July 09, 2020

何かが切れるとこうなります。

梅雨時なので致し方ないとは思うものの、毎日雨、毎日ジメジメしていてウンザリ。
気温はそこまで高くなくても湿度が高いので、かなり蒸す日が続いているし、洗濯物がなかなか乾かないのも困る・・・。
そんな中で、多分何かが切れたのだと思います。

diary2332-01.jpg
31の、スーパービッグカップ。
発売を知った時に気になってはいたのですが、冷凍庫に入るかな〜なんて心配したりして。
思っていたより小さい気もしたけど、さすがに重かった。

diary2332-02.jpg
フレーバーは4つまで選べるみたいですが、限定のスーパーチョコミント一種類。
チョコミントのアイス、今では色々なところから出てるけど、なんだかんだ31のチョコミントが一番好きなんです。
が、個人的にはスーパーチョコミントがレギュラーになってくれてもいいくらいの、お気に入り。
パイントやクオートで買っても食べるのが私だけなので、抱えて食べる至福の時を過ごせますが、さすがにこれは難しいです。
まず、重いですしね・・・。
スーパービッグカップ万歳。好きなフレーバーを心ゆくまで食べられる。
ドラえもんどこでもソーダも、このサイズで買いたかったけど・・・。もうアイス自体が終わっちゃってました。残念。

disney_t at 22:45|Permalink│ │食べ物と飲み物 

July 04, 2020

いわゆる「絶対美味しいやつ」。

昨日からミスドで発売の、MOCHI CREAMとのコラボのドーナツ、早速買ってきました。
dポイントのキャンペーンで発売を知り、ラインナップ見た時に「絶対美味しいやつ」な雰囲気が出ており、全種類に食指が動く。
それにMOCHI CREAMと言えば、一時期ハマったスイーツ。
かなり前ですが、横浜のクイーンズ伊勢丹にお店が入っていて、シックなショーケースにサンプルが並んでいたのを覚えています。今はお店どこかにあるのかな。
diary2331.jpgまずはこの2種類。
大福ドーナツのレモンと、あずきもちシュー。
本当言うと、一種類ずつ試そうと思ったんです。でもドーナツ1個だけって、買いにくくて・・・。
そんな時の頼みの綱、レーズン嫌いを分かってくれている(と勝手に思っている)素敵なドーナツである、フルーツスティックがなくて、コラボドーナツも残ってたのがこの2種類だけだったので両方。一応、半分ずついただきました。
大福ドーナツの方は中にクリームが入っていて、レモンが爽やか。求肥も大好きなので、好きなものが詰め込まれたドーナツ。
あずきもちシューはあんこの甘さが控えめな気がします。ドーナツにかかってるフロスティングが個人的には不要かな〜と思うけど、氷餅みたいなのがキラキラして綺麗。こちらも美味しいです。
どちらのドーナツ生地も、モチモチ。
是非他のも食べてみたいです。が、ミスドのお店が減ってしまって地味に困っています。
久しぶりに寄ったら知らぬ間になくなってた、というお店が二店舗・・・。

disney_t at 23:05|Permalink│ │食べ物と飲み物 

July 03, 2020

おまけの世界にも

今月からレジ袋有料になりましたね。
随分前からマイバッグは持ち歩いているものの、先々月だったかに既にレジ袋を有料化していた本屋さんがあって、正直「えっここも?」と思いました。
まさかこのタイミングでマイバッグ使うことになろうとは、と思ったのを覚えています。
環境のことを考えるのはいいのですが、結局ゴミ袋をどこかで買うことになるだけな気がしている今日この頃。
diary2330.jpgそんなこともあってか、キリンのノベルティもエコバッグでした。キリン製品4本でひとつ。
ミッキー、ミニー、ミニーとデイジー、ミッキーとプルートの4種類。
迷ったのですが、珍しいかなと思って、ミッキーとプルート、ミニーとデイジーの2種類、もらってきました。
プラスチックで作られたラベルが貼られたペットボトル飲料を買って、エコバッグをもらうのは、なんとなしに矛盾している気がしますが・・・。
生地はそんなに薄くはないものの、マチなしなので、入れられるものが限られそうな気がします。
文字通りノベルティ、ということで・・・。可愛ければよし。

disney_t at 23:04|Permalink│ │ディズニー 

June 29, 2020

この頃の、氷砂糖

diary2329.jpg梅を収穫し、シロップを作り始めました。
今年は大豊作とはいかなかったものの、大きいザル一杯分の量が穫れました。
作ろうか迷っていたので収穫時期が遅くなったせいか、実が大きく、黄色く色づいたものが多いです。香りは弱いけど・・・。
見てお分かりかと思いますが、やはりスス病の実が多く、全て処分してしまうとほとんどなくなってしまうくらいなので、スス病の実もよ〜く洗い、念のため焼酎で軽く拭き、使うことにしました。
剪定くらいしかしないのがよくないのは、分かっているんですけどね・・・。気力が沸けば、アブラムシ対策するかもしれない。
残ってた氷砂糖が足りなかったので買い足したのですが、最近の氷砂糖って粒が揃っててつまらない。(昨年買ったのもそのタイプだった)
ロック氷みたいな大きさがまちまちのやつ、以前は氷砂糖っていったら、そういうものだったけど。
どちらも変わらないとは思うけど、個人的にはロック氷みたいな方がいいんですよね。
漬け始めた時、毎日上下を返す時なんかに、その尖ったデコボコの塊が梅と梅の間に上手く入ってゆくと、ちょっとした幸福感を得られる。
粒揃いの氷砂糖では、その幸福感を得ることは難しい。

