イオログ4+1

クラブDJストーム原作です。あとはLBTに参加。

区切り打ちお遍路:8日目:道の宿そわか〜高速バスにて帰宅

晴れ。本日で最終日。あと2つのお寺を回る予定。

7:00朝食。
IMG_0436


195沿いにひたすら歩いて歩いて歩きまくる。
自販機でライフガードを買う。普段そんなに飲まないのだけど、エナジードリンク系がやたら飲みたくなる。
トンネルが怖かったので反射材を貼る事を決意。

IMG_0442


IMG_0443


IMG_0445


道の駅近くでバスがタイミングよく来たので少し楽させてもらう。

IMG_0448

季節外れの桜。

さらに歩く。

IMG_0449


IMG_0450


IMG_0452


IMG_0454


IMG_0468 (編集済み)

11:00、22番札所平等寺着!和やかな雰囲気でいいお寺だった。ほら貝を吹いてお参りに来ている人がおり、どう聴いても上手には聴こえない割に音が巨大だった。ほら貝ってどこで練習するんだろう。

IMG_0457


IMG_0461


IMG_0463


IMG_0462


IMG_0466



あとは帰りがけに知ったのだが、平等寺はWi-Fiが飛んでいた。

IMG_0467 (編集済み)


山門の脇にパスワードが書いてあり、自分は入る時に天井の千社札ばかり見ていたから気づかなかったのだ。

IMG_0458


23番の薬王寺までは約23kmあり、歩いていくと17時に着けるかギリギリアウトなので、電車で行くという選択肢を選ぶ。もし辿り着けなかった場合、薬王寺に行くために再び徳島県に来ないといけないのだ。

IMG_0470


というわけで歩いて新野駅まで向かう。

IMG_0472


単線のワンマン列車だった。日和佐駅を出るとすぐ道の駅があるので、そこで昼食代わりにすだち味のソフトクリームを食べる。

IMG_0475



IMG_0483 (編集済み)

そしていよいよ23番札所、薬王寺に到着!やったー!

IMG_0479


IMG_0481


IMG_0482


IMG_0478


お参りを終え、高校生でぎっしりのワンマン電車に揺られながら徳島駅へ。
駅地下でお土産を見たりする。

IMG_0491


IMG_0493


徳島ラーメン「宝ラーメン」を食べ(写真の卵が崩れてしまった)、時間があったので居酒屋「安兵衛」にも入り、徳島の地酒を頂く。店のおばちゃんが長淵のTシャツを着ていて強く印象に残る。
IMG_0494 (編集済み)

朝10:30からオープンしているようだ。

IMG_0498


IMG_0499 (編集済み)


お店の回転が予想外に早いので1時間いないうちに出て、スタバでバスを待つ。
高速バスであんまり眠れた事がないのだけど、3列シートでカーテンもついてたのでうつらうつらしながらも眠れる。
22:08徳島駅発、8時前に東京駅八重洲口到着。
しばらくジャンクな物を食べてなかったので朝食でマックを食べる。

東京から常磐線ひたちに乗り、自分なりに徳島を全部回れたというご褒美にビール。

IMG_0503


今回のお遍路で一番思ったのは、当たり前のようにある文明のありがたさという事だった。何もない峠で水不足に陥った事、コンビニを見つけるだけでテンションがすごく上がったという事、普段何気ない生活が大変ありがたいという事をひしひしと感じた。

本日の歩行距離:16.36km

ライフガード:120円
バス270円
日和佐駅まで:370円
すだちソフトクリーム:280円
日和佐駅から徳島駅:1090円
宝ラーメン、650卵トッピング50、700円
安兵衛:1500円
スタバ:500円ぐらい
高速バス:4450円
マック:570円
ビール:240円
東京から茨城の地元まで4140円
納経代:600円

合計:14830円

区切り打ちお遍路:7日目:鮒の里〜道の宿そわか

晴れ。

5:30朝食。今までで一番早い。
IMG_0352

あまりの早さに食いきれず少し残してしまう。

6:00出発。昨日行った所まで送ってもらい、降ろしてもらう。そこからローソンまでさらに1時間ぐらい歩いた気が。本日も2山越えないといけないので、ローソンでポカリ2本買って備える。

