コンセントレーション を含む記事

2009年04月02日

ニャンコさん宅へ行って来たよ〜4.

トイプーお早う〜、それじゃァ、おしゃべりの続きねェ
クンクンでお部屋の探索を終えて落ち着いてきたテンダーちゃんと『チュチュ』と
コンセントレーションワーク、そして、そのバリエーションの練習をしたんだけど、
きっと、ニャンコさんは、隠れ場所から、ワンコさんを見張っていたんでしょうねェ

続きを読む

dixie1996 at 08:25|PermalinkComments(4)

2009年03月26日

スプリッテンと安全距離

トイプーお早う〜
今日のおしゃべりのテーマはね、ちゃこぽんさんの記事
から貰ったのよ〜
じゃァ、まず、下の一部転載を読んでみてねッ

犬たちと長いお散歩を楽しみました。
…ものすごく吠えるビーグル・ラブラドール・シェパードを飼っている
お宅があるのですが、その犬たち、家の玄関から門扉まで
3頭で突進してくるのですよ。
(歩道が狭くて大きくカーブを描いて避けるスペースがありません)
私はこの道を歩くのは嫌なのですけど、
かりんさんは1週間に1、2回程度この道を行きたがります。
そしてかりんさんが頑固なのでコースを変えられません(爆)
今日こそは突進する大型犬たちに向かって
かりんさんが吠えないように頑張るぞー!ということで
そのお宅の10mほど手前から少しリードを短めに持って、
かりんさんと、犬がいる門扉の間に
私が割り込むような配置で早足で歩くことに。
私が早足で歩くと、かりんさんも早足でついてきます。
で、ギャウギャウ吠えている大型犬たちを
見事にやり過ごすことが出来ました〜(^-^)//""ぱちぱち
次も同じようにやってみようっと。


『かりんさん、ちゃこぽんさん、やりましたねェ〜』

↓↓↓それで、思い出したのが、この写真なのよ〜
無視してトットと歩こう右の黒いワンコさんを《突進してくるワンコ》に、
左側のワンコさんを《かりんさんとちゃこぽんさん》って
想像してみてねッ

ちゃこぽんさん、その時のかりんさんのお顔は
←こんなではありませんでしたかァ〜

上の写真は、ワンコマナーの良い、ウイーンのワンコさんたちのシーンだから、
二本足さんの介入(援助)が無いけれど、
ちゃこぽんさんは、かりんさんのストレスがアップして、吠えない為の対策に、
10mほど手前から少しリードを短めに持って、
かりんさんと犬がいる門扉の間に私が割り込むような配置で早足で歩く

を試してみて、成功したのよねッ

ちゃこぽんさんの素晴らしい対処は、当にワンコたちのカーミングシグナルそのものでしょう〜

日本のワンコさんと日本の飼い主さんだって、ワンコの世界を尊重する心があって、
カーミングシグナルの上手な使い方を知っていれば成功しますよ、という良い例ですよねッ】


それから、これ↓↓↓は蜜柑さんからちゃこぽんさんへのコメントの転載ねッ。
なんか、良いな、スプリッテンが成功して。
こういうような状況で、間に私が入ると、鈴は覗くんです。
↑のライ麦さんのように、掃除機に対して間に入った時も、隙間から覗くんです。
とにかくスプリッテンに対しては、覗くんです。
家政婦かいっ! (もしくはあきこ姉ちゃん)って、突っ込みたくなる。
怖いなら覗かなければ良いのに。
あ、怖いもの見たさ???


掃除機が恐いそれで、これまた、思い出したのが、
←このお絵描きねッ
この絵は、この→過去記事用に描いたんだけど、
良かったら参照してねッ
もしスプリッテンしても、
ワンコさんが興奮しちゃってるとか《覗いて見る》時は、
そのワンコさんに必要な安全距離が
保たれていないから…だと思うのよッ

そんな時は、機転を利かせて、状況に応じて『チュチュ』とかコンセントレーションワークを使って、
ワンコさんに必要な安全距離の確保をしてあげてねッ

beegle-ani01ねッ、これでウイーンのワンコの輪賛同者さんのブログ記事
日本のワンコさんの為に、いかに重要な役割を果たしているのかが解っちゃうでしょう〜

だってワンコは、どこの国に住んでいても、ただのワンコにすぎないでしょう〜
カーミングシグナルもワンコの世界も万国共通だからね、私のおしゃべりの解釈の有無は、
お国柄というよりも人間性#なんだって証明してる訳だから、説得力があるでしょう〜
上記の#の簡単な解説です。
ウイーン人の中にも、《ワンコの世界》や《ワンコ尊重精神》が通じない飼い主さんが沢山います。
ワンコの世界やカーミングシグナルは、私の恩師のスクール(母国人同士の意)でも実行しています。
にもかかわらず、通じない人が存在するのですから、私は、やはりこれは、国民性が云々ではなく、
つまる所は、単に人間性の相違の成せる業だと感じています。


『その意味でも、賛同者の皆さま、改めまして、本当に有り難うございます』

最後に、おフランスのトップ君のお兄ちゃんワンコの貫禄を見てちょうだいね

トップ君のカーミングシグナルは抜群でェ〜す
後は、このチビワンちゃんが、確りと、トップ君から《ワンコマナー》を習えるように、
保護者役担当の二本足さんが、ワンコの世界を理解して、上手にカバーしてあげるだけで、
このチビワンも、素晴らしい貫禄ワンコに成長する事間違い無しッ
だって、トップ君がお目付け役ですもん

パリ組みのワンコさんと二本足さん、どうぞ宜しくねェ〜

日本のワンコさんと日本の飼い主さんにも可能です、という事を知っていただくために、
最近頂いた、〇〇さんからの報告メールの一部を、下の《続きを読む》に転載いたしました。

〇〇さん、咄嗟の判断でしたので、今回は、ご報告無しで失礼いたします

続きを読む

dixie1996 at 05:16|PermalinkComments(17)