2007年02月05日

●おやじな魚の覚え方-no.25 キンチャクダイ

0c707eff.jpg■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


○キンチャクダイ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





初めて伊豆でダイビングをされたお客様が
「伊豆でもあんな魚見れるんですね!!」
と言われる魚、第2位!!
(ちなみに第1位は「ソラスズメダイ」。)
自分たちの身近な海に居る魚というと、アジとかキビナゴとか、美味しそうで
銀色したやつばっかりだと思われるみたいですが
こんな近くにも南国チックな派手なやつが居るんです!
私も、ソラスズメダイとキンチャクダイに感動した口です。(ちなみにキンギョハナダイも。)
今となっては特に注目もしない・・・。
でも水中の彩りとして奇麗ですよね。

四角く広がった身体と、しっぽの根元がきゅっとしぼられてる辺りが
キンチャクっぽい!!
色合いも、なんとなくおばちゃんがティッシュやら飴ちゃんやら(時にはみかんも?)
詰め込んでる巾着っぽい!
うまいこと付けたな〜と思いますよ。
同じ種類でも、「〜ヤッコ」よりこっちの方が私は好きです。

というわけで、キンチャクダイも覚えちゃいましたね!?
実物の写真はコチラ
http://www.saturn.sannet.ne.jp/swatch/sadosakana/kintyakudai.htm


-------

→「おやじな魚の覚え方」一覧

→「おやじな魚の覚え方」について

  

Posted by diver_mana2 at 22:26Comments(2)TrackBack(0)

2007年01月28日

●おやじな魚の覚え方-no.24 ヨウジウオ

ヨウジウオ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


○ヨウジウオ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





<ヨウジウオの正しい使い方>
1:見つけたら、利き手の親指と人差し指でつまみます。
2:とがった顔の方を歯の隙間に当てます。
3:いつものようにシーハーしましょう。(持つ時はやや前の方を持った方が使いやすいようです。)



・・・ごめんなさい。また調子に乗りました・・・。
ただでさえ、水底に横たわってゴミのようにくた〜んとして地味〜なのに
扱い悪すぎました。
でも、名前付けた人も細いからって楊枝は・・・。
歯になんか詰まってたんですかね。
「う〜ん、なんか気持ち悪い!爪楊枝ないかね、爪楊枝。ヨウジ…ヨウジ…
 ヨウジウオだ!!」
みたいな。

図鑑を見ようと思ってヨウジウオ科のページをめくったら
はじめに目に入って来たのが「イトヨウジ」!?
なにっ!?そっちの方が衝撃的じゃないの!!
…と思ったら「イシヨウジ」でした…。
重ね重ね申し訳ありません(汗)


というわけで、ヨウジウオも覚えちゃいましたね!?
実物の写真はコチラ
http://www.interq.or.jp/aquarius/tsune/gallery/life_85/youjiuo.htm


-------

→「おやじな魚の覚え方」一覧

→「おやじな魚の覚え方」について

  
Posted by diver_mana2 at 18:37Comments(2)TrackBack(0)

2007年01月22日

●おやじな魚の覚え方-no.23 ハナハゼ

d1a58d48.jpg
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


○ハナハゼ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





ハナハゼ好きな方にはほんっとに申し訳ない仕上がりになっております・・・。
鼻水垂れちゃいました・・・。
幽霊のようにうす〜い水色もなんだかそれを彷彿とさせるような・・・・。
不健康そう。(大変失礼!!)

砂地にテッポウエビが掘った巣穴にちゃっかりと住み着いているこいつ。
ダテハゼも一緒に3種ひとつ屋根の下状態を良く見かけます。
臆病で近づくとひゅっとすぐ穴に引っ込んじゃうんですけど
みんなが中に入ったらぎゅうぎゅうじゃ無いのかなぁ??
しかもハナハゼは1匹のみならず2、3匹同じ穴に入って行くような・・?
ダンゴ状態になっていそうです。
お家を造ったテッポウエビくんはどんな気分なんでしょう。
そんな事を考えながら観察すると面白いですよ。


というわけで、ハナハゼも覚えちゃいましたね!?
実物の写真はコチラ
http://plaza.harmonix.ne.jp/~m_hirota/SeaFishes/hanahaze.html