IMG_0355

IMG_0356

ローソンに置いてあったチラシ。

IMG_0357


IMG_0358


IMG_0360


焼山寺までではないにしろ鶴林寺も山越えになる。舗装されてたといっても山は山。それなりに疲れる。

IMG_0361


IMG_0362


IMG_0364


阿波の国徳島では、1に焼山、2に鶴林、3に太龍と呼ばれるぐらいの難易度。


IMG_0365


IMG_0367


IMG_0368


IMG_0370


IMG_0372

いい景色だ。鶴林寺を登ったあと、また下って遠くに見える橋を渡る事になる。

IMG_0373


IMG_0374


IMG_0381 (編集済み)

10:00、ようやく着いた20番札所鶴林寺!焼山寺に比べれば…という思いがあればこそ楽に感じた。立派なお寺だった。

IMG_0377

山深いお寺。境内にもきつめの階段が…

IMG_0379


自販機で何か買おうと思ったらなんと自販機はないとの事。水道水を補給。

IMG_0378


そこからはひたすら下りの道。

IMG_0382


IMG_0386


IMG_0390


そして、途中すぐトイレがあるような標識があるんだけど全然ない!結局一番下まで下った小学校の脇まで無かった。お遍路さんは騙されない用鶴林寺でしておく事をおすすめ。

IMG_0387


途中、鮒の里の方が作ってくれたご飯で休憩。すまさんからロキソニンテープももらって貼る。

IMG_0416


IMG_0392


IMG_0393


IMG_0394


次の目的地、太龍寺は本格的な山道なんだとばかり思ってたら、途中マウンテンバイクで降りて来る人に会う。マウンテンバイクで登れる道なんだ!と嬉しくなるも、それは甘い考えで途中までだった…。

IMG_0398


へんろ道は見事に右へ。

IMG_0400


IMG_0401

この○○丁は高さを表すものらしかった。

IMG_0413 (編集済み)


15:00、太龍寺着。西の高野山とも言われているようで非常に立派な寺だった。台風で一部壊れてしまったようで義援金を募っていた。そのほかにも色々とグッズを売っていて、なんというか、商売っけがある感じ。
四国限定コーラを買う。

IMG_0405


IMG_0409


IMG_0411


IMG_0408


IMG_0410


IMG_0412

おみくじを引いた。小吉だった。

IMG_0426 (編集済み)


今日の宿は、太龍寺からロープウェイでしか行けないのでロープウェイにて。

IMG_0422


IMG_0431


IMG_0424


道の宿そわか。着いた時間は記されてなかった。
IMG_0429

夕食。肉が硬くて正直徳島の宿の中では一番まずかった。お客が少ない理由がわかった気が…

お遍路をするようになって、自分達が次の日どこまで行けるかわからないので明日行ける距離を推測して前日の夜に予約をするのだが、歩く距離によっては選択肢が狭まり、ここに泊まるしかないかなーって事もある。前日予約って普通の旅行だと考えられないけどお遍路は少なくともそうなのだ。

IMG_0430


IMG_0438


宿には漫画、本が大量にあった。Wi-Fiは食堂の脇の居間的なスペースでしか繋がらなかった。

本日の歩行距離:22.91km

ポカリ2本:300円
コーラ:140円
おみくじ:100円
ロープウェイ:1300円
道の宿そわか:7800円
納経代:600円

合計:10240円

区切り打ちお遍路:6日目:鱗楼(うろころう)〜鮒の里

晴れ。

昨日水を2本しかもっていかなかった轍を踏まえ、ペットボトルを洗って水を3本持っていく。

朝食は確か6:30。

IMG_0310


7:20宿を出発。

7:30、16番札所観音寺到着。風が強くてなかなか蝋燭、線香共にに火がつかない。お参りに来たおばちゃんに、自分が付けた蝋燭から線香の火をもらうと楽だと指南してもらう(他人が付けた蝋燭からもらうのはマナー違反)

IMG_0313


IMG_0312


納経が終わってこんな道を歩いていると、

IMG_0314


車が通りかかっておばちゃんが降りて来る。1人3つずつのみかんのお接待を頂く。ありがとうございます。

8:40、17番札所井戸寺着。
IMG_0321 (編集済み)

大泉洋がこのお寺の前でいぼ痔のモノマネをやっていたなぁ。

IMG_0317


IMG_0316

井戸寺は弘法大師が井戸を掘った寺として有名なんですが、これがその井戸でいいんでしょうか…

IMG_0319


IMG_0318

蜜柑をたべて休憩。甘かった。

ここから市街地に入るため、文明の利器を使って少しショートカットさせてもらう。

南小松島駅にて昼食。
カレーパン、ウインナーロール、コーヒー牛乳。そういえば昨日は昼飯も抜きだったのだ。

IMG_0326


13:00、18番札所恩山寺着。

IMG_0332


IMG_0328


IMG_0331


IMG_0343


IMG_0341


そして更に歩く。

IMG_0335


途中あまり撮るものがなかったらしく、写真が残っていない。

本日の宿、鮒の里(料理で鮒が出るわけではないです)に到着。荷物だけ置かせてもらう。まだ時間が早いので、立江寺の先のローソンまで一時間だから今日のうちに歩いとくといいわよ!と奥さんに言われる。鮒の里は先まで歩くと、そこまで次の日送迎してくれる仕組みになっているのだ。

IMG_0344


14:40、19番札所立江寺着。
IMG_0345 (編集済み)


立江寺にはホラーな肉付鐘の緒、というものがあるらしいんだけど、事前情報の調べが甘くて、見事に見過ごした。

立江寺から頑張ってローソンめがけて歩いていったんだけど、1事間経っても一向に着かない。ここら辺で我々の中で、地元の人は距離感が大雑把なのではないかという疑念が生まれる。

途中車が止まったので何かな?と思って見ているとなにがしかのチラシが渡された。エホバの証人だった。

そして1時間半ほど歩いただろうか。後ろからクラクションを鳴らされたので見てみると、今日の宿のご主人だった。空海はすごいプロデューサーだった、とかなり濃い持論を聞きながら宿へと送ってくれる。
宿の料理は今までで一番多かった。食前酒もついてた。

IMG_0350 (編集済み)



IMG_0351


鮒の里は古民家を改造した宿で、天井は写真のように隣の部屋と筒抜けになっているので、プライバシーを重視する人は少し遠慮した方がいいかも…
あと洗濯機から勝手に乾燥機に洗濯物を移し替えるのはやめて欲しかった。俺は男だからまぁいいんだけど女性の場合これは信じられないって人もいるのではないだろうか。
すまさんはマメをご主人に治療してもらっていたので基本的に全部親切心でやっているんだと思う…。
あと宿には猫がいた。家には入れないように飼ってるようだった。

本日の歩行距離:18.76km

ショートカット代:560円
昼飯:480円
納経代:1200円
宿代:7000円
合計:9240円

区切り打ちお遍路:5日目:なべいわ荘〜鱗楼(うろころう)

晴れ。

6:30だったかな?朝飯。

IMG_0255


7:20発。昨日の今日なので足がパンパン。でも歩くしかないので歩く。途中すまさんが休憩所に杖を忘れたので、その間あった自販機でリアルゴールドを買って飲む。

IMG_0258


9:00
神山温泉道の駅で休憩。キャンプ禁止と書いてある。最近はキャンプのお遍路には大分風当りがきついみたいだ。

IMG_0261


この日は風が強いのでなんどか菅笠が飛びそうになる。

IMG_0265


道の駅からだいぶ行った所で左右に分かれている。遍路のあかり(書いてなかったけどこのアプリで何度となく迷子から助けられていた。山道以外は次の札所に案内してくれるとても親切なアプリ。)
で右が近いと出ていたので右に行く。

実はこれが高低差もあるイニシャルDに出て来るような峠で、自販機など一切ないため俺は水不足に
苦しめられることになる。

IMG_0268

獄門峠

IMG_0271


IMG_0272

こういう水も飲みたくなる。


すまさんから途中少し水を恵んでもらったり、落ちているすだちをかじりながらなんとかやり過ごすこと2時間以上…
IMG_0273

写真では見えづらいが!あの赤い物体は自販機だ!

この時ほど文明に感謝したことはなかった。
綾鷹を購入。

やっと文明の香りがするゾーンに到着。

IMG_0276

阿波踊り専用エナジードリンクなんてのも売ってた。

14:20:13番札所大日寺に到着。
IMG_0281 (編集済み)


IMG_0280


納経時に声をかけても誰も出てこないのでよく見渡すとボタンがあり、押すとファミマの入店音がした。住職が出てきて納経をしてくれた。ファミマの入店音…

ここから先はまた寺が密集している地帯に入る。

IMG_0283

歩き遍路にしか用をなさないこういうピクトグラムを見ると、ゲーム「DETROIT」でマーカス(アンドロイド)が自分達にしかわからないグラフィティを見つけてアンドロイドが集まっている土地「ジェリコ」に行っていた事を思い出す。

