2005年06月22日

もったいない!

ご存知だとは思いますが、先日(3月4日)の国連での出来事です。(産経新聞の記事を転載)

******************************
「もったいない」世界に響け ノーベル賞マータイさん 国連で日本語紹介

 【ニューヨーク=長戸雅子】女性の地位向上などについて討議している国連の「女性の地位委員会」閣僚級会合で四日、ノーベル平和賞受賞者でケニア環境副大臣のワンガリ・マータイさんが演説し、日本語の「もったいない」を環境保護の合言葉として紹介し、会議の参加者とともに唱和した。

 マータイさんは二月に来日した際、「もったいない」という言葉を知って感銘を受け、世界に広めることを決意したという。

 この日の演説では「『もったいない』は消費削減(リデュース)、再使用(リユース)、資源再利用(リサイクル)、修理(リペア)の四つの『R』を表している」と解説、「MOTTAINAI」と書かれたTシャツを手に「さあ、みんなで『もったいない』を言いましょう」と呼びかけ、会場を埋めた政府代表者や非政府組織(NGO)の参加者とともに唱和した。さらにマータイさんは「限りある資源を有効に使い、みなで公平に分担すべきだ。そうすれば、資源をめぐる争いである戦争は起きない」と主張した。
******************************

日本人としては誇らしい、すごく感動する話ですが、今や当の日本人が「もったいない」という言葉の本来の意味を忘れているように思います。

最近、僕は「もったいない」を2回聞きました。
それはどちらも「チラシの裏が白いので、もったいない」ということでした。

本来の「もったいない」とは意味が違います。

もはや、日本人の「もったいない」は経済活動(金儲け)と効率(合理性)において使われる言葉なのかもしれません。
dj_akashi at 23:57│Comments(1)TrackBack(1)日常 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「もったいない」  [ 『トークるズ』イングリッシュ・クラブ! ]   2005年08月01日 11:40
身体を使ったあとは、頭を使わないといけない(笑)ということで、帰りには本屋に寄ってきましたが、今日は、その買ってきた本の言葉を紹介します。

この記事へのコメント

1. Posted by ozsun   2005年06月23日 05:51
我が家では、毎日の新聞紙や折込広告・ダンボール等は全てとってあって、たまれば近くの保育園にもっていきます。
どういう目的でどういうふうに使われているかはわかりませんが、きっとリサイクルに役立っていると思います。裏面の白いチラシも嫁や娘がメモ帳がわりに使ったりしています。

コメントする

名前
 
  絵文字