予約修行

ミラコスタ予約修行物語・6千円の壁の巻

勘の良い読者様は、タイトルから記事の大体の内容を読み取られたかと思いますが、はい、その通りです(笑)。
ミラコスタの3人部屋と4人部屋の料金差は6千円。但し、ピアッツアビュー・ダブルとか、もともと4人部屋は設定の無いルームタイプもあります。

予約の面でいえば、高い分だけ4人部屋の方がやや人気薄。閑散期の平日の泊りなどであれば、6か月前の朝9時に取れなくても、その日の夜、オンラインを再度検索すると、スペチ特典の無いハーバービューの4人部屋ならポロっと出ていることもあり、泊ってくれるゲストを手招きで待っていたりします(笑)。
料金区分トップで比較してみると、スペチ・ハーバービュー3人部屋が8万8千円、同じく4人部屋が9万4千円に対し、特典無しのハーバービュー4人部屋は8万6千円。3人以下で泊る場合、特典なしハーバービュー4人部屋の「相対的な」割高感は否めません。
なので、どうしてもハーバービューをというのであれば、6千円を惜しまず、予約オープン直後に3人部屋には目もくれず、ダイレクトに4人部屋を狙うのが良いかもしれません。
ただ、6千円といえば、ぴよ家3人で、布敷きのテーブルでの食事(SSコロンビア号とか)は無理にしても、パークではミドルクラスの食事処(ヴォルケイニアとか、ザンビとか、ポルトフィーノとか)であれば「ドリンク付きセットメニュー」を頼んでも、いく分かのお釣りが戻ってくるわけで、決して侮れない金額であることも確か。
もともとの宿泊料金自体が高いので、セーブできるところは出来るだけそうしたいとの思いは人情で、なかなか悩ましい選択です。

で、ここからは、ぴよ家のGW予約合戦の実況見分です(^^;)。
オンライン予約で、狙うはスペチ特典無しのハーバービュー、3人部屋か4人部屋。
まず29日、30日と参戦。GW後半もあるしと、ここは強気に行きました。
で、結果はといえば、まず、29日は一気に攻め、3人部屋ゲットv( ̄^ ̄)。
ところが、バリュー料金の30日は、若干気の緩みが出て、前日と比べ接続とマウス操作に幾分もたつき、それでも両方とも「申込み可」の表示に、迷いながらも3人部屋に手を出したところ、次のステップで弾き飛ばされました( ̄▽ ̄;)!!ガーン
「しまった。もうダメかな?」と思いつつ、あわてて4人部屋をクリックしたところ、何とかゲット。GWとはいえ、平日故のラッキーでした( ̄∇ ̄:)エヘヘ。

29日、30日と予約ゲットできたので、GW後半は残室状況の観察を主に。
それでも3日は、一応参戦し、繋がった時は、すでに3人部屋は満室。4人部屋を一旦ゲットしましたが、希望の方に回すべく、すぐにキャンセルしました。
5日は観察のみ。ただ、オンラインを観ていると、9時1分30秒くらいには、スウィートを除いてすべて満室。
ってことは、(オンラインと電話との)共通在庫の部屋を電話で取ろうとしたら、1巡目で繋がっても取れなかったゲストがいたことも十分考えられ、後のゲストは全滅??
いくらGWとはいえ、ミラコ予約恐るべし・・・。ただもう、驚きを通り越して、呆れ返るばかりでした。
蛇足ですが、普段の休前日であれば、ここまで争奪戦は激しくはありません(^^;)。
【追記】、と書いたのですが、昨日、5月12日の予約争奪戦を見ていたところ、GW中の休日に負けないくらい激しかったですね。ウチのぼろ記事が混雑に拍車をかけたか?(←そんなことあるワケないよ。思い上がりもいいところ。by ぴよ娘) 前言訂正です。m(_)m

