2018年02月03日

ワタナベイベー

渡辺。ワタナベ。Watanabe。ワタナベイベー!(※ホフディラン好きです)

IMG_3721


まだS2000は納車されてませんが、車両本体を決める前に先走ってポチっとしてしまった茨城県笠間市生まれのワタナベさんが、横浜市鶴見区経由で届きました。
(※勢いでS2000用サイズのワタナベさんを先に買ってなかったら、S2000じゃなくていい出物があったルノーメガーヌR.S.トロフィーSに浮気してた、かも…。クルマ探しはS2000だけじゃなくて、ルノーメガーヌR.S.とロータスエリーゼ3も考えてて、相当悩みました。。)

おじさん受けの良い、ザ・昭和なアルミです。(※ここはあえてホイールとは呼ばない)
トラディショナル。古典的。定番。ノスタルジック。旧車感。

・・・ベルリナ黒号(2号車)では若気に至らない、大人なS2000を目指しますんで、あえてのワタナベさん。ワタナベさんをメインにします。

(※21世紀の水準からすると重いです。鋳造で工作精度はそんなによくないです。それを分かった上でのチョイスワタナベ。あえてね。)

P1020881
参考画像。昔イモラオレンジ号(1号車)で履いてたワタナベ16インチ。(7J+35、8J +50 のフロントハミタイ仕様)
意外といないのよね、S2000にワタナベ。自分以外に生でお目にかかったことはありませんでした。


ワタナベエイトスポークの17インチっていう時点で珍しいのに、欲しいオフセットの中古なんて出回るはずがないので、ファルコンディストリビューターさん(ワタナベさん直営販売店)で新品を購入しました。
年末年始セールをやってて、だいぶお得に買えました。

S2000用というか、希望オフセットを指示して製造してもらいました。
ワタナベさんのS2000推奨サイズはスルー。
MAT製法なENKEIや鍛造RAYSとは違って、追加料金はかかりますが1ミリ単位のオフセット値を指定できます。(それだけ余裕がある。おおらかな設計ということですねww CAD?とかで強度計算なんてしてないだろうなっていう)
結果、ワタナベさんの設定的に削れるとこまで削ったオフセットになりました。なんか・・・ホンダ車ですね(笑)
納期3〜4ヶ月とのことでしたが、納金(注文確定)からほぼ一ヵ月で到着しました。
色はワタナベでいうブラック。一般的にいえばガンメタ。
これが一番ワタナベっぽい色だと思います。
(※16インチの見た目が好きなので17か16かで相当迷いました。今回は純正サイズの17インチにしましたが、来年も年末年始セールがあれば、スタッドレス&車検用に全然攻めてないオフセットの16インチを買っちゃうかも、しれません…)

   17インチ 【フロントF8F】 7.5J+48、【リアF8】 8.5+48

たぶんギリギリ車検は通せるかな?(っても結局はタイヤと車高次第ですけど!)っていう、あえて中途半端なオフセットで製作してもらいました。
(※オレンジ号のGC07Cは7544(215/45)・8544(245/40)で、ほどほどの車高でツメ折りなしのぎりぎりツライチでした。車検不可。)

ホイールの内ボアは前後とも73ミリ。あれっ?社外ホイールの一般的サイズじゃん。昔持ってた16インチは66ミリという謎サイズでした(たぶん日産車向け)。一応『フロント70mm・リア64mmでおなしゃす』と指示したのに無視された模様(笑) 削ってくれて73mmなのか、標準仕様で73mmなのかはよく分かりません(※HPには標準70mmと記載されてます)。とりあえずハブリング用意しなきゃ。。
(※センターキャップ径=外ボアは70mmでした・・・HPは一通り読んだけど内ボアが70mmなんだとおもてたよぉー。仕方ないし問題ないけどワタナベさんとこのHP、ちとわかりにくいよー・・・)

いざ、実物を観察してみて。
ワタナベさんの主力製品は金型鋳造ホイールです。いまだに砂型鋳造でもホイールを生産しているようなメーカーです。エイトスポーク(F8やF8F)は旧車向けの製品といった趣きもあります。そのため、結構おおらかです。
F-1に参戦しているようなメーカーの鍛造ホイールと比較しちゃうと、少し残念なクオリティなのも事実。鋳肌の痕とか塗装とか切削加工のレベルとか、ちょっとユルめです。そこは昭和の時代からの伝統です。忖度しましょう。(※海外製のミニ用ホイールよりはだいぶましです)

この辺りがS2000に装着するオーナーさんが少ない所以な気はします。
S2000オーナーさんってみんな工作精度の高そうないいホイール履いてるんで。


IMG_3723
ワタナベさんと言えば『ホイールブッシュなしなので専用ナット(2ピース)が必要』というイメージでいたのですが、専用ナット(※ファルコンオリジナル品←※ワタナベオリジナルとは言わないのが多分ミソ)がただの60度テーパーナットでした。1ピースでワタナベマーク(鶴3匹で鶴見)入り。もちろんホイール側はブッシュなし。
・・・これ、どうしようかな。
自分、ワッシャ省略してナットを組むことに抵抗を感じる案外几帳面なところもあるタイプなので(笑)、ちょっと嫌なんです。別途、2ピースの協栄産業(Kics)のR40(※オレンジ号で使用してたお気に入りのちょっと高級ホイールナット)でも買うか・・・でもワタナベに貫通ロングナットは似合わないし、一応ワタナベさんが認めてるナットだしなぁー。どうなんだろ。
(たぶん気にし過ぎ)
あとエアバルブもワタナベマーク付きの専用品が付属してきましたが、あえて使用しないつもりです。ゴムバルブ(TR-412)で組む予定。男はゴム!黙ってゴム!


あとワタナベさんに関して、言いたいことがひとつ。

ブラックレーシングとかエンケイエイトとかが、ワタナベのパクリだとまことしやかに言われていますが(※訴訟沙汰)、そもそもワタナベのエイトスポークって英国ミニライトの模倣品ですよね?ね?(笑)

ちなみにミニライトの意匠の元となったのは(ミニライトですら模倣w)、F-1コンストラクターだった英国Cooper Car co.(※ミニクーパーの「クーパー」ってのは本来コレを指してますです)のT39というレーシングカーのホイールらしいのです。自分はそれをミニ用にコンバージョンしたクーパーレーシング製ホイールのレプリカ(CRホイール)のコピー品(※ややこしい)をミニに履いてましたです

何が言いたいかって要は、こういういにしえデザインで定番になってるものは、模倣品でも品質が良ければよくね?ってことです(笑)

あんまり言っちゃいけない風潮があるように思いますが、日本の工業製品にも、実は海外の模倣デザイン品ってたくさんありますよね。特に昭和の頃のは。実は海外製品の模倣品なんだって気が付いてない人も多いと思いますけど。。




IMG_3731
4年半ぶりのRECARO。(オレンジ号の遺品。これだけは手放さずに保管しておりました。)

車高調もamuseハイテックダンパーの中古品を購入し、しこしこ磨いて備えております。
エキマニもeBayで米国から取り寄せました。
モノタロウやamazonやY!ショッピングで細かい部品買いまくり。

準備万端!!


diskngym at 05:59│Comments(0)S2000雑記 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