2009年01月20日

リハビリって何だろう。。。

これは、予約投稿記事よ〜
Yukoさんのサイト、猫とボサノヴァの記事 
「ペットブームの光と影 Vol.5」 〜下町ノラ猫事件簿〜 を紹介しますね。
TV番組を見逃した二本足さん、ここで動画が見れますよッ

今日はね、リハビリについて、ちょっとだけおしゃべりねッ



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



dixie1996 at 00:05│Comments(18)リハビリとトレーニング 

この記事へのコメント

1. Posted by ちゃこぽん   2009年01月20日 00:30
こんばんは〜。
Eggiさん、早くPC治って戻ってくるといいですね・・・☆
ちょっと違うかもしれませんけど、
Eggiさんのブログを読んでストレスについて考え始めた頃、
圧力鍋の圧が抜ける時の音に対して、かりんが狂ったように吠え続けていたんです。
最初は慣れさせようと思ったんですが難しすぎて諦めました(笑)
諦めて、新しい(音がほとんど出ない)圧力鍋を買ったんです。
買い換えるまでは慣れさせる練習をすればいいかな?と思ったりもしましたが
今日の記事を読んで、買い替えて良かったのかも・・・とちょっとホッとしました。
出来ればかりんがいるところで圧力鍋は使わないのが一番良かったのでしょうけど
犬たちのごはんを作る鍋なので、使わないわけにもいきませんしねぇ
おかげさまで、新しい圧力鍋だと音が出ないので
吠えないどころか気付いていないみたいです(爆)
2. Posted by オリーブ   2009年01月20日 11:53
こんにちは。

犬がストレスを感じるほど怖がるものに対して
何が何でも慣れさせる必要はないと思うのです。
もちろん、その事柄にもよりますけれど・・・。

場合や状況によっては、慣れさせるのではなく「回避」することで解決できそうなこともありますしね。
我が家の場合ですが、以外とそうこうしているうちに「怖がらなくなった」という副産物が得られた経験がありますよ
3. Posted by オリーブ   2009年01月20日 11:54
あれ〜!なんでネコちゃんが〜!?
本当は「得られた経験がありますよ」だったのに(^_^;
4. Posted by チャーチャ   2009年01月20日 17:22
こんにちわ、Eggiさん

チャチャが恐怖でパニックになった時、噛み付くのは必ず“手”です。
人は大好きなのですが、触られると怖くてガル・・・
最初は必死で慣れさせようとしましたが、発作が起きるようになってからは、やめました。
私たち家族とチャチャが穏やかにストレスフリーで暮らして行ければ、他人や他犬に無理になれさせなくても良いかなと思い、今では散歩中声を掛けていただいて挨拶をさせて頂いても(犬同士)訳を話し触る事は止めていただきます。
不意に聞こえる音にも怖がりますが、これは散歩中、声掛けやご褒美で克服中です。

5. Posted by ルビー   2009年01月20日 17:53
Eggiさん、Dixieちゃん
こんばんは。

PC早く退院できますように。
今日のおしゃべりは、ドッグカフェを思いながら拝見しました。

これは今度、メールで書いてみますね。

今年の寒中見舞いに動物愛護について書いてみましたら、
私の先輩先生や恩師からは
応援のメッセージが次々と届きました!!嬉しいです。
Eggiさんとモカ王さんのブログURLも紹介したので、みんなが訪問してくれていたら良いなぁ・・・
話がそれてすみません〜堯; ̄□ ̄A アセアセ

6. Posted by Eggi   2009年01月20日 18:38
ちゃこぽんさん、今日はァ〜

> 圧力鍋の圧が抜ける時の音に対して、かりんが狂ったように吠え続けていたんです。
はい、この記事は、とっても興味深かったので、
良く覚えていますよ〜
確か、ちゃこちゃんでしたっけ(?)
郵便屋さんの音に反応して、吠えちゃう頃のお話ではありませんでしたか?

>…諦めて、新しい(音がほとんど出ない)圧力鍋を買ったんです。
この処置は、田舎から保護されてきた、ストレスワンコさんに、
私が、引越しを勧めた動機と似ていますねッ

> 買い換えるまでは慣れさせる練習をすればいいかな?と思ったりもしましたが…
> 今日の記事を読んで、買い替えて良かったのかも・・・とちょっとホッとしました。
↑↑↑もし、引越しが不可能なら、条件の叶った、新しい里親さんを探した方が、ワンコの為です、って言い切ってしまう私ですし…
(勿論、よほど酷いトラウマワンコで、オーナーさんも悩んでいる方に限りますが…)

> おかげさまで、新しい圧力鍋だと音が出ないので
> 吠えないどころか気付いていないみたいです(爆)
ねッ〜
7. Posted by モカ王   2009年01月20日 18:57
こんばんは。

今日は朝からすごい雪です。
前日あまりに暖かい日だったので、雪が解けた上に新しい雪が積もり、重たい雪になってしまいました。
お陰さまで雪かき筋肉痛ですよ〜。
という話はいいとして。
ルビーさんありがとうございます。
たくさんの方がワンコ尊重主義を理解してくださるといいですね。
ワンコ大好き仲間がいろいろと応援してくれるのでありがたいです。
住宅環境って本当に大事なことですね。
日本の住宅は狭いのにもかかわらずものが多すぎるという悪循環。

↓のスプリッテン、シュナのおーちゃんがソラと猫の間をスプリッテンするんですから
そうそうエッギさん、我が家のモカとおーちゃんがお遊びでガウガウしますが、あれもストレスでしょうか?
ちょっと気になります。私はじゃれていると思って静観していたんです
8. Posted by Eggi   2009年01月20日 18:59
オリーブさん、
動画3種、只今ダウンロードが仕上がりました
後、4時間程でオフラインになりますから
(予定していた事が、まで終わっていません
お返事が出来るか判りませんが、PCが復活次第、最初にオリーブさんへの
お返事をしますからァ〜

> 犬がストレスを感じるほど怖がるものに対して
> 何が何でも慣れさせる必要はないと思うのです。
> もちろん、その事柄にもよりますけれど・・・。
良くぞ言ってくださいました、
当にこれなんですよッ

> 場合や状況によっては、慣れさせるのではなく「回避」することで解決できそうなこともありますしね。
ストレスの器は、見えないだけで、いつか必ず一杯になりますから、
ストレスワンコには、まず、恐怖の対象に慣れさせるよりも、
ストレスダウンが大事ですよね。

> 我が家の場合ですが、以外とそうこうしているうちに「怖がらなくなった」という副産物が得られた経験がありますよ
こういう事も数多くありますね。
でも、ワンコの世界を知ることで、確りと意図して行動していれば、
『あれッ、こんなはずじゃなかった…』なんて失敗は
免れますよねェ〜

オリーブさんも、すっかりワンコ尊重路線に
乗っちゃいましたしィ〜
9. Posted by YUKO   2009年01月20日 19:09
Eggiさん、こんはんは☆
「ペットブームの光と影 Vol.5」 〜下町ノラ猫事件簿〜の記事をリンクしてくださってありがとうございますm(__)m
日本はまだまだ地域猫活動が浸透薄いので、どんどん広がってくれる事を強く願っています!

ところで、、、
Eggiさんの今日の記事を拝見し、思ったのですが、
ワンコもニャンコも音には凄く敏感ですよね。
我が家でも、なるべく大きな音を出さないよう
気を付けて生活してます(^^)

あっ!ココアちゃんの里親募集のリンクも
ありがとうございます♪
Eggiさんやルビーさんの優しいお心遣いに感謝です…☆
では、また寄らせてくださいね〜!

どうもありがとうございました☆
10. Posted by Eggi   2009年01月20日 19:10
チャーチャさん、今日はァ〜

>…人は大好きなのですが、触られると怖くてガル・・・
> 最初は必死で慣れさせようとしましたが、発作が起きるようになってからは、やめました。
何度も言いますが、チャチャ君は、チャーチャさんの元へ来られたので、命拾いしたワンコさんですよねッ
有り難うございます
私もね、トラウマになっているワンコを、何も無理して慣れさす必要はないって思います。
そのコが、安心できる居場所を作ってあげて、安心できる人の側で、そっとして置いて上げて欲しいなって、思うことが多いのですよ