-------

→「おやじな魚の覚え方」一覧

→「おやじな魚の覚え方」について


  
Posted by diver_mana2 at 00:09Comments(4)TrackBack(0)

2007年01月08日

●おやじな魚の覚え方-おやじ紹介

909c4eaa.jpg今回は、「おやじな魚の覚え方」に時々登場するおやじさんをご紹介します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


○おやじ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


通称「おやじ」。
名前は不明。
某銀行の支店長。
妻とギャルの娘の3人暮らし。
職場でも家庭でもおやじギャグを連発して
迷惑がられています。
娘とはここしばらく言葉を交わしていません。
趣味はダイビング。
週末は海へ。
潜っている時は独り心の中で
魚を使ったおやじギャグを妄想して楽しんでいるようです。

なんか書いてたら、すごくかわいそうな人になってきました…。
でも、愛すべき人なんです。
ダイビング仲間としてかわいがってあげてください。

(モデルは特にありません。manaの想像上の人物です。
 あしからず。
 ただ、誰かに当てはめてほくそえんでもらうのはご自由に!)

-------

→「おやじな魚の覚え方」一覧

→「おやじな魚の覚え方」について


エントリー


  
Posted by diver_mana2 at 10:36Comments(5)TrackBack(0)

2006年12月21日

●おやじな魚の覚え方-no.22 ヒゲダイ&ヒゲソリダイ

245cfce4.jpg








■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


○ヒゲダイ&ヒゲソリダイ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





嘘みたいだけど、ほんとにこんな名前です。
こういう名前を見つけると、つくづく魚の名前って面白いなぁと思います。
名前を考えた時の様子を想像してしまいます。
きっとまず、ヒゲダイという名前のやつがいたんでしょうね。
こいつは分かりやすい。ヒゲがはえてるから。
その後に名前を付ける事になった、ヒゲダイに良く似てるけどヒゲの無いやつ。
「そうだ!ヒゲソリダイだ!」となるわけです。
しかしこの名前の巧妙な所は、
「ヒゲナシダイ」ではなくて「ヒゲソリダイ」なところ。
ヒゲソリダイの顎の辺り、ヒゲダイのヒゲが生えている辺りをよ〜く見ると・・・。
ヒゲを剃った跡のようなぶつぶつが!
お父さんのひげ剃り跡のジョリジョリみたいのがあるんです!!
これは「ヒゲソリ」だ!ぴったりだ!!
調べていて、思わず納得してしまいました。

というわけで、ヒゲダイとヒゲソリダイも覚えちゃいましたね!?
実物の写真はコチラ
http://fishing-forum.org/zukan/sanhtml/P000093.htm


-------

→「おやじな魚の覚え方」一覧

→「おやじな魚の覚え方」について


  
Posted by diver_mana2 at 00:08Comments(4)TrackBack(0)

2006年12月06日

●おやじな魚の覚え方-no.21 イットウダイ

a2ec1661.jpg■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


○イットウダイ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□






イットウダイ科イットウダイ属には似たようなのがいっぱい居ますね〜。
特にテリエビスとにているけど、イットウダイの方がしましまの幅が広いそうです。

こんなにいっぱい居るけど、こいつはやっぱり
自分が「一等だい!」なんて思ってるんでしょうか・・。
ああ・・・分かっちゃ居るけど・・ダジャレだなぁ・・。


というわけで、イットウダイも覚えちゃいましたね!?
実物の写真はコチラ
http://www.momo.dyndns.org/~kaiteki/kaisuigyo/a/ittoudai.htm


-------

→「おやじな魚の覚え方」一覧

→「おやじな魚の覚え方」について






  
Posted by diver_mana2 at 22:12Comments(5)TrackBack(0)

2006年11月15日

●おやじな魚の覚え方-no.20 ニタリ

03c47792.jpg■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


○ニタリ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□






なんだかよくわからないけど、印象的な名前じゃありませんか??
名前を聞いた瞬間、なんだか意地悪そうなイメージが・・・。
何を企んでるんでしょうか?

