September 2011

「BeMagical」 リド登場のキャラ様方の巻

しばらくブログ更新をサボっておりました。m(_)m
9月中旬のインレポに戻り、ドナ・デジとグー様マックス君親子以外のリド登場のキャラ様方のご紹介です。

好意的にいえば、プーさんまでシー10周年のお祝いに駆けつけてくれたということになるのですが・・・(苦笑)

1109Beキャラ01


後ろ向きの尻尾ふりふりがなかなか可愛かったです
1109Beキャラ02-02

名前がすぐに思い出せず。そうそうロバの「イーヨー」でしたね
1109Beキャラ02

今年の干支は兎だもんね
1109Beキャラ03

いつもと違うブルーのリボンが印象的
1109Beキャラ04

ピノキオもトリトンブルー?のいでたち
1109Beキャラ05

ハーバーに向かって左側はとんすけとミスバニーのポジ

1109Beキャラ06

「Be~~」
1109Beキャラ07

1109Beキャラ08

60000Hitの御礼・アウラニリゾートオープン報道の巻

今朝、当ブログが6万ヒットを記録いたしました。お読みいただいている皆さま方に改めて御礼申し上げます。これからもよろしくお願いいたします。m(_)m m(_)m

さて、本日は臨時増刊号、時事通信社のHPである「時事ドットコム」に、「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ・コオリナ」の特集記事が組まれているのを見つけましたのでご紹介です。
トップページの上部にある「動画」や「特集」に入っていくと関連記事の閲覧ができます。

いうまでもなく、昨年後半から今年初頭にかけて、ディズニーバケーションクラブのタイムシェア所有権を購入しませんかと勧誘のあった場所ですね。
動画や記事を見ていると、なかなか素敵。ミッキーなどのキャラ様方とも、舞浜と違い、ハワイモードでゆったり、じっくり触れあうことが出来そうですね。
50年間のタイムシェア所有の部屋以外に、通常のホテル形式の部屋もあるようなので、一度くらいは家族で行ってみたいなと思わずにはいられないリゾートですね。

「BeMagical」 グーフィー・ワンマンショーの巻


12日午後の回を観たリドでのショー前半はグー様のワンマンショー。
途中からマックス君が駆けつけます。

14時頃、エレクトリック・レールウェイの高架下で順番待ちに加わり、12~13人目。
ミシカ終了後の15時過ぎ、リドに誘導され位置決め。ぴよ父より前の人たちは、座り最前右(ドナ・デジ)と、柵の後ろの立見1列(写真組?)に分散したため、座り最前ほぼ中央やや左(とんすけ・ミスバニー)にポジりました。

グー様、ゴンドラで登場、ステージへ
1109Beグー01

1109Beグー02

1109Beグー03

お決まりの呪文「Be~~」
1109Beグー04

「Magical~~」
1109Beグー05

マックス君は、ブロードウェイミュージック・シアターの横から?
1109Beグー06

1109Beグー07

1109Beグー08






「BeMagical」 ドナルド・ワンマンショーの巻

今月11日のイン。9時オープン?のざわめきのまだ残る、9時20分頃ゲートインしました。
小走りで、まずはザンビーニ前のドナポジに向かいました。

小さなUの字型にゲストが立って並び、Uの字の底の部分は厚みがあり、前の方は座り見正面(待ち位置は今後変わる可能性がありますので参考までに)。

完全な出遅れでしたが、立見2列目の端にポジることができました。
待つこと2時間余り、ショーが始まりましたが、前半はまさにドナルドのワンマンショーでした。

「Be~~」
1109Beドナ01

「Magical~~」
1109Beドナ02


1109Beドナ03


1109Beドナ04


1109Beドナ05


1109Beドナ06


1109Beドナ07


1109Beドナ09

和食「花」の鉄板(焼)アートの巻

「花」の鉄板焼き(カウンター)席に座ると、鉄板にキャラを描いてくれるらしい。との情報に動かされ、早速突撃?レポを敢行したのでした(笑)。

ただ、毎回ストレスなのがレストランインフォメーションの繋がりにくさ。経験上、来園のみのボタンなど、普段から午前9時から11時頃はまず繋がらず、お昼休みの時間帯も同様。
それでも、この日は昼休みに何回かリダイヤルすると運よく繋がり、「花」の受付に電話を回してもらいました。

