November 2011

11月中旬のインパ 日程の巻 その3

早いもので今日は11月の晦日、クリスマスシーズンもいよいよ佳境へと入っていきますね。

初春(あればですが)・春はイベントの期間が3か月近くあるのに対し、夏も同じですが、秋・冬は2ヶ月弱、年がだんだん押し詰まって来るせいもあり、殊のほか短く感じます。
そして1月後には、カウントダウン、いや訂正、「年越し営業」ですものね。ぴよ家は、今年はもちろん行けませんが。

1111バナー03

さて、今月中旬のインパ(13日~15日)、日程メモの最終回(日)です。m(_)m

5:11
京葉線の始発で舞浜到着。早番?でOL社屋に向かう数名のキャスト様と共にシーへ向かって歩く

5:25
シーの歩行者・自転車来園者の入り口に到着
昨日と同じ展開に、24時間が経過したのかと、ふと。曜日の感覚が無くなってきて、仕事の事など、もはや彼岸のことなのでした(爆笑)

5:45
「地面が(朝露で)濡れているので、走らず歩くよう」警備員から告げられ、開門。
10名ほどのゲストが徒競争の感じでゲートへ進む。と、昨日と全く同じだが、朝のキャラ様方を順光で撮りたかったので、この日は南ゲートにスタンバイ。
ただ、荷物検査の係員から、ハーバーに一番近いシャッター部分はゲートクローズと告げられ、火曜日にしてようやく平日らしい混み具合の予感。v(^^)

前日と同じような過ごし方で時間を使い、ゲートオープンが近づいたので、行動計画を再確認。
写真撮影に主眼を置いての11:30の2回目のリボン観賞、2回目(14:10)のBBB、ランドのパレードの午後の回のチーデー・ポジ。の3つで、16時過ぎにはパークアウト。(←前の日と、どう違うの?? by ぴよ娘)

「お黙り。この後が違うのですよ。(by ぴよ父)」
アンバサダーのハイピリオンラウンジで季節のデザートをいただき、ぴよ母、ぴよ娘用にチク・タック・ダイナーでケーキ&ブレットを購入。これらが必須科目で、日程上の余裕・采配はほとんどありません(笑)

1111バナー04

8:55
朝のキャラ様方のご挨拶

1111ゲートグリ01


1111ゲートグリ02


1111ゲートグリ03


1111ゲートグリ04


1111ゲートグリ05

9:00
ゲートオープン

9:03
この日は前日に比べライバルが多く、鉄道高架下に激走組10番過ぎ前後で到着。この日もやはり数人のミラコ組がいて、前日より少し順番を落とす。(TДT)
ほどなく、列移動開始。1回目終了までのスタンバイ位置が決まる。

早速、ウィッシュの抽選へ。前の日より少し抽選会場に近いところに。
1回目12時を抽選しましたが、ハズレで、通算1勝1敗1分け(分けの意味は当選するも小雨でショー中止)。
初日夜観ているし、今年はセリフ回しとチ・デの出番が減っている辺りがぴよ父的には好みでないので、まあどうでもイイと言ってしまえばそれまでなのですが、周囲が当選祭りといった状況だったので、その意味ではショック。
でもこのハズレが、日程全体には結果的に好影響。他の観たい方にウィッシュの席も譲れたし、ヨカッタ。ヨカッタ。と、負け惜しみ(苦笑)。

リボンの1回目のラインカット時刻は、前日並みのようでしたが、この日は2回目は、比較的もったようでした(9:40~50位?確認はしてません)

9:55
リドヘ入場開始。前方、小さな段差3段あるところの正面・中央線上にポジル

10:40
久々に餃子ドックを賞味。マメードラグーン手前のセンター・オブ・ジ・アースのライドが内部を通る洞窟?下のトンネルにもう少しで達しようというポジからで約15分待ちでした。
前回、3年位前に比べると待ち時間が半分くらいになったような気がします

11:30
ショースタート

1111バナー05

11:55
Bスタンバイ。キャストから位置決め組の次(一般入場の先頭)といわれる

13:35
入場。ようやく指定席ゲット v(^^)v ウィッシュが当たって観ていたらこの席はゲット不可能でした

14:10
B開始、前日と同じミッキーだったらしく、「おお、また来たのか」とのさりげないジェスチャーでのメッセージが(これぞ指定席の効用ともうもう感激ひとしきり)。
ショーもラス回と同様かそれ以上の盛り上がりで、3日間の舞浜インのフィナーレを飾り、大満足

1111バナー06

14:45
シーを後にし、ランドへ

15:10
チーデー・ポジに

15:50
チ・デのフロートが目の前に停止

16:10
パレード終了

16:20
ランドアウト。クルーザーでアンバへ

16:25
チク・タック・ダイナーで季節のケーキとブレットを求める

ミッキーサンタさんですね
1111デザート01

内側にもクロワッサン?のダブルミッキー。外側はフルーツ味です
1111デザート02

16:30
ハイピリオンラウンジで季節のデザートをいただく

いつもながら感心の盛付け
1111デザート03

画面左上、苺ムースが欠けてますが、頭の黒い鼠が齧りました(笑)
1111デザート04

17:40
3日間遊び倒した舞浜もついにアウト

1111バナー01

11月中旬のインパ 日程の巻 その2

11月13日から15日までのインパの日程メモ、2日目です。

5:11
京葉線の始発で舞浜到着。早番?でOL社屋に向かう数名のキャスト様と共にシーへ向かって歩く

あたかもメーカーの(主力)工場の様なシンプルな構えのOL社入口。夢を売る企業にしてはちょっと地味?
1111nittei2-01


1111nittei2-02

5:30
OL社本社前で数分時間を費やし、いつもより少し遅れてシーの歩行者・自転車来園者の入り口に到着

5:45
「地面が(朝露で)濡れているので、走らず歩くよう」警備員から告げられ、開門。
10名ほどのゲストが徒競争の感じでゲートへ進んだのですが、ガイドツアーを取りに行く以外、ここで争ってもほとんど無意味。
この程度の人数であれば、全員ゲート先頭を確保できるワケで、リドや鉄道高架下などを目指すのであれば、ゲート通過後の脚力の方がずっと重要です(^^;)。

