2008年11月09日

ワンコとスモールトーク♪

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



dixie1996 at 15:47│Comments(13)ワンコの世界 | カーミングシグナル

この記事へのコメント

1. Posted by コロンコ   2008年11月09日 20:20
こんばんは!私のチュチュの音は相変わらずいまいちですが、それでも少し反応がよくなってきました!この調子で楽しみながら毎日練習していきます。ありがとうございます!
2. Posted by グラ   2008年11月09日 20:30
クンクンに夢中な時、後ろに回って近いところからチュッチュで後ろ歩きですね。
3メートルリードでも、あまりに熱中していると反応が遅い時があるので、ボニちゃんにやってみて記事にします。
手の平名刺は効果的ですね。
母にも教えましたが、ボニちゃんは1回匂いをかいだだけで満足しました

3. Posted by こーすけ   2008年11月09日 20:49
おおっ! うちのしぅがいつの間にか、Eggiさんの恋人に昇格してるっ!!(笑)
えっと・・・ 実はいただいたこの迷子札。 小話がございまして・・・(苦笑)
いただいてしぅに着けた何週間か後、いつの間にか迷子札が迷子になりまして・・・(^^;
迷子になった迷子札。失くしてしまったなどと、Eggiさんに言える訳もなく途方に暮れていたところ、何日かの後、拾ってくれた親切なおじさんが届けてくれました。(汗)
違う意味で、威力抜群です。(爆)
皆さん、この機会に是非応募して、プレゼントしてもらいましょう!!
4. Posted by ルビー   2008年11月09日 23:46
Eggiさん、Dixieちゃん
こんばんは。
↑こーすけさんの小話、凄いですね本当に威力抜群だわ〜〜。

私もマリンポピにつけてあげたかったなぁ〜
でも今は可愛い羽根をつけているから、良しとしますね

先日、私もちょうどEggiさんにお聞きしました。
見えないポピーにどんなシグナルを送れば良いのか・・・
パチパチが見えないって
じゃあ、どうしたらいいんだろう・・・疑問でした。

EggiさんとDixieちゃんの素晴らしい信頼関係ですね。

マリンのときは、手を叩いて誘導していました。

マリンとポピーの見えないは全然違うんですよぉEggiさん。
不思議です。

ポピーは、手を叩かなくても歩いていましたから。しかも家具にぶつかったことは無いんですよね。

最初のころ、40〜60分くらいずっと歩きまわっていたのが
家の中の構図を知るためのポピーのシグナル?(って言うのは不適切ですか)だったのかなって、今になってそうおもいます。

でも、Eggiさんのおっしゃるとおり
認知症の前兆ってこともあると私も思います。
徘徊するようになる前に
何かしら前兆があるはずですよね。

あれ?また話がそれてきました。
ごめんなさい。
明日は早いので、今日は寝ますね。

お休みなさい〜
5. Posted by オリーブ   2008年11月10日 12:34
Eggiさんこんにちは。

この記事は私の質問への回答の一部とのことありがとございます。
なのにコメント遅くなってすみません。
(今拝見しました

さて〜、クンクンや他のことに夢中になっていても呼ばれれば指示に従い(こういう表現はEggiさんお好きじゃないでしょうか(^_^;)戻ってくる。素晴らしいです!

これはやはり押しつけの(強制訓練)ではなく、ママが呼んだから行かなくちゃ!とワンコが思えるオーナーとの信頼関係が確立していなければこうはならないですよね〜。
6. Posted by Eggi   2008年11月10日 15:07
コロンコさん、お早うございます

『チュチュ』の音に、余りこだわり過ぎないで、
本当にワンコとゲーム感覚で楽しんでくださいね。
肝心なのは、ワンコとのコミュニケーションです。
あの音は、参考のためにアップしただけですからァ〜
7. Posted by Eggi   2008年11月10日 15:13
グラさん、お早うございます

> 3メートルリードでも、あまりに熱中していると反応が遅い時があるので、ボニちゃんにやってみて記事にします。
文章だけでは判り難いかとも思いましたので、今日は図面で説明し直しました。
ボニちゃんとの実験フィードバックが楽しみです

> 手の平名刺は効果的ですね。
> 母にも教えましたが、ボニちゃんは1回匂いをかいだだけで満足しました
こんなに簡単な事で、ワンコの欲求が収まって落ち着いてくれますから、ワンコに命令したり、叱ったりなんてする必要は、本当にありませんよね

はやく、愛犬家の皆さんに知ってもらいたいです…

8. Posted by Eggi   2008年11月10日 15:17
こーすけ父ちゃん、ご機嫌いかが?

> おおっ! うちのしぅがいつの間にか、Eggiさんの恋人に昇格してるっ!!(笑)
しぅー君、迷惑がっていたりしてねェ…

なんだか、これは、もろに《こーすけ節》の可笑しい(ホノボノ)エピソードですねッ
でも、見つかって良かったです。
これも、しぅー君の日ごろの行いが良いからよねッ
9. Posted by Eggi   2008年11月10日 15:30
ルビーさん、お早う〜

> ↑こーすけさんの小話、凄いですね本当に威力抜群だわ〜〜。
ねッ、何だか心温まるエピソードですよねッ。

> 見えないポピーにどんなシグナルを送れば良いのか・・・
> …どうしたらいいんだろう・・・疑問でした。
信頼関係以外には思いつきません。
呼んでも戻って来ないワンコやリードを強く引いてしまうワンコが、Dixieのように盲目難聴になったらって考えると、ちょっと悲壮な気分になってしまいます