歩いていると工場内からB'zが大音量で聞こえてきて、興奮。

途中、コーラを買う。

15:40:14番札常楽寺着
境内に色々と建てられているものが多い。バスの団体さんとすれ違ったが、バリアフリー化されてないお寺では階段だけでもきついだろう…

IMG_0290


IMG_0289


IMG_0288


そしてまた歩き、
16:20、15番札国分寺着。ほかのお寺も近いので、できれば行きたかったが17:00で納経所が閉まってしまうのでここで打ち止め。残念ながら本堂は工事中であった。

IMG_0292 (編集済み)


IMG_0293

ハイリキ

本日の宿、鱗楼に到着。着いた時間がメモしてないが17:00〜17:30の間だったと思う。
IMG_0294


IMG_0296

居間ともう一つ寝室があり、今までで一番広い宿だった。Wi-Fiは残念ながら受付の脇まで行かないと繋がらず。また、この日を過ぎて自分のポケットWi-Fiは低速モードになってしまった。

IMG_0298

IMG_0301

IMG_0302

IMG_0299

料理が評判の宿だけあって今までの中で一番豪勢だった。ご飯におこげが入っていて美味しい。この日は引き続きよく歩いたのでビールも頂く。

IMG_0304

宿の本棚には何故か夢野久作が一冊だけ混じっていた。

飯後は買い出しに出て、バンテリンやらお線香やら、金を下ろしたりやら色々する。
金曜ロードショーでもののけ姫がやっていたので、少し見て就寝。

本日の歩行距離:34.48km

リアルゴールド:130円
綾鷹160円
コーラ:150円
バンテリン:1500円
ライターや線香や水:500円ぐらい
宿:7000円
ビール:700円
納経代:900円
合計:11040円

区切り打ちお遍路:4日目:旅館吉野〜なべいわ荘

晴れ。

この日は山を二つ越えてやっと辿り着く焼山寺への道のりである。へんろころがしと言って四国の中でも一番の難所と言われる所。

朝食6:00。

IMG_0201 (編集済み)


旅館吉野に泊まる人は殆どが翌日の焼山寺越えに備えた人なので、旅館の人が一人ひとりおにぎり(昼食用)をいるか聞いてくれる。途中に食事処などないので我々も作ってもらった。

7:00発。

IMG_0204


昨日通った藤井寺の脇を通りうっそうとした山道に入っていく。

IMG_0206


道中トイレはないと書いてあるが、実際には1,2か所あった。

IMG_0208


ハードな山道に入り、だんだん聞こえる音は自分の息と鳥の声だけになっていく。

IMG_0211

まだ街が見える。

IMG_0215

登山道の途中にこういう物があると、カチンと来てしまうのは自分だけだろうか。この時はまだカチンと来るだけの余裕があったけど徐々に体力が減っていき、「無」になっていく。

普段お遍路中には後で書くようにメモをつけているのだが、焼山寺山越えの途中には「広葉樹が多い」としかメモされていなかった。
IMG_0216


IMG_0217


IMG_0219


IMG_0221


IMG_0225


やっと3/6。

柳水庵という休憩所が!ここでは水も補給できる。ペットボトル3本分水を補給してきていたのだが、既に2本飲んでしまっていたためありがたく補給させて頂き、トイレにも行く。

IMG_0226


IMG_0228


そのあともひたすら登って、11:40、一本杉と言われる弘法大師の像が飾ってある所に到着!

IMG_0231


神々しい。

ベンチもあるのでここで休憩して昼食をとる。ほかにも何人かのお遍路さんがあとから来て、昼食をとる。地元でトレッキングで来ている人もいるけど全然息が乱れてない。すごい。

IMG_0232


ここがひとつ目の山の頂上。ここから激しい下りに入る。

一番下まで下って川を挟んで渡るんですが、そこで目に入ったものは

IMG_0234


これは疲弊しきったお遍路さんにとって魔の誘惑!この時点で足がガクガクだったので頭をよぎってしまいました。

IMG_0235


ここから2番目の山が勾配がきついきつい!一生たどり着けないんじゃないかと思いながら登りました。

IMG_0236


何人かに追い越され、おじいちゃんおばあちゃんを追い越し、14:15分、やっと焼山寺に着きました。

IMG_0243

疲れて元気がない

IMG_0244

嬉しさの表現。

IMG_0242

頂上まできて飲むコーラの美味しさよ。

納経してひとしきり休んだあと、一目散に宿を目指します。

IMG_0246


IMG_0247


IMG_0248


IMG_0249


IMG_0250


焼山寺へは健脚5時間、 平均6時間、弱足8時間という目安らしいので我々はまぁ遅い部類に入ったよう。本当にここ30年間で1番の疲労度で、宿に入るまでに足がガクガク。

