こう長く放置をしていると、また新たにBLOGを始めた気分だ。

毎年毎年の事ながら夏の終わりから秋にかけての季節が到来。

曲作りの大量生産の時期です。

色々と変化がありました。

まずドラムのエミリオが脱退しました。

理由は俺たちが攘夷派だったからです。

ってゆうのは冗談です。

ただもっとスタジオ入りたいから。ただそれだけ。

新曲をもっと作りたい。

そんなとこだろう

10月にはライブが沢山決まってます。

東京から高哲典がやってきます。

4月にスティングレーで一緒にやって、札幌でボブディランを見に行き、酒を飲み。
遊んだ。
そんな高君との3DAYSのライブです。

http://pistolboogievincent.com/pg9.html

もう一人、西村勇紀

俺と同じ道東釧路出身(正確に言うと鶴居)
釧路で一度路上でセッションしたのが10年前位。

それから月日が流れて今に至るんだけど、一緒にライブやるのは初めてだね。

二人の共通点は旅人って事。

高君はアメリカ、西村君はロンドン。

あ〜楽しみ。

そんな二人の紹介。

まずは高哲典

アルバム「ダンスウィズザドキュメンタリー」は最初から最後まで最高。
流れる道の上が大好きだね。
最近MVで「愛すべき日々」って曲があるんだけど、驚いたね。
いい曲過ぎて。
この季節にこの曲に出会えて良かった。
早く生で聞きたい。





西村勇紀

昔一緒にセッションした時からいいな〜って思ってたけど。
やっぱりいいアーティストだった。



楽しみです。

函館にも行きます。