2009年05月15日

『Ist OK〜♪』後続編

やっぱり この記事 と この記事 を紹介したくなっちゃったから、追加しちゃうねッ

トイプーお早う〜
今日はァ〜、ワンコの社会科のお勉強のおしゃべりねェ〜
この社会化て意味はねェ、二本足さんの社会に慣れるってことなのよ〜

そしてェ、これってワンコにとっては社会科のお勉強だけど、
保護者の立場の二本足さんのお役目は、ワンコの社会化のお手伝いって意味だからねェ

この箇所は、犬の躾けはトレーニングでは出来ない! を、
頭だけで理解したつもりになるのではなく、しっかりと心で理解するのに重要なポイントなので、
くどいようですけれど、もうちょっと掘り下げてみます。
高名心旺盛で、自我実現の夢を子供に託す熱心なステージママが、愛すべき子供たちと
健全な親子関係を築けなかったり…
才能があって特技を身につけた子供達が、健全な社会生活が営めない大人に育ってしまったり…
(子供時代にスターになってしまった芸能人たちに多いですよねェ…) 
無理な強制トレーニングの末に、ますます悩めるようになったワンコさんの姿と重なりませんか?


もう 前の記事 で、私が自分の名前よりも先に 『大丈夫よ〜』 とか 『良いコねェ〜
を覚えちゃったっておしゃべりはしたでしょう〜
だから、お家に来てから一週間もしないで、私はもう、その声を聞いただけで嬉しくなっちゃって、
イソイソとお母さんの所に、ご褒美のオヤツを貰いに行くようなチビワンだったのよッ

これでまず、お母さんとお父さんへの社会性が完成したって訳よねッ

チビワンのころ最初の一週間は、お家の内外で聞こえる物音に慣れてェ〜
お家の中での、ワンコルールにも慣れてェ〜
そして、そしてェ〜
あんなに恐いと思っていたお父さんが
お母さんの優しく励ますような『大丈夫よ〜』の声で
とっても優しいんだって解ってからは
もう、お父さんが大好きになっちゃったのよ〜
上は私が生後9週間頃の時。黄色いシミは私のシーシーなの…でも叱られなかったよ〜

内外の音とは、自動車の音、ドアの音、呼び鈴の音、電話の音、インターフォンの音、
その他、もろもろの日常に聞かれる普通の音の事です


この、最初の一週間の間も、私はお母さんに抱っこされて、時々お外にも出て、
お家の周りを一周したのよ〜
お母さんは、歩きながら優しい声で『この場所は、あんたのトイレだからねェ〜』とか
あっちからワンコさんが来ると『ほらァ〜、ワンコさんだよ〜』って、私に話しかけてくれたの
そうやって、私は少しずつ、お母さんの腕の中で、お外の様子にも慣れていったのねッ

Dixieは、強気のビビとは正反対の恐がり繊細ワンコで、ブルブルと震えるし、毛はすぐに逆立つし、
歯を見せてグルルルと唸るコだったので、叱って乱暴な扱いをしたら、
このコは壊れしまって、凶暴な問題ワンコになってしまうと、私の本能が、常に警告を発していました。
しかも、その兆候があって、一度戻されたコですから、私もかなり神経を使いました

恐い……ガゥガゥ私が、少しお家に慣れてから、
他の新しい、お家のルールも
少しずつ、少しずつ、ゆっくりと
覚えて行ったのよッ
例えば、この掃除機とかァ〜
過去記事参照


道路で遊びたいワンコお散歩中に出会うワンコさんとのマナーだって
私はチビワンのころに習ったし
お母さんの左側を、リードを引っ張らないで歩くのも、
チビワンのころのお散歩の度に習ったし
いつも、お母さんが側に居て
『I〜st OK〜 Dixie、大丈夫よ〜』って、
優しく励ましてくれたし、私が上手に出来たら
『Dixie、良い子ねェ〜』ってお母さんが喜んで得意になって
ご褒美の美味しいオヤツをくれたから、だから、私は社会性の良く出来たワンコに育ったのよねッ

ワイワイワンコだってェ、私は『I〜st OK〜 大丈夫よ〜』の声を聞くと、とっても安心しっちゃって、
そして『良い子ねェ〜』の声には、もっともっと自信が湧いちゃうんだもん

私は、ドッグスクールへ行く前に、こうやって、普通のワンコマナーやワンコルールをお家で、
お母さんから教えてもらったのよッ(当時の私はただの愛犬家で、まだ犬の専門職には就いていません)
このワンコの社会科のお勉強は、チビワンの時にすぐに、お家でした方が良いのよねェ〜
おまけに、ドッグスクールの訓練内容って、本来のワンコの躾けとは殆ど関係がないし、
トレーナーさんだって、お家の環境が判らないんだから、ちょっと無理があるよねェ〜

もし、チビワンの頃の、正しい社会科のお勉強をしないで大人になったワンコさんなら、
どうか、チビワンのお躾けを見習って、もう一度、初めからやり直してみてねッ。
ワンコさんが覚えるのに、時間(説得)がかかると思うけど、でも、不可能じゃァないからねェ〜