長ーい尾びれが印象的ですね。
このヒレで獲物を弱らせてしとめるらしいです。

フォルムはかっこいいんだけど名前がね〜・・
な、イラストです。


というわけで、ニタリも覚えちゃいましたね!?
実物の写真はコチラ
http://www.interq.or.jp/aquarius/tsune/gallery/life_52/nitari.htm


-------

→「おやじな魚の覚え方」一覧

→「おやじな魚の覚え方」について

  
Posted by diver_mana2 at 22:52Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月09日

●おやじな魚の覚え方-no.19 ダツ

ダツ






■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


○ダツ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


前回のヒントでわかっちゃいました・・よね??
マトと行ったらダツのダーツです!
いや、これが冗談ではなくて、ほんとに刺さるんです。
補食の際、小魚のウロコがキラキラ光るのに反応して突進します。
この性質のせいで、船やダイバーが照らすライトに向かって突っ込んでくる事もあるんです。
おまけにこの細いアゴ!
英語でNeedlefish(針の魚)の名が付いているように
このアゴが勢いよく突っ込んでくるもんだから、刺さっちゃうんですよ・・。

ダツの出る水域でナイトダイビングをする際には要注意。
ライトを身体にまっすぐに構えると危険です。
それは船上でも一緒。
例え船の上であっても、ぴゅーんっと飛んできます。
こいつのせいで大怪我のみならず、亡くなられた方も・・。

でも・・的を作ってダーツ遊びしてみたいかも・・。

というわけで、ダツも覚えちゃいましたね!?
実物の写真はコチラ
http://ja.wikipedia.org/wiki/ダツ


-------

→「おやじな魚の覚え方」一覧

→「おやじな魚の覚え方」について

  
Posted by diver_mana2 at 22:31Comments(4)TrackBack(0)

2006年10月24日

●おやじな魚の覚え方-no.18 マトウダイ

9e0e7649.jpg■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


○マトウダイ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





漢字で書くと「馬頭鯛」とか「的鯛」と書くそうです。
「馬頭鯛」の方は獲物を捕るとき口が伸びて馬の顔に似ているという所から、
「的鯛」の方は、そのまんま、今回の絵のまんま「的」から来ているようです。
イラストはダーツの的で描いちゃいましたけど。(これ、次回の魚のヒントです!)

またまたさかなくん情報。
さかなくんが言うには、マトウダイはミルク煮にするのが美味しいそうです。
想像できないけど・・。
さかなくん・・調理法にまで詳しいなんて・・。

水深100〜400メートルに居るらしいですが
伊豆ではダイビングで潜れる所でも見られます。小さいですが。
大きいのは90センチにまでなるみたいですよ。

というわけで、マトウダイも覚えちゃいましたね!?
実物の写真はコチラ
http://plaza.harmonix.ne.jp/~m_hirota/SeaFishes/matoudai.html


-------

→「おやじな魚の覚え方」一覧

→「おやじな魚の覚え方」について



  
Posted by diver_mana2 at 21:59Comments(4)TrackBack(0)

2006年10月13日

●おやじな魚の覚え方-no.16 サギフエ

サギフエ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


○サギフエ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





・・・しかしなんで逆さでぷかぷか浮いてるんですかねぁこいつらは。
頭を下にしてるとなんか良いことあるんでしょうか。
ちなみにメバルは良く頭を上にしてぷか〜っと浮いてますがあれはお食事中です。
ああやって口開けて浮いてればごはんが口に入ってくるんですね。
なんてすてきな・・。
サギフエもお食事ポーズなのかなぁ。

イラストでは一匹ですが実際は何匹か固まって居ることが多いようです。
群れのことはサギフエ玉と言います。
深い所に居るみたいですけど春先に30メートル付近まで上がってくるようです。

ちなみに私は最近水中逆立ちがブームです。
こちらは年中見られます。

というわけで、サギフエも覚えちゃいましたね!?
実物の写真はコチラ
http://www.h7.dion.ne.jp/~dc.sss/sagihue.htm


-------

→「おやじな魚の覚え方」一覧

→「おやじな魚の覚え方」について



  
Posted by diver_mana2 at 00:11Comments(2)TrackBack(0)