ひと眠りした後、お手洗いに行ったり、朝食を摂ったり、ミラコ玄関まで散歩してバナーを撮影したりと、退屈せずに時間が過ぎました。

ゲートオープンが近づき、この日の計画を再確認。何をさておいても11:30の2回目のリボン観賞、思いがけず気に入ったランドのパレードの午後の回のドナデジ・ポジ、BBBのラス回、この3つが絶対落とせない必須科目です(笑)

8:50
キャラ様方が歓迎のあいさつに登場。周囲への気兼ね「少なく」これに応えられるのは、先頭入場ポジの特権

円陣を組んで、「今日も一日、えいえい、おっー!!」
1111nittei2-03

北ゲートは時間的にモロ逆光なのですが、設定モードを間違え、デールの顔が暗い写真に。ゴメン(^^;)
1111nittei2-04

こちらは設定修正後
1111nittei2-05

8:55
この日も5分アーリーオープン

8:58
鉄道高架下に激走組4番で到着。最前ゲット!!と思いきや、何と10名近いミラコ組が既にいたのでした。(゚ロ゚;)エェッ!?

次々雪崩込んでくるゲストに、すぐさま、待ち列移動開始。ベッキオ橋への歩道の下をくぐり、リド側へ出て、1回目終了までのスタンバイ位置が決定。
早速、ウィッシュの抽選へ。抽選待ち列はこの時間、刻一刻伸びていくのですが、ぴよ父がポジった時は、列最後尾がちょうどロメオジュエリー前で、アメフロ方向の坂に折り返す辺り。10~15分待ちの感じ

9:12
この日も最終回の公演、当選はしましたが・・・

9:14
リボンの待ち列に戻る。1回目は既にラインカット(リド入口の雰囲気から9:05前後?)のご案内中。2回目も9:20頃にはカットされた模様。

月曜日なのに、ゲートオープン待ちでも周囲にやたら家族連れが多いし、パークの中も平日なのに何でこんなに混んでるのと思っていたら、この日は埼玉県民の日なのでした。

話は逸れますが、ショー・パレ待ちの間、複数人の場合少なくとも1名を残し、お一人様の場合キャストに告げて、その場を離れることができますが、グループのうち1名残して大勢でその場を離れたり、長時間(1時間近くも)戻ってこないゲストは意外と少ないです。
時間的にも20分から精々30分程度というのが、リピ組ゲスト間の暗黙の了解のように感じています。
2、30分といえば、お手洗いと、軽食の調達 or 品定めの済んでいるグッツの購入 or 待ち列のほとんどないFPのゲットのいずれか1つ2つくらいです。

なので、前日の朝一行動も、「まず、2回目のリボンにスタンバイ。それからウィッシュの抽選へ。」の選択肢もあったのですが、シーズン初のインパで抽選に要する時間が読めず(昨年は、土休日のこの時間帯、40~60分待ちが常態でした)、長時間リボンの待ち位置を空けるのは不適切と判断し、この案は止めた次第です

9:45
1回目公演の終了が近づき、移動再開

9:55
リドヘの入場開始。
ぴよ父は、撮影とハイタッチの二正面作戦に討って出て、通路沿い座り位置の2番目に

10:35
お手洗いとセンターのFP(12時台)ゲット、ハイタイド・トリートのマジカルハットクレープを仕入れる
ハイタイド・トリートの本来の営業時間は11時からですが、10:50には「準備が整いましたので」と営業開始

1111nittei2-06-2


また、ウィッシュの臨時の抽選会場ですが、待ち列はポートディスカバリー方向に延ばされ、ハイタイド・トリート手前で折り返しですが、担当のキャストによるとその辺りで10~15分待ちとのことでした

10:55
リドヘ戻り、クレープを賞味

1111nittei2-06

11:30
「クリスマスの朝が来たわよ」との声でショーが始まる。
なので、ショーの前提を変えない限り、午後に公演は出来ないのである。午前中3回は8時オープンでもさすがにきついよね。 (; ̄Д ̄)ウーム
【追記】、と書いたのですが、8時オープンなら、8時半、10時、11時半と3回も不可能じゃないですね。3回目の待ち列は、昨秋のマウスカレードダンス同様、ベッキオ橋の上に設ければ良いし。オオーw(*゚o゚*)w

ただし「二正面作戦」は、大失敗。ミースマのようにグリを前提にしたショーではなく、僅かなハイタッチの時間はお子様中心で、中年のオッサンなど端から相手にされてないのでした

11:55
リボンの後、15:40のランドのパレードまでの間どうするか、インパ前から終始考え中だったのですが、ちょうどの時間のセンターのFPが取れたのと、何故か無性にドナちゃんに会いたくなって、ヴォルケイニアの海老チリとあわせ、3点セットにまとめることに決定。まずは、ヴォルケイニアへ