公開記事に戻しましたので、続きはダブっています。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



dixie1996 at 12:50│Comments(6)Ist OK♪大丈夫♪ | ワンコの世界

この記事へのコメント

1. Posted by プラハ汁   2009年05月15日 17:01
こんにちはー。
今日の記事を読んで、コムギが来た頃の自分を考えて心が痛くなりました。
変な先入観から力が入りすぎて結果として厳しくしてしまっていたんですよね。

Eggiさんのようにに、優しくゆっくりと接してあげていれば私自身の心にもゆとりが生まれたいた事でしょうね。

でも、過去には戻れませんから、早い段階でEggiさんに出会うことができたことに感謝です。


2. Posted by レオンママ   2009年05月16日 04:39
こんにちは

リンクありがとうございます。
仕事が一段落したので、今頃になりますが
クールダウン
いち、にー、さーん

>練習熱心なステージママが、健全な親子関係を築けないのも…、

耳が痛いです。
服従訓練をするとレオンとの絆が深まると思ってました。

でも、接し方を変えてから、レオンの変化を見るのが楽しみになりました。
私のクールダウン必須ですけど。
3. Posted by もか王   2009年05月16日 08:22
おはようございます。

我が家のわんこは、内外車の音や近所の囁き声等は「大丈夫よ〜」と「お隣さんが帰ってきたの〜」とか言って数回のわんわんでおさえることができるようになりました。
ピンポーンはまだですが・・。
これもワンコの輪の仲間のサイトを見てちょっと試してみようと思っています。
おーちゃん以外はみんな大きくなってから我が家に迎えたので、わんこの世界のマナーを取り戻すために、手助けできたらいいなぁ〜と思っています。
毎日発見があって楽しいですよ〜
いつもリンクありがとうございます。
4. Posted by Eggi   2009年05月21日 17:39
プラハ汁さん、お早う〜

今日は、こちらは祭日ですが、プラハも祭日でしょう〜?
ウイーンは、とっても良いお天気ですッ

> 今日の記事を読んで、コムギが来た頃の自分を考えて心が痛くなりました。
> 変な先入観から力が入りすぎて結果として厳しくしてしまっていたんですよね。
現存の犬の躾け本に、《過去の先入観》が堂々と書いてあるのですもの、仕方ないですよねェ…

> Eggiさんのようにに、優しくゆっくりと接してあげていれば私自身の心にもゆとりが生まれたいた事でしょうね。
コムギちゃんは、まだ若いワンコだし大丈夫です、すぐに取り戻せますよッ。
プラハ汁さんから初コメントを頂いたのが、生後5ヶ月の頃でしたっけ?
あの当時は、私の言葉も説得力が少なかったかもしれません。
プラハ汁さんも、半信半疑で戸惑いの方が強かったのではありませんか?
多分、他の皆さんも似たようなものだったでしょうね。
でも、この2年の間に、ご自分で体験されたワンコのプラスの変化で、
心易しい親バカ仲間が増えるようになっていますから、
本当に嬉しい限りですよ〜
すぐに諦めないで、今までお付き合いくださったプラハ汁さんには、
本当に感謝です〜
5. Posted by Eggi   2009年05月21日 17:48
レオンママさん、コメントありがとうございます

> >練習熱心なステージママが、健全な親子関係を築けないのも…、
> 耳が痛いです。
> 服従訓練をするとレオンとの絆が深まると思ってました。
これもね、仕方がない事だったでしょう。
だって、世間一般がその様な古い考えに囚われていますから
何時の日にか、真の愛犬家さんんが増えますように、
そして、100%ワンコを尊重して、100%ワンコの目線で考えられる
愛情豊かなワンコ専門職が、日本にも生まれると良いですねッ。

> でも、接し方を変えてから、レオンの変化を見るのが楽しみになりました。
> 私のクールダウン必須ですけど。
ありがとうございます。
このようなフィードバックがあると、私は幸せ一杯になります
6. Posted by Eggi   2009年05月21日 18:03
もか王さん、今日はァ〜

コメ返しが、こんなに遅くなってしまってゴメンなさい

> 我が家のわんこは、内外車の音や近所の囁き声等は「大丈夫よ〜」と「お隣さんが帰ってきたの〜」とか言って数回のわんわんでおさえることができるようになりました。
良かったですッ

> ピンポーンはまだですが・・。
これは、私の経験ですが、大抵のピンポ〜ン反応吠えは、
オーナーさんの行動が誘発させているようです。
その事も念頭に置いて、もか王さん宅に適った、ワンコさんへの対応方を考案してくださいませね。
そして、ご褒美の種類やタイミングも、それぞれのワンコさんで異なる場合がありますから、1対1で真似をしないで、必ず、参考にする程度にしてください。
そして、まず自分のワンコさんを対象にした特製レシピー(方法)を考え出してくださいね

> おーちゃん以外はみんな大きくなってから我が家に迎えたので、わんこの世界のマナーを取り戻すために、手助けできたらいいなぁ〜と思っています。
> 毎日発見があって楽しいですよ〜
4ワンコさん、それぞれの歴史があって、それは楽しいでしょうけれど、でも、かなり大変そうでもありますよねェ〜
私はDixie一人で充分、考える事がありますから、
本当に、多頭飼いの皆さんには、いつも頭が下がります。

コメントする

名前
 
  絵文字