伊豆 浮島・堂ヶ島

2013年04月09日

お盆休みの後にGW・・・

今までなら(かなり過去形だけど)、月曜が祝日なら
土曜日の仕事が終わってから沖縄まで飛び、

日曜に潜って!

月曜(祝日)に帰ってく居る!

そんな「弾丸ダイブ」を何年もやってきた・・・


GWの後半は「4日間」の休みがあるが、今はもうその元気がない・・・
やっぱ「バディ」は必要だな・・・ボソ

「大瀬」かうまくいけば、久しぶりの「浮島」に行けるかな?

divermasa at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年03月04日

すっげぇ〜画像を発見!

すっげぇ〜画像を発見!
浮島サンセットリゾートDSの高橋さんのfacebook!
https://www.facebook.com/takahashi.yasuhiko.98
是非、ブログまで見に行って確認してみて下さい!
よくよく考えてみれば当たり前のことなのですが・・・
でもすっごく衝撃的です!(超おすすめ)

> ブログアップしました
> http://sunsetlog.sblo.jp/
> サガミリュウグウウミウシのモザイク部分には衝撃なものが写ってます(笑)
> 詳しくはブログをご覧ください。


divermasa at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年01月27日

『南国のサラサ』から『チリメンウミウシ』へ!

今まで『南国のサラサ』と呼ばれていたこの子が、ついに独り立ちすることになりました。

ウミウシ図鑑.com 投稿画像
09_01_02 M0010608●チリメン←サラサ-c-m800-sp-JIDO

外見からは『内蔵の違い』までは分かりませんが、

こちらのサラサには『黄色い縁取り』があります。

ウミウシ図鑑.com 投稿画像
M0011654●●●サラサ-c-m640-sharps

divermasa at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年12月15日

2009/08/18 「サラサ」in浮島

ウミウシ図鑑.com 投稿画像
2009_08_18 M0011654●●●サラサ-c-m640-sharps
2009/08/18 「サラサ」in浮島

現時点で「一番お気に入り」の「サラサ」です!

divermasa at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年11月25日

一気に白くなりましたネ!

8c8a82e3.jpg


divermasa at 07:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年11月17日

11/18(日)浮島ウミウシツアー参加しませんか?【急募】

ウミウシが少ないこの頃ですが、僕が根にべったりくっついてウミウシ探します!!

ご希望の方、facebook をやっている方は、MIU 松山裕至ページから、

「11/18(日)浮島ウミウシツアー参加」!!

とご連絡下さい!!


by ダイビングショップMIU
ブログはこちら!『ダイビングは伊豆だよ』


連絡お待ちしておりまっす!!  DiverMASA


「募集」終了します。

divermasa at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年11月16日

浮島に行くなら「松崎温泉 ホテル コスモス」

ちょっと浮島から離れちゃってるけど、
松崎温泉 ホテル コスモス

とっても安いし、ちょっと広い!!

レンタカーがあればとても心地よい!!

浮島に行くときにセブンがあるのもイイ!!

洒落っ気は無いけど気に入った!!(*゚▽゚)ノ

レンタカー【予約】




divermasa at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年10月14日

浮島での 「 通称 メデタミノ 」(Cuthona sp.) は 「 コマユミノ 」ではない!【その2】

「ご丁寧なご指摘ありがとうございました。」と書いたものの
「薬理学(標本なども作る研究室)」出身の私としては、ちょっと中途半端な答えになってしまっている気がしてならない。
(ここから読まれる方はお手数ですが、ひとつ前の
浮島での 「 通称 メデタミノ 」(Cuthona sp.) は 「 コマユミノ 」ではない!を先にお読み下さい。)

現に中野様が新たにスレッドを立てて下さった。
( 参照: 読者の対応

その中で、『文中「中野さん」じゃなくて「中野様」にされているのが、こそばゆいというか困った感がある」』と書かれていますが、私としてはまだ「控えめ」な表現である。
あと数ヶ月で「中野様」は「中野博士」になられるのだ!!
無事に論文が通った暁には、みんなで「中野博士」と呼ばせて頂くことにしよう!(^▽^)/

私が自分のコメントを「中途半端な答えになってしまっている気がする」と感じるのには原因があった。
ひとつ前の記事 浮島での 「 通称 メデタミノ 」(Cuthona sp.) は 「 コマユミノ 」ではない! では、
「考察」と「今後の課題」が抜けていたのだ。
自分なりに「考察」と「今後の課題」を追記したいと思います。


・私なりの結論
浮島での 「 通称 メデタミノ 」(Cuthona sp.) は 「 コマユミノ 」ではない! に記載したウミウシ画像(写真)6枚のうち、
上の2枚は、中野様がして下さった「翻訳」のうち、
途中に半透明なエリアがある。
背側突起の先端の直下に黄色と赤色の色輪がある。

は当てはまらない。
よって、「 コマユミノ 」である、と私は考える。

逆に、 浮島での 「 通称 メデタミノ 」(Cuthona sp.) は 「 コマユミノ 」ではない! に記載したウミウシ画像(写真)6枚のうち、下の4枚は、
中野様がして下さった「翻訳」のうち、
途中に半透明なエリアがある。
背側突起の先端の直下に黄色と赤色の色輪がある。

が当てはまる。
どれも「赤色の色輪」は見受けられないが、画像を拡大してみるとどれも「黄色の色輪」が確認できる。

よって、6枚のうち、下の4枚はCuthona sp.15 (Gosliner)としていいのではと、私は考える。
もしくは普通に「Cuthona sp.」
(一番無難なのは中野様がおっしゃる通り「コマユミノとは別種の未記載種」とするのが無難であろう。)

追記:もう1種、似た子がいる。
「本州のウミウシ」p287の左上の写真(No.655)を見てほしい。
触角・触手の感じは上記2種に良く似ているが、
明らかに「背側突起」(ミノ)の形状が異なるので、すぐに分かるハズだ。
この子は「AEOLIDINA sp.21 (Nakano)」と呼んであげよう!


・考察
コマユミノウミウシとが同種の色彩型か、それとも別種かについては、解剖して、DNA解析を行う必要があり、
当面は『浮島での 「 通称 メデタミノ 」』は、
Cuthona sp.と呼ぶことにする。

・今後の課題
「解剖学的所見」と「DNA解析」が行われることを期待する。

以上を持って、私の「反省」を終わらせて頂きます。
「中野博士(予定)」の許可を得られれば、
「標本」を研究所に送らせて頂き同定して頂きたいと考えております。m(_._)m

divermasa at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年10月12日

浮島での 「 通称 メデタミノ 」(Cuthona sp.) は 「 コマユミノ 」ではない!

メールでも中野様にお詫びをしたが、
中野様のブログで、「 たわごとなら、最初から書き送ってくるな(怒) 」
と怒らせてしまったのはこの私である。
この場にて「この私がすべきこと」をし、中野様への正式な謝罪としたいと思っております。

この記事を書いたことで中野様への謝罪として頂けるのかは不明ですが・・・

中野様が「3つ」の「comment」をして下さっているので必見!!
Cuthona_pupillaeBaba1961
(中野様がスキャンしてくれた「コマユミノウミウシの原記載の図版」より)
「本州のウミウシ」をお持ちの型はp276下半分をご覧になって下さい。
そこに書かれている「特徴」を箇条書きで抜き出しました。

解説1:体地色は半透明な白色で、
解説2:頭部と背面は不透明な白い細点でおおわれている。
解説3:背側突起は短く丸みを帯びた紡錘形。
解説4:背側突起は先端が白く、
解説5:その下にも白い色輪がある。
解説6:口触手と触角の中程には、ほぼ常に淡い褐色の色輪がある。

この6つの解説を何度も読みながら、上記の「コマユミノウミウシの原記載の図版」と、
「本州のウミウシ」p276下半分の画像2枚とを見て欲しい。
完全に「解説通り」だ。特に「解説2」に注目。

この条件に当てはまる「画像」をウミウシ図鑑.com 「コマユミノウミウシ」を探してみた。
(見て分かる範囲で)完全に当てはまるものは、まずはこの画像
ウミウシ図鑑 I☆S l_24549
(I☆S さんから画像をお借りしています。)
I☆S さんは「正面でなくてスイマセン。」とコメントしているが、
解説2:頭部と背面は不透明な白い細点でおおわれている。
を、見事に表現できている。
次に、

ウミウシ図鑑 とよへい l_12615
(とよへいさんから画像をお借りしています。)
とよへいさぁ〜っん!お元気ですかぁ〜?
この画像も見事に、解説2:頭部と背面は不透明な白い細点でおおわれている。を表しています。



一方、私の画像はどうかと言えば、
M0016717●メデタミノ-c-m800-sp
M0016719●メデタミノ-c-m800-sp
解説2:頭部と背面は不透明な白い細点でおおわれている。は無く、
触角下辺りに「明らかな白いライン」が入っている。

こんな時こそ
「ゴスデスレンス大図鑑」
(INDO-PACIFIC NUDIBRANKHCS AND SEA SLUGS)を
見よう!と思い、
「本州のウミウシ」に書かれている学名
「Cuthona pupillae」を調べて見たが、
その名前は無かった。

(Cuthona のほとんどが「sp*」で表現されてしまっているのが残念)

中野様は他の専門誌や学会などから「Cuthona pupillae」という名前を探し出したのだろう。

大変な苦労が忍ばれる。

(不鮮明ながら)私の画像には、
解説2:頭部と背面は不透明な白い細点でおおわれている。がない、
それだけではなく、
触角下から胴体にかけて白いラインがある。

これと同じ特徴を持つ画像をウミウシ図鑑.com 「コマユミノウミウシ」で探してみた。
コマユミノウミウシ のトップ画像になっている
ウミウシ図鑑 けろ l_28686
(画像はけろさんからお借りしています。)
これと、
ウミウシ図鑑 伊豆人 l_22857
(画像は伊豆人さんからお借りしています。)
の2枚は、私の画像ととてもよく似ている。

