SuperCub C125維持り

2021年06月04日

赤シート&シートカバー

31C15B89-A5B3-4A4C-A902-49250EBCD0D9もう「ポリスカブ」呼ばわりされないために。
純正赤色シートに変更。
なんか、ベタなカラーリング。日の丸感というか。

一度小さい[自家用]ステッカーも貼ってみたものの…ネタっぽさしかなくて恥ずかしいので、試しただけで即日剥がしました🙄



3ABC0C51-C2BC-4FD3-92AC-970E3741D877C125純正シートは硬くて、2時間超えるとおしりがだんだん痛くなり。
そのおしり痛対策で、Dr.モペットとかいうシートカバーを装着。
C125専用品。ヒモで縛るだけの簡単装着。着脱は容易。
たかがカバーなのに純正シート本体よりもお値段高かったです。
装着するとシュッとしてない、もっこりシートになりました。

・・・シートが地味色だと、やはりポリスカブ感が😅

diskngym at 00:46|PermalinkComments(2)

2021年05月23日

低姿勢

 スーパーカブC125をローダウン。前後とも15mm下げました。ほどよい低姿勢。

D884AEA8-EE9F-4E42-A7C8-BCFCFCCD5B28余っていたモンキー125純正リアショックをあてがってみたら、上下穴径が同じでポン付け。・・・全体的によい塩梅なので採用!(๑˃̵ᴗ˂̵)
C125純正よりほんの少しだけ硬く、ちょびっとだけコシが増えた感じ。
ダンパーシェルの凸部(スプリング下側カラー固定部)がチェーンカバーに干渉するので、上下アイボルトにワッシャーをかませて干渉回避。
(C125純正の下側ワッシャーは何故か専用品。上側は汎用規格品。なぜ??)

フロントはアンダーステムのフォーククランプボルト(10×45)の胴部を削って、フォークを突き出せるように小細工。純正は安全策でフォークが上に突き抜けないようになってます。プロのバイク屋さんなら安全策は活かしたままで、フォークの自由長を詰めるんでしょうね。(→横輪さんの例)

たかが15mm、されど15mm。1.5cm程度でも見た目の雰囲気が変わりました。タイヤとフェンダーの隙間が埋まりました。足着きもよくなり(元々よいです)、ちびっこ短足には嬉しい仕様になりました🥺
C125ノーマルはサイドスタンド駐輪時の傾きがやや大きめなので、サイドスタンド使用時の傾きが「普通」になりました。反面、センタースタンドは少し立てにくくなりました。

【追加】
と、思いきや、ステップを簡単に擦るようになってしまいました。下げ過ぎでした。
・・・やっぱり純正に戻そうかしらん。。


diskngym at 06:31|PermalinkComments(2)

2021年05月16日

C125 スーパーカブ 全塗装

62A45EEE-D267-4BBF-9D00-0458B114B7BA塗ったった。



真っ白にしたった。 



追記
雑コラ(笑)
71E58CBA-292D-4E41-A2F7-B725BA2E21F4 


diskngym at 14:35|PermalinkComments(4)

2021年03月23日

徒然なるままにスーパーカブC125

モンキー125発売当初は黒色が日本に導入されなかった為、ついうっかり購入してしまったスーパーカブC125。色はパールカデットグレー。グレーというより水色のスーパーカブ125。

IMG_9248モンキー125を購入したのでC125は売却しようかなと思いブログに書き残すことを止めてましたが、結局なんだかんだで維持し続けそう・・・シフトフィールが気持ちよく、乗り味も好みで、ほどよい快速感があり。手元に置いといて困らないので、放出やめました。

C125は愛媛の祖母宅での足にするつもりで購入しましたが中途半端にいじってしまい・・・結局、安心ノーマルなCT110を再び愛媛に疎開させました。コロナ禍で一年以上帰省できていないので、そろそろガソリンの劣化が心配です😰いや、そんなことより一番心配なのは高齢な祖母の健康状態なんですけどね😷

CT110と入替で愛媛疎開から引き上げたベスパ2号車は自宅の庭先で一年半位全バラ放置中。再全塗装を企て中。去年はモンキー125を買っちゃってベスパ2号車に手をつけられませんでしたけど、今年はベスパ2号車を路上復帰させる意気込み。ですっ!

