DIY中部

DIY中部は、正式には中部地区DIYアドバイザー連絡会と言い、中部地区在住・在勤のDIYアドバイザーが集まり活動・研修をしています。 連絡先 k.k.fujita@canvas.ocn.ne.jp

DIY中部の集い 2017年第1回開催 4月12日


今年度、第1回目のDIY中部つどいを開催しました。

最初に、事務局からの報告事項です。

お陰様で、数年前からDIY中部に講座の講師依頼が続いており、会員の皆さんの協力で実施しております。
・ 今年の2月18・19日に、DIY体験広場で家族向けにDIYのアドバイスをしてきました。
・ DIY講座は、毎日文化センター・中央ライフカレッジが4月〜9月の講座が始まりました。
・ 岩倉市生涯学習センターで、DIY講座が5月から始まります。
・ 江南市古知野公民館からもDIY講座の依頼を頂いております。
・ DIY協会から、10月28・29日にDIY子供工作教室の講師依頼もいただいております。
・ その他、亀山市立公民館で、DIY講座を開催しますが、三重在住の西島さんにお願いをしております。

DSCF3992


会員からの近況報告等
会員の井田さんから近況報告がありました。
以下のブログを作成しましたので、見て頂ければありがたいです。
「DIYアドバイザー(かつじい3)の接客日記」はここをクリックしてください。

同じく会員の津田さんから、DIY講座で「ままごとキッチン」を製作した報告がありました。
生徒さんは、かなり長時間をかけてオリジナルな形で製作したとの事です。

ままごとキッチン
1buck-up 025_01


本日はセメダイン(株)様より建築用シリコンシーラントについての基礎知識を講義していただきました。
DSCF402800h00m00s00


以前にもセメダイン(株)様には接着剤についてご講義いただきましたが今回のシリコンシーラント製品は知っているようで知らなかった情報が満載。こんなにたくさんの種類があることも初めて知りました。
「セメダイン1液製シリコンシーラントは製品」はここをクリックしてください。


DSCF3995


分かっているようでわからない、まずは建築用シーリング材のの基礎としてシーリング剤とは?
目地に詰め物をして水密性、気密性を保持するのが目的です。
そして伸縮、たわみ、ズレに対応していることが特徴です。
一般に言われているペースト状、ゴム状のものをシーリング材、固定して形が定まっているものをガスケットと言うそうです。
DSCF4005


シリコン系シール材のサンプル。シリコン系は水密には優れていますが再充填の時には同じシリコン系しか使用できず塗装ができないのが欠点です。
最近は塗料が乗る変成シリコンの方が使い勝手が良いようです。しかし塗料が乗ると言っても例えば固い塗料に柔軟性の高いシーリング材では塗料が追従できずはがれることもあります。用途によって使い分ける必要があります。必要なときには一覧表で確認することも大事です。
「セメダインシーリング適材適所一覧」はここをクリックしてください。

DSCF4006




2面で接着されている事が大事です。溝状の場所にシールするときに奥まで充填し3面接着になるとこのようにたわむ事が出来ず亀裂の原因になります。
DSCF4010

アクリル板で作るタブレットスタンド

 2015年第1回DIY中部の集いで開催されたアクリサンデー衢佑旅嶌造杷櫃辰慎蚕僂妊織屮譽奪肇好織鵐匹できました。
「2015年第1回DIY中部の集いアクリサンデー講座」はここをクリックしてください。
DSCF7529


前回の「DIY中部の集い」(2016年第2回)で有川氏が披露してくれました。
DSCF7527


大きく書かれたKey numberは忘れなくて良いですね(アップは本人了解済みです)
DSCF7532


チェーンをはずして・・・。
DSCF7533


反対に折り返します。
DSCF7534


場所をとらずコンパクトに収納できます。
DSCF7536

オスモカラーを使いました。

昨年のDIY集いで、講習をしていただきましたオスモカラーについて、ちょうど探していた色がありましたので早速塗装をしてみました。

塗装の色は、オスモカラーカントリーカラー「鳥居色」2002本朱色です。
場所は、実家の隣にあります、お地蔵さんの手水舎(ちょうずや)です。

1 塗装前の状況です。
支柱部分は、風雨に晒されており塗料がめくれている状態です。
塗装前状況

支柱部分の拡大写真です。下地の塗料まで剥がれています。
塗装前詳細


2 塗料剥離後の状況です。
剥離作業は、ディスクサンダーで塗料サビ落とし用パッドの粗目#60を使用しましたが、塗装がししっかりしている部分では、目詰まりが早いです。
剥離は、支柱部分のみにしました。まだ、塗装がしっかりしている部分は、塗装面を少し荒らした程度です。
塗料剥離全体

支柱部分の剥離後の状況です。
塗料剥離拡大


3 塗装1回目
オスモカラーは、下地塗装は無しで1回目の塗装をしました。塗料の粘度が比較的高いので刷毛ダレが少ないと感じました。
塗料の粘度が高いのに非常に塗料の伸びが良く塗りやすかったです。
1回目塗装状況

破風部分の塗装です。よく見ると素材(木)の目とかが透けて見えます。
1回目塗装破風


4 塗装2回目
1回目塗装塗装から24時間以上乾燥させました。
2回目も同様ですが、非常に塗りやすいです。
2回目塗装完了

破風部分も1回目よりかなり色が乗っているのがわかります。
2回目塗装破風


今回、実験の兼ねて、塗装を剥離していない部分はそのまま上塗りしています。
今後は、同様のロウソク台なども塗装をしていく予定です。

明けましておめでとうございます。

DIY中部の会員のみなさん。

明けましておめでとうございます。

本年もよろしく、ご協力の程お願い申し上げます。
s-富士山波

  昨年の例会(11月)でお世話になりました、オスモ&エーデル様からお誘い頂きましたドイツワイン
  の試飲会に毎日文化センターの12月講座の後、加納、北川、藤田の3名で行ってきました。

  非常にいい雰囲気の中で、美味しツマミと共に、色々な話をすることができました。
  3人酒は嫌いな方ではありませんので帰りにはワインを購入して帰りました。
  写真はありませんが、大変楽しかったです。

 今年も、DIY講座が3月まで、毎日文化センターと中央ライフがあります。また、岩倉市からは上期の講座の依頼もありますのでよろしくお願いします。

今年も、皆さまにとって良い一年となりますようお祈りいたします。

                                DIY中部 事務局

DIY中部の集い 2016年第2回開催 11月15日

去る2016年11月15日本年2回目となるDIY中部の集いが開催されました。
冒頭、藤田事務局長より現在のDIY中部の活動状況について説明がありました。
現在、3件のカルチャーセンターでのDIY講座を引き受け有志の皆さんが講師として活躍しておられます。
DSCF7422


続いて松本氏よりマルチツールの使用方法や実例の解説がありました。
DSCF7431

「マルチツール使用例(靴脱ぎ)」はここをクリックしてください。

本日は,オスモ&エーデル蠅茲蠱翩営業所所長の吉田氏をお招きして知っているようで知らないオスモカラーの魅力を解説していただきました
DSCF7434


つづく
コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: