『靴の収納棚 2』の続きです

『靴の収納棚 1』はこちら
『靴の収納棚 2』はこちら


③棚板取り付け
そして、いよいよ最後の工程 棚板の取り付けに入ります。
先ほど付けた棚受けに板をのせ、下側からビスで打ち込んでいくだけですが、
うちの場合、天井が斜めになっているため上の板は切って多少短くしないといけません。
今回、針葉樹合板(910×1820)をホームセンターであらかじめカットしてもらって
1枚から 縦300mm × 横1820mmを3枚とってもらい、合板2枚分 棚板6枚を取り付けましたが、そのうち3枚を約300mmほど自前でカットしました。
やる前は簡単に考えていたのですが、やってみると意外とまっすぐ切るのって難しいんです。
そう思うと、大きな一枚物の合板から切り出ししなくてよかった、ホームセンターのカットサービス(有料ですけどね)があって本当に良かったと思いました。

≪ちょっとここでカットサービスに関する情報を≫
ある程度のカットはホームセンターのカットサービス(何度も言いますが有料です)がおすすめです。
ちなみに、近所のコメリで1カット30円ですが、
1×4や2×4など細いものは何本かまとめて切ると1カットの分しか料金がかからなかったのでその辺を考えてお願いするとお得です。
今回の場合も合板2枚まとめて切っているので 30円×2カット=60円 と安価でできました。
でも、ネットなどでみるとお店によってまとめ切りでも1本づつ料金がかる場合があるので事前に確認が必要です。


④避難した靴を並べる
そして、棚が完成したらいままで乗り切らなかった靴を並べます・・・が!
あっという間に棚が埋まる・・・。
2017-05-24-18-24-43



2017-05-24-18-23-49


かろうじて一番上の段だけはものを置けるようになったけど、靴多すぎやろー



5、完成
ということで、今回の内玄関の壁に棚を設置の巻は終了です。
一番最初にも書きましたが、これが私にとっての初DIYでした。
道具をそろえるところから材料の購入など、「さあ、やってみよう!」と思ってから
実際に始めるまでネットなどで情報を集めたり、自分なりに頭でシミュレーションしたりで1か月ほどかかりました。
その割には、実質半日ほどで完成し、ちょっと拍子抜けでしたが、できた時の達成感は素晴らしかったです。
そして、嫁や子供たちの「すごーい」の声でより一層達成感が高まりました。
そのあとも一番下の娘が友達が来る度に
「これ、うちのお父さんが作ったんだよ。すごいやろー」
と自慢していたのがうれしいやら恥ずかしいやらでしたが、こんな思いもDIYでやったからこそなのだと嬉しく思っています。
これができてからすでに3か月ほど経ちますが毎日通るたびに自分でニンマリしています。
自分は下戸なのでできませんが、飲める方ならたぶんこれを眺めながら酒が飲めるのだろうと思います。
また、自分の家に穴をあけたりビスを打ち込むのも最初の一本を打ち込むまではドキドキでしたが、あとは快感すら感じます。
そんなこんなで、初めてのDIYでいままで味わったことがないいろんな感情を味わいました。

こりゃぁ、DIYやめられまへんなぁ!

もともと、機械いじりや電化製品好きの私。
DIYもライフワークとなりそうな予感です。
そして、実はこの後すぐに次回作を製作しました。
それもまた書いていきたいと思いますので乞うご期待!


『靴の収納棚 1』はこちら
『靴の収納棚 2』はこちら