溜まりもなく、朝から通常通りの交互発行が出来る状態になりました。
北西風と日射という組み合わせで、周回続出ではないかと期待しましたが、結果はゼロで立命館大学千原選手の 16 分の滞空が最長時間となりました。

191020_関関同立戦_03

 このおかげで、競技会とは思えない 60 発まわりました。
今後、台風が接近する可能性もあり、明後日からの運航が心配です。
まず、明日には必ず結果を出すという意気込みで、ぜひとも周回してもらいたいと思います。

191020_関関同立戦_04191020_関関同立戦_05

ogc_229 at 20:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
JA2108 公開展示10/25 関関同立戦終了