2022年05月05日

ミニいじる

最近はずっと、あれこれとミニの手直しをしてます。気分よく走らせるために。

兄が乗ってた4年ちょいの間もそれなりに定期メンテナンスはしてましたが、自分で乗り出すと気になる部分だらけのぽんこつ号。青空駐車によるボディ塗装のヤレだけは諦めますが、どうにかできる部分をコツコツやっつけてます。いくつものブログネタになりそうなもんですが、ちまちまやるのが面倒なのでいつも通りまとめて投稿。


色々外して掃除をしたせいか、Dr.DEOなるバルサン的な消臭剤を焚いたせいか、ファブリーズを吹きまくったせいか、amazonで高評価な家庭用洗剤で内装を拭きまくったせいか、懐かしのクルマにポピー(芳香剤)を置いてるせいか、追いファブリーズ(クルマ用)のせいか・・・何が効いたのかよくわかりませんが、タバコ臭やヤニ汚れは日に日に減少して気にならなくなってきました🥳
ヤニ退治の仕上げとして、今夏中にルーフライニング(天張)を交換するつもりでいます。前後と後左右の窓ガラス4枚要取り外し…大変そう😵(ミニ購入時から先延ばし先延ばししてきた天張交換…そろそろ覚悟決めてやっつけねば。。))


8B96F4F5-110C-44C1-94E2-1F3FB5685396以前は60年代っぽい扇型クラシックタイプの社外ATセレクターを装着してましたが、80年代っぽさがたまらない純正ATセレクターに戻しました。
手元に純正木目調仕様(新車時にオプション装着したと思われます)がありますが、ここだけ茶色い木目調だと浮くので、飾り気のないノーマル(リプロ)をamazonで購入。前世紀のポンコツ車なのに高品質な新品部品が普通に買えるありがたみ…🙏ありがてぇありがてぇ。
(「⚠️ブレーキを踏みながらPから動かして下さい。」のシールもリプロして欲しかったなぁ〜🙄)


画像にはありませんが、ラバーマット(日本ミニ屋連合のVALTAN製品)をフロント2枚追加。
祖父母が乗ってた昭和のカローラ競マージュ。ラバーの質感がしっとりしてるせいか想像していたほどのチープ感やビンボーっぽさは醸されていないものの、なんだか80年代的な懐かしさがあります☺️これは砂利駐車場対策。


オイル交換後も変速ショックが大きかったので純正エンジンステディロッド(上側)のブッシュを交換。分割式ゴムブッシュにしました。交換しやすい分割式。前回交換したのはいつだったか、ポリウレタン製の強化品を装着してました。歪んで固まってカチカチになってました。当時の自分は何とな〜くで強化品を選んだんですが、ここは柔らかいゴム製が正解だと思うんですよね。

7F12B0CC-D844-44CE-BFA9-9AC2DE66389Fついでに社外のエンジン下側ステディロッド追加(要穴あけ)。
ステーを少し曲げて、あえてナナメ気味に装着しました。
追加ステディの効果で変速ショックが小さくなって快適化。
ここの突っ張り具合の調整次第で、アイドリングの振動の伝わり方が変わってきます。奥が深い振動の世界…
ブッシュの鮮度次第でかなりの変化があるので、純正でも追加の社外のでも、ステディブッシュは車検毎に交換すべき部品かもしれませんね。高い部品じゃないですし。


3B234B3B-65FE-4EFD-81FD-8599417C5801ステアリングラックUボルトナットが緩んでラックが動いてハンドルセンターがあやふやになってたので、締め直してセンター出し。
この調整がなかなか難儀で、何度も繰り返してようやくラックとステアリングのセンターが合いました。(タイロッド関係はノータッチ)


とりあえずでバキュームホース4種類交換。別の原因かと思っていたアイドリング不調が概ね直ったわーい🤗インジェクション関係の不調、怪しさを潰すのはまずバキュームホースから。
(バキュームホース交換後も稀にエンストすることもあるんで😂、今度インテーク系の掃除とステッパーモーターの点検してみます・・・)


K&Nエアフィルター清掃。繰り返し使える湿式コットンフィルター。オートマ・インジェクションのミニにむき出しキノコタイプのフィルターは要らない。純正置換がベスト。たぶん。知らんけど。


フューエルセンダーユニット交換。燃料計表示がやたらふらふらするのでユニット交換。新品ポン付けでは満タン時に満タン表示になってないので、フロートの角度を要再調整。ただ、満タンに合わせるとガス欠時に燃料が多く表示されることになる訳で…どうしたものか😑


