IMG_6701

宮元です。
こちらは、某小学校の体育館で上演された「かっぱの恩返し/友情編」
の集合写真です。
まさに本公演の1週間前~。
たった1日だけの、しかも午前中だけの本番。

なんでしょう…。写真だけ見ると全然内容がわからない……。
かっぱが、魔法使いらしい誰かと海賊王になるらしい誰かと一緒に
「恩返し」のための旅をする…みたいな話だったと思うんだけど~。
かけらもその風情がないなぁ。
あっ、ここにも宇宙人がいる。

みんなで内容を決めるミーティングをした時は、
「自分が自分の子供たちに伝えたいこと」
をテーマに、子供たちがかっぱと一緒に旅しながら、
大事な鍵(勇気とか思いやりとか強さとか…etc)をひとつずつ手に入れて
成長して帰って来る物語にしようぜ!!
とかなんとか熱くなって~~~。
当然、「何かの事故」で、私たちを呼んでしまった小学校さんにも、
そんな風なことを口走っていたと思います。

が、台本を書き始めようとした時、
「そんな物語は、ちゃんとよそ様がやるだろうし、どこででも教われる」
「DISHはDISHらしく、自分たちが思う《ただただ子供たちが楽しめるもの》を作るべきだろ~」
という天使のささやき(お告げ)が聞こえてきて、あっという間に方向転換
しちゃいました。

「1日だけなんだよ」と何度も言われながら
「1日だけだからこそ」と何度も思い、
「子供たちに特別な1日を」
と、突っ走った無謀以外の何物でもなかった公演ですが、
半端なく「やって良かった!」公演だったとも思います。

自分たちが成長できた物語
うまく言えませんが、そんな感じです。

ラスト、かっぱは宇宙船に乗って宇宙人とともに宇宙に飛んで行ってしまいます。
たぶん、命の恩人である宇宙人に恩返しするために。

いつかどこかで、
続きの「かっぱの恩返し/宇宙編」がやれたらいいな~と思います。

勇気と冒険心のあった小学校の渡辺先生&日高先生。
貴重な機会を与えてくださり本当にありがとうございました。

泥でできていたかもしれない船に乗っかり
沈む暇も与えないほどの勢いで向こう岸に渡ってくれたキャストのみなさん

「お前らみんなバカだろ~」と大爆笑しながら
穴が開いていたかもしれないボートで併走してくださったスタッフのみなさん

アヒルヨットで人力で、応援にかけつけてくれたみなさん

本当に本当にありがとうございました!!


宮元多聞