このお話はちょうど一週間前にうちの会社で起こった実話です。
嘘のような話ですが、本当にこんな手口で騙される人っているんだなぁというのが正直な感想です。
皆さんの周りにもそんな人がいたら先ずは「それ大丈夫?おかしいよ」と声をかけてあげてください。
みなさんが読んでくれることで騙されるのを一人でも未然に防げればと思いこのブログに書いています。


okane

***前回までのあらすじ***
私の職場の68歳のおんちゃんが急にガラケーにメールが頻繁に来るようになり、その頃から社長や同僚にお金を借りるようになった。 どうも海外宝くじの詐欺のようで、高額当選したので手数料を振り込めば大金が振り込まれるという手口らしい。 周りも止めたのだがおんちゃんは聞く耳を持たない。 さて、今後どんな展開になるか?

過去の記事








いままで、受信しかしなかったメール。
この日を境に急に送信するようになった。しかも一日に何回も何回も・・・。
そして社長や同僚にもまたお金を貸してほしいと言っているらしい。
(なぜか私には一度も言ってこないが。ん?)
そのたびにみんなが
「やめたほうがいい」
「警察に相談した方が」
と警告するも全く聞き入れないどころか、
「あと〇〇円振り込めば明日にはちゃんとお金が入ってくるから!
頼むからお金を貸してほしい。絶対!間違いないから!」
と興奮して懇願してくるという有り様だったらしい。

そんなある日、事件は起こった。

普段通り私が出勤すると、いつも従業員のなかでも一番に出勤するそのおんちゃんの姿が見えない。 8時出勤のところ、いつもは7時過ぎには来ているおんちゃん。 おかしいと思ったが、年に数回は寝坊することもあるのでその時はあまり気にかけずにいた。
ところが、その日は8時を回っても来ない。
周りに聞いても誰もまだ姿は見ていないという。
ちょっと嫌な予感がして携帯に電話してみたが
「電源が入っていないか、電波が届かないところにいます」
のメッセージが。
このままでは仕事にも支障があるので自宅に電話してみると本人が出た。
そしてこう言った。

「携帯電話は姉ちゃんに取り上げられた!
せっかく最後の段階に入って明日にもお金が振り込まれるのに!
もう、みんなが邪魔するで先方がお金振り込めないと言ってきた(もちろんメールで)!
もう全部終わった!!!
今から死ぬ!!」

そう言い終わるとガチャンと電話を切ってしまった。



・・・続く