> マリンとポピーの見えないは全然違うんですよぉEggiさん。
この違いは、マリン君はルビーさんが庇いすぎたので《自立心欠乏気味》で、ポピー君は今までの境遇が《幸い》して、自立心が養われていた結果ではないかしら……と思います。

私は、身体障害犬のDixieが可哀想でも、なるべく自分で考えて行動できるよにカバーしています。
時々、可哀想で抱っこしてあげたくなりますが、グッとこらえて『こっちよ〜』とか『危ないわよ〜』の意味を込めて、リードの張り加減を調節してコミュニケーションをとっています。
最近は、Dixieもその《リード張り》のシグナルにも慣れてきて、とっても上手く反応してくれます。
私はもう、鼻高々です〜

10. Posted by Eggi   2008年11月10日 15:38
オリーブさん、お早うございます

> この記事は私の質問への回答の一部とのことありがとございます。
はい、きっと他の方も同じような経験があるだろうと思いましたので、記事にしてアップしました
オリーブさん、ソース提供ありがとう〜

> さて〜、クンクンや他のことに夢中になっていても呼ばれれば指示に従い(こういう表現はEggiさんお好きじゃないでしょうか(^_^;)戻ってくる。素晴らしいです!
私は《犬は命令に従うべし》思想に反感を持ちますが、
でも指示は寛容範囲でだと思います(

> これはやはり押しつけの(強制訓練)ではなく、ママが呼んだから行かなくちゃ!とワンコが思えるオーナーとの信頼関係が確立していなければこうはならないですよね〜。
はい、オリーブさん、
ルーク君とこのような関係が築けたら、また穏やかな日常が戻って来るだろうと思いますよ〜
11. Posted by オリーブ   2008年11月10日 17:09
こんにちは。

↑でへんてこな日本語、すみません(^_^;
ありがとうございます。って打ったつもりだったのに〜。

私も最近自分の気持ちがハッキリ見えてきました。
>《犬は命令に従うべし》思想に反感を持ちますが、
私も同感です。ですが今までは
疑問を持ちつつもコマンドに従うべきであり、そうあるもので「そういうもんなんだ」とずっとそう思ってきました。
でも随分前から本当はそうじゃないって気がついていたんです、きっと。

一度のコマンドで機敏に従ううちの子を自慢に思ってきました。
でもちょっとズレがありました。
その部分を見て見ぬふり・・・というか臭いものに蓋をする自分がいました。
Eggiさんのブログやメールでのやりとりでようやく目をつぶってきたことを認めることができました。
緩いリードのお散歩もその一つです。

Eggiさんは犬に(敢えて犬という言い方をします)
しつけをしたりいわゆるトレーニングをすること
(人間社会で生きていくためのルールやマナー、身につけておいた方が良いと思われる所作、お座りとかマテとかおいでとか)を否定しているのではなく、その方法、やり方に警鐘をならしているのでは思う今日この頃です。

私が感じた事ですが、もし間違っていたらどうぞ訂正してやって下さいませ(^_^)

>また穏やかな日常が戻って来るだろう
えへへ〜。
お陰様で基本的には穏やかに毎日過ごしています。
吠え声、鳴き声を一度も聞かない日の方も多いですし。
でも問題点アリなので是非改善して
より良い、穏やかでハッピーな毎日を過ごせるようにEggiさんの手助けを必要としています

12. Posted by Eggi   2008年11月11日 12:52
オリーブさん、お早うございます
(原稿が仕上がらなくって催促がきています。。。メールの返信もうちょっと待ってくださいね)

私は犬と一緒に成長しました。
変な言い方ですが、歳の離れた末っ子の私には、犬は妹弟分だったんですよ。
《命令しなくっても犬は良い子》って考えは、私が幼児期から持つ感覚ですから、使役犬協会でも、その態度は変わりませんでした。
Dixieは《服従訓練の試験》にもパスしていますし、ドッグスポーツでは心臓病が発覚するまでは金銀メダル、トロフィー受賞ワンコでした。
でも、私はDixieに訓練したのではなく、いつも《幼稚園のお遊戯会の振り付け練習》的感覚で楽しんでいましたよ。

Dixieのマナーの良さは、使役犬協会で訓練した成果ではなく(前の愛犬ビビもマナーの良い子でした)私達の日常生活で培われた信頼関係の賜物です。
警戒吠えもありません、
テリトリーの防衛行為もありません、
トイレの失敗の悩みもありません、
狩り癖もありません(ビビはテリアでしたが…大丈夫でした)
リードは引きません
呼べば戻ってきます
これ等↑↑↑をひっくるめて、ワンコに《穏やかな日々》と譬えました。

> より良い、穏やかでハッピーな毎日を過ごせるようにEggiさんの手助けを必要としています
きっとね、ルーク君もほんの些細な変化で穏やかな日々が戻ってくると思うのです。
ただ、私が自分で一緒にお散歩に行ったり家庭訪問が出来ないので、一般論でしかお手伝いが出来ません。
これがとても辛いところです
>

13. Posted by オリーブ   2008年11月11日 13:06
こんにちは。
メールのお返事は気長にお待ちしていますから気になさらないで下さいね!

Dixieちゃん、大活躍の時代があったんですね!
共感覚えます〜。


>私達の日常生活で培われた信頼関係の賜物です。
ここ、ここが重要ですね!
勉強もできて、マナーも備わっていればいう事なしです♪

>一般論でしかお手伝いが出来ません。
>これがとても辛いところです
いえいえ、こうして色々役立つヒントを教えていただくだけでこちらも頑張れるってもんです(^^)

コメントする

名前
 
  絵文字