「解剖学的」「DNA的」にどうかと言われても私には分からないが、
「ゴスデスレンス大図鑑」
(INDO-PACIFIC NUDIBRANKHCS AND SEA SLUGS)には
私達の画像とそっくりな画像が紹介されている。

「ゴスデスレンス大図鑑」を持っている方はp365右上の
「Cuthona sp.15」を見て欲しい。我々の画像の特徴をもっている。
「ゴスデスレンス大図鑑」の説明文を 和訳 掲載してみよう。
(専門用語が多くて翻訳できなかった・・・)

Identification:
Body translucent white with a dense covering of opaque white. Cerata covered with opaque white but have interruped areas of translucence.
A subapical with yellow and the red bands.


中野様が翻訳して下さった。m(_._)m
(便宜上、番号をふらせて頂きました。)

体色は半透明な白色で、
不透明な白い点で密に覆われている。
背側突起も白い点でおおわれているが、
途中に半透明なエリアがある。
背側突起の先端の直下に黄色と赤色の色輪がある。


中野様の「論文」が無事に終わり、
中野様に研究時間ができるかどうかは定かではないし、
私がこの2種のウミウシ(最低2個体ずつ)を採取できるかどうかも定かではないが、
浮島サンセットリゾートの高橋さんにも協力してもらい
中野様に同定して頂ければと考えています。
「新種発見」となればいいのだが・・・

※是非、中野様の「comment」↓↓↓ ご覧になって下さい。

divermasa at 03:17|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年10月11日

コイボちゃんと「newコイボ」??

久しぶりだったのでコイボちゃんも撮ってみました!
M0016630●コイボ-c-m800-sp

この子は「new type」??と思ったけど、高橋さんに聞いてみたら
「フリエリイボウミウシのカラーバリエーション。まだ色が出てない個体」とのお返事・・・
まだ色が出ていない子供もいるんだ・・・反省・・・
M0016704●コイボとちゃうのか?-c-m800-sp



divermasa at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年10月10日

オオモン(?)ケロ??

M0016712●オオモン?カエルアンコウ-c-m800-sp
M0016714●オオモン?カエルアンコウ-c-m800-sp

これって「オオモン?ケロ」???
見事に擬態していました!!!!

divermasa at 04:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

浮島<通称>「メデタミノ」

M0016716●メデタミノ-c-m800-sp
M0016717●メデタミノ-c-m800-sp
M0016719●メデタミノ-c-m800-sp
はやく "しっかりとした和名" が付かないかなぁ〜

もしかしてもしかして、これって「本ウ」p276の

「コマユ ミノウミウシ (by ウミウシ図鑑.com)」

かなぁ〜(^^:

divermasa at 03:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

全くダメダメ撮影の「オトメミドリガイ」

M0016692●オトメミドリガイ-c-m800-sp


divermasa at 01:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

上手に撮れなかった「ハクセンミノ」

M0016721●ハクセンミノ-c-m800-sp

ん〜なかなかうまく撮れないなぁ〜(^^:



divermasa at 01:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

極小ユビ!(笑)

M0016694●ユビ-c-m800-sp
ちょう小さい「ユビウミウシ」君です。
この画像を見ると「マクロの感が戻っていないなぁ〜」と感じます・・・


divermasa at 01:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年10月09日

「千姫」ちゃんです!「琴姫」ちゃんではありません!(笑)

M0016675●センヒメ-c-m800-sp
「センヒメウミウシ」・・・この子もかなり久しぶりだなぁ〜


divermasa at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

アカテンミノ・・・久しぶりぃ〜(*゚▽゚)ノ

M0016667●アカテンミノ-c-m800-sp
ウミウシ図鑑.com 投稿画像

「アカテンミノウミウシ」君!
まさか会えるとは思っていなかったので超嬉しいです!!


divermasa at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ヒブサミノ・・・相変わらず「俊足」だった・・・

M0016642●ヒブサミノ-c-m800-sp
俊足の「ヒブサミノウミウシ」君。


divermasa at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ナイトで見つけた「ミアミラ」の子供!

すっごくちっちゃかったけど可愛かったよぉ〜(*゚▽゚)ノM0016700●ミアミラ-c-m800-sp


divermasa at 03:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「キャラメル」好きなA子とB子!(笑)

こっちは「シースラッグホール」のキャラメルA子ちゃん!
M0016658●キャラメル1-c-m800-sp

こっちは「ドラゴンホール」のキャラメルB子ちゃん!
M0016681●キャラメル2-c-m800-sp

ふたりともとっても可愛いヨ!!

divermasa at 03:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック