2018年08月16日

若い力はパワーがありますね?!

8月16日 
久しぶりのブログ更新です
忙しくって…といっても大人数いうわけではなく、
多メニューで大わらわって言う感じ。
ようやくブログに向かっています。

天気; 小雨/曇り  気温; 29℃  水温; 27℃ 透明度; 20m

今日は海況の影響で島の東側
アーチ、トンビラ、大久保北  の3か所

どこも水温安定してきました、また視界も良好です
P8160013


トンビラではお約束の大きなクエ、ミノカサゴも大きくて写真好きなやつが多いですね
P8160011

アーチではブイの補修作業で画像はなくごめんなさい。

明日は強風の予報なので、
ボーは本村に避難し、明日は本村からダイビングに向かいます
ダイビングできないことはなさそうですね

あて本日も永田町海鮮居酒屋《オーシャン》の塩屋さんがシェフで
《オーシャン見島支店》を開店しました
久しぶりに美味しい《ディナー》でした

IMG00068_HDR

IMG00069

そして遅ればせながら2018年ヘルパー紹介します

まずはインストラクターになって再登場の“ウッチー”こと打田君
IMG00073


東京からは2人のヘルパー

楽傑君と大内君です
IMG00071_HDR

IMG00072

ところで紹介&アップしたヘルパー君ですが、
今週末で皆いなくなってしまいます…
今更ですがごめんなさい。
でもまた明日アイドルヘルパー“ひろこ”がやってきます
今週末はやはりアイドルヘルパー“あや”も来て男性中心から、女性中心のお手伝いに代わりますよ!
若い子が多いと何となく楽しくなりますね
さあ楽しいダイビングをみんなでしませんか?






























































































































































dive_mishima at 23:16|PermalinkComments(0)

2018年08月10日

千日参りの日…。

8月10日
今日はファンダイブと体験ダイビングと
宇津観音様の《千日参り》
まずはファンダイブ

天気; 快晴  気温: 32℃  水温; 27.5℃  透明度; 20ḿ
1本目 トンビラ  2本目  大久保北
先日のように突然イルカが現れること期待していましたが残念でした
でもお約束のクエはいっぱい、イシダイもでかいやつの群れがいましたよ

P8100004

P8100003

またミノカサゴがポーズ作って写真撮って寄ってくるし

P8100006

なかなかノンビリふんわりのダイビングでした
透明度の良いでしょう?

P8100016

さて20本目は《大久保北》
大久保の壁に当たるとそこにはイサキの群れ

P8100024

少し先に行くと、《キンメモドキ》の大群
P8100031

帰りがけには、アーチによりみたが
相変わらずアーチの下には、イサキがみっちり…。

そして体験チームは砂見田浜とボートで《宇津の口》

P8100053


最後は《千日参り》
見島の宇津観音様、みんなでお参りしてきました


IMG00040

IMG00037


ここからの景色は規定ですね

本日お帰りは2日間潜ったかたのお見送りです

IMG00033

また来て下さいね
dive_mishima at 23:06|PermalinkComments(0)

2018年08月08日

ゆりや貝探検チーム!

8月7日
本日はダイビングは無しですので島日記ですね。
昨日の水産大学校のチームが協力してくれました
《ゆりや貝》探検チーム結成!
__________________
ゆりや貝とは?
ジュリアス・シ-ザ-、ユリウス暦・・・・ラテン語で百合を意味するJuliaの名をもつ海の貝、ユリヤガイ(Julia japonica )のお話です。

主に熱帯の海に生息するユリヤ貝は世界に9種類。日本では暖流に面した、伊豆半島~紀伊半島~四国~九州~沖縄の半島や島の、極めて限られた場所で、しかも、わずかに記録に残る程度にしか発見されてない非常に珍しい貝で、貝のコレクタ-達の憧れの貝の一つとなっています。

世界に9種類しかいない、そして、日本では希なユリヤ貝なのに、なぜか、山口県には3種類もいて、しかも、採集できるほど多い産地として有名です。と、言っても、山口でも生息するのはわずか5カ所で、今では、そこに行って採集できれば幸運というほど、貴重な貝になってきました。

ユリヤガイは大きくても5mmほどの、薄緑色の変わった殻をした、きれいな貝です。

 

10364.jpg (40168 バイト)

 

2枚の殻があるので長い間二枚貝と信じられてきましたが、1961年に初めて生きたユリヤ貝が見つかり、最初は巻貝で、成長するにつれ見かけが二枚貝のようになる事が分かりました。二枚貝と思っていたのに実は巻貝という驚きの事実がこの貝をさらに有名にしました。

優れた海洋生物学者であった昭和天皇はこの貝の事をよく知っておられ、1973年に萩市を訪問されたおり、萩の沖合はるか日本海の真ん中にある孤島、ユリヤ貝の産地として有名であった、見島のユリヤガイに思いをはせて、
 
『 秋深き 海をへだてて ゆりやがいひの すめる見島を はるかみさくる 』 

と詠んでいます。
_________________________________

そんなゆりや貝をとって来て欲しいという萩博物館の堀研究員の依頼を受け
採集すべくノアスタッフと水産大学校チームが協力しました!

隊長は島の中学生、ま〇子ちゃんの下、メンバー捜索です!
IMG00008

この炎天下頑張りました!
結果、あわせて5個体採取です。
IMG00012

IMG00026

帰りには萩博物館お研究員 堀さんの依頼なので、
帰帰りがけ持って行ってもらうようお願いしました

学生さんたち、お疲れ様でした

dive_mishima at 00:06|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 若い力はパワーがありますね?!
  • 若い力はパワーがありますね?!
  • 若い力はパワーがありますね?!
  • 若い力はパワーがありますね?!
  • 若い力はパワーがありますね?!
  • 若い力はパワーがありますね?!
  • 若い力はパワーがありますね?!
  • 千日参りの日…。
  • 千日参りの日…。