 

そんな訳で、以下だらだらとC125いじりのまとめ。


IMG_9249●丸型黒ウィングエンブレム・・・ホンダ純正(87020-070-010)
脱赤バッヂ。穴あけてネジ留め。地味化。 
レッグシールドに土台の膨らみが残るので、エンブレムレスは諦め。

●Super cubエンブレム・・・C110純正(86830-K88-Y20ZA)
脱赤文字。メッキの立体エンブレムを取り外し、JA44ストリート純正デカールに交換。地味化。低廉化。カブだもんね。

●ウィンカー・・・純正部品をアンバー(クリアーオレンジ)塗装
タミヤカラ―(アクリル塗料)でレンズ外側から塗装。LEDウインカーは非分解式のため外側から塗装。
塗らなくてもよかったかなとも思いますが、やっぱウインカーレンズはアンバー色であって欲しいもの。
ウインカーアンバー塗装用スプレーも市販されてますが、色味が変で。無駄遣いに終わりました😭

●タンデムステップ・・・取り外し。
スイングアームに残る穴はプラスチックのキャップで穴埋め。テキトーな近似色の塗料で塗りました。

033EE99F-8AFA-4ECE-9C28-370BBAE0EBD1●グリップ・・・VANS ×CULT MC GRIP
ドナルドトランプさんもニッコリなMADE IN USA。日本国内ではキジマの取扱い。
見た目が気に入って購入。上質なゴムの柔らかさと、いかにもVANSらしいワッフルソールパターンが振動対策にも効果があるようで握り心地がかなり好く、それなりに気に入っていたカワサキエストレヤ純正の国産グリップ(めちゃめちゃシンプルなプレーンデザイン)を押し除けて歴代1位のお気に入りグリップになりました。モンキー125にも同じの付けてます。
USDMとかJDMとかっぽいアメリカのカスタム車両を観察してるとちょいちょい見かけます。7/8インチ(Φ22.2mm)バー用は黒だけでなく茶、赤茶、オレンジ、飴ゴム色があります。他にインチバー用もあるようです。BMX用から商品展開したようで、自転車向けはさらにカラバリ豊富。
スロットルチューブはキタコ製スーパースロットル(25%ハイスロ)を使用。プラスチック製なので安価。

B331BC57-CC94-4578-94AE-82C8B3229C41●ブレーキレバー・・・CRF250L純正ブレーキレバー(53175-KZZ-900)
バーエンドレスに合わせて、純正部品流用でショートレバー化。
レトロ感を醸すためにホンダ純正レバーエンドキャップ(95010-16001)装着。
レバーエンドの傷防止になります。装着はシリコンスプレー吹いて捻じ込みます。

●ブレーキホース・・・SWAGE LINE ステンレスメッシュブレーキホース(クリア)
ノーマルゴムホースだとブレーキのフィーリングに不満がありましたが、タッチがすこぶる向上。
片押し1ポッドで小径ローターなのに、純正パッドでもよく止まります。ジャックナイフ出来ます😄
名前はスーパーカブなのに、C125の一番スーパーカブらしくないポイントはFブレーキの効きっぷり。