>…不意に聞こえる音にも怖がりますが、これは散歩中、声掛けやご褒美で克服中です。
そうですよね、チャーチャさん、
ワンコの負担を軽くしてあげる処置と、
そして、お家で、穏やかに過ごせる事だけが目標で、
それで良いですよねッ


11. Posted by Eggi   2009年01月20日 19:33
ルビーさん、ハリー ハロー

>PC早く退院できますように。
はァ、あと3時間半でオフライン…

> 今日のおしゃべりは、ドッグカフェを思いながら拝見しました。
> これは今度、メールで書いてみますね。
ルビーさん、ドッグカフェーで、
ストレスワンコさんを見ちゃったのかしらァ…
あれって、ワンコのシグナルが読めて、ストレスが伝わってくるようになると、見ているだけで辛いでしょう…

>…応援のメッセージが次々と届きました!!嬉しいです。
> Eggiさんとモカ王さんのブログURLも紹介したので、みんなが訪問してくれていたら良いなぁ・・・
どうも有り難う〜、ルビーさん
はい、確かに、昨日と今日は、訪問者さんの数が増えていますよ〜
これは、きっと、ルビーさんの努力のお蔭ですねッ

これからは、ルビーさんの応援に答えるためにも、
読んでいて楽しく、そして、お勉強にもなるブログになるように、
もっともっと、努力しないといけませんねッ


12. Posted by Eggi   2009年01月20日 20:08
もか王さん、今日はァ〜

> 今日は朝からすごい雪です。
ウイーンは、昨日まであった雪がグジョグジョになっています。

> お陰さまで雪かき筋肉痛ですよ〜。
雪かき作業は、重労働ですよねェ…
家は、大家さんが雇った企業がやってくれますから、助かってます。
もし、雪かきしないで、家の前で、誰かが倒れて怪我をしたら、罰金と損害賠償で酷い目に遭いますしね

> ルビーさんありがとうございます。
> たくさんの方がワンコ尊重主義を理解してくださるといいですね。
本当に、ルビーさんには感謝ですよねェ

> ↓のスプリッテン、シュナのおーちゃんがソラと猫の間をスプリッテンするんですから
同じ敷地内に住む動物同士ですと、
種族が違っても、スプリッテンして、喧嘩を止めさせる事があるようですね。
YouTubeの動画をファイルしてあったのですが、見つかりません

> そうそうエッギさん、我が家のモカとおーちゃんがお遊びでガウガウしますが、あれもストレスでしょうか?
ガゥガゥしなければいけない事自体が、ちょっと考え物ですかね。

猫ちゃん同士がじゃれるのも、
もし、大人の猫がいたら止めに入るのかもしれませんし…
私は、何にしても、興奮が高まりそうな気配がしたら、止めに入ります。

Dixieとの引張りっこ遊びも、引っ張りながら『グルルルゥ〜』と
言い出したら、即、遊びを中止していましたよ〜

この場合の中止は、グルルルゥ〜をしてはいけないと、
教えるためではなく(興奮すれば、グルルルゥ〜はしますから)
単に、ストレスをあげない処置でした。





13. Posted by Eggi   2009年01月20日 20:17
Yukoさん、コメント有り難うございます

> 日本はまだまだ地域猫活動が浸透薄いので、どんどん広がってくれる事を強く願っています!
野良猫さんの数って、まだまだ多そうですね。
しかも、去勢手術をしていないコたちなら、その数も、増えるばかりですよね
本当に、日本人の動物愛護や動物福祉への意識が、
もっと高まってくれると良いですね。

>…我が家でも、なるべく大きな音を出さないよう
> 気を付けて生活してます(^^)
人間の耳よりも、はるかに性能の良い聴覚を持っていますもの、
動物達は、きっと辛いでしょうね。
Dixieが難聴になってから、新たに認識しなおしました。
少しぐらいの騒音なら、おっとり、まったりとしています。
以前なら、寝ていても『えッ、何』って感じで、
飛び起きていましたから