12:30
何となしの虫の知らせで、手短に昼食を終えセンターに向かうと、21:40からの最終のFP発券中。キャストから「所定数発券したら(待ち列にかかわらず)終了」と脅かされつつ(笑)、この日2回目のセンターをゲット。
夜は周囲が見えない分、猛スピード(確か時速72キロでしたっけ?)で暗闇に落ちていく感覚がよりスリリング

12:35
この日1回目のセンター搭乗

13:05
待ち時間45分の案内で、サルードスにスタンバイ

13:45
お相手をしてくれたドナちゃん、機転が利いて、なかなかグット。
「1月からアンバサダーで、またシェフやるんだって。」と話しかけると指を口に当てて「し~っ」だって。
「でもランドのTODAYに出てるよ。」と返すと、手を額に当てて「ばれてたか~。」との表情。
実に楽しい一瞬の掛け合いでした

14:00
シーを一旦アウト。リゾートラインでランドへ

ディズニーランド・ステーションの白銀のクリスマスツリー
1111nittei2-07

14:25
この日は、ドナデジ・ポジにスタンバイ

アトモスというよりは、プラザやその前後でのパレード待ちの間の定番は、このお方
1111nittei2-08

15:50
フロート到着。ドナデジ・ポジを満喫

16:10
大急ぎでシーへ戻る。16:10からのB終了前に、ラス回の列にスタンバイしなければ(^^;)

16:35
Bラス回にスタンバイ。位置決め組の終わりから数えて2~3組前に滑り込み

18:35
入場開始。昨日とは指定席の反対隣をキープ

19:10
BBBスタート。ラス回に相応しい盛り上がり

19:50
ファンタズミックに、前日同様、ガリオン船付近でスタンバイ

20:00
小雨が降り出すもショーは決行。
前日自らに課した追加ミッションを果たすべく、エンジェルに手を振ると、何と応えてくれる。夜でもよくゲストが見えてるのね~、と感心ひとしきり

20:30
花火も予定通り。ベッキオ橋上から眺める

20:35
ベッキオ橋のミラコ側のたもとに行くと、予想通り、既にウィッシュ中止決定のご案内。ならばと、逆戻りし、マジックランプ・シアターへ

20:50
10分ほどのスタンバイで一つ目の部屋へ。この日のシャバーンは、初めて観る方(役の方が4~5名いらっしゃるとか)でしたが、なかなかアドリブが効いてました

21:30
センターのスタンバイは既にラインカット。あとはFP所持者のみ入場可の状況なので、手持ちのFP(21:40~)を示して訊ねてみるも、「時間までお待ち下さい。」とのこと

22:00
ならばと、この日、センター最後のゲストになるべく締め切り時刻22:00直前にエントリー(←あまのじゃく by ぴよ娘)。
が、地底に向かうエレベータ前にスタンバイ組の列まだ続いており、搭乗最後のゲストにはなれず

22:20
パークアウト。
ウィッシュの中止以外は、すべて希望と計画通り v(^^)

11月中旬のインパ 日程の巻 その1

11月13日から15日までのインパの日程メモ、まずは1日目です。

8:20
ゲートからポジった位置までは、ゲートからチケブまでの距離の3倍以上はある。
この時点で1回目のリボンは到底無理と判断し、まず、ウィッシュの抽選を目指すことに計画変更

8:25
5分のアーリーオープン

8:37
ゲート通過。

もちろん、この撮影は後刻です(笑)
1111nittei1-01

8:40
ロメオジュエリー前からの坂を上りかけると、リドの方向から、1回目リボンラインカットの案内が聞こえてきて、ウィッシュの抽選の待ち列へ直行。所要約40分と案内されたので、昨年の経験から30分前後と読む

9:05
実際の待ち時間25分。日曜の夜、狙い通り最終回のウィッシュ当選。中央後方Hブロックの通路側(○列1番)

9:07
リボン2回目、立見最後列でもOKと密かに期待して鉄道の高架下に向かうも、既にラインカット。
ラインの中をロープの外から眺めると、ゲストもキャストもすでに落ち着いた様子で、相当早い段階(8時40分~50分位?)でラインカットされた印象(; ̄Д ̄)

9:10
ゲートスタンバイ後の腹案としては、ウィッシュ抽選(これは当たったけれど)、11時半のリボン、14時のBでしたが、見事にリボンに弾き飛ばされる( ̄▽ ̄;)!!ガーン。
「何のためにわざわざJRで来たのか、リボンが観られないのなら安い高速バスで開園時刻に少々遅れて来ても十分だったのに」との声も心の中から聞こえてくる(´・ω・`)。
「さてどうするか」と、頭の中が真っ白なままアメフロをしばしさまよい、結局12時半のBにスタンバイするしかないとBMTへ向かう途中、タワテラのFPがちょうど12時50分からのものを発券中。
B終了後、ランドの午後のパレードに向かう前にいいタイミングと、すかさずゲット。
が、気持ちはいま一つわだかまったまま(^^;)

9:15
12時半のBにスタンバイ。位置決め組に遅れること約10人。
リボンのロックアウト組とウィッシュハズレ組で、イイポジ狙いのスタンバイの客足は早め

入場開始の少し前には、Bもラインカットされた模様

9:50
パパダキスでフルーツを求め、カットしてもらう。
BBBスタンバイの時は、ここのカットフルーツのほか、うきわ饅、バーナクル・ビルズの骨付きソーセージ、凍える冬はホットワイン、ニューヨーク・デリの野菜スープで温まるのが定番です

昨年と同じ飾り付けでしょうか(苦笑)
1111nittei1-02

11:55
入場開始、指定席には座れなかったものの、その隣りをゲット

12:30
ショー開始。シーのクリスマスはなんといってもこれ!!

13:00
タワー搭乗。2階のBで、6機あるエレベータのうち、以前は一番スリルが味わえた気がしたけれど、今は他よりむしろマイルドになった気が

13:25
タワーを終えて出てくると、何とまだFP発券中。21:20からのを再度ゲット。最上階からの一瞬の夜景が期待できそう

13:50
リゾートラインでランドに移動し、サンタヴィレッジ・パレードにプラザ前(ミニミキ・ポジ)でスタンバイ。1つ前の回のBBBを観たので、タワテラに寄り道してもランドのパレードは、予定より早くからポジった分いい場所が確保でき、朝方のわだかまりもどこかに消える

1111nittei1-03

14:50
ガゼーボの「きのこのおかゆスープ」で遅めの昼食

15:40
ショースタート。45分頃、キャスト様がパレードルートに現われ、ショー参加の振付を教えてくれる

1111nittei1-04

15:50
ドナ・デジを先頭にフロートが次々現われる

16:05
パレードがプラザ前を離れる

16:15
ワンマンズ最終回の抽選をするもいつも通りはずれ。当てる気も、当たる予感も全くなし(爆)

16:20
で、予定通り(笑)ミニミニの最終回にスタンバイ。日が暮れてからの回を観るのは実は初めて

17:15
普段より早く入場開始。5列目の通路沿いにポジる

17:25
トロピカル・ジュースバーのタピオカ入りマンゴー・ドリンクをいただく

18:00
夕闇にショーが映え、なかなかいいじゃん

夜が苦手なぴよ家のデジカメにしては、まあまあの撮れ具合でした(^^;)
1111nittei1-05


1111nittei1-06


1111nittei1-07

18:30
キャストの呼び込みに釣られ、ボイラールームパイツの新商品、ミッキーマウス饅で、軽い夕食

18:35
エレパレスタンバイ。「エレパレのミッキーの写真を撮ってくるように」とのぴよ娘からの命により。
撮影場所もご指示がありホーンテッド・マンション横のスタート付近にまずポジり、その後トゥーンタウンに先回りするようにと

19:30
エレパレスタート。こちらも期間限定でクリスマスバージョンとのこと

1111nittei1-08

20:05
シーへ戻るためランドアウト。こんなに長時間ランドにいたのは震災後の再開日(4月15日)以来?
(と思ったのですが、過去を思い出してみると、8月1日、クール・ザ・ヒートを朝から3回目まで観て濡れました。この時もランド滞在約6時間でした)

20:30
秋は空気も澄んで気流も比較的安定し、花火にはもってこいの季節

20:45
クリスマス・ウィッシュ観賞
今年はキャラ様などが客席に降りてくる演出で、通路沿いだったため幸運にもミッキーにハイタッチしてもらうv(^^)

21:20
待ち時間なしではおそらく最高のファンタズミックの観賞場所、ガリオン船付近から。ブロ友様の記事で教えていただいたのですが、ドラゴンもよく見え、何回か正面方向(ミラコ側)から観てショーの流れを掴んだ後なら、なかなかの好ポジ。
スティッチ登場の場面で、エンジェルがモーターボートに乗り目の前を一瞬で通り過ぎる。明日はタイミングを合わせ手を振るぞと心に誓う

21:50
この日の仕上げ、夜景を見にタワテラへ。1階Cでしたが、昼の2階Bよりスリルあり!?

22:15
長くて短かった一日、パークアウト

思いがけず心に染みたサンタヴィレッジ・パレードの巻

前回のインパ、ランドのサンタヴィレッジ・パレードは、実はブログネタ用に1回観ればよいと思っていたのですが、シーほど長いショー・パレ待ちの時間が必要ないことも手伝って、結局、午後の回を毎日、計3回観てしまいました。

シーのウィッシュが、セリフやチ・デの出番が少なくなったことで、あくまでぴよ父的にはかなり期待にそぐわなったのに対し、ランドのパレードは、事前情報なしで観たのですが、賑やかな中にも落ち着いた感じがあり、しかもミニミキ、ドナデジ、チ・デと毎回ポジを変えて観ることができたこともあり、とても気に入ってしまいました。

「あ~~~。メリ―クリスマス。」と繰り返しながら、手を振り付ける部分、帰ってきてからも時折、口ずさんでおります。CD買おうかな(^^;)。
【11月24日追記】早速、CD購入しました。


(以下の写真は1日目(ミニミキ・ポジ)と2日目(ドナデジ・ポジ)が混ざっています)

先頭はドナデジ
1111ビレッジ01

先頭フロートの後方はスクルージおじさん
1111ビレッジ02

いつものように、マリーちゃんとクラリスは仲良く一緒のフロート
1111ビレッジ03


1111ビレッジ04

プラザ前で停止中のミニミキ
1111ビレッジ05

フロートが再度動き出し、グーフィー親子
1111ビレッジ06

二人同じ方向をなかなか向かないので、撮り難い二人
1111ビレッジ07

最後は、ドナルドの甥3人を従えたサンタさん
1111ビレッジ08

クリスマス・ウィッシュ 第4回公演の巻

前回のインパ、当初2日間の予定でしたが、結局3日間に。
このため、クリスマス・ウィッシュも3日間、毎日抽選にチャレンジ。結局、1勝1敗1分けでした。「1分」って何、と訊かれそうですが、2日目、抽選には当たったものの、小雨で公演中止(当日の第4回公演)になったものです。
まあ、相撲に勝って勝負に負けた的な感じでしょうか。(^^;)

ただ、少しショックだったのは、3日目、朝一番で、周囲は当選祭りといった中で昼の第1回公演をハズしたこと。
まあ、3日連続も無いでしょうし。と負け惜しみ。

ようやく、ショーのご紹介に入りますが、諸兄姉のブログでも既述のとおり、あらすじに大きな変化は無し。
ただ、グー様マックス君親子の登場で、チ・デの出番は減っていますし、セリフも去年と比べて、やや安っぽくなったような気が??というか、内容焼き直しの時は、より丁寧に仕上げねば。
チ・デが長い手袋をぶんぶん振り回して踊る雪だるまとのパーティーは、前半のハイライトだとぴよ父的には思うのですが・・・。

なので、1回観られれば、ぴよ父的には、ほぼ十分なのでした。
【追記】このクリスマス・ウィッシュ、観たいゲストは大勢いらっしゃるわけで、3日目抽選に外れて、その分、他の   
    方がご覧になられた訳で、よかったと思っております。

1111ウィッシュ01


1111ウィッシュ02


1111ウィッシュ03


1111ウィッシュ04


1111ウィッシュ05


1111ウィッシュ06


1111ウィッシュ07


1111ウィッシュ08



BBB・クリスマスバージョン観賞指南の巻

ぴよ父一番のお気に入りのBBB。でもより感動を得たいがため、観賞は1日1回としています。

一昨年、クリスマスバージョンの開始時期に合わせて、混雑緩和だったか、長時間のショー待ちの解消だか??を目的として抽選システムが導入され、「抽選にも時間がかかるから同じじゃね」とか、「ハズレたらその日は全く観られないワケで、遠方などの理由で簡単にリピ出来ないゲストはどうすればいいの」とか、諸兄のブログでもかなりの議論が起きました。
現在は、抽選の行われる日でも1回目公演は全席、2回目以降も2階席のみスタンバイ可となり、相当な改善が図られています。
ぴよ父は、その冬のインパの際、運よく2回とも当選はしたものの、1階の最後列に近い、隅の方でした。
が、昨年から抽選機はウィッシュを任され、この時期、BBBは抽選ではなくなりました。そのワケは、ある超人気のブログ主様によると、抽選機が2つのショーには同時に対応できないからなのだとか・・。
理由はさておき、当たるかどうか、そして当たっても席は選べない「運任せの抽選」ではなく、より早く並べばより好みの席で観られることとなったわけで、ぴよ父はじめ熱心なBBBファンには実に有り難~い状況です v(^^)。

【劇場は、ロビーまでは撮影可】
1111BBB01


もちろん、クリスマスバージョンということ、リボンのショーで早々にラインカットされた、あるいはウィッシュの抽選に外れたゲストにとっても、クリスマスらしいショーを待つことを厭わなければ(突然のシステム不具合は別にして)必ず観られる「救いの神」ということで、通常バージョンの時期とは明らかに違う混雑ぶり。通常バージョンの時期であれば、開演時刻30分前のラインカットなど、ほとんど遭遇したことがありません(あるとすれば、混雑日で、夕方突然雨が降り出したような土休日の4、5回目でしょうか)。

で、肝心の今の状況ですが、昨年、今年の何回かのインパの状況から、平日のラインカットは大体30分~1時間前(1回目と4、5回目は早い傾向にあります。土休日も同様。)、土休日で1時間~1時間30分前といったところです。
なので、「そこそこの席(どの席がそこそこかは、人それぞれとは思いますが、1階中央Bブロックの後方、A又はCブロックの中央寄り、2階前方など)」でよいという場合はその30分前、「折角だからイイ席(1階中央Bブロック前方)」でということであれば、更に30分前を目安にされると良いと思います。

【2階ロビーの銀白のツリーです】
1111BBB03

特徴的な席をいくつかピックアップすると、これは通常バージョンも共通ですが、ショー中、ミッキーのバントが始まる前に歌うシンガー様、Aブロック(ステージ向かって左)とCブロック(同じく右)最前列の女性の1名にスポットライトが当たり、ステージ上から近寄って来ます。
通常バージョンでは両ブロックともステージ上からですが、クリスマスバージョンではAブロックの方はステージから降りてきます。
ただ、恥ずかしいのか、意味がわからないのか、実際に握手などで応える女性は3人(回)に1人(回)程度です(笑)。
あと、クリスマスバージョン特有のものとして、サンタ姿のグー様を目の前で観たいという方は、Aブロック3、4列の一番左端(席番1番)辺りとなりますし、美脚でのラインダンスを舞台で披露してくれるダンサー様に目が無い方は、Bブロック両端(あるいは、A、Cブロックの内側の通路沿い)にポジると、ショーの途中でダンサー様方が客席に降りてきて、目の前を通過します。それと、グー様もAとBのブロックの間を通ったような気が(不確かでスミマセン)。

また、良席確保の裏技として、通常バージョンでは、「一人でも多くのゲストにご覧いただくため空席を作らず列の中央寄りに順番に詰めてお座りください」との案内が頻繁になされ、ほとんどのゲストが協力するので良席に空席はまずできないのですが、クリスマスバージョンではこうしたショーの構成から、そのような案内ができないため、中央ブロック前方でもちらほら(1席ずつの)空席が残っています。
なので、先頭からある程度遅れて入場した場合ても、お一人様インとか、グループでも席が離れてOKということであれば、最初に誘導されたブロックでまず席を確保した後、中央ブロック前方を念のため確認されるとよいかもしれません。
やはり前方中央部分で観ると迫力・感動が違います。