で、とれたPSはといえば、候補に挙げた土休日数日のランチタイムのカウンター席はやはり満席で、平日12日に決定。ただ、結果的にはこれが良かったのかもしれません。
それと、カウンター席は、メニューはコースのみ(昼は4800円から)であることの説明がありました。


さて、当日はミッキー広場で11時半からのBeMagicalを観てバス乗り場に向かい、11時55分のリゾートクルーザーでアンバサダーへ。気温がもう少し低ければ、まったりと歩いてもいい距離ですが(10分ほど)。

12時半からのPSなので、夕方再度来て賞味予定のラウンジのハロウィーン・デザートセットの情報収集や、9月中はクローズのチック・タック・ダイナーを覗いたり、若干の時間調整をして12時15分頃、「花」の受付へ。すぐにカウンター席へ案内されました。

和の世界へ誘うシンプルな構え
1109ハナ01

平日のためか、中は閑散としており(経営は大丈夫かしら)、カウンター席には先客はおらず、結局1時間半くらい居たけれど、後から来たゲストも2組のみ。
応対してくれたのは、まだうら若き初々しい感じの女性の板さん。名前を名乗り、早速、鳥のグリルの調理に取りかかってくれました。

中央部分の黄色は、かぼちゃのすりつぶしです
1109ハナ02


1109ハナ03

ただ、何となくぎこちない雰囲気(笑)。そこで、オフの日にはパークに行くのかとか、好きなキャラは何かとか、ディズニーの話題で話しかけてみました。
すると、パークはシーの方が好きだとか、でも絶叫系は苦手で、タワテラは一度乗ってもう十分だとか、好みのキャラはダッフィーだとかの返答がありました。
それと、これまで「シェフ・ミ」(のバックヤード)で、調理に携わってきたのだが、最近「花」に移り、カウンター席のゲストと話をしながら、料理を出すのはまだ数回目なのだという自己紹介もありました(好感度◎)。

実は、鶏肉とメインのステーキの間に、サーモンのソテーがあったのですが、会話に夢中になり、写真を取り忘れました(^^;)。

メインの牛肉はオーストラリア産とのことでしたが、柔らかくておいしかったです
1109ハナ04

お味噌汁は、名古屋の赤だし風
1109ハナ05

デザートは、練りきり
1109ハナ06


一時間ほどで食事は終わり、お茶を出されたところで大変なことに気が付く。
鉄板に描かれるというキャラクターはどうなったんだっけ?!

遠慮がちに女性の板さんに、「実は、鉄板にキャラクターが現われると聞いてきたのですが・・・」と切り出すと、「少々お待ち下さい」と言ってバックヤードへ。
しばらくすると、男性の板さんが現われ、「鉄板を磨かせて頂きます。」と前置きがあり、「お好きなキャラはありますか。」と尋ねられたので、「ドナルドとか、チー・デーです。」と答えると、金属のたわし風のものを鉄板に押し付け、何やらキャラクターを描き出したのでした。
「チー・デー」を並べて描いていただきました。


室内の照明の加減と、安物のデジカメでの撮影ゆえ、見づらくてスミマセン
1109ハナ07


1109ハナ08

実は、ぴよ父は、ゲストに出す食材を使ってキャラクターを表現するのだとばかり思っていたので、少しビックリしました。それと「磨く」という表現の中に、シェフ(職人)としての色々な想いが詰まっているのかなと感じた次第です。

ただ、この鉄板(焼)アート、描ける板さんは二人だけなのだとか。それと、ゲストで混雑している時は、お願いしても難しいかもしれません。
描いてもらう可能性を高める方法としては、できれば平日に行く、土休日でもゲストの徐々に減っていく後半の時間帯に行く(お昼であれば13時台や14時のPS)が考えられます。

初々しくて可憐な感じの板さんの心のこもった料理をいただき、鉄板(焼)アートのレポも出来、大満足のひとときでした(^^)v。

秋の両パークにインしましたの巻き 日程編その2

2日目の12日も何をしたって、昼食に「花」へ行った以外は、ほとんど「BeMagical」待ちに費やしました。(^^;)

9月12日(月)