宿はなべいわ荘。16:30着。焼山寺から近いやどというと、ここしか選択肢がなかった。Wi-Fiは無し。
宿泊客はおそらく全員、焼山寺を越えて来た人。昨日吉野で一緒になった方もいた。

IMG_0251 (編集済み)


夕飯時は何故かチャングムの誓い(韓流ドラマ)が流れていて、そこから店の親父さんがチャンネルを変えてニュースになり、イノシシを追い込んで捕らえるというニュースで親父さんが「殺しちゃえばいいんだよ!」と言っていたのを覚えています。不殺戒とは…

想像していた足のトラブルは筋肉痛以外マメも靴擦れもなく、なんとか過ごせているが、すまさんはマメがとにかくひどく毎日水抜きしている。

本日の歩行距離:27.7km

コーラ160円
なべいわ荘7000円
洗濯乾燥機250円
納経代300円

合計7710円

区切り打ちお遍路:3日目:お大師同行宿 是空〜旅館吉野

晴れ。

この日は余裕をぶっこいてしまい、9時前に宿を出発。すまさんは居間で夜遅くまで仕事をしていたらしく、郵便局に寄って余計な荷物を送っていた。

IMG_0165

何もないような田舎道を歩き、

9:30 9番札所法輪寺着。

IMG_0169 (編集済み)


ここで初めて托鉢の人を見かける。境内では禁止されているので、門の脇に立ってお経を唱えていた。
そういえば外国人お遍路の人も多いと聞くけど直接はあまり見かけない。昨日の宿には台湾の方が泊まっていたっぽかったが。

IMG_0170

IMG_0171

途中、無料お接待所でお茶を頂く。(お接待=遍路をしている人に地元の方々が食べ物やお賽銭を差し出す事)

IMG_0176

10番の切幡寺に行く途中、この須見光栄堂というお店の方からリュック置いていって下さい。とお声がけして頂く。切幡寺は行く途中に333段もの階段があるので有名なのだ。ありがたく置かせて頂く。

IMG_0177

バグった看板

IMG_0179

噂の階段

IMG_0183 (編集済み)


IMG_0180

手水場にかたつむりがいた

切幡寺は納経所の評判が悪く、テレビを見ながら納経するなどネットで見ていたが、以前の情報らしくテレビも無く丁寧に納経して頂けた。

IMG_0181


終わってさきほどの須見光栄堂へ寄ると、お接待ですと言って冷たいお茶を頂いた。ハードな上り下りの後で疲れていたのでこれは大変ありがたかった。須見光栄堂は掛け軸に表装したりする会社のようで、女性がめっちゃ楽しそうに働いていた。もし二度目お遍路があったら掛け軸にしようと思った。

IMG_0184


ありがたく頂いた後進んでいくと無料の柿お接待所が。柿を剥くナイフも置いてあってすまさんは三つ食べていた。俺は一つも食わなかった。

昼、八幡うどん。
IMG_0185


讃岐うどんの店でかなり繁盛していた。美味しかったのでつゆも全部飲んだ。しかしそれが地獄の始まりだった…。

IMG_0188

IMG_0189

IMG_0190

ひたすら畑と川しかない道を歩く。写真には取り忘れたが、吉野川には潜水橋といって台風などの時はまるっきり沈んでしまう橋がある。我々が渡ってきたのもそれだったのだ。休憩所で休んでいる時に、地元の方が通りかかって写真まで見せて教えてくれた。この時腹に異変を感じたのだがトイレに行かなかった自分がバカだった。
歩き始めてすぐ腹痛に襲われるも周りには何もない、民家が少しあるだけだ。車谷長吉さんは著作の四国八十八か所感情巡礼の中でひたすら野糞の記述ばっかりしているが、自分にはいきなりそれをする勇気はなかった。
すまさんと別れ、めっちゃ速足で次の寺、藤井寺を目指す。

IMG_0191

IMG_0192


藤井寺に到着するまでの遍路道で、民家の軒先を通るルートがあったけど民家の人はどう思っているのだろう…
そしてお寺に到着し、真っ先に納経所に向かい、トイレの場所を聞く。トイレは今登って来た階段を下りて駐車場の脇にあった。なんとか間に合ってホッとする。
寺に着いた時間はメモに無いのでわかりません…。

IMG_0194 (編集済み)


山深いお寺で無事お参りを済ませ、そこから本日の宿、旅館吉野へ向かう。
IMG_0196

メダカが売ってたけど何かの餌用なのだろうか

IMG_0197


旅館吉野。藤井寺から十分程度だろうか。次の日の12番焼山寺は向かう道はへんろころがしと言って、四国お遍路の中でも一番の難関だ。歩き遍路の人は吉野に泊まって備えるケースが多い。アジアや欧米の人も泊まっていた。
部屋が二階の端だったので残念ながらWi-Fiは届かず。

IMG_0201 (編集済み)


徳島はすだちが名産なので、魚の付け合わせには必ずすだちが出て来る。今日はトンカツだったので嬉しかった。明日どのぐらいのペースで登れるかわからないので緊張する。

本日の歩行距離:21.88km

昼食:680円
宿:6800円(次の日の昼食のおにぎり混み)
お茶:150円

本日の経費:7680円

区切り打ちお遍路:2日目:旅人の宿 道しるべ〜お大師同行宿 是空

小雨。6時半朝食。寺は7時から始まるので普段より相当早い。

IMG_0108 (編集済み)


ご主人の送迎で宿から1番近い3番金泉寺まで送ってもらう。ありがとうございます。
本日の予定を話したら、午前中で終わっちゃうよ!と言われて少し焦る。

7:30 3番札所金泉寺着。
IMG_0112 (編集済み)

IMG_0110

IMG_0111

朝早い寺は気持ちがいい。自分達だけかと思っていたら、ほかにもお参りに来ている人達がいた。

IMG_0113

ペットショップムーミン

IMG_0114

ハズキルーペの広告は徳島にもあった

IMG_0115

立派な木

IMG_0116

植物に詳しくないので何の実かわからず。

9:10 4番札所大日寺着。

IMG_0120


IMG_0119


納経を済ませ、

10:00  5番札所地蔵寺へ。

IMG_0123 (編集済み)


IMG_0122

弘法大使様の立派な像があった。

IMG_0124

どこの寺にもある小僧さんの姿。

喉が渇いたのでポカリを買う。自販機が少ない通りでお寺に着いて自販機があると非常にありがたい。

ここら辺で小雨が強くなってくる。俺はリュックにだけ防水カバーをかけて、あとはやせ我慢。すまさんはポンチョをかぶった。

IMG_0129


途中であった無料の柿あげますのコーナー。これは食べる気にはなれなかった。すまさんは柿が好きという事で、固いのを選んで一個持っていった記憶がある。
どこを歩いてても10月後半というシーズンのせいかとにかく柿が多い。柿しか見ない。柿だらけ。

昼。セルフうどん屋を発見したのでそこで月見うどんとコロッケ。

IMG_0131

IMG_0132


お遍路さんがよく通る所にあるので店内には納め札やお遍路さんのメッセージがある。
IMG_0133

IMG_0134

騙されてお遍路をしている人のメッセージ…

再び出発。

IMG_0135

廃墟、家族計画。

途中廃墟だと思って近くを見ようとしたら犬が繋がれていて吠えられた。ふすまがガンガンに破れていたけど人が住んでいたらしい。


IMG_0139

昔カセットを売っていたらしき場所

12:50 6番札所安楽寺着。
IMG_0137 (編集済み)


IMG_0141


IMG_0143

普段は飲まないのだけどドデカミン的な飲み物がすごく美味しく感じる。長距離歩いているせいだろうか。
安楽寺には宿坊があるのだけどまるでホテルのように立派な所らしい。我々が泊まるのは安楽寺と7番熊谷時の中間地点にある宿だ。
椅子で休んでいると今日ここに泊まるんだよ、と入って行った方もいた。タイミングがあえばどこかの宿坊に泊まりたいと思っていたが、今回徳島編ではそれは叶わなかった。

IMG_0138


出発。

IMG_0144


IMG_0145


IMG_0146


IMG_0148


途中、今日の宿の是空に寄る。まだ去年できたばかりの宿だ。台湾の方が作った民泊の宿で宿泊客も外国の方が多いようだ。チェックインが時刻がまだなので荷物だけ置かせてもらって次の寺に。

IMG_0151


途中猫がいた。遍路道にいる猫はお遍路さんからご飯がもらえるのか、皆人懐っこかった。

15:15 7番札所熊谷寺到着。
IMG_0154 (編集済み)