以上は、あくまでぴよ父個人の経験からの記述であることをお含みの上、ご自身のインパの参考としていただければ幸いです。m(_)m

【ロビー1階の暖系色の混ざったツリーです】
1111BBB02

冬のイベイントシーズン、インパの巻

この前の日曜日から、インパしました。

普段のスタイルですと、日程メモから入るのですが、まずは皆様の最大の関心事と思われる「クリスマス・ラップド・イン・リボン」の状況から。なお、あくまで参考としてご覧ください。

○13日(日)
開園時刻(この日は5分アーリー)の約5分前にゲートスタンバイ。ゲートからポジった位置まで、ゲートからチケブまでの距離の3倍以上はある(^^;)。ぴよ父、12分後にゲート通過。
予想通り、1回目は既にラインカット。その正確な時刻は承知していませんが、翌日の状況から推測して、8時30分頃と踏んでいます。
1回目ラインカットの案内により、ウィッシュの抽選に回ったため、こちらも正確には承知しておりませんが、2回目のラインカットもかなり早かったものと思われます(8時40分~50分)。

○14日(月)
朝5時45分過ぎ、開門と同時にゲートスタンバイ。先頭キープ。

5分アーリーの朝8時55分オープン。
意外とライバルが少なく、2回目の回の集合場所(鉄道高架下)に4番目で息を弾ませてゴールイン。最前ゲットと思ったら、何と10人近い「ミラコ組」が居たのでした。Σ(゚д゚;)
でもこれ、早起きの必要はなく、ゲートオープンの30分も前にミラコ口に並び優先入場し、まったりと歩き、一般ゲート組より先に並べばいい訳で、早起き苦手な方もOKかも。
1回目のラインカットは9時5分頃。2回目は9時20分過ぎのようでした。

あとで聞いたところ、この日は埼玉県民の日だったそうで、パーク全体、普段の休日並みの混雑でした(^^;)。

○15日(火)
朝5時45分過ぎ、開門と同時にゲートスタンバイ。先頭キープ。(←連日お疲れ様。(と半ば呆れ気味に) by ぴよ娘)
この日はアーリー無しの9時オープン。
この日は、何故かライバルが多く、先を行く10人ほどが目の中に捉えられる。数人のミラコ組もおり、激走組もあわせると、前の日より順番的には少し落とす。

1回目のラインカットは9時15分前後。2回目は、この日はかなり遅かったようです。
季節柄やや混雑した普段の平日という感じでしょうか。

○総括
ゲートスタンバイの際、大雑把な目安をあえていえば、チケブ内(のチケブギリギリ辺り)にいれば、土休日でも1回目も場所はともかく、何とか望めるかも。ゲート通過がオープンから10分程度であれば、土休日でも2回目なら何とかいけそうな感じでしょうか。
平日も1回目は、土休日と数分程度の差でしょうが、2回目は比較的遅くまで入れるようです。
ただ、傾向としては11月中は、今後初物人気が少し収まり、12月はクリスマスに向け、混雑が増していくものと思われます。

最後に、1回目ラインカットされてしまったが、2回目に回ることが出来ない(時間的な余裕が無い・お子様連れなど)場合、次善の策は、ベッキオ橋に沿って、ハーバー側に伸びる通路で観ることです。
ショースタート時(チ・デなど一部のキャラ様)やショーの中で2回位、リドの一番外側までメインキャラ様方がやって来て、ゴンドラの通る運河を挟んで、手を振ってくれますので、これで溜飲を下げるといった感じでしょうか。
ただ、ここも、ラインカット直後から勝手知ったるゲストで順次埋まっていくと思います。

やはり、混雑期のパークは、早め早めのアクションが道を拓くカギになりますね。

写真はリド内、後ろ姿まで神々しいミニーちゃんと、尻尾までモフモフのダッフィーです(笑)。



1111リボン00

ミラコスタ予約修行物語・6千円の壁の巻

勘の良い読者様は、タイトルから記事の大体の内容を読み取られたかと思いますが、はい、その通りです(笑)。
ミラコスタの3人部屋と4人部屋の料金差は6千円。但し、ピアッツアビュー・ダブルとか、もともと4人部屋は設定の無いルームタイプもあります。

予約の面でいえば、高い分だけ4人部屋の方がやや人気薄。閑散期の平日の泊りなどであれば、6か月前の朝9時に取れなくても、その日の夜、オンラインを再度検索すると、スペチ特典の無いハーバービューの4人部屋ならポロっと出ていることもあり、泊ってくれるゲストを手招きで待っていたりします(笑)。
料金区分トップで比較してみると、スペチ・ハーバービュー3人部屋が8万8千円、同じく4人部屋が9万4千円に対し、特典無しのハーバービュー4人部屋は8万6千円。3人以下で泊る場合、特典なしハーバービュー4人部屋の「相対的な」割高感は否めません。
なので、どうしてもハーバービューをというのであれば、6千円を惜しまず、予約オープン直後に3人部屋には目もくれず、ダイレクトに4人部屋を狙うのが良いかもしれません。
ただ、6千円といえば、ぴよ家3人で、布敷きのテーブルでの食事(SSコロンビア号とか)は無理にしても、パークではミドルクラスの食事処(ヴォルケイニアとか、ザンビとか、ポルトフィーノとか)であれば「ドリンク付きセットメニュー」を頼んでも、いく分かのお釣りが戻ってくるわけで、決して侮れない金額であることも確か。
もともとの宿泊料金自体が高いので、セーブできるところは出来るだけそうしたいとの思いは人情で、なかなか悩ましい選択です。