●Fブレーキローター・・・黒塗装とボルト交換
サビ対策で黒塗装。
C125は特殊形状ボルトではないので、低頭穴付きボルト(SCM45/亜鉛黒)に交換。
基本的には純正ボルトを愛でますが、たまにコスト削減かな?って思える所があります。モノタロウさんのおかげで純正ボルトも含めたマニアックなこだわりボルト&ナットの調達が捗ってしまう環境もあり、いじりたい部分がなくなるとついついボルト交換に手を出しがち🤤
キャリパー固定ボルトも無駄に交換。ここもクロモリ系の低頭穴付きボルト。昔は入手が容易なステンレス穴付キャップボルトを好んで使ってましたが、今は強度や錆対策を考慮して選んでます。
 
●ミラー・・・ご先祖C100初代スーパーカブ号純正ミラー(88110-001-305 ※左右セット)
メッキ処理の環境規制とかありますし、当時モノと完全同等というわけではないでしょうが、いまだにC100の純正部品が買えるのはありがたや〜ですね。ネジ長など加工して装着。視認性はアレです😑
衝撃緩衝構造になってないので、そのままつけると新保安基準不適合です。よいこは逆ネジタップ加工でもしましょう。よいこは。
わざわざ買ったW650純正ミラー、 C125純正ミラー(モンキー125純正も同品)、CB400SS純正ミラー、CT110純正ミラー、ベスパ用Bummミラーあたりも余ってるので、ミラーは気分で交換しがち。
 
9132B86D-5B8E-4F3A-AB90-83438869EC54●レッグシールド固定ボルト・・・CB400SS純正ボルトスペシャル(90116-MBV-710)×4
車体画像では分かりづらいですが、レッグシールド固定のM6ボルト4本をきのこ形状のボルトに交換。ゴムネットを引っ掛ければ、レッグシールド上辺をいわゆるベトナムキャリアのように使えるようになります。いざという時に積載量が増やせるので便利。
 
B5C2358D-85EB-4BA3-B527-E67ECEC9E49F●コンビニフック・・・ホンダ純正部品(64341-GK4-870)
スイッチカバーに穴をあけて装着。
引っ掛けるだけなので少し不安ですが、意外と荷物が飛んでいったりはしません。
造形が謎なアジアンメイドな社外のコンビニフックはつける気になれませぬ。
200円くらい。「こーゆーのでいいんだよ」と言いたくなる一品😂 

IMG_7069
●電圧計・・・中華部品(amazon購入品)
キックなしのセル車で鍵も電気仕掛け(スマートキー)。バッテリー管理の必要性を感じて電圧計をハンドルカバーに埋め込み。キーONで常時表示。
走行中は見えない位置なので目障りに感じることはありません。

●ハザードスイッチ・・・ミヤマ電器波動スイッチ(モノタロウ購入品)
ハンドルカバーにスイッチを埋め込み。赤丸スイッチ。
リレーなどはノーマルのまま、整流ダイオードを2つ使って組みました。
バイクにハザード・・・あまり使う機会はありませんでした(笑)
最初はキジマのプッシュスイッチ(🔺見た目ハザードスイッチオーラぷんぷん)を付けてみましたが、ただのプッシュボタンだとon/offの判別が出来ずに少々不便でしたので、ロッカスイッチに変更しました。

●タイヤ・・・MICHELIN PILOT STREET 2
純正iRC→太足化(DL F17)→ハイグリップ化(PI DIABLO ROSSO CORSA II Underborn)→王道(MI PS2)
ほとんど乗ってないのにタイヤ交換を無駄に繰り返し、実はこれが4セット目のタイヤだったりして。
試行錯誤の結果、前後共にワンサイズアップでフロント80/90-17・リア90/80-17に落ち着きました。
ブロックパターンなDL D604(なぜかチューブレス仕様なのでC125にぴったし!)が気になって散々悩んだものの、CT110やモンキー125があるのでC125でオフロード志向はやめときました。

