2006年04月

2006年04月28日

昨日の予告通り、今日は「気になる看板2」です。

ひらすな「犬にフンひらすな」
分かりやすく書き換えれば「犬にフンをさせるな」となるのかな?
goo辞書で調べてみると、「ひる」というのは、漢字で「放る」と書くようです。
僕の勝手な思い込みで、「ひる」は関西系の方言かと思っていたのですが、辞書にあるということは「ちゃんとした日本語」なのでしょう。(とはいえ「ひらす」ってのはどうでしょうか?)
そして、意味には「体の外に出す。排泄(はいせつ)する。産む」とあります。
まさか「産む」という意味までもっているとは知りませんでした。
ということは「子供をひる」は正しいのか?

ついでに言うと「いっかど」という言葉も方言かと思いきや、ちゃんと辞書に出てきます。
漢字では「一角」と書き「ひとかど」とも読みます。
「ひとかど」と言われるとわかりやすいですよね。

さて、昨日今日と「気になる看板」を特集?しました。
結論として(別に結論づける必要はないけど)、看板には「多少でも違和感を感じる表現を使う方が人の印象に残る」ということです。
「いいなあ」より「いやだなあ」の方が心に残るんですよね。

人生での過去の出来事もそうですもんね。
(無理やり含蓄のあるようなオチにしちゃいました)
dj_akashi at 23:04|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)日常 

2006年04月27日

ありがちな「気になる看板」ネタで恐縮です。

ギャーとある駐車場設備の使用方法を説明している看板です。
3.の「ギャーを入れる」が気になります。
今風に言うと「ギアを入れる」って事だと思いますが、これだと悲鳴を上げたくなります。

「ギャー!!」

「はーい。ありがとうございま〜す!ギャー入りま〜す!!」

〜明日の「気になる看板2」につづく〜
dj_akashi at 21:26|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)日常 

2006年04月26日

「でたあー!」ってのは、24日(月)のことです。

前日の23日(日)に美容室でカットをしてもらっている最中、目の中に髪の毛が入ってしまったのです。
すぐさま、スタイリストさんに毛を1本取ってもらったのですが、まだ目の中には違和感がありました。
「まだ、おる」
普段からコンタクトレンズをしているので「目に異物が入る」ことに慣れているとはいえ、この違和感はまた別です。
鏡ごしに探してみましたが、どっかへ隠れてしまったらしく見つかりません。
でも「まだ、おる」ことは確かです。
しかしながら、ここではひとまず探すことを諦めました。
他のお客さんも待ってるし、「いつか出てくるやろ」ってことで・・・。

それから、打ちっぱなしへ行ったり、風呂に入ったり、晩飯を食ったりした何時間かの間にも、何度となく「あれっ?」という違和感を感じます。
特にコンタクトレンズをはずして「寝床についたとき」には最も違和感を感じ、起き上がって鏡台の前で「目玉をグリグリ」して探しましたが、やっぱり見つかりません。
違和感は目の外側(めじり)にあります。

〜ピヨ!ピヨ!〜(翌朝になった効果音)

翌朝、仕事をしている最中に「あ、イタ!」とまたもや違和感を感じたのですが、その時の違和感は初めて「目の内側(めがしら)」に感じました。
鏡で見てみると案の定、髪の毛の先端が「チラッ」と覗いています。
ようやく、その姿を現したのです。
しかし、それから何度となく指でつかまえようとしたり、綿棒にくっつけて引っ張り出そうとしたのですが、全くうまくいきません。
おそらくコイツは「長い」のだろうと思いました。見えているのは「氷山の一角」なのだろうと・・・。

「仕事して。違和感を感じて。探して。諦めて。仕事して。違和感を感じて・・・」
の繰り返しの中、昼過ぎにようやく「髪の毛の先端を指でキャッチ」することが出来ました。

「でたあ〜!!」

け全長、4.1センチ。
(写真は拡大しすぎて、長いのかどうか分かりにくいですが・・・)
終わってみれば、その長さに驚きつつも「気持ち良さが勝った」事件?でした。
dj_akashi at 23:30|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)日常 

2006年04月25日

JR西日本の福知山線脱線事故から1年が経った今日、各テレビ局では特番が放送されていました。
この事件もそうですが、近頃の事件はすべて「金儲け」が起因しているように思われます。
「耐震偽造」
「ライブドア事件」
「米国産輸入牛肉」
「官製談合」etc
とはいえ、かく言う自分も仕事においては、日々「金儲け」に努めているわけです。
でも、最近はそんな考えが少し怖くなってきました。

「仕事」って何だろな?
dj_akashi at 23:21|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)日常 

2006年04月23日

いよいよ、ワールドカップ開幕まで残すところ2ヶ月をきっています。
今年も友人達と一緒に大画面で試合を観戦しながら、日本代表を応援して大騒ぎする予定です。
今年の予選リーグは非常に厳しい組み合わせなので、そう簡単には勝ちあがれないでしょう。(でも、その方が燃える!)
その中でも最も手ごわいのがブラジルです。
「ブラジルに勝ったらすごいなあ」と期待しつつも「やっぱり、ブラジルには勝てんやろうな」と思ってはいましたが、インターネットテレビ「GYAO」でのロナウジーニョを見て「ああ!これは絶対に勝てんわ!」と確信に変わりました。
「ええ!?CGちゃうの?」と思わせるような、ロナウジーニョのスーパープレイが見られます。(ちなみに「GYAO」を見るには登録が必要です。でも大丈夫、無料ですから)
とても人間業とは思えません。
こんなヤツに勝てるわけないやんか!?
dj_akashi at 23:26|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日常 

2006年04月19日

「ただの日記やろ?自分の日記を人に見てもらって何が嬉しいの!?」と言う人は、ほとんどがブログを書いていない人です。

と、たまにマジメなお題で書き出したはいいが、5行ほど書き出して「こりゃ、2・3時間かかりそうやな」と思ったので、急遽、手短にまとめることにしました。
だから、かなり言葉足らずだと思います・・・。

ブログを書くということは「自身を取り巻く人や環境、身の回りの出来事、自身の言動と考え方が客観視できる」ものだと思います。
人のブログを読むということは、「学ぶだけではなく、コミュニケーションする」ことだと思います。

これからは「パーソナルを売る」時代です。
今は個人が「プライベートと仕事は別だから」などと関わりを分けて生きられる時代ではありません。
また、社会において「自分が評価される」ということは、「他人が認める」ということです。
ならば他人(社会と人)とつながることが大前提です。
そのためにはまず「自らを開示する」ことから始まります。

まだブログを書いていない人は、すぐにブログを書いてください。
きっと、新たなフィールドと展開が目の前に現れてくるはずです。
そうすれば、冒頭のセリフなどは出てこないでしょう。

ブロガーの皆さんは、ブログによって何をもたらされましたか?
どうですか?

〜おまけ〜
人の悪口や陰口をついつい言ってしまう人!
そういう体質の人は、自らの名前をあからさまにしてブログを書いてください。
コメントもトラックバックも受け付けてください。
そうすれば必ず、今までの自身のあり方を見つめ直せるはずです。
(これは、僕を懇意にして頂いている某先輩宅に、匿名で「中傷はがき」が来ていたので、腹立ちついでに書きました)
dj_akashi at 23:48|この記事のURLComments(8)TrackBack(0)日常 

2006年04月14日

収録中は何とも思わずにしゃべっていたが、帰り道の車中で「あっ!やばかったかな!?」と気づいた発言があった。
時事ニュースの「消費者金融が業務停止」という話題から波及して、個人的な考えの上で「パチンコをするのは○○○○○○○だ!」と言ってしまった。
別に間違った発言だとは思わないが、何故やばいのかと言うと、当ラジオ局のスポンサーに某パチンコ屋さんがついているからだ。
「そんな事を気にする方がおかしい!」と思われる人もいるだろうが、しかしながら世の中はそういう理屈(カネを出すほうが強いという事)になっている。
大手テレビ局の報道にあっても、スポンサーには逆らえないのである。
それが「真の報道(ジャーナリズム)か!?」なんて問題は二の次、三の次なのだ。