ワイパーブレード交換。ウォッシャー液を純水タイプに交換。ガラスにクリンビュー塗り塗り。


もはや何度目か不明の10インチ化。ついでに部品更新。ハブフランジは安価じゃない純正品質のやつを。
ブレーキパッド(FERODO DS2500)とローター(DIXCEL PD)、ステンメッシュブレーキホース(GOODRIDGE)を新調。ブレーキフルード(HONDA DOT4)交換。


前後ダンパー(ビルシュタインB4)も新調。ボロくなっていたロアアームブッシュも交換。


4FAC29CC-55A9-43C9-842C-69B10567FEB2そんな作業でジャッキアップを繰り返したせいでしょうか、アウター側のドラシャブーツが破けてグリスが飛散して悲惨🤧の画。ミニに限った話ではないけど、足回り関係、逝くのはいつも左前。過去にトルネオでもS2000でもドラシャブーツが逝った経験がないので、5年で終了ってちょっと寿命短すぎねぇ?と愚痴りたくなってしまうものの、文句言ってもしゃーないので4つぜんぶ交換。グリスまみれで面倒い苦行…(ついでにデフサイドシール交換までやるつもりでしたが、ガッツが足りませんでした)😑
なんとなく定番の大野ゴム製をやめて、制研工業製(品番 600-00112 / 600-00069)に変更。
等速ジョイントグリスはリキモリ製に変更。5年前に注入したワコーズ製ルブコールグリス(LCG-MO2)はとてもよいねっとり状態のままでした。ケチらずにワコーズを継続採用すればよかったかも🤔


FF51C9F1-4883-4A55-AF11-D535B363567Cとりあえず装着していた純正マフラーから、マニフロー製のサイド出しマフラーに変更。

・・・してみたものの、以前装着していたセンター出しマフラーのスタイルが忘れられず。マニフロー、これはこれで嫌いじゃないけども。

しかしながら、諸事情により、リアサブフレームが曲がってしまっているので、センター出しマフラーは固定できないという特殊な状況・・・

1E6C68A2-845C-4A0D-A15E-E0AC26B33519を打開するために、重い腰をあげて鈑金修理。
自宅のコンクリ壁とジャッキと鉄パイプとバイスを駆使して、サブフレーム押し戻し。
曲がりを中途半端に誤魔化していたことがたたって、結果としてサブフレームはボッコボコですが、とりあえずなんとかなりました😅想定よりは上手く戻せました。
英国ミニスペアーズで売られてるRC40ではなく、安価で分割式ではない一本ものの英国ミニスポーツで売られてるSPORTEX社製PHBST400STR/C(なんて呼ぶん?)にしました。耐熱黒塗装して、ステーを曲げて。前側用の角型マウントラバーを後側にも使って、よい塩梅でマウントできました。

43C9D129-C165-4C05-82C5-943DA2ED1D9Aあー☺️これこれ。このおしりスタイル🍑
やっぱりセンター出しが好きなんだなぁ😚
(ブレーキパッドを焼くため、5年ぶりにミニでお山に走りに行きましたが・・・S2000にも乗ってる今だとオートマミニでお山走ってもあんまり楽しくなかったです😂身体ホールドされなくてダルいし、遅いし、クルマいじめてる感が…)

とりあえず気分よく走らせられるカタチになってきました。
あとはスタッドレスタイヤとオーバーフェンダーをどうするか、だなぁ。


(2022/5/17追記) 
CDA1AF77-20AB-4165-90C4-E0592933CA65タペットクリアランスを調整。
数万キロぶりですが、意外と広がってませんでした。
IN/EX関係なく、冷間0.25〜0.28mmあたりで調整。(規定値は0.30mm)
上死点をしっかり出さず、セルでクランク回してファジーに調整。
カバーパッキンは国産ゴム製にスリーボンド1215を塗布。モンキー125のクランクケースを開けた時に買ったスリーボンド1215、全然減らない…😂


89F9DF84-B222-47D5-9AEF-076CA8260951使わないフォグランプを取り外し。
使わないのに、ないならないで顔が寂しい感じになってしまう…

ので、GB島バッヂ(ポールスミスミニ純正部品)を装着。
ついでに、意外と印象が変わるウインカーをクリアレンズに変更。
…今後もポールスミスミニ純正風情は残していこうと思います🤗
 


diskngym at 08:55│Comments(0)mini雑記 | mini維持り

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