ファミリー

2011年07月26日

萬口カツオ茶漬け24日(日)快晴。
急きょ家族で串本方面へドライブすることに。
かねてからの念願だった料理「萬口(まんこう)」のカツオ茶漬けを食べることができました。
さて、店内は12時前にもかかわらず、カウンターや座敷まで満席。
タイミングが悪かったのですが、注文してから出てくるのが遅かったのが残念。(45分待った)
しかし、味は噂どおり旨かった!
あのタレを真似して作ってみようと思いました。
一枚岩その後、実は一度も見たことがなかった古座川の「一枚岩」へ。
カメラには、おさまりきらない大きさ。
その存在感と迫力に圧倒されました。

帰宅してから、長女(写真左下の子)に「田辺祭へ行こう」と言われましたが、「明日にして」とお願いしました。子供は元気や!

2009年12月06日

足の裏今日、気づきました。
ベビーの足の裏が名札になってました。
他の赤ちゃんと間違えたら大変なので、産まれたらすぐに書くんでしょうね。
くすばかったやろな。

余談:「くすばい」って方言でしょうか?変換しても出てきませんでした。辞書で調べると「くすぐったい」とか「こそばゆい」となってました。

2009年12月05日

産まれました〜!!
今朝8時24分、3600gの元気な女の子が誕生しました。
よく泣く子です。

4時半頃に病院へ入った時、すぐに出てきそうな気配はありませんでした。
病室で待っていたら知らない間にベッドで寝てしまっていて、助産師さんのインターホンの声で起こされて分娩室の前へ行くと、少ししてすぐに産まれました。(立会いできない人です)
廊下で聞いた誕生の産声には感動が押し寄せてきました。
一人目とは違う感動でした。

ps:ママさん、お疲れ様でした。ゆっくり休んでくださいませ。パパさんは、しばしの長女との二人暮らしを楽しみます。

2009年12月04日

ブログでは初めて書きますが、実は第二子がもうすぐ産まれるんです。
予定日はもう1週間近く過ぎていまして、ようやく今日の夕方頃から前駆陣痛が始まっています。
夜中から未明に病院へ走ることになるのでしょうか?
もしかして、明日のブログには・・・。
さらに家が賑やかになります。
一人増えても、男は僕一人ですがね。

長女は愛犬と爆睡しています。
もうすぐお姉ちゃんになるんですよ。

ps:元気でお越しください。家族一同で心待ちしております。

2006年12月24日

今日はクリスマスイブですが、愛娘の誕生日でもあります。
今日で2歳になりました。
両家にとっての初孫ということで、祖父母だけではなく親戚縁者からもたくさんのプレゼントを頂きました。
やはり「人間は一番にならんとアカン」と実感しました。(何を教訓にしとるんや?)
2歳誕生日記念ディナー写真はお祝いディナーで、ママチャン(愛娘がそう呼ぶ。ちなみに僕はパパチャン)お手製のお子様ランチです。
そのあとのショートケーキもあわせて、美味しそうに食べておりました。

今は何も分かっていませんが、大きくなったら「クリスマスと誕生日のプレゼントが一緒や!」とか不満に思うんでしょうね。

ps:お祝いのドサクサ紛れに、僕は「プレミアム・モルツ」を飲ませてもらいました。

2006年09月18日

嫁と娘の3人で、アドベンチャーワールドへ行ってきました。
十何年ぶりでしょうか?
大きくは変わらなくとも、多少変わったな(一生懸命やってるな。エラそう?)という印象を受けました。

ところが、意外にもパンダに人気がないんですよね。
パンダ祭日にも関わらず、ガラガラでした。
確かに見てみて分かったのですが、寝てばっかりで愛想もクソもないし、白いはずのとこは茶色いし、僕達も素通りした感じでした。
この写真はまだよく見えている方です。しかも、起きてるし・・・。

シャチがいなくなったのは寂しいですが、イルカとクジラのショーは面白かったですね。巨大スクリーンと音楽を効果的に使って、非常に楽しく演出されていました。
アシカショーはストーリー性をもたせていましたが、もうちょっと工夫があってもよかったかな?(結構、好き勝手書いてるな。ラジオ番組では絶対に言えないからね)
もしかしたら、ほとんどビデオカメラのファインダーを通して見たので、面白みが半減したのかもしれません。(すかさずフォロー)
一方で、「みんな一日何回も、しかも毎日、同じことやってるんやろなあ」と考えたりして、自分で自分のテンションを下げてしまいました。

子供がいなければ行かなかったでしょうが、結構楽しめました。
愛娘も楽しんでいたかな?
こがねのゴーゴー中でも一番気に入っていたのは「こがねのゴーゴー」(写真にある愛犬こがねの形をしたベビーカー)でした。
帰宅してからも、また「こがねのゴーゴー、いこなあ!」と申しておりました。