で、ここからは、ぴよ家のGW予約合戦の実況見分です(^^;)。
オンライン予約で、狙うはスペチ特典無しのハーバービュー、3人部屋か4人部屋。
まず29日、30日と参戦。GW後半もあるしと、ここは強気に行きました。
で、結果はといえば、まず、29日は一気に攻め、3人部屋ゲットv( ̄^ ̄)。
ところが、バリュー料金の30日は、若干気の緩みが出て、前日と比べ接続とマウス操作に幾分もたつき、それでも両方とも「申込み可」の表示に、迷いながらも3人部屋に手を出したところ、次のステップで弾き飛ばされました( ̄▽ ̄;)!!ガーン
「しまった。もうダメかな?」と思いつつ、あわてて4人部屋をクリックしたところ、何とかゲット。GWとはいえ、平日故のラッキーでした( ̄∇ ̄:)エヘヘ。

29日、30日と予約ゲットできたので、GW後半は残室状況の観察を主に。
それでも3日は、一応参戦し、繋がった時は、すでに3人部屋は満室。4人部屋を一旦ゲットしましたが、希望の方に回すべく、すぐにキャンセルしました。
5日は観察のみ。ただ、オンラインを観ていると、9時1分30秒くらいには、スウィートを除いてすべて満室。
ってことは、(オンラインと電話との)共通在庫の部屋を電話で取ろうとしたら、1巡目で繋がっても取れなかったゲストがいたことも十分考えられ、後のゲストは全滅??
いくらGWとはいえ、ミラコ予約恐るべし・・・。ただもう、驚きを通り越して、呆れ返るばかりでした。
蛇足ですが、普段の休前日であれば、ここまで争奪戦は激しくはありません(^^;)。
【追記】、と書いたのですが、昨日、5月12日の予約争奪戦を見ていたところ、GW中の休日に負けないくらい激しかったですね。ウチのぼろ記事が混雑に拍車をかけたか?(←そんなことあるワケないよ。思い上がりもいいところ。by ぴよ娘) 前言訂正です。m(_)m

さてさて、GWの予約結果が出て、ぴよ家では家族会議を開催。
検討の結果、29日(トップ)と30日(バリュー)の価格差がものをいい、30日宿泊をメインに各人が日程を調整することで会議が終わりかけた頃、山の神(ぴよ母)から「だけど、何故、30日は3人部屋じゃないの?」との天の声が。
不意の、しかも急所を突いたこの問いかけに、「あの~、その~・・・」ぴよ父の答えはしどろもどろ(冷汗)。
何とかその場は取り繕ったものの、6千円の壁を通り抜けられるよう、マジックランプシアターのアシームよろしく、「ハーバービュー3人部屋のカギ、落ちてませんか?」「カギ、知りませんか~?」と、(現在GW中の予約無しのゲスト様に比べれば切迫感は少ないとはいえ、)長いキャンセル拾いの修行の旅に出ることを決意させられたのでした(_ _;)…パタリ。

【追記】29日の予約は、トップ料金は高すぎるとの理由から、すでにキャンセルしました。

ミラコスタ予約修行物語・近況の巻

父娘で運営しておりますぴよ家のこのブログが、昨日で満2周年を迎えることとなりました。ここまで来ることが出来たのは、読者の皆さまの温かいコメントや励ましがあったからこそと、改めて感謝申し上げます。m(_)mm(_)m
また、最近は専ら「←コメント」のみのぴよ娘も、受験を突破した暁には、頻繁にインパして(←高い授業料払うのだから、しっかり勉強もせんかい by  ぴよ父)、色々と記事を書きたいと意気込んでいるようです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

さて、来年のGWの予約に奮闘中の方も多いと存じますが、本日は、最近のミラコスタ予約事情について、つたない経験からの報告をさせていただきます。

(2009年11月3日の記事、「ミラコスタ予約修行物語」  もよろしければご覧ください。
  なお、ハイパーリンクすると近くの別の記事が出てきますのでスクロールしてください)
  http://blog.livedoor.jp/disneydream09/archives/2009-11.html?p=3

ディズニーシー10周年期間中であることや、大震災の影響とみられるゲストの減もほぼ回復し、ミラコスタの予約も、以前の通り簡単ではない状況が続いているようです。
特に、土曜日の宿泊は、たまにオンラインを見ていると、10分足らずでほぼ満室になるようです。

実は、今年のGW中の休日の宿泊予約がオープンとなった昨秋、6か月前の予約受付開始日、電話予約を試みたところ、数分で全館満室になり、その日は撃沈(後日、バルコニールームをゲット)との当ブログのある読者様のレポを拝見したことがあります。
部屋数と、一件の電話予約に要する時間(経験上、部屋の予約だけして、以前に何回か泊ったことがあるのでといつもの説明はできるだけ省略してもらい、かなり要領良く進んでも6分~7分、レストランまで予約すると最短でも10分位はかかります)と、電話受付のオペレータの数(想像ですが、20~30人?)を勘案すると、予約枠(在庫)は、オンラインと電話受付と基本的には共通かなと想像するのですが、オンラインのスーペリアルーム・ハーバービュー(スペチ特典の無い普通部屋)や、スペチ・スーペリアルーム・ハーバービュー、それも3人部屋は一瞬にして無くなるのに対し、電話予約は音声案内に従ってオペレータを呼び出して、希望を伝えるまで少なくとも1分以上かかりますので、予約開始数分間は、(特にハーバー側は)別枠なのかもしれません。あくまで推測です。

次にここからは、ミラコスタのバルコニールーム・ハーバービュー予約の実況見分をしたいと思います(^^;)。
時は、2ヶ月ほど前のある日の朝9時。土曜日の宿泊狙いです。
いわゆる一巡目、その中でも早い方(と思う)タイミングで電話はつながり、内心、バルコニー3人部屋一発ゲットを予感しつつ、オペレータ嬢に希望日、部屋タイプ、人数を簡潔に伝えました。PCを検索する音が聞こえ、しばらくして、応答があったのですが、何と、「お客様、4人部屋でしたらご用意できますが(どういたしますか)」という予想外のもの。
6千円高いけれど頼む以外に選択肢は無い、と頭では分かっているものの気持の中で「4人部屋か・・」と一瞬(2~3秒)言いよどみ、「お願いし(ます)」と言いかけたところで、「あっ、お客様。カチャカチャ(←PCの操作音)。・・・(少し間がありやや困惑気味に)少々お待ち下さい。」と電話を保留にされ、待つこと数十秒。
ただ、こういうときの待ち時間ってすごく長く感じるもの。でも何故保留になるの?
最悪のシナリオ、オペレータ嬢の操作が甘く、予約が実は仮確保されていなかったとか??
で、結局、「お待たせいたしました、お客様。先程、3人部屋に空きが出ましたので、こちらもお取りしましたが、どちらになさいますか。」と。
やきもきさせて人騒がせな、と思う一方、受け答えしながらも3人部屋を見逃さずに確保してくれたオペレータ嬢の見事なスキルに心の中で感謝しながら、狙い通りの部屋を改めてお願いしたのでした。v(^^)

にしても、電話を終えてふと思ったのは、予約開始間もないあの時間帯に3人部屋が出てくるって、一体どういう流れだったのだろう?誰か「テラスとバルコニーのどちらかで」と頼んだゲストが先にいて、両方取れたのでバルコニーを手放したのだろうか(謎)。

いずれにせよ、ハーバービューのテラスやバルコニーの予約は、まさに一刻一秒を争う戦場であることを改めて実感させられたのでした。
以前も述べたのですが、こうなると応対のオペレータ氏・嬢の手際良さや刻々と変わる予約状況への注意深さも実に重要な要素。
だから、オペレータスキルに関する苦情・要望もOL社に結構寄せられているのではないか?このため、同じ一巡目でも、スキルが高いと目されているオペレータ氏・嬢から順番に電話を取ることで対処しているのではないか?とこれまた自分勝手に想像しています。

そして、予約に関して常々思うのは、OL社もなかなか罪作り。公式HPでゲストルームが色々紹介されているけれど、その中でもテラスやバルコニーの魅力的な画像を見せられて、「折角のミラコなんだから泊まるなら、絶対ここ」って、家族や友人、恋人から予約を任される方も数多いるだろうと想像するのですが、ホテル全体502室のうち、これらの部屋が一体いくつあるのか、公式HPでもどれだけ周知されているのかと。
熱心にお読みいただいている読者の方々はご承知でしょうが、バルコニーは以前からのベッラビスタラウンジ上の6室と、最近ピアッツアから仲間入りしたとの情報のあるアメリカ側の1室を加えても7室のみ。新参の1室以外は、ベッラビスタラウンジの上に横並びなので、正面にハーバーと火山という基本は同じなのですが、それでもゲストによって好みに差が出るようです。
また、テラスも7室で、アメリカ側に5室、アラビア側に2室あるけれど、こちらの眺望・造りはそれぞれかなり個性的。ちなみに、公式に紹介されている部屋は、テラスの中でも眺望の良さで1、2を争う人気の部屋ですが、ここを割り当ててもらえるかは単純に考えても7分の1の確率の運次第。予約ゲットしてからもなお、ハードルが待ち構えているのです。でも公式に、そんな説明があるはずもなく・・・。

話を戻して、こんな少ない部屋数に全国のディズニーファン、ミラコファンから希望が殺到するわけで、予約成功にまつわる非公式情報の事前収集も無しに、いきなり6か月前の予約に挑んでも、およそ取れるような代物ではないのが現実・・・。それどころか、おっとり構えていたら、土曜日や連休の宿泊などトスカーナサイドに至るまで、僅か10分足らずで満室御礼です。
あとは、宿泊日の一か月前辺りからは取れる可能性が高いとはいうものの、いつ出会えるのかは分からない「キャンセル拾いの厳しい予約修行」が待っているわけで・・・。

ただ、希望の星を語れば、6か月も前に予約したゲスト全員が予定どおり泊ることなど冷静に考えればありえず(追記:その日は結局都合が悪くなったとか、他日にもっと希望の部屋が取れたので、などの理由でキャンセルする方がいて全く不思議ではありません)、タイミングは不定にしても、かなりの割合でキャンセルが出てはいるのでしょう。
その裏付けとして、ぴよ家のミラコはじめディズニーホテルへのこれまでの宿泊歴を振りかえると、実際に泊まったうちのおよそ3分の2は、テラス数回も含め、キャンセル拾いであることを最後にご紹介いたします。

長々とカキコし、(追記:読者の方々の意欲を削いでしまったかもしれませんが、一番のポイントはすぐ上の2行です。6か月前の朝予約できればベストですが、キャンセルを拾える可能性も大いにありということです)。
この拙い記事が何かしら、読者の皆様のミラコ希望部屋ゲットにつながるヒントになれば、これに勝る喜びはありません。m(_)m

【お断り】長文となったため、何回か一部記述を修正・追加・削除しました。
1109Beミキ01


参加中です↓クリックお願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
プロフィール

ぴよ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