立派なお経が聞こえるのでお坊さんが唱えてるのかな?と思ったらスピーカーからの放送だったので少しがっかり。

IMG_0155

階段がかなり急だった。

IMG_0153


そこから戻って再び本日の宿へ。
雨が本降りになってくる。カッパは宿に置いてきてしまったので黙々と早歩きで戻る。

IMG_0157


IMG_0158


IMG_0159


思い返してもベッドの宿って少なかったような?ここは素泊まりの宿で近くに温泉的な施設もあるのだが、雨がすごいので近くにあるコンビニで夕食を済ませる。

IMG_0162


本日の歩いた距離は24.5km。靴ズレやマメは無いものの、次の日から筋肉痛に襲われるのであった。

ポカリスエット:150円
昼食:550円
ドデカミン:130円
夕食、親子丼、プリン、オリオンビール:900円
宿(素泊まり):3500円
納経代:300x5:1500円

経費:6730円

区切り打ちお遍路:2018/10/22:1日目、東京〜旅人の宿 道しるべ

12年前、秩父巡礼に行ってからずっと本場の四国遍路に行ってみたかった。

今年の夏にある出来事があり、自分の残り寿命(まだ40歳だけど)の中でやりたい事を考えた時、いくつかの候補の中から四国お遍路が挙がった。丁度時間も貯金もあったので、前回秩父も一緒に行ったすまきゅーさんを誘い、10月下旬から区切り打ちで行く事になったのだ。(一度に全部回る事を通し打ち、何度かに分けて回る事を区切り打ちと言う)

ネットで遍路用品を買い集め、靴も慣らし履きをしていよいよ10/22、前日に東京入りして羽田空港に向かう。

IMG_0079

これは10/21、出発前日にポータサウンズの腕さんと。一応頭も丸めた。

羽田から徳島空港まで一時間弱。
空港から徳島駅前まで空港発のバスで向かう。

徳島駅に入ってる百均のキャンドゥでライターを購入(空港手荷物で持っていけないことを知らずに、没収されてしまった為)
徳島駅から池谷駅まで向かい、乗り換えの時間待ちがあるので坂東駅までは行かずにそこから歩く。

IMG_0080


IMG_0082



昼食は時間が無かったので抜き。すまさんは縫製の仕事が終わらず仕事道具を持ってきていた。

IMG_0084


IMG_0089


15:00、1番札所霊山寺に到着。

IMG_0099 (編集済み)


IMG_0100 (編集済み)


霊山寺にはお遍路グッズのほぼ全てが揃っているといっても過言ではない。ここで唯一かさ張るため持ってこなかった菅笠を購入。
霊山寺は色々と飾ってあるものが多い。前ネットではパンダの置物があると書いてあったがそれはみあたらなかった。

IMG_0091


IMG_0093


般若心経を唱えるのも12年ぶりなのでこんなに長かったっけ…?という感じでたどたどしい感じになる。四国八十八か所の寺には全て大師堂(弘法大師空海を祀るお堂)があり、ここにもお参りをして蝋燭と線香を上げ、お参りをしなくてはならない。計2か所お参りをする事になる。初めてなので色々と時間がかかった。

IMG_0106

納経所で納経を済ませ、いざ次の寺に。

15:50、2番札所極楽寺着。ここら辺は比較的お寺の場所が近いので楽だ。

IMG_0101 (編集済み)


IMG_0098

こういうのがあったらとりあえず触るよね。残念ながら自分には霊気は感じられなかった。

IMG_0102


16:30になってしまって次のお寺にお参りするのは時間的にも不可能なため、(納経は7:00〜17:00)まで)今日の宿、「旅人の宿 道しるべ」のご主人に送迎に来てもらう。常連の客だというおばさんも乗せ、合計3人に。宿のご主人が言うには春はお遍路さんが一番多いシーズンで、秋は少な目との事。宿の食事は鍋だった。もう秋も深いのだ。

IMG_0103 (編集済み)


IMG_0104 (編集済み)


お遍路さん向けの宿には大体洗濯機と乾燥機が備え付けられている。食事と風呂をすませた後に洗濯機を回し、部屋で次の日の情報収集やネットなど。この宿はWi-Fiも完備で、うっかり5ギガのポケットWi-Fiで来てしまった自分にはありがたかった。すまさんは夜遅くまで仕事をしていた。
この日歩いた距離は9.44km。明日からが本番だ。


宿から羽田空港まで:660円
飛行機代:10770円
空港から徳島駅までのバス:440円
ライター:108円
徳島駅から池谷駅:260円
菅笠:1620円
旅人の宿 道しるべ:一泊5400円
金麦150円
納経代計600円