5:13
舞浜着、いつもの道をシーへ向かう

5:30
徒歩や自転車での来園者用の入り口が閉まっており、開門を待つ。

5:37
警備員が現われ、45分開門と告げられる

5:45
10人ほどのほとんどのゲストが走り出すが、ここで焦って、怪我でもしたらアホらしいとまったり歩く。
それでもサウスゲートというのか、バスターミナルとは反対側へ回り、入場列先頭をゲット。

9:00
ゲートオープン、久々に激走してミッキー広場を目指す
ミラコ組ですでに一杯なのではとの懸念は杞憂に終わり、座り見2列目やや左側にポジる。

11:30
ミッキー広場のメインキャラは、ミニーちゃんとチ・デ、ぴよ父の「徴」スティッチも。

11:55
リゾートクルーザーでアンバサダーへ

12:15
「花」で鉄板焼きを賞味。

13:50
リゾートクルーザーでシーへ逆戻り

14:10
午後の「BeMagical」、リド組にスタンバイ。後で数えたら前に10人ほど。

15:05
ミシカが終了し、リドヘ誘導される。ぴよ父の辺りは、1組ずつの位置決めあり。
最前列の中央やや左にポジる。

16:35
システム調整で少々遅れて「BeMagical」開始、やれやれ
当たり前だけれど、メインキャラの登場順は、昨日の午前と逆、グー様がゴンドラで現われ、後ろからマックス君が。
マリーちゃんも出て来たけど、いつものピンクではなく、ブルーのリボンが印象的。後半は、ザンビーニ前からトランジットスチーマーラインに乗ってきたドナ・デジで締め

17:10
リゾートクルーザーでまたまたアンバサダーへ

17:20
ハイピリオン・ラウンジでハロウィーンのデザートセットをいただく

18:30
舞浜リゾートをアウト、現実の世界へ連れ戻される

秋の両パークにインしましたの巻き 日程編その1

一昨日と昨日、インパしました。まずは、恒例の日程編です。ほとんどショー・パレ待ちに費やした二日間でした(^^;)。
もう、ネタバレ云々の時期でもないけれど、一部そういった内容も含まれますので、予めご了承のほど。

9月11日(日)

9:05
舞浜着、10周年デザインのフリー切符を買い、リゾートラインでまずはシーへ

9:20
シーへイン。まだ、9時オープンの喧騒が多少残る状態の中、ザンビーニ前のドナポジへ小走りで向かう
端であるが、何とか2列目立見ゲット

11:30
ショースタート、確かにこのポジ、前半はドナちゃん好きにはたまらないワンマンショー。
途中で、デイジーが駆け付け、アツアツモード全開
後半は、リドから、トランジットスチーマーラインで、プーさん一族やグー様、マックス君がやって来ますが、滞在時間はやや短め

12:00
リゾートラインでランドへ

12:20
ホーンテッドマンションのFP、普段の土休日なら午前中は1時間後、午後なら2時間後位のFPが取れることが多いのですが、早々とXマス仕様のため、ゲットできたのは15:30からのもの

12:25
スプーキーヴィルのためプラザ付近にポジる

13:50
スプーキーヴィルスタート、昨年と大きな変化はない感じ
ショーが始った直後に、パラパラと雨が来てハラハラしたが、途中で止む

14:20
ぴよ娘へのお土産の若干の買い物
お城付近のハロウィーンの装飾の撮影

14:40
シングルライダー狙いでスプラッシュマウンテンを目指すと突然の「シャワー」
今回は、ヤフーの天気予報当たり。マピオンのはハズレ(笑)

15:10
今年はXマスバージョンにはならないスモワを覗くと15分待ちで所要時間も勘案し、諦める

15:25
ホーンテッドマンションのFPレーンが雨を逃れてきた大勢のゲストで溢れかえる。お陰で、普段なら大抵表示時刻の3~5分前になれば入場OKなのだが、この日はNG。15:30かっきりまでチェックのキャストの横で待つ。それでも建物入口まで約10分。
こちらも内容は昨年と大きな変化なし?

