2008年06月06日

42 (詩)

1日はどうして
42時間無いのだろう

1日が42時間あったなら
君を18時間も
余分に愛せるのに・・・

1月はどうして
42日無いのだろう

1月が42日あったなら
おやすみのキスが
12回も余分にできるのに・・・

君への愛を
出し惜しみするなんて
僕にはできないから・・・

djgear77 at 10:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip! 

2008年05月30日

生きる意味 (詩)

生きる

誰もが日常的に
誰もが無意識に
行っていること

何の為に生きてるの?

人は1人では
生きている意味を
見いだせない

生きる

まだ生きられるのに
自ら命を絶つ者

まだ生きたいのに
他者から命を奪われる者

人が生きる意味とは
他人には判らない

愛する者の為
大切な人が悲しまない為

生きる

簡単そうだが
難しく
とても勇気の必要な事

生きる事で
たった1人でも
笑顔でいられるのなら
生きる意味を
見つけた事になるはず・・・

djgear77 at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! 

限りなく蒼き心 (詩)

蒼き心
未発達な心
硝子細工のような心

あの頃は
大きな夢も抱いていた

あの頃は
怖いもの等存在しなかった

いつの間に
硝子を砕いてしまったのか・・・

二度と戻らぬ
蒼き心達

蒼き心
静寂の中
手探りで生きている・・・


※前回に引き続き、さえるさんの写真を見て感じた気持ちを表しました。
さえるさん、いつもありがとうございます。


djgear77 at 11:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! 

2008年05月28日

雲に乗れるなら (詩)

空と海の
コントラスト

同系色だけど
全く違う
印象を抱いてしまう

海の深い青
荒々しいが
時折波の白さが
包み込むような
優しさを演出する

空の薄い青
穏やかで
流れる雲の白さが
時間さえ忘れて
のんびりしたくなる

あの雲に乗れるなら
波の音を聴きながら
大切な時間を
大切な人と過ごしたい

大切な君と・・・


※この詩は「さえる」さんのブログに掲載している「海と雲と」を見て書きました。
 いつも素敵な写真を撮られている「さえる」さんありがとうございました。

djgear77 at 16:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip! 

2008年05月22日

笑顔の向こう (詩)

君の
笑顔の向こうには
何があるの?

僕と一緒の時は
いつも笑顔で居てくれる

本当に幸せですか?

おどけてみせる
僕の胸の中には
君への不安が
いっぱいに広がる

君の笑顔の向こうは
やっぱり笑顔ですか?

満面の笑顔の君を見て
幸せを手探りで
探す僕が居る・・・

djgear77 at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! 

2008年05月12日

Mothers Day (詩)

君は大丈夫?
母に会えないのに
君は幸せ?

僕のせいで
君は父にも母にも
会う事が出来ないでいる

君の母は
いつも君の事を
気にかけているのに

僕はと言えば
君の傍に居る事しか出来ない

君は幸せ?
その問いかけに
無言で頷く君

そんな君に
僕は伝えたい

僕は今
幸せですと・・・

djgear77 at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! 

2008年04月30日

Sad Song (詩)

薄暗い部屋で
君の事を想いながら
大切なのに
いつの間にか手放した

過ぎ去る時間に
君の軌跡乗せながら
大切なのは
思いやる心と気づいた

心の鈴を鳴らして
何度 問い掛けても
返らぬ気持ちが
想いをまた揺り起す

I won't make it
No matter how I love her
君への想いに
心震わせている

最終電車で
君の街を眺めながら
思い出したのは
さよならのメールだった

遠ざかる日々に
君の笑顔重ねながら
戻らぬ季節が
僕の中を通り過ぎてゆく

心の中を覗いて
何度も叫んだとしても
失われた想いが
帰らぬ過去を消してゆく

I won't make it
No matter how I love her
届かぬ想いに
心凍りはじめる

I won't make it
No matter how I love her
君への想いに
心震わせている

いくら愛せども
悲しい歌・・・

djgear77 at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月23日

風に乗って (詩)

緑の草原の中
両手いっぱい広げて
風を受ける君は
太陽の化身

振り向いた
君の顔は
満面の笑みで
全てを包み込む

満面の笑みで
応えると
君は誇らしげに
キラキラと光輝く

風は追い風

やがて君の背には
純白の羽が備わって
今にも飛び出しそうに
忙しなくしている

僕と君との大切なひと時・・・

djgear77 at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! 

2008年04月11日

帰り道 (詩)

並んで歩く
帰り道

こんな時間に
なってしまったね

肌寒い中
二人で居れば
少しは暖かい

今日の出来事を
話しながら
並んで歩く
帰り道

君の笑顔が
キラキラと光る

至福の時間が
流れていく・・・

djgear77 at 10:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! 

2008年04月09日

見つめ合う瞳 (詩)

見つめ合う瞳の中に
君は何を見つけたのだろう

希望という名の光?

絶望という名の闇?

情熱という名の炎?

信頼という名の風?

僕はと言うと
見つめ合う瞳の中に
君との絆を見出した

永遠の愛と共に・・・

djgear77 at 15:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! 
Profile
訪れた方達

あし@