さてさて、GWの予約結果が出て、ぴよ家では家族会議を開催。
検討の結果、29日(トップ)と30日(バリュー)の価格差がものをいい、30日宿泊をメインに各人が日程を調整することで会議が終わりかけた頃、山の神(ぴよ母)から「だけど、何故、30日は3人部屋じゃないの?」との天の声が。
不意の、しかも急所を突いたこの問いかけに、「あの~、その~・・・」ぴよ父の答えはしどろもどろ(冷汗)。
何とかその場は取り繕ったものの、6千円の壁を通り抜けられるよう、マジックランプシアターのアシームよろしく、「ハーバービュー3人部屋のカギ、落ちてませんか?」「カギ、知りませんか~?」と、(現在GW中の予約無しのゲスト様に比べれば切迫感は少ないとはいえ、)長いキャンセル拾いの修行の旅に出ることを決意させられたのでした(_ _;)…パタリ。

【追記】29日の予約は、トップ料金は高すぎるとの理由から、すでにキャンセルしました。

ミラコスタ予約修行物語・近況の巻

父娘で運営しておりますぴよ家のこのブログが、昨日で満2周年を迎えることとなりました。ここまで来ることが出来たのは、読者の皆さまの温かいコメントや励ましがあったからこそと、改めて感謝申し上げます。m(_)mm(_)m
また、最近は専ら「←コメント」のみのぴよ娘も、受験を突破した暁には、頻繁にインパして(←高い授業料払うのだから、しっかり勉強もせんかい by  ぴよ父)、色々と記事を書きたいと意気込んでいるようです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

さて、来年のGWの予約に奮闘中の方も多いと存じますが、本日は、最近のミラコスタ予約事情について、つたない経験からの報告をさせていただきます。

(2009年11月3日の記事、「ミラコスタ予約修行物語」  もよろしければご覧ください。
  なお、ハイパーリンクすると近くの別の記事が出てきますのでスクロールしてください)
  http://blog.livedoor.jp/disneydream09/archives/2009-11.html?p=3

ディズニーシー10周年期間中であることや、大震災の影響とみられるゲストの減もほぼ回復し、ミラコスタの予約も、以前の通り簡単ではない状況が続いているようです。
特に、土曜日の宿泊は、たまにオンラインを見ていると、10分足らずでほぼ満室になるようです。

実は、今年のGW中の休日の宿泊予約がオープンとなった昨秋、6か月前の予約受付開始日、電話予約を試みたところ、数分で全館満室になり、その日は撃沈(後日、バルコニールームをゲット)との当ブログのある読者様のレポを拝見したことがあります。
部屋数と、一件の電話予約に要する時間(経験上、部屋の予約だけして、以前に何回か泊ったことがあるのでといつもの説明はできるだけ省略してもらい、かなり要領良く進んでも6分~7分、レストランまで予約すると最短でも10分位はかかります)と、電話受付のオペレータの数(想像ですが、20~30人?)を勘案すると、予約枠(在庫)は、オンラインと電話受付と基本的には共通かなと想像するのですが、オンラインのスーペリアルーム・ハーバービュー(スペチ特典の無い普通部屋)や、スペチ・スーペリアルーム・ハーバービュー、それも3人部屋は一瞬にして無くなるのに対し、電話予約は音声案内に従ってオペレータを呼び出して、希望を伝えるまで少なくとも1分以上かかりますので、予約開始数分間は、(特にハーバー側は)別枠なのかもしれません。あくまで推測です。

次にここからは、ミラコスタのバルコニールーム・ハーバービュー予約の実況見分をしたいと思います(^^;)。
時は、2ヶ月ほど前のある日の朝9時。土曜日の宿泊狙いです。
いわゆる一巡目、その中でも早い方(と思う)タイミングで電話はつながり、内心、バルコニー3人部屋一発ゲットを予感しつつ、オペレータ嬢に希望日、部屋タイプ、人数を簡潔に伝えました。PCを検索する音が聞こえ、しばらくして、応答があったのですが、何と、「お客様、4人部屋でしたらご用意できますが(どういたしますか)」という予想外のもの。
6千円高いけれど頼む以外に選択肢は無い、と頭では分かっているものの気持の中で「4人部屋か・・」と一瞬(2~3秒)言いよどみ、「お願いし(ます)」と言いかけたところで、「あっ、お客様。カチャカチャ(←PCの操作音)。・・・(少し間がありやや困惑気味に)少々お待ち下さい。」と電話を保留にされ、待つこと数十秒。
ただ、こういうときの待ち時間ってすごく長く感じるもの。でも何故保留になるの?
最悪のシナリオ、オペレータ嬢の操作が甘く、予約が実は仮確保されていなかったとか??
で、結局、「お待たせいたしました、お客様。先程、3人部屋に空きが出ましたので、こちらもお取りしましたが、どちらになさいますか。」と。
やきもきさせて人騒がせな、と思う一方、受け答えしながらも3人部屋を見逃さずに確保してくれたオペレータ嬢の見事なスキルに心の中で感謝しながら、狙い通りの部屋を改めてお願いしたのでした。v(^^)

