テレビ関係の話

August 18, 2018

ぴぴーぷぴーぷー

今日は年に一度のお楽しみ(?)である、ほんとあった怖い話の放送日。
吾郎さん周辺で色々あったことだし、今年は放送があるのかどうか気になっていました。
さすがにこの年になるとそこまで怖く感じなくなったり、ある程度お話もパターン化している気がするので(苦笑)、そろそろ「ジャーン!」と来るんじゃないかと予想が出来たりして。
ガンバレルーヤのよしこちゃんのエピソードタイトルが「ナニワ心霊道」だったり、北村一輝さんの役名が「中井」だったり、ちょっと「ん?」と思うことがあったのと、ナニワ心霊道の幽霊役の人が小籔千豊さんに見えて仕方なく、友情出演だったのかと、変な部分が気になってしまいました^^;
いわゆるガチな怖い話は今でも怖いのであまり見られないのですが(笑)、怖さ加減が程よい感じのほん怖、来年はまた放送あるかなあ。

disney_t at 23:45|Permalink

May 15, 2018

どのくらいだろうかと

今週は特に楽しみにしていた、マツコの知らない世界。
「ディズニーの世界が好き」な風間俊介くんが、他の番組ではやらない東京ディズニーランドの世界を紹介していましたが、チュロスは東京ディズニーランドの食べ物だと思っているとサラッと言う、パーク内のトラッシュカンや建造物に対しての熱い思い・・・。
他にもパーク好きを公言しているタレントさんもいるけど、話を聞いているとう〜ん・・・と唸ってしまう(よくない意味で)部分もあるのが正直なところですが、彼はなんだか違うのよね。
「嫌いになるのはあなたの落ち度」と言い切る度胸もすごいけど(笑)
ヒルナンデスでも浅倉大介さんと一緒に、そのマニアっぷりを如何なく発揮されていらっしゃいますが、彼目線のディズニーランドの魅力を聞いていると、自分はまだパークの半分も楽しめていないのではないかという気にすらなってくるわ^^;
未だに遊園地とテーマパークは混同されがちだし、マニアの視点から・・・というのがあの番組の趣旨であるとは思うのだけど、すごく楽しかったです。
ランドだけでなく、是非シーの方も彼目線で魅力を語って欲しいかも。

disney_t at 23:50|Permalink

May 08, 2018

一文字違うだけで大違い

毎週楽しみにしているテレビ番組は、ほぼマツコ・デラックスで構成されております。
火曜日は「マツコの知らない世界」。
今日は「駄菓子の世界」と「瞑想の世界」だったのですが、番組を見始めるまで、瞑想の世界を「妄想の世界」だと勘違いをしており、妄想族である私にとっては興味津々になるはずでした。
人はどんな妄想をしているのか、妄想することによって何かよい効果があるのか。
妄想の世界なんて完全なる個人の世界なんだから、公共の電波使ってその素晴らしさ(実際に素晴らしいかは別)を熱弁する程のことではないし、元々マツコも妄想しているようなので、未知の世界ではないのよね・・・。
瞑想もなかなか興味深かったですが、以前にも増して集中力というものが低下してきている現在、瞑想はなかなかハードルが高く感じました。瞑想するにも集中力を必要としそうで。
妄想はめちゃくちゃ簡単なのにこの違い。

disney_t at 23:44|Permalink

April 21, 2018

映画ドラえもん

先月からWOWOWで、37作一挙放送史上最大ドラえもん祭りと銘打って、ドラえもんの映画を一作目の「のび太の恐竜」から、毎週土曜日、日曜日に2作品ずつ放送中で、久しぶりにドラえもんを見ていました。
世代的に旧声優陣のドラえもんがとても馴染みがあって好きなのですが、こうして続けて見ていると、昔は特に気にしていなかった主題歌が気になり、いわゆる大山ドラでの映画ドラえもんは、武田鉄矢氏の曲がなんだか心地いいな〜と。
今思えば、どちらかと言うと子供向けの作品であるにも関わらず、歌詞とか曲の感じとか、ちょっと大人っぽくて、歌い手さんも子供にはあまり知られていない方(失礼)が多かった気がします。
映画の余韻に浸れる曲が多く、そこはかとなく漂う金八先生感がなんだか沁みると言うか。
因みに今日の放送2作目から新しい声優陣での作品になりました。
観るにはいい機会ではありましたが、「やっぱりドラえもんていいなあ〜」としみじみ思いながら、なんだかんだ結局、新しい声でのドラえもんは見ないという^^;
でも・・・懐かしい作品が観られて、いい時間でした。