●エンジン・・・武川ハイパーチューニングセット
ハイコンプピストン(125cc) + N-15スポーツカム(デコンプレス・ハイカム) + FIコンtypeE
181ccボアアップと比較すると低速で物足りなさはありますが、上まで回すと楽しい仕様。
FIコンはクローズドループ(学習)をキャンセルするので、燃費は45〜50km/L程度に悪化します。
FIコンとスマホをBT接続すれば、スマホがタコメーター&油温計になります。燃調もポチポチ変更可能。
125ccハイコンプは、デコンプなしの純正セルモーターで特に問題はありません。バッテリーが弱ってる場合はちょっと怪しくなってはきますけれど。(181ccデコンプなしで純正セルモーターだと、始動成功率は五割程度になってしまいます)

●マフラー・・・キタコJA07/JA10用チタン製クラシックダウンマフラー(政府認証)
政府認証無効を承知で流用。車検がないカテゴリは無政府状態でやり放題!とか言う気はさらさらありませんが、『政府認証制度』ってなんだかなーって思います。政府認証が有効なのはマフラー以外がノーマル状態の場合だけですしね。つか、政府って。他にもっと適切な呼び方なかったんかな・・・。
他車種用とはいえ認証マフラーなのでやんちゃな音量ではありません。音量、音質ともに程良くて好み。
豚に真珠、猫に小判、カブにチタンマフラー。カブのくせにチタン合金奢りました。すごく軽いです。このマフラーはステーが別体式で自由度が高いので、長穴加工などせずに無加工で装着可能です。ただ、付属部品でそのまま装着するとマフラー本体が軽過ぎるために共振がかなり激しいので、振動対策としてラバーマウント化してます。ウェルナットって便利。
C125にC110用のマフラーを流用したり、モンキー125にCT110用のマフラーを流用したり、CB400SSにCL400のマフラーを装着したり、ベスパでも121cc(ET3用)シリンダーに50・100用のマフラーを加工して装着してたり。つけたいものをつけてるだけなんですが、なんかちょっと素直じゃない俺。天の邪鬼なんでしょうね(笑)
深夜の新聞配達でお馴染みのカブ純正の「あの音」(ザ・日本の生活音)は大好きなんですが、C125純正マフラー(ステンレス製)の音はなんかあのカブらしい軽さがなく、ちょっと「シングル」っぽい印象を受ける音というか。純正マフラーは自分好みの音じゃありませんでした。

64785749-CA8F-48C9-A477-32E8D21EF37B●クランクケースプロテクター・・・結局、純正ノーマル
プラスチッキーな純正部品が好みじゃないので武川製のアルミリングタイプに交換してみました。が、C125のステップ位置だと足が触れて「熱っ💦」ってなってしまうので、すぐに取り外しました。モンキー125 のステップ位置では問題ないので、モンキー125 で使ってます。
純正部品はラバーマウント。断熱のためにわざわざラバーマウントにしてんですね。しかもプラスチックは金属よりも熱の伝導率が低いというメリットがあることに気が付きました。

●ドライブチェーン・・・RK 420MRU(鉄色)
メンテが面倒なのでシールチェーン。フルカバーで見えないのでスタンダード鉄仕様。
C125の純正リアスプロケットはRK製。初めて見ました😳珍しいんじゃないでしょうか?

IMG_9245
●箱・・・JMS一七式特殊荷箱(中)  FRP製で生産国はベトナム
純正キャリアに雌ネジ設置、蝶ネジ4本固定。工具不要2分で着脱可。
キャリア接触面が狭いので、荷箱底面はアルミアングル材で補強。
『バイクに箱なんてつけたくないよね派』ですが、やっぱり便利です。
比較的おしゃれな箱を選んだつもりですが、それでもC125の見た目は台無しになりますね😂・・・でも、2分で変身できるのでギリセーフ!😜

せっかくC125とモンキー125を所有してるので、いずれモンキー125とC125のエンジンをテレコにしてみよかななんてことを企ててます。
本心は自動遠心クラッチのモンキー125が作ってみたいだけで、マニュアルクラッチのカブは副産物なんですけどね。10万円分くらい純正部品を買い足せばモンキー125のエンジンを自動遠心クラッチ化することもおそらく可能なんですけど、自動遠心クラッチのバイクばっかり持っててもなっていう😄


diskngym at 15:28|PermalinkComments(6)