にしても、電話を終えてふと思ったのは、予約開始間もないあの時間帯に3人部屋が出てくるって、一体どういう流れだったのだろう?誰か「テラスとバルコニーのどちらかで」と頼んだゲストが先にいて、両方取れたのでバルコニーを手放したのだろうか(謎)。

いずれにせよ、ハーバービューのテラスやバルコニーの予約は、まさに一刻一秒を争う戦場であることを改めて実感させられたのでした。
以前も述べたのですが、こうなると応対のオペレータ氏・嬢の手際良さや刻々と変わる予約状況への注意深さも実に重要な要素。
だから、オペレータスキルに関する苦情・要望もOL社に結構寄せられているのではないか?このため、同じ一巡目でも、スキルが高いと目されているオペレータ氏・嬢から順番に電話を取ることで対処しているのではないか?とこれまた自分勝手に想像しています。

そして、予約に関して常々思うのは、OL社もなかなか罪作り。公式HPでゲストルームが色々紹介されているけれど、その中でもテラスやバルコニーの魅力的な画像を見せられて、「折角のミラコなんだから泊まるなら、絶対ここ」って、家族や友人、恋人から予約を任される方も数多いるだろうと想像するのですが、ホテル全体502室のうち、これらの部屋が一体いくつあるのか、公式HPでもどれだけ周知されているのかと。
熱心にお読みいただいている読者の方々はご承知でしょうが、バルコニーは以前からのベッラビスタラウンジ上の6室と、最近ピアッツアから仲間入りしたとの情報のあるアメリカ側の1室を加えても7室のみ。新参の1室以外は、ベッラビスタラウンジの上に横並びなので、正面にハーバーと火山という基本は同じなのですが、それでもゲストによって好みに差が出るようです。
また、テラスも7室で、アメリカ側に5室、アラビア側に2室あるけれど、こちらの眺望・造りはそれぞれかなり個性的。ちなみに、公式に紹介されている部屋は、テラスの中でも眺望の良さで1、2を争う人気の部屋ですが、ここを割り当ててもらえるかは単純に考えても7分の1の確率の運次第。予約ゲットしてからもなお、ハードルが待ち構えているのです。でも公式に、そんな説明があるはずもなく・・・。

話を戻して、こんな少ない部屋数に全国のディズニーファン、ミラコファンから希望が殺到するわけで、予約成功にまつわる非公式情報の事前収集も無しに、いきなり6か月前の予約に挑んでも、およそ取れるような代物ではないのが現実・・・。それどころか、おっとり構えていたら、土曜日や連休の宿泊などトスカーナサイドに至るまで、僅か10分足らずで満室御礼です。
あとは、宿泊日の一か月前辺りからは取れる可能性が高いとはいうものの、いつ出会えるのかは分からない「キャンセル拾いの厳しい予約修行」が待っているわけで・・・。

ただ、希望の星を語れば、6か月も前に予約したゲスト全員が予定どおり泊ることなど冷静に考えればありえず(追記:その日は結局都合が悪くなったとか、他日にもっと希望の部屋が取れたので、などの理由でキャンセルする方がいて全く不思議ではありません)、タイミングは不定にしても、かなりの割合でキャンセルが出てはいるのでしょう。
その裏付けとして、ぴよ家のミラコはじめディズニーホテルへのこれまでの宿泊歴を振りかえると、実際に泊まったうちのおよそ3分の2は、テラス数回も含め、キャンセル拾いであることを最後にご紹介いたします。