disney_t at 23:40|Permalink

October 23, 2017

三上さん

先週日曜日深夜、昨日(日付的には今日)、そして29日の深夜にLaLatvで、イグアナの娘の放送があるんです。
リアルタイムでも割とよく見ていたのですが、欠かさずの視聴ではなく、主人公・リカの親友である三上伸子がいつの間にか出てこなくなって。
ストーリーが進む中で事故で亡くなったようなことは伺えましたが、いつ、どのような形でなのか不明なままでした。
これまでも再放送は地上波でも何度かあった記憶ですが、なんだかんだで見忘れたり、見られなかったりなどで、いつの間にか「三上さん」がドラマから姿を消していたんです。
ドラマで描かれているかも分からず、ずっとモヤモヤ。
先週の放送に気づいてから「とにかく見逃さないように」と、チャンネルを合わせました。
昨夜は台風の影響もあって時々映らなくなりましたが、21年目にしてようやく判明。
が、第9回は来週・・・。気になる終わり方だったので待ち遠しいです。
我が家はスカパーの15チャンネルを選択出来るパックに加入していて、LaLatvはチョイスしていたチャンネルのひとつ。ですが、もうずっと見たい番組がなくて、全然チャンネル合わせていなかったんです。
ちょっと前から他のチャンネルに変えようか考えていたのですが、変えなくて良かった^^;
でもイグアナの娘が終わったら・・・どうしようかなあ。

disney_t at 23:27|Permalink

August 08, 2017

ビックリしたワン

BSジャパンの「ポチたま」で、盲導犬パピー、盲導犬、キャリアチェンジ犬、引退犬が取り上げられると言うので、録画してチェック。
今年の春頃まで、とあるパピーウォーカーさんに密着していた「盲導犬ストーリー」を知ったのは、今年の4月だったかな?入所前に最後のお出掛けをした回で、その次の入所の時はこちらも涙・涙。
その後スペシャル版が放送されて、入所のシーンは何度見てもやっぱり涙。
で、今回の「盲導犬ストーリー2」をやるのを知ったのですが・・・。
今日の放送で取り上げられた引退犬のワンコ、なんとCyrilくんのすぐ下の妹でした。ビックリ!
同じ名前の子だな〜と思ったけど、年齢も同じだし(取材当時はまだ9歳)、もしや?と思って調べて判明しました。
前号だったかの「盲導犬くらぶ」で、引退したことは判っていたのですが、ちょっと感動〜。
兄弟、妹たちには、一番上の子と一番下の子には会ったことがあるのですが、他の兄弟・妹たちには会ったことがありません。
同じイエローでも濃淡があって、Cyrilくんと妹ちゃんの色は随分違いますが、顔は・・・似てるような、そこまで似てないような?
テレビ画面に映る妹に気づくはずもなく、でろ〜んと横になってネンネしてたCyrilくんですが、無事お仕事を終えてのんびり暮らしている妹ちゃんの様子を見て、なんだか嬉しくなりました。
オイラものんびり暮らそうぜぃ。

disney_t at 23:49|Permalink

March 09, 2017

ぐんま

今月から放送が始まった、ドラマ版の「お前はまだグンマを知らない」。
リアルタイムでも見てたけど、改めて録画したものを視聴。
結構楽しみにしていたのですが、原作とは雰囲気が違って、なんと言うか展開が早過ぎて落ち着きのない感じだったかなあ。30分という短い時間だから仕方ないのか・・・。
あの雰囲気のまま映画はちとキツイ気がします^^;
何故か男子トイレの壁にみそパンだのカツ丼はソースだの、水沢うどんだのの張り紙があるのは笑えました(笑)
原作も雑多と言うか、割と話の展開が早くて「今どきの漫画ってこういう感じなのかな」って思いましたけれども。
しかも!第1話は主なロケ地が埼玉県と静岡県という・・・。ちょっと、どういうことよ〜。
オールグンマロケは無理なのかしら。それとも残り3話でグンマが出てくるのかな。


disney_t at 23:45|Permalink

March 04, 2017

れりごーれりごー

今日は夕方6時から、ず〜っとアナ雪・・・というか、ディズニー関係の番組だったフジテレビ。
ミュージックフェアに始まり、地上波初放送のアナ雪の本編まで・・・。
映画本編前に放送されていた特別番組がちょっと長くて、食傷気味になり若干疲れました^^;
度々挟まれるCMも辟易してしまいましたが(これは仕方ないけど)、今月WOWOWでのディズニー特集では放送されないので、結局見てしまったわ。
安倍首相が好きなディズニー作品として、101匹わんちゃんを挙げていたのが意外でした。と言うか、ディズニー作品見てるんだ・・・みたいな。
少し前にNHKのBSで海底二万哩の放送があって、最後の方だけだったけど観てると、ミステリアスアイランドを自然と思い浮かべるわけです。
今まで作品を観たことがなかったので、カルデラ湖やキャストのコスチュームなんて深く考えたことがなかったのだけど。
ランドもシーも、ディズニーの作品を観ていると、より楽しめる。それが改めて解った気がして。
アナ雪テーマとされる北欧エリアがどうなるのか分かりませんが、作品の世界を実際に楽しめるって、やっぱり素晴らしいことなんだと思います。

disney_t at 00:00|Permalink

February 05, 2017

疲れるけども、面白い

昨日の19時から日本映画専門チャンネルにて、24時間続けて伊丹十三監督作品が放送されていました。
「タンポポ」から始まって、先程までの「マルタイの女」まで。
好きな作品もあるし、全作品を見たことがないので未見の作品が放送されるのは楽しみ!なのだけど・・・。
見たことのない「大病人」が今日の朝6時から、「静かな生活」は朝8時過ぎからの放送でーー;
昨夜「あげまん」の後しばらく、各作品の予告編なんかが延々繰り返し放送されていたので、もうちょっとバランス良くというか、作品と作品の合間にそれらをちょろっと流すとかして調整して欲しかったかも・・・。
我が家のブルーレイレコーダーはスカパーには対応していない為、録画出来ても画質が悪いのが難点で、結局録画はしませんでした。
一気に見るのはさすがに疲れますが(笑)、面白かったです。
今月から13ヶ月連続で、1作品ずつの放送があるっぽくて、今月はまた「お葬式」の放送が、来月は「タンポポ」の放送があるみたいなので、見られなかった作品もまたチャンスかあるかな。
「お葬式」の、お坊さんがロールスロイスに乗ってくるシーンは、何度見ても強烈です。

disney_t at 22:49|Permalink

December 18, 2016

終わっちゃった・・・

真田丸。
三谷幸喜氏の脚本とは言え、真田家をよく知らぬ者としてはあまり乗り気でなく、今年の1月10日、父の「まず一話見てみよう」の一言で見始め、結局一年、ハマってしまった。
今となっては平岳大さんの勝頼や、新納慎也さんの秀次が遠い昔のよう。
最終回を迎えるのは、本当に嫌でした。
毎週の楽しみにしていた物語が終わるのも嫌だったけど、最期がどう描かれるにしても、主人公が床の上で死ぬ人ではないから。
2年前官兵衛の時は、豊臣家滅亡するのは「まあ仕方ないね」と思いました。でも今年は気の毒に思えて(苦笑)しかも、勝ちそうな気さえしてしまった。
今宵も歴史は、変わらなかった。
ダメ田十勇士が本編にも出ていたこと、佐助が55歳だったこと、最終回も「抜かりなく」小ネタや驚きが仕込まれているドラマでした。
切腹をしたような最期の源二郎でしたが、三谷さんの書く脚本の時代劇では堺さん、切腹するように何か仕組まれているのか・・・。
新撰組!の時の山南敬助の時も切腹だったことを思い出しました。あのエピソードも、いいストーリーだったなあ。
きりちゃんはあの後どうしたのかしら。スピンオフ色々作れてしまいそうなほど、登場人物みんな魅力的だった。
だからこそなんだか、みんな死んでしまったんだなあって感じると、ウルウルきてしまう・・・。
たとえそれが、大蔵卿のババアでも。(演じる女優さんとてもお綺麗で魅力的な方で、スタパ見てびっくりしました^^;)
あぁ、ダウントン・アビーも年内の放送は今日が最後だし、これから何を糧にして生きていけばいいのか、みたいな・・・。
取り敢えず総集編は楽しみです。また真田丸に会える。

disney_t at 22:49|Permalink