16:00
リゾートラインでシーへ戻る

16:25
エレクトリック・レールウェイ、午後のアウトバウンドにしては待ち時間は意外と長く15分近く(案内は10分)待ち、ポートディスカバリーへ

16:55
昨年同様、ロストリバーデルタとポートディスカバリーの境辺りで、スケルトンフィエスタにスタンバイ
BeMagicalと時間が近いせいか、昨年よりゲストは少なめ。
あっという間に行ってしまうし、3人(チ・デ、クラリス)が同じ方向を向くことは少ないので、ホント写真は撮りにくい

17:10
10周年バージョンのうきわ饅を夕食に、持ち歩き用の箱も10周年バージョン

17:15
BBB最終回(19:00)にスタンバイ。前から40~50人目位?

19:00
BBBスタート。前から10列目、ほぼ中央で

19:45
リゾートラインで、ランドホテルへ

19:55
ドリーマーズラウンジで期間限定のミニーちゃんパフェをいただく

20:30
久々に観る花火、「ドン」という破裂音がガラス越しに席までとどく

21:00
ランドホテルアウト

21:20
舞浜アウト、京葉線で定宿のビジネスホテルへ

毎月1日のパークは侮れないのかもの巻

この感想を抱くに至ったのは以下の3点からです。あくまで憶測です。

その1
先月8月1日、たまたまインパすると、それまで品切れであった「ミニ・ミキの10周年のぬいぐるみバッチ」が再販売開始

その2
今月9月1日、複数のブログ主様の情報によると、やはり品切れであった「日捲りカレンダー」が再販売開始

その3
これも前日で夏イベの終わった今月9月1日、舞浜インした(またまたネタをお借りしてしまった)TSUN様のブログによると、前日までグリーン(植栽?)で目隠しされていた、地球儀横の巨大?マジカルハットが4日の10周年スタートに先立ちお披露目されたらしい

人間の心理として、やはりキリ良く再開、公開となるのでしょうか?
ただ、舞浜インのベテラン諸兄姉に言わせれば、こんなことは先刻承知、記事にするまでもないことと一蹴されるか、あるいはこんなのガセだよと端から相手にされないのかもしれませんが(爆)。

2月の舞浜インにランドホテルのキャラグリ・ブッフェを追加の巻

今日は10周年のスタート、まずまずの天候に恵まれたようで良かったですね。
始まれば、一日も早くナマで観たいとウズウズしております(^^;)

さて、今回は、2月のミラコ・バルコニールーム泊の翌日にランドホテルのキャラクタールーム泊を追加したことに関連する話題です。

ランドホテルの宿泊追加自体は、メインではなく、一番の狙いはシャーウッドガーデンでの51日間限定のキャラグリ・ブッフェ。
完全な出遅れでしたが、平日だったためか多少の空きが残っていて、その中で都合の良さそうな時間のPSをゲットしました。v(^^)v
後々のためにと、オンライン予約で土休日の様子もいくらか窺うと、すでに赤ミッキーばかりで、こちらはハードル高そう。今からとなると、とりあえず期間内のランドホテルのどこかの部屋を予約して、キャラグリ・ブッフェのキャンセル拾いの予約修行あるのみ?!(それでも、土曜の朝のブッフェ、つまり金曜泊の方がまだ取れる可能性は高そうな気がしますね。)

それと、ミラコのスペチ・バルコニールームとランドホテルのキャラクタールームの宿泊料金の違いにビックリ!!!
ミラコは土曜泊だけれど2月ということで「トップ」ではなく2番目の「ピーク」料金(英語的にトップとピークの違いってよくわからないのだけれど、トップと言うとまさに頂点の一点を指し、ピークと言うとトップを含む相対的に高い辺りを指す幅のある概念なのかしら??)、一方のランドホテルは日曜泊ですが、2月のため「バリュー」扱いで、前日の4割強の金額。つまり2泊してもお釣りがくるのである。ピーク料金同士の比較でも6割強。
ミラコ泊にハマり始めたころは、少々高くても、なんとしてもスペチの各部屋や(以前はスペチではなかった)バルコニーをと目指していましたが、こうしてみると、宿泊の目的によっては、スペチ1泊よりバリューの日の普通部屋に2泊の方がイイ場合も多いのではと思えてくるのですが・・・。パークも空いてるし。
ただ、平日に2日連続休むってのは、さすがのぴよ父でも、夏休みシーズンとかならともかく、他の時期はやっぱりかなり勇気が必要です(爆)。

参加中です↓クリックお願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
プロフィール

ぴよ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