2013年05月07日

SNS疲れの原因と正しい使い方のコツ

絶賛SNS時代の現代!
ソーシャルネットワークに疲れた(´Д`)ハァ…って方も多いのでは?

日本だとmixiに始まりTwitterやFacebook・LINEとよりリアルに近づきつつありますが、
どっぷりハマってしまうと疲れちゃいますね。 

特にTwitterはバカ発見器とも日本国民総パパラッチ時代とも言われてますね。

Facebookだと「いいね!」の強要(ほぼパワハラ!?)や
タイムライン投稿がウザいと萎えちゃう人も続出みたいです。




私が思うにどうもSNSユーザーの4割くらいは
SNSというツールに振り回されているような気がします。

そして、振り回されている人のほとんどが信頼出来る友人などがいないのではないでしょうか?

ちなみにネガティブ発言ばかりするタイプや差別・侮蔑言葉を平気で公開しているような
本物のバカは論外なのですが・・・お里が知れるね( ´∀`)b
(そういう書き込みみると気分が悪くなります!)

恐らくSNSに疲れてしまう原因としては、
コミュニケーションを取らなければという【強迫観念】と
友達・知人はリア充で楽しそうという【他人との比較】なのではないでしょうか?


SNS中毒診断を試してみるヾ(*´∀`*)ノキャッキャ


これは、はっきり言って自分で線引しなけれいけません!
そして線引するためにシッカリと設定しなければいけません!

Facebookを例に挙げると、
・公開設定を見直す
・友達リストを作成する

これだけでも嫌な気分になることは少ないのではないでしょうか?


SNSは疎遠になった友達と繋がりを持てる優秀なツールなので
使いこなす側が機能に負けないようにしないといけませんね。

 

楽天商品検索が便利です
SEOパーツ
ライブチャットとは
  • ライブドアブログ