本日の経費:19408円

ファミコンロックマンリミックスコンピを出すに至った理由

LBTが大ネタ禁止の方向になって、自分でPachimon Traxというレーベルを作った時、思ったんですよ。
このレーベルでは何が何でも自分で好きなものしか作らない!って。やりたい放題やる!って。でもって、B'○、宇多田ヒ○ル、星○源まで作って、ここら辺で気づいたんですが、ずっと追いかけてる日本のアーティストって案外少ないなーって。単曲や好きなアルバムがあるバンドやアーティストは多すぎるほどにいるけど、物凄く愛があるってほどまでにはいかないし、バラバラなコンピやアルバム作ってもしょうがないな、と。

そこで考えたんですが、自分が好きな音楽ってなんだろうって。
私は小さい頃からゲームが大好きでした。今考えると小学生の頃はファミコンやって、中学生の頃はスーファミやって、高校の頃はゲームボーイやって、大学はプレステやセガサターンで今は3DSにswitchやPS4、そしてsteamというまさにゲームと共に成長してきた世代なんですね。

で、ファミコンで特に好きだった音楽が忍者龍剣伝やロックマンの曲で(スーファミのロックマンXはやっていなかった)。ロックマンのコンピを作ろうと思い立ちました。
今までもロックマンのコンピってM3で沢山見て来たんですが、チップチューンやアレンジ方面からのアプローチが多くて、本格的にクラブで流れる事を前提としたコンピってほぼ見た事なかったんですね。
自分の視野が狭かっただけかもしれませんが。
それだったら作っても面白いな、と思い立ち今回急きょロックマンのコンピを作る事になりました。

どれぐらい需要があって、頒布できるのかは未知数ですが、以下のメンツで損はさせないと思います。

01.ロックマン 〜アシッド田宮三四郎の謎〜 / アシッド田宮三四郎
02.metal man theme / 国士無双
03.SHADOWMAN STAGE(neetskills remix) / neetskills
04.BEAT CRASH BOMB / 鼓膜シュレッダー
05.Dr.WILY STAGE 1 (リサイクル・ファイティング・チャンピオンシップ mix) / DJ酒井法子
06.GET A WEAPON / カレーパイセン
07.DJCUTMAN / totsumal
08.Snakeman(The LASTTRAK 150 Trek Remix) / The LASTTRAK
09.FLASHMAN STAGE(Funeral Audio Remix) / Funeral Audio
10.Dr.Cossack2 / iserobin
11.BLIZZARDMAN / Maeda Kenji
12.HEAT ATTACK / DJイオ

2017.10.29(日)にM3の会場にて、「う-26a」でお待ちしております。

視聴などはweb1.0未満のPachimon Traxのサイトでしてみて下さい。

ジャケも名人のトータルコンセプトに優れたものでえらい恰好いいです。
rock_omote

DAOKO

初めて聴いたのは2012年の
HYPER GIRL -向こう側の女の子-
DAOKO
LOW HIGH WHO? PRODUCTION
2012-12-05

「HYPER GIRL -向こう側の女の子-」でした。
観音クリエイションがビートを作っていて、その頃はかなり弱弱しい声でラップしていて、この若さで活動してCD作っているのはすごいな、と。そんな感想でCD聴いていました。

で、色々と活動していくわけですが次に注目したのは
DAOKO(通常盤)
DAOKO
トイズファクトリー
2015-03-25

「DAOKO / DAOKO」

大好きなGREAT3の片寄さんが全面プロデュースって事でこのアルバムはヘビープレイし、久しぶりにクラブでかけるでもなくedit作る訳でもなく純粋に聴きまくりました。多分アルバム的に一番のリード曲は1曲目、tofu君のカバー「水星」なのかもしれないですが、「かけてあげる」が好きで好きでずっと止まりませんでした。

その後シングルを聴き続け、女王蜂「金星」に寄り道したりなんだかんだあって、
今回の 「DAOKO×米津玄師 - 打上花火」です。

聴いた瞬間、「これは来る!」と思いカレーパイセンにDを送り「Eeveesでブート作りましょう!」と。
そんなこんなで

が完成しました。今んとこDL可なので皆さんよかったら聴いてみて下さい。原曲も素晴らしいので。

全然感想になってないですが、要は純粋に声が好きなんです。
参加音楽


























イオの最近読んだ本












































ランダム


Recent Comments
アク解
  • ライブドアブログ