14. Posted by ピッピ   2009年01月20日 22:52
シュウのストレスについて、2人目の訓練士が指摘して下さって初めて、理解できました。それまではストレスという事を考えることすら思いつかなかった状態です。どうして手に咬みつくのかなぁ…と困っているだけでした。指摘して頂き、手からのご褒美を根気よく続けたことで、なんとか克服できました。ゲージも無くしてからのびのびしてますね。ストレス・リハビリに関しては環境を見てみないとなんとも言えないので紙面では難しいですよね
15. Posted by グラ   2009年01月21日 09:21
リハビリはイヌもネコもかかわることがあるので、いろいろ考えることの多いテーマです。
カレアちゃんの地下鉄嫌いの話は、とても印象に残っていますよ。
嫌いなもので回避できるものに無理に慣れさせる必要はありませんからね。
かだ、おっしゃるように、見極めが難しいです。
都会の騒音に慣れないまま成犬になったルルは、私と暮らすために騒音に慣れてもらい、あっさり成功しましたが、騒音の真っ只中で育ったボニちゃんが車を怖がったりと、単純じゃないんですね。
ご心配いただいているボニちゃんは、うちの近所のような環境ではなく、田舎で暮らしてもらいたいので、Doggy Lab の管理人さんにラブコールを送っているところです
近所で里親を探すなら、家慣れ(ふつうの家に入ったことがないので怖がる)や車慣れも必要になります。
なかなか展望がひらけず、非常に心が重いです
16. Posted by Eggi   2009年01月21日 18:58
ピッピさん、ここにも、コメント、有り難うございます。

>ストレス・リハビリに関しては、
>環境を見てみないとなんとも言えないので紙面では難しいですよね
リハビリに関しては、賛否両論…、
色々な専門家が、色々な意見を持っていますよね。

でも、私の場合は、
犬の専門家という、無機質な肩書きの前に、
いつも、ただの愛犬家としての自分がいます。

このブログは、
私のサイトですから、私の経験や知識、
それに伴う、自分なりの思想や思考を、
思うままに書き連ねていける場所ですもの、
これからも、
私のワンコへの想いのたけの全てを、
気負わずに、でも、率直に書いて行こうと思います。



私のワンコたちへの想いは、本物ですから…


この部分だけは、自信を持って、
大きな声で、叫べます
17. Posted by Eggi   2009年01月21日 19:48
グラさん、
PCの具合は、思ったよりも良好でした

> リハビリはイヌもネコもかかわることがあるので、いろいろ考えることの多いテーマです。

すでにお話しましたが、このサイトは、
一般の愛犬家さんを対象にしていますので、
ついつい書き過ぎて、誤解や錯覚が生まれてもいけませんし、
これで、かなり苦労していますよ〜

> 都会の騒音に慣れないまま成犬になったルルは、
>私と暮らすために騒音に慣れてもらい、あっさり成功しましたが、
>騒音の真っ只中で育ったボニちゃんが車を怖がったりと、単純じゃないんですね。

ルルちゃんの場合は、グラさんが正規の里親さんになって、
安定した日常生活が確立したから、成功した例なのでしょう、と思います。

> ご心配いただいているボニちゃんは、うちの近所のような環境ではなく、田舎で暮らしてもらいたいので、Doggy Lab の管理人さんにラブコールを送っているところです
> なかなか展望がひらけず、非常に心が重いです

ボニちゃんの場合は、非常に複雑ですよね…
保護されたワンコと言っても、院長さんが一応、
飼い主に当たるわけですから、
グラさんの一存では、ままならぬ事が有り過ぎますから。

私も、辛いなァと感じる部分がありますよ〜、グラさん…

続き…
18. Posted by Eggi   2009年01月21日 20:07
続きです…

この際、ボニちゃんに関しては、
ある程度、思い切ることも必要かもしれませんね。

院長さんが変わらなければ、現状も改善しませんし…

変な同情心だけで行動してしまうと、
返ってボニちゃんの負担になりそう…

動物福祉活動も、
割り切るべきところは、割り切って考えられないと、
成しえない部分が、ありますよねェ〜

そんな訳で、
私は、まだ、直接に行動は起こせません。

自分の弱さを知っていますし、
残念ながら、全ての子の援助が出来るほどの、
技量も財産もありませんし…

今、自分に出来るのは、
Dixieに、残りの時間を、
幸せ一杯に過ごしてもらう為の努力と、

Dixieのおしゃべりを通して、
ワンコへの想いを伝えていく事、

それぐらいしか、出来ません。

コメントする

名前
 
  絵文字