みなさま
ようこそ
おはようございます

横浜.妙蓮寺
ダイビングショップ セブン
さんの
ブログへようこそ

今日の横浜は気温10℃/4℃
くもりの予報です


さて、今日は
「カエルアンコウ」をご紹介しましょう


えっ また

と、言ってしまったひとは
Diary of SEVEN7をよく読んでいる方ですね

カエルアンコウ大好き
ってダイバーさんたちも
ちょっと・・・
と、押し黙るカエルアンコウさん

その名は「ソウシカエルアンコウ」と
「オオモンカエルアンコウ」

普通のカエルアンコウと
何が違うかと言えば

「大きさ」が違います

とてつもなく違います

体調は雄に30cmを越える迫力
2006年  セブ島30001

オオモンカエルアンコウは
正面から見るとスリムですね~

2006年  セブ島30002

ソウシカエルアンコウは
正面から見てもデップリ

「ソウシ」とは「草紙」と書くそうで
「デタラメな線を書きなぐったようである」
という意味だそうです

そのさらなる意味は
「海藻に擬態してわからない」
ということらしいですね

2010年11月・串本ツアー・ダイビング編0216

でも・・・

デカ過ぎてすぐわかります(笑)

2010年11月・串本ツアー・ダイビング編0217

セブンさんほどのダイバーともなれば

初めてソウシやオオモンを見せてもらったとき

「カエルアンコウ」って
こんなに大きくなるんだぁ~

って、頭の中は

蝶々と鳩とウミガメが飛び交う
パラダイス状態でした

2010年11月・串本ツアー・ダイビング編0271

この巨大カエルアンコウたちは
もちろん伊豆の海でも
見られることはあるのですが・・・

セブンさんが今まで見たのは
オオモンカエルアンコウが
フィリピンはセブ島の
モアルボアルという海域


そうしかえる
和歌山県は串本で撮影したものです

最初、指さされても
全くわかりませんでしたが
インストラクターたるもの
「見る目を磨く」ことは大切です

その後は、指をさされて
数秒後に認識出来るようになりました

ソウシカエルアンコウと
オオモンカエルアンコウ

実際の見分け方は
「胸鰭の先端」だという話です

いずれにせよ
マジで大きくて
存在感バッチリですから
今シーズンに見たいものですね

では、またぁ~ キラキラヽ(゚◇゚ )ノキラキラ

最新情報はこちら
横浜.妙蓮寺セブンHPへ 

Have a Good-day 
クマノミ クマノミ クマノミ クマノミ クマノミ クマノミ クマノミ

人気ブログランキング参加中
ワンクリックしてくださいね


ブログ村にも参加中
ワンクリックお願いしますね

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングショップ・スクールへ
にほんブログ村

IKEA_Charlotte_youtube


資料請求は問い合わせホームからどうぞ