アクセス

いつもとは違う舞浜へのゲートウェイ ・ OLC4-6月期赤字決算

まず、OLC社の4-6月期連結決算が発表され、再開後も客足が伸びす、営業損益が30億円の赤字(前年同期は130億円の黒字)だったとのこと(産経新聞より)。

全文はここ。http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110804/biz11080416390019-n1.htm

早く、リゾートも元気を取り戻して欲しいですね。それには、自身もできるだけインパしなければ。

----------------------------------------------------------------------------------

さて、今月1日のイン、定石の京葉線ではなく、羽田空港からリムジンバスで舞浜へ向かいました。

前置きが実に長~くなるのですが、十数年前、東京で仕事をしていた際、お世話になったり、したりした方が熊本の出身で、ぴよ父が田舎へ帰ることになった際、自分もあと1、2年で熊本へ戻るから、遊びに来るようにと言われたのでした。

単なる社交辞令なのかそうでないのかの見極めがつかなかったので、その時はいつ出来るのか定かでなかった「九州新幹線が出来たらお邪魔します。」と婉曲な返し方をしたのでした。

月日は流れ、この3月に九州新幹線が全通。改めて「遊びに来い。」とのお手紙をいただいたのでした。そこまでされれば、行かねばなるまい。


が、国内の交通費って、まだまだ高い。東京にいた十数年前と比べると、飛行機は、2ヶ月近く前の予約とか、座席数限定とか、変更不可・高額の取消料とかの厳しい制約条件はつくものの、かなり安いチケットも出回るようになったけれど、列車やバスは、イマイチの感。
そこで一計を案じ、米系航空会社のマイルが少し貯まっているので、夏休み中の週末だからダメかなと思いつつ、6月下旬に電話をすると、候補に挙げていた全日空のいくつかのフライトの中で「無料」航空券(羽田→鹿児島、福岡→羽田)の予約ができるという。念願の九州行きが決定したのでした。v
(^^) 

で、当日は旧交を温め、九州観光も楽しんだ後、舞浜にも立ち寄ることに(漸く本題に入ります)。


リムジンは月曜の朝9時にもかかわらず首都高・湾岸線を順調に走り、満席出発のため第一ターミナルには寄らなかったこともあり、第二ターミナルから時刻表では30分のところを、僅か20分でランドのバスターミナルに着いたのでした(驚)。

飛行機は「ワープ」のツール、朝7時に遠い九州の福岡にいて、9時過ぎには舞浜でインパしているというのは何とも不思議な気がして、普段の新幹線では感じられないものです。

と、同時に、普段JRで自宅からインパ出来ることの有難さも感じた次第です。

何故って、新幹線は、荒天でもその影響を余り受けない気が(東海道新幹線は、雪降りの日、関ヶ原という難所があるので少し別ですが)。飛行機に乗るときは1週間くらい前から天気予報のチェックが欠かせません。

また、空港からパークへ向かう際はともかく、帰路羽田空港へ向かう際、渋滞や事故に巻き込まれ遅延する可能性は(JRより)かなり大きいハズで(もちろんバス会社でも羽田へ向かう場合はある程度の渋滞は見込んで時刻表上45分で設定しています)、ならばと余裕を大きくとれば、その分インパの時間が削られることになり、飛行機利用で舞浜インされるゲストの方々は、少なからずストレスを感じているのではなかろうかと・・。

一方、JRであれば、通常1分単位で時間を読むことができます。


ただ、いずれの交通機関にしても、長距離の移動に多少のリスクはつきもの。だからこそ、その若干の障害・困難を乗り越えてのインパは感激ひとしおなのですが(笑)。


福岡からの帰路、富士山の遠望 
1108富士山01-1


JR東の抽選、ブランケットが当選

先日書いた舞浜駅での抽選に、ぴよ娘と3人の友人(計4人)が、JR東のびゅうプラザで買ったキャンデーパスのおかげで挑戦。

朝8時過ぎで、抽選が始まったばかりで、当方の混雑予想と異なり、待ち時間はなしだったとか。

4人で引いて1人がブランケットに当選。参加賞はシール。

雨予報の日でランドのワンマンズも先着順だったような閑散日だから、倍率的にはこの前予想の約8倍もまんざらではない感じかな。←自画自賛

あたったのは嬉しかったようだけれど、予想外の荷物になり、コインロッカーへ行ったそうな。


リズメロのデザインです。袋に入った状態
ブランケット リズメロ

広げた状態。結構大きい。
ブランケット リズメロ2

シールもリズメロに因んだもの
シール リズメロ



参加中です↓クリックお願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
プロフィール

ぴよ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