長々とカキコし、(追記:読者の方々の意欲を削いでしまったかもしれませんが、一番のポイントはすぐ上の2行です。6か月前の朝予約できればベストですが、キャンセルを拾える可能性も大いにありということです)。
この拙い記事が何かしら、読者の皆様のミラコ希望部屋ゲットにつながるヒントになれば、これに勝る喜びはありません。m(_)m

【お断り】長文となったため、何回か一部記述を修正・追加・削除しました。
1109Beミキ01


捨てる神あれば拾う神ありの巻

今月28日いよいよシーも再開!!
待ち焦がれていた喜ばしいニュースなのですが、本来のシー10周年イベント開始予定の今日23日にミラコのテラスを予約していた我が家としては少々複雑な気分。

その時の予約修行のレポはコチラです。
http://blog.livedoor.jp/disneydream09/archives/2010-10.html#20101023

昨日、ミラコの予約受付も再開したのでキャンセル拾いに挑戦したかったけれど、仕事でそれも出来ず・・・。
悶々としながら、ダメ元でと、今日の朝9時に総合予約センターへ電話したところ、

何と、GW中の一番の希望日にテラス、再ゲットできました。
v(^^)v

国語的な用法として正しいのか定かではありませんが、電話でのやり取りをしながら、思い浮かんだ諺が、「捨てる神あれば、拾う神あり」。

電話を切り、ぴよ娘と計画を立て始めたのですが、朝食付きの部屋だったことを失念していて、オペレータのキャスト様も気が付かずアウト日にベッラの朝食のPSを入れて、しばらくして気が付きイン日に変更したり、イン日以外の日のランドの優先入場が土日もOKになったことをインパの計画の大筋が出来あがった頃に思い出して練り直したりと、特に電話予約は昨年秋以来のことで多少の手戻りもありましたが、それも含めて久々に楽しいひとときでした。

風にも雨にも弱いと噂される「ファンタズミック」、イン日かアウト日か、どちらかでは観られればと念じております。m(_)m

これで、ブログ更新のテンションも大幅UPといければよいのですが(笑)。


1008イルマニ00




7月決戦まであと1月

越年2泊の予約争奪戦の御触れが公式HPでもされましたね。

相変わらず、扱いは地味。この件に限らず、肝心な情報は、小さく出ていることが多い気がするし、本当に重要な(おいしい)情報はHPには出る前に消化されてしまっているのが世の常では・・・?

それはさておき、今年は参戦するか?
昨年は、7月1日は数分参戦して諦め、12月のキャンセル拾いもミラコについては、30日ころに一度、元日のみ1泊のハーバービュー(○TBあたりからの返品?)が案内されただけでした。カウントダウンの優先入場が目的だったので余り考えずにパスしました。

ところで、そのお値段はといえば、最安のトスカーナサイドのスーペリアで57,000円×2泊、ポルト・サイドのスーペリア・ハーバービューで79,000円×2泊也。
でもハーバービューならあの高いカウントダウンチケットを買わなくてもよいからその差は縮まるか。

でもそもそも、あのカウントダウンのためだけにそれだけのお金をかけるか否かは価値観の問題。昨年は、JRのプラン(カウントダウンチケット+往復のJRのみで宿はなし)が予約できたのでものは試しと朝から並んで行って観たけれど・・・。

いずれにせよ、来月1日までには対処方針を決めねばならぬ。

ミラコ正面







5月3日にテラスルームがとれたのは

父より、

 

 

今日、会社で注文しておいた来年の手帳がわたされた。

まず何をするかといえば、宿泊日が土曜日で、
その6か月前が土曜か日曜の組合せを
探すこと。
ふむふむ、なるほど。

 

次にすべきは、決まっている来年の予定を入れること

 だけど、真っ先に書き込むのは、5月3日のテラス 

ルームのお泊りに決まってるじゃん。(*^^*)

 

ページを開いて、記入しながら、手帳の「3日」の文字

 の下の小さな2文字に目が釘づけに。

 ん、なるほど。そのせいだったのか。納得。

 

我が社の手帳には、六曜が入っているのでした。

 六曜なんて迷信さと切って捨てる向きもあるけれど、

 父は決して侮れないと思っています。

 うちの奥様との結婚記念日も「大安」だもんね。

 そう、同じ朝一で電話がつながりながら、予約撃沈の
来年
5月1日は友引、取れた5月3日は「仏滅」・・・。

やはり、仏滅に挙式を挙げるカップルは、少(い)ないのか。
 

ミラコの人気部屋の予約に際しては、 

1.9時ジャストに電話がつながって、

 2.手際のいいオペレータさんにあたること、

のいわば運任せだけじゃなくて、 

3.六曜とか、希望日毎に予約の可能性を左右する要素

  まで分析せねばならぬのか。

 

ミラコの予約修行。実に奥が深い・・・(感心)。

 

でも、自分はミラコはもう卒業、子供用の予約は、普通部屋で

 いいんだし何とかなるさ(とお気楽モード)。

 

 そして、「仏滅なんかに泊っていいんかい」との外野からの

 突っ込みには、お守り代わりに、旅行保険を掛けていくから

 いいんだもん(爆)。


 

 (新婚さん貸切のゴンドラ in TDS)

 ウエディングゴンドラ

ミラコスタ予約修行物語

 

娘より、父より、



テラスルーム 53XX号室


テラスルーム 53XX号室

 


おととい
111日の朝、父が私の携帯電話を貸してほしいというので、
何故と尋ねると、
ミラコスタの卒業記念に、テラスルームに泊りたいのだとか。

 

娘「でも、テラスってお二人様用だったんじゃない?」

 

父「それは予約が取れてから考えればいいよ」

 

娘「……まあ、いいか」と6カ月先のGWの予約を手伝うことに。

 


父に従い、家の電話と携帯2台で、9時ジャストに予約センターへ電話。

 

私の携帯がすぐにつながり、電話機を父に。父が希望を伝えて、待つこと
数十秒。
ところが父が「またお願いします」と言って電話を切ってしまいました。

 

娘「どうしたの」

 

父「テラスルームはもう満室だって」

 

娘 (呆然)


事情はこうなのでした。
 

 

父「ミラコには部屋が約500あるけれど、そのうちハーバービューの
テラスルームはたったの7室、
 

しかもミラコでウェディングを挙げるカップルは事前予約ができるし、
VIP用に特別にってのもあるだろう。

 

だから、土曜や連休に一般に回される部屋数なんて、更に少ないはず。
うちで泊ったスペチアーレのスーペリアルーム
よりもっと激戦なんだ」
とか(
分析が長い父←ちょっとウザい())

  

でも、これでは、朝一で電話がつながっても取れないのも無理ありません。
そして、6か月前の9時ジャストに予約できないと、

宿泊希望日の1か月位前から、キャンセル拾いの電話掛けまくりの
更に辛い「修行」が待っているのだとか。

 

今まで、父が軽いノリで「予約取れたよ」っていうものだから、
私もお気楽にサローネとかを利用してきたのですが、

 

この状況にまたびっくり Σ(+ +)
これはまさに「ミラコスタ予約修行物語」だと。

 

その後は、これまで泊った時の、予約にまつわる顛末やうんちくをさんざん聞かされたのでした()

 

 で、話はめぐって、

 

「でも、もし予約が取れたら誰と行くの?」との問いに、
しどろもどろの父の答え。


なぬ、もしかして、はじめから一人でいくつもりだったんかい(
`ム´♯)!!




PS

今日、5月3日のテラスルーム・ハーバービューの予約ゲットv(^□^)v


父 「手際の良いオペレーターさんで良かった~!! 」と、感激の涙

娘 「私の携帯からかかったんだから、ついていこうかしら♪」

 

父 「どうぞどうぞ(^^)。でもいよいよこれでミラコ卒業か........」

娘 (内心、これでミラコ卒業、良かった良かった。
   まぁ、私は卒業しませんが)




参加中です↓クリックお願いします にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
プロフィール

ぴよ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