<今までの記事>
「脱衣所にクッションフロアを貼る」
「靴の収納棚」




皆さんこんにちは。
今回の作品は「ロフトベッド1号」です

1、作ろうと思ったきっかけ
2、前準備
 a,設計
 b,材料
3、作業
 a,すのこ部分の組み立て
 b,脚をつける
 c,柵をつける
 d,梯子をつくる
4、完成



1,作ろうと思ったきっかけ
今回は私が2番目に作った子供用のロフトベッドをご紹介します。
以前にも書いた通り、DIYで一番最初に作ったのが内玄関の靴収納棚です。
こちらは壁に棚を付けただけの簡単なものでしたが、できた時の達成感がとても大きくて、また家族の反響もありDIYの面白さを知りました。
そして今回ご紹介するロフトベッドは、これを作りたくてDIYを始めたDIYのきっかけとなったもので、1番目の作品 内玄関の靴収納棚はこれのための予行練習にすぎませんでした。

そもそも、我が家は長男が個室で一部屋で娘3人は机を3つ置いた勉強部屋が1階にあり、3人で寝る寝室が2階に一部屋あります。
以前から娘が二部屋も使っているのが勿体ないので、どうにか一部屋に集約できないかと思っていたのですが、2階の部屋にベッド(または布団)と机を3セット置くのはスペース的にかなりきつく、
 
「どうにかならんかなー?」

と思案していろいろ検索したときに、この『ロフトベッド』というものに巡り合いました。
これならスペースを取らずにベッドと机が置けて、なおかつ3人それぞれがプライベートスペースをもてるようになるし!
早速ロフトベッドをアマゾンや価格.COMなどで物色してみると、パイプ製の安いもので2万円弱~木製の高いものは10万円以上するものもあります。
近所のニトリや家具屋さん、リサイクルショップをめぐっても大体おなじようなものでした。
正直、この時点では自分で作るという発想は全くなく、ひたすら安くて丈夫なロフトベッドを探していましたが、決定的なものは見つからずにいました。
そんなある日、たまたま見ていたテレビで森泉さんがDIYしているのをみて
 
「ひょっとしてロフトベッドも自分で作っているひとがいるかもしれない」
 
と、ふと思い検索してみたところ、あるわあるわw

roft9

ロフト5


ロフト6


roft8


roft7

ロフト2

こーんな感じでいっぱい出てきました。
ほかにも、欧米なんかのおしゃれなやつとか大掛かりすぎてちょっと無理っぽいものまでホント皆さん色々作ってらっしゃいます。
それを見て

「世の中にはDIYでこんな大きな物まで作る人がこんなに多いのか」

と驚きました。
その後も来る日も来る日もいろんなブログや紹介サイトなどをみているうちに自分で作ってみようと決心し、自分なりの構想をまとめていきました。



2、前準備
a,設計
基本、ずぼらな私はちゃんとした設計図は書きません。
手書きでちゃちゃっと書いて終わりです。
最初に載せた写真がそうですが、再度見ていただくとこんな感じです。
IMG_0244

 ・・・・

まずはサイズ。
細かいパーツを増やしたくないので、なるべくシンプルに。
寸法はこのように決めました。
 
●たて2m・・・一番上の娘の身長が160cmなので多少余裕をみて
●よこ1m・・・一般的なシングルベッドがだいたい90cmなのでちょっと広くして
●高さ1.5m・・・上の娘の身長が160cmなのでなるべく高くしたいのが、部屋の天井が2.5mなので寝るときに上半身が起こせる程度の高さは欲しいのでその2つの条件を考えて

次に構造を考えます。
①シンプルに脚の上に寝床となる「すのこ」を乗せるだけ。
②一番負荷がかかる「すのこ」のたての部材の下に脚が来るように。
③揺れを抑えるために脚を太く丈夫に。そしてたての真ん中にも脚をもう1本。
④足側に桟を付けて登り用の梯子に。強度UPも兼ねる。
⑤手すりは最後に付ければOK。
⑥壁際に設置するので壁側の手すりは要らない。

などの条件を考えて書いたのが上の図です笑



b、材料

前項で作成した図を元に必要な木材の長さと本数を書き出します。

今回は
 【1×4】2000mm 6本
     1000mm 26本
     600mm  6本

 【2×4】2000mm 2本
      1920mm 1本
      1590mm 4本
      1500mm 5本
       920mm 2本

となりました。(作業編で書きますが、後に本数が間違ってると判明!)
そしてこれをホームセンターで購入するのですが、無駄のないよう切り出し図を作ってみました。

ベッド切り出し

得意のExcelですが・・・

最初は値段の安い6尺で切り出そうと考えたのですが、長いパーツが多いせいか組み合わせをいろいろ考えた結果、12尺のほうが最終的に安く上がるので今回は12尺を購入することにしました。

そして、作業日の4日ほど前にこの切り出し図を持ちホームセンターへ。
もちろんmetabo御用達のコメリパワーセンターです。
以前も木材のカットはお願いしたことがあるのですが、今回はなんせ数がおおいので余裕をもって確認をした方がいいと思い余裕をもって4日前に行きました。
すると案の定2,3日は時間が欲しいとのことなのでその場で木材を選び、取りに来る日を伝えました。
木材もなるべく反りや節、割れの少なものを選び、代金を払いました。
ちなみにカット代金は切ってみないとわからないとの事なので取りに行くときに払うことに。
そして切り出し図と木材を預けその日は家路につきました。



ロフトベッド1号 2に続く