そして帰りには某ホテルで鉄板焼きをご馳走になりました。
思いのほか、金使ったなあ。

そうそう、アドベンチャーワールドで入場料(定価3,500円、コンビニで3,300円/1人)以外に「駐車料金1,000円」とるのってどうよ!?
それアカンでえ。
今度、誰かに送ってもらお。

2006年07月08日

嫁と愛娘が、わが家に帰ってきました。嫁の体調はまだ本調子ではありませんが、ひとまず安心です。
愛犬こがねも嬉しそうです。みんなで一つの布団に寝ています。

さて、スヤスヤ眠る家族を横目に、僕は今、ウィンブルドン女子決勝戦を見ています。
トッププロの試合を見ると、「テニスって簡単やなあ」と思ってしまうのですが、とんでもありません。そのイメージを持っていざ自分がやってみると、いつも「あれれ?」ってことになります。
男子の4連覇を狙うロジャー・フェデラーは、史上最高のオールラウンドプレイヤーと言われるだけあって、最近は無類の強さを発揮しています。
しかし、ボレーがうまい選手は格好いいですねえ。憧れます。
ここのところの雨続きで練習が出来ていませんが、そんなワケで、イメージトレーニングはバッチリですね。

そういえば、明日(9日)の第5回ビーチサッカー白浜大会が、悪天候のために延期となってしまいました。MCをする予定だったので、急に暇になりました。
明日は何しようかな?
やっぱり天気が悪そうなので、インドアかな。
いや、打ちっぱなしかな。
そうえいば最近、ゴルフも行ってないな。

2006年06月22日

昨日(21日)、ようやく愛娘は退院することが出来ました。
皆様にはご心配をおかけしました。
また、Aさんにはお見舞いまで頂戴しまして、誠にありがとうございました。
本人はすっかりご機嫌な様子で、仕事が終わって帰宅すると、テレビやパソコンのキーボードにシールをいっぱい貼りまくっていました。
24時前の今も、ムックリ起き上がってきて、蛍光ペンを片手に暴れています。

看病の間、パソコンとテレビの前を離れる時間が多かったので、義理の妹から借りていた「ダヴィンチ・コード」を読みすすめる事ができました。
近々、読書感想文を書けそうです。

とりあえず、本日はお礼とご報告まで。
では、明朝は早起きをしてワールドカップの「日本対ブラジル戦」を観るかいなかを考えつつ、今から寝床に着きます。

2006年06月19日

入院中の愛娘が再び血液検査をした。
結果、ある項目(忘れた)の数値がいまだ正常でないため、退院できないとのこと。
「今日には退院するだろう」と勝手に思い込んでいたので、ますますガッカリ。
僕よりも嫁の方がこたえただろう。今日から仕事やし・・・。
愛娘本人はいたってご機嫌なんやけどなあ。

昨日は数時間ほど嫁と付き添いを交代した。
嫁が出て行くや否や、愛娘は号泣。
「ママー!ママー!」の絶叫に、すぐさま看護婦さんが飛んできて、隣のプレイルームへ行くように指示された。
病室が大部屋(相部屋)なので、たしかに「迷惑この上ない」わな。

ところで、病院は一年前に出来たばかりの最新設備が充実した総合病院にも関わらず、大部屋のベッドとベッドの仕切りが、あいも変わらずカーテン1枚ってのはどうなんだろう?すべてを個室にしろとは言わないが、せめてカーテンより防音効果のあるパーテーションを使って欲しい。今なら、色んな建材があるだろうに・・・。
病気を療養するには、ちょっと不都合な点が多い。特にデリケートな人には、かなり苦痛だと思う。
しかし、日数を重ねるうちにどんどん気にならなくなってくるから、人間の「慣れ」とは恐ろしい。先輩(ウチより先に入院してる人)は、何も気遣うことなく大声で話をしている。まあ性格もあるやろうけど。

で、今夜も数時間だけ交代したのだが、やっぱり「ママー!ママー!」と号泣されて、今日は愛娘をダッコして自ら病室を出た。
幸い誰もいない休憩所の畳に座って田辺の夜景を見ながら、愛娘が泣き疲れるのを待った。
昨日はまだ点滴をつけたままだったので移動に往生したが、今日は点滴をはずしていたので、それだけでも随分と楽だった。

とにもかくにも「入院」とは、本人はもとより一家のみんなが参っちゃうねえ。

2006年06月17日

入院2日目、愛娘は徐々に快方に向かっています。(皆さんを心配させてしまってすいません)

明日は午後から、看病でつきっきりの嫁の応援に行きます。
そして夜は、崖っぷちのサッカー日本代表を応援します。今回は前回と違い、自宅で独りぼっちですけどね・・・。

しかし、どちらにとっても、まったく戦力にならない僕です。