2020年04月23日

一七式特殊荷箱

IMG_7997
モンキー125にあてがってみたシリーズ

JMS製の一七式特殊荷箱を
H2C製のリアキャリア(耐荷重3kg)に添えて

・・・今回も、あてがってみただけでした。終了〜。
レジャーバイクに箱なんて要らなかったわ。

(ちょいちょいいじり始めてますが、それは後日改めて。たぶん)



IMG_7651手元にこの箱があるのは去年C125に装着した為。

バイクに箱。好きじゃないけど、やっぱり積載量が増えて便利。

CC110でお馴染み、一七式特殊荷箱、鉄っぽい雰囲気を醸してるけどFRP製。工夫して装着しないと、C125の面積の小さいキャリアでは底が割れてしまうと思います。FRPは弾性が少なくて割れやすいので。そのまま装着すると底面が半分浮いてて、バインバインしちゃいます。
アルミアングル材を切った貼ったで底部に外骨を付けて補強しました。底面割れ対策ばっちり。

IMG_7625この手の箱は、箱に付属してくる平棒ステーでキャリアをサンドイッチして固定するのがフツーだと思いますが、その後付け感が嫌で。

キャリアに穴開けて、ナッタ―でメネジ設置。
ドライバー1本、片手で2〜3分で簡単に着脱可能。便利♪
(キャリアにメネジがあるのも嫌だけど、箱非装着用キャリアをもう一つ用意するほどコダワリがあるでもなし・・・)


diskngym at 23:23|PermalinkComments(0)

2019年08月18日

C125いじり

IMG_7092
C125に色々いたずらしております。
一通りいたずらし終えたら、まとめます。
たぶん。そのうち。

←腰上御開帳の画。
(※エンジン壊れた訳じゃありません)


05E5EE23-DFF9-4530-86CE-2A3B51B0BEEC外した純正ピストンとカムシャフト。

走行距離は800km足らずですが、意外とカーボン堆積してました。
FI車ってもっとピストンは綺麗なものかと思ってましたが、2st混合のベスパとたいして変わらない印象。
触媒あるし4stなので、排ガスのクリーンさは段違いなんですけどね。


画像はありませんが。
CC110純正の折りたたみステップの流用を試みましたが、C125に流用は不可でした。
加工して無理矢理付けるにしても、無理矢理過ぎる感じで。。
折り畳めるステップにしたかったんですが、諦めました。


ついでに全然関係ないメモ
7/16 ミニのエンジンオイル交換 61000km コスモハイメリットCE 5L


diskngym at 02:19|PermalinkComments(2)

2019年07月11日

YOU MEET THE NICEST PEOPLE ON A HONDA

you-meet-the-nicest-people-on-a-honda-1
HONDAさんは昔から広告戦略、イメージ戦略がお上手。
The Beach Boys『Little HONDA』(1964)(←クリックでYouTube)とかね。
そんな戦略にまんまとつられ(嘘)、消費増税前にスーパーカブC125買いました。昭和(風味)のポンコツ好きなのに、まさか令和の現行新車を買い増しするなんて…我ながら予想外(笑)…なんか我慢できませんでした( ˘ω˘ )
 

IMG_6811バイク屋から帰宅直後、フルノーマル。

CT110とシフトパターンが逆なので、無意識だと間違えます。
CT110とC125の乗り分け、無意識でできるようになれるのかな・・・。
(miniとS2000とでライト系操作レバーとワイパー操作系レバーが左右逆の≪テレコ≫なのは未だに間違えるので・・・慣れる自信はありません。)


IMG_6814C125はタイランド生産。それが嫌で購入を避ける方も多いと思います。・・・たぶん80年代のイタリア人より真面目な仕事してくれてますよ(笑)

現在のところ、唯一ほほえみの国を感じたのがナンバーステー。
脱脂がいい加減なのか、淵の部分の塗装がのってません。。弾いてる。いや、これ、白錆びなのかな?
あと、リフレクターがケーレツのスタンレーでははなく、小糸でも市光でもましてやキャットアイでもなく、《fiem》。日本企業タイ法人生産部品がたくさん付いてますが(キャストホイールがエンケイタイ製とかタイヤがiRCとか)、ちゃんとアチラ資本のメーカーからも部品を調達してるんですね〜。
調べるとfiemはインドのメーカーのようですが、イタリアのsiemとはどんな関係なんでしょうね?(笑)
あとナンバープレート固定穴が各国対応の汎用仕様。このまま原付ナンバーを装着するとなんかバランスがおかしいので、穴空け直しました。けど、なんかテール周辺が全体的にかっこ悪いんだよなぁ。。
 
原兇裏ぅ掘璽襪賄欝遏フロントフェンダー先の白いのも撤去。要らんです。
ついでに言うと、スマートキーに電波法の関係で表記されてる総務省的な〒科技マークも要らんです…
お国の規制のせいで色んな部分のデザインが台無し…デザイナーさんも大変ですね。。

IMG_6813
シフトパターン表示も義務付けられています。
・・・が、誰に咎められるでもないので、剥がしました。

C125はメーターにギアポジションがデジタル表示されます。
CT110とは違って、停車時はロータリー式シフトで4th⇔Nが可能。
便利!ここらがめっちゃ便利!特にギアポジション表示がナイス!!


IMG_6812うんうん。わかったわかった。これも剥がすよ!
いや、逆に剥がさない方がおさ…いやぃゃ、これは剥がすわな。
『親父の小言』ほどたいしたことも書いてないし…(笑)
昔の英語のコーションラベルは雰囲気あって好きなんですけどねぇ。
「ちゅうい!自然を守ろ!ヘルメットかぶろ!ご安全に!」的なざっくりしたやつ。CT110豪農純正はあれの3ヶ国語版。あれ貼ったろかな〜🤔


IMG_6822
要らないシールは一通り剥がした。
ご先祖C100純正ミラーに変更した。
レバー先端にゴムキャップ(純正品番・95010-16001)装着した。
グリップ非貫通に替えた。(バーエンド外しにインパクト使用…かてぇ)
他車種用(政府承認)のチタン製マフラーに変更した。

画像にはないけど、ナンバーの位置をずらして、スマホのマウントをこさえて(目立たないように苦心しました…)。まだイジりますが、とっとと変更したかった部分は購入日に手直ししました。


IMG_6844そんなこんなで20L折りコンを仮積載して、筑波山神社で安全祈願。

慣らし中のはずが、結構開けちゃってます。
バイパスのアンダーパスでメーター読み3桁超え確認。 
初めて測った燃費は67.2km/L。CT110よりだいぶ優秀。エコノパワー!
乗り味はまったくもってカブ。意外と振動はあります。
17インチ細タイヤならではの安定感というか立ち感&左右のひらひら感。
硬めだけどコシのある足回り。シフトはサクサク&確実に入るのでナイス。
前後ともブレーキはちゃんと効く。ただ、フロントディスクブレーキのタッチにカッチリ感はありません。前後のバランスはいいと思いますが。
ハンドルが若干低めなので、CT110よりは腕と肩と腰にいくらか厳しいかな。

まぁ、C125はちゃんとカブですね(結論)




ついでに、北米仕様(ABSつき)の配線図を見つけたので貼っておきます。
やはりというか、なんと言うか…ごちゃごちゃし過ぎてて萎える…
っても、配線図が必要なほど電装系をいじることもないと思いますけどね。たぶん。
IMG_6859

 

diskngym at 15:00|PermalinkComments(6)