まだ、この時点(14日23時)ではオンエアされてないが、明日の今頃は「怒られてる」かな?
というか、わざわざ自分から言う必要もなかったかな・・・。

ジャイアント・スイング

2006年04月12日

馬場俊英のニューアルバム「人生という名の列車(初回限定盤)」が着きました。
CDを買ったのはいったい何年ぶりなんでしょうか?
DJなどと言いながら、恥ずかし話です。

衝動的にamazonで買ってしまったので、もちろん嫁はこの事を知りませんでした。
今日、僕の留守中に着いた時に初めて知ったのでしょう。
代引きの料金を払ってくれていました。(ありがとう)

パッケージを手にした時は、子供のようにウキウキしました。
テニス帰りの風呂上りに、ビール(発泡酒)を片手に早速聴きました。

いやー、ええわあ。
ほんま。
格好ええわあ。

今、それを聴きながらブログを書いているので、文章がヘンかもしれませんが、ご容赦ください。

290ceab4.jpgさて、「列車」ではなく「バス」の話ですが、今日、新宮市で車を走らせていると、すぐ前にこんなバスが走っていました。
「全国一周バスの旅」と大きく書いています。
「へえ、そんなんあるんやあ。おもしろ〜!これはブログネタやあ」と、あわてて携帯カメラで撮影しました。
写真では小さすぎて見えませんが、「全国一周バスの旅」の下には「30泊31日」とありました。
仕事中にかかわらず、いや、仕事中だからでしょうか?それを見て、すごーく幸せな気分になりました。
誰が乗ってるんでしょうね?きっと、公私共々に余裕がある人達なんでしょうね。
バスは熊野速玉大社を後にして、三重県へと向かっていたので、今日の夜は鳥羽か伊勢あたりで滞在しているはずです。(勝手な想像です)
バスは札幌ナンバーなので、スタート地点を札幌とすると、この国道42号線は復路になるんでしょうね。
とすると後は太平洋沿岸を一直線!
ああ!これまた、ええなあ。

そんな優雅な時間が流れるバスの中で、車窓に映る景色を見ながら、馬場俊英の「人生という名の列車」なんか聴けたら、もっともっと最高やろなあ。
dj_akashi at 23:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日常 

2006年04月09日

今年3回目のラウンドは、何年ぶりかの紀南カントリークラブでした。
いつ以来か分からないぐらいに久しぶりだったので、ほとんどのホールを覚えていなかったのが新鮮でしたが、いずれのホールもフェアウェイが狭く、グリーンが速いので結構プレッシャーがかかりました。
特に16番グリーンではパーオンながらも上につけてしまい、これまたいつ以来かの5パットをやってしまいました。
しかしながらチップインバーディもあったりで、スコアは「45」「42」の「87」と上出来でした。

今日のメンバーは高校の同級生3人組で、一人とは約10年ぶりの再会でもありました。ゴルフという共通の趣味がなければ、当分再会できていなかったかもしれません。
ゴルフはもちろんのこと、ビールジョッキを傾けながらのコミュニケーションも楽しかった最高の一日でした。

2006年04月08日

天気は最高に良かったのですが、今日の花粉の多いこと。
一日中、ティッシュが手放せませんでした。
今年は2・3月より、今が一番ひどいように思います。

歩くあかしとみのりしかし、「春の陽気」と「今週末が見納め?の桜花」に誘われるまま、家族そろって新庄総合公園(専門やな)へ手作り弁当持参で出かけました。
「今日は混んでるやろな」と思いましたが、「桜が見ごろ」かつ「晴天」かつ「土曜日」という最高のコンディションにもかかわらず、駐車場はガラ空きで公園内は人もまばらでした。
何て素晴らしい公園なんでしょうか。
愛犬の「こがね」も人を気にせず、ご機嫌に芝生を走り回っていました。

そして、嫁が愛娘とのツーショットを撮ってくれたのでアップしておきます。
愛娘も何とか歩けるようになってきました。

しかし年々、自分の写真を見るのが辛くなってきますね。