disney_t at 22:54|Permalink│ │お料理関係 | つぶやき

June 28, 2020

オイラとおじちゃん

今日はCyrilくんの日です。梅雨らしく雨。
お顔周りの湿気が高いオイラらしい1日だった気がすると言ったら、Cyrilくんは嫌がるかしら。
丁度、3年前の今日撮影した写真がありました。
diary2328.jpgちゃぶ台の下に潜ってねんねだから、もしかしたらあまり暖かい日じゃなかったのかな。それとも、暑くて冷たいところに移動しただけかな。
同じ日の他の写真では、ピーカンの空模様ではなかったっぽい写真があります。
そしてこの敷いてるマット、通販で買ったのですが、Cyrilくんの大のお気に入りだったやつ。
低反発っぽい感じで、これをおこたの敷布団として購入した年は、お散歩の時間になっても中から出てこなかったくらいのお気に入り。
Cyrilくんはフカフカなベッドよりも、低反発の方が好きだったみたいなんですよね。
そしてこのマットを届けてくれた(他にもオイラのごはん等も)、とある運送会社のおじちゃんが大好きで。
届けに来て下さった時はおもちゃを咥え、「あしょぼー。オイラ待ってるよ〜」と、お誘いするくらいでした。
毎度毎度玄関で出迎えた後、必ずおもちゃを咥えに部屋に戻るので、おじちゃんは最初「嫌なのかな・・・」って、気にしておられましたが、遊びに誘っていると分かると、おもちゃを咥えて待っている彼に「またね」って、必ずCyrilくんにも声をかけて下さっていました。
その割にお散歩の時にお会いしても、オイラの好きなおじちゃんだってことに、気付いていない感じだったけど・・・。
それもCyrilくんらしいと言えば、Cyrilくんらしい一面ではりあますが、ちょっと気まずい。
今も通販を利用する時は、そのおじちゃんが届けに来て下さることがあるし、配達中にお会いすることもあります。
Cyrilくんがお出迎えしなくなって、私がCyrilくんと一緒に歩いていなくても、何も言いません。察して下さっているのだと思います。
その大人な対応(?)に救われることって、あるんです。

disney_t at 22:29|Permalink│ │Cyril 

June 22, 2020

コラボもの

diary2327.jpgミルキーとキャラメルコーンのコラボの、ミルキー味のキャラメルコーン。
お馴染みの黄色いスナックではなく、ミルキーの色の白いスナックです。
キャラメルコーンもミルキーも、久しく食べていなかったのでどちらも懐かしいです。
どちらの味が強いこともなく、キャラメルコーンとミルキーの味それぞれがちゃんとする気がします。
かなり甘めなので、少量でも満足感が得られるのも嬉しいかも。
「ミルキーみたいな形が入ってたらラッキー」らしいのですが、豆皿に出したらひとつ入ってました。この画像だと分かりにくいかもしれませんが、真ん中のやつです。
初めて買ったのに入ってると、全てに入っているのではないか?と思えてしまいますが、ちょっと嬉しい。
そういえば以前ミルキーを買った時、大玉が入ってたり、包み紙に大吉とか四葉のクローバーのがあったりしたけど、今でもあるのかな?
そういう遊び心って、楽しいですよね。

disney_t at 22:56|Permalink│ │食べ物と飲み物 

June 16, 2020

探求と体重の間

「イギリスはおいしい」のスコーン、作ってみました。
今回は薄力粉を使用。焼き菓子(クッキーやサブレ)にピッタリだという粉を選びました。
生地を伸ばしては二つ折りにし、また延ばす・・・を手早く、生地がくっつかないよう適宜打ち粉をしつつ繰り返す工程があるのですが、分量を間違えたか不安になるくらい生地が思っていた以上に柔らかい。
打ち粉をしてもくっつくので、カードで生地をこそげ取ってまとめてまた延ばす、を繰り返しました。
「捏ねないで延ばす」が、ちゃんと出来ているのか、そのつもりがなくても結果的に捏ねてやしないか?と思えて、やっていることが正解なのかどうか。
diary2326.jpg柔らかいながらも生地は一応まとまったけど、この焼き上がりでお分かりになるかと思いますが、生地がダレるダレる。(手際の悪さもあると思いますが)
バターは賽の目に切った後冷凍庫に入れておき、粉と合わせる時は順調でした。
本の中では、生地を休ませない、寧ろ休ませてはダメといったニュアンスで、ナイフで切ったら即焼く感じだったのでそうしてしまったけど、一旦冷蔵庫で落ち着かせた方が良かったかな〜。
今回もオオカミの口はビミョーにない・・・。
肝心のお味は美味しかったです。というか、今まで試したスコーンのレシピ、どれも美味しい。美味しくなく作る方が難しいのかもしれないけど。
色々試して、粉の種類は勿論、牛乳やヨーグルト、卵を使うかどうか等で、自分好みのスコーンを見つけられたらと思っていたのですが、それぞれ美味しいから、コレ!というものが見つけられない。
実を言うとコロナ太りとはあまり関係なく、体重計が壊れていなければある程度体重をキープ出来ているので、あまり体重増やしたくないなあと思うと、自分好みを開発する勇気が出ないのであります。
大体にして生地にバターを使い、これまた脂肪分の高いクロテッドクリームを塗り、その上ジャムかレモンカード(これにもバター使用)を更に重ねて食べる塊を、作った分だけ消費するのはさすがに躊躇うのです。

disney_t at 23:38|Permalink